京都2歳は頭数少なすぎて馬券的には微妙。
だったらJAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBYであるところのカトレア賞を!
…ってここは8頭と更に少ないなあ。
勝ち馬には10ポイント、この後の川崎での全日本2歳優駿(10pt)とヒヤシンスS(30pt)が来年のケンタッキーダービー出走ポイント対象レースです。
もし出るのであれば、全日本2歳はハヤブサマカオーでしょうね。

東京9R カトレア賞

ハイブリッドデータと前走

ハイブリット新聞データパックを使って過去分を確認。
M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t1

「HB」上位+前走1着馬。
外目の枠有利。
人気薄なら前走特別レース組で「前半」印入り。


・「外厩」シート

t3

・ハイブリッド競馬新聞 データパックでの印

枠番馬番馬名HB印前半印後半印人気オッズ
11ヴェルトゥアル12.3
22モリトユウブ48.5
33アポストル615
44マイネルユキツバキ23
55レディオブザレイク846.3
66ミックベンハー718.1
77ルッジェーロ34.3
88ブロンズケイ511.9

ゴメン。
選ぶレース間違ったっぽい。

1・ヴェルトゥアルは、他を見ればそりゃあ人気に、断然人気になるよなあ。
兄のモンドインテロも、セダブリランテスも初戦はダート。
ダートで勝ち上がった後に芝へ行ってOP勝ちまで行ってます。
同馬は父スマートファルコンからして、このままダート路線でしょうね。
余計な心配かもではありますが、C・ルメール騎手、M・デムーロ騎手、この路線の上位馬でも複数乗り馬がいるので、騎手の取り合いになりそう。
となると、ハヤブサマカオーは大丈夫かな?

4・マイネルユキツバキが前走唯一のダート特別組。
アメリカ血統の馬はやはりここは有利で、父は2冠馬アイルハヴァナザー。
昨年のモンサンレガーメがケイホーム、ラニがタピットでしたね。
「外厩」的にはイマイチ。
なので、同馬が3着、或いはもっと下の着順期待の馬券になるかと。

3・アポストルは門別からですが「吉田和美」馬です。それだけで強そう。
父はへニーヒューズ。これも良い。
門別で戦ってきた相手も結構強いです。 2戦目の1着馬がサザンヴィグラス、2着がダブルシャープですからね。
前走は大敗していますが、地方だとこんなものです。
逃げて被されて、交わされたら終わりっすわ。
なのでタイム差は気にしなくてOK。
人気では舐められているようですが、通用する下地はアリ。
今年の門別の3歳は結構レベル高いです。

「外厩」シートで「馬名太文字」は6・ミックベンハー。
前走では2・モリトユウブに勝っているし、「追い切り」指数上位だし、新馬から武藤騎手が乗り続けている馬です。
外目の枠なのも良い。

7・ルッジェーロはオッズ次第。
分からん。
このレースまでのC・ルメール vs 戸崎圭太騎手の結果次第ですね。

◎1・ヴェルトゥアル
○3・アポストル
注6・ミックベンハー
△全

3連複なら残りは全部。
買えるオッズだと良いのだけれども。


東京10R 銀嶺S

t2

「前半・後半」印○以上での決着。
この印が2つ上位で同一馬につく事は無いので基本は4頭の競馬になりますね。
過去4年連続で同じ決まり方。
その内3回が「後半」印◎○でワンツー。

勝ち馬は3・4歳から。
今回3歳はアロンザモナのみ。
血統的には父ストリートセンスで、この世代からの登場ですが既に同じく牝馬のファッショニスタが1600万ダートに届いておりますね。
ただし。
ストリートセンス産駒でダートをこなす上位馬は現状はモハメド殿下に殆ど集まってます。
今年は4歳馬からになりそう。

位置取りシートでは1番手のIDM・展開Wが軸でIDM上位。
2番手以降だと四隅。

・コンビニ版位置取りシート

t6

1番人気は14・レッドゲルニカ。
C・ルメール+藤沢和雄厩舎のコンビです。
明日はこれ…

t4

全部で5鞍がこのコンビ。
この東京開催ではちょっと成績を落としておりましたが、それでもこの結果よ。

t5

現在4連勝中。
更に天栄が加わると好走率はさらにアップです。
5Rの新馬が該当。


・ハイブリッド競馬新聞 データパックでの印

枠番馬番馬名HB印前半印後半印人気オッズ
11チェリーサマー928.4
12アロンザモナ1139.8
23グラスエトワール716.3
24プリサイスエース58.1
35カネトシビバーチェ25.3
36ブラインドサイド47.5
47ライドオンウインド821.6
48エイシンビジョン35.7
59コスタアレグレ1556.9
510タマモイレブン1240.8
611ショウナンカサロ68.3
612ライブリシュネル1676.9
713ストロングトリトン1455.7
714レッドゲルニカ13
815メリートーン1038.3
816フレンドスイート1342.6

「前半・後半」印で○以上は人気が無さそうな所に入りました。
14・レッドゲルニカはやや印が薄目。
「外厩」シートだと今走は「ミホ分場」帰りで中6週。
同馬の過去走を見てみると。

t1

間隔空けた休み明け+「ミホ分場」だと大凡走かまします。
基本堅実に崩れなく走る馬ですが、その時だけは大崩れ。
逆にそれ以下の間隔での「外厩」帰りでは大丈夫。
次走以降もそれなりに走りますが、1着が多いのが適度な間隔+「外厩」帰り。
丁度今回のパターンに一致します。

斤量58kgがどうか?だけですね。
でも、夏至Sでは同斤量でタイム差無しの2着。相手が次走みやこSで2着だったルールソヴァール。
その54kgには負けてしまった。
6歳牝馬の5・カネトシビバーチェに今さら負ける事は無いだろうし、8・エイシンビジョンも鞍上は怖いものの印が足り無い感。
軸にするのであれば14・レッドゲルニカで良いです。

6・ブランドインサイドは「HB」印が注で「後半」印○。
1番手のIDM・展開Wで展開マーク付き。
勝たないタイプですが、そこらにいる事を期待するには手頃。

◎14・レッドゲルニカ
○6・ブランドインサイド
△13・ストロングトリトン
△15・メリートン
△4・プリサイスエース
△8・エイシンビジョン
△5・カネトシビバーチェ
△3・グラスエトワール

「外厩」シート

「外厩」シートの1枚目。

東京

東京は配当が厳しい感。普通の馬券で狙って、狙い過ぎて結局は人気決着なんてオチになりそうです。
何せ、C・ルメール、R・ムーア、戸崎圭太騎手。
それぞれが、それなりの馬に騎乗しているので逆らい辛いんですよね。
なので人気馬でも良いから素直に買って今回も転がしてみましょうか。

・1R
1・レピアーウィットは堀厩舎の「しがらき」2走目。
連対率は30%あって「追い切り」指数も上位。
そこにR・ムーア騎手です。 ようやく芝を諦めてダートに出走。
父を考えれば良い選択ですね。

・2R
率で見れば9・ムールヴェドールの「天栄」+手塚厩舎の2走目が連対率22%。
11・ダンシングチコが「山元」+大竹厩舎で複勝率35%。
人気のどちらか。
ですが、16・カサーレも良いパターン。
騎手名太文字、古賀厩舎の「千代田牧場」で結果を出しているのが同馬の1頭のみ。
中3週でも「外厩」を使って来たのもプラス。
少なくとも単勝だけでも押さえておきたい。

・3R
3人がそれぞれ人気馬に騎乗。
ダークナイトムーン、ギャラッドは秋天の日、29日の2・3着馬です。
そこからの中3週のローテで「天栄」を使って来たのは11・ギャラッド。
「天栄」「キャロット」C・ルメール騎手と揃いました。
1・ダークナイトムーンの方は厩舎仕上げで「山元」2走目。
こちらは「追い切り」指数上位。
比較サンプルとしては馬券以上に興味深いレースではありますね。
選ぶなら1・ダークナイトムーン。
理由はJC。
G1馬場にしてる可能性が高いので単純に内有利。
そして兄のサダムパテックを含めてこの兄弟はみな2戦目で上向きます。
厩舎力でも尾関厩舎の方が上ですしね。

・4R
9・レジェンドパワーは「追い切り」指数上位で「高橋TC」2走目。
これは両隣の高橋厩舎の2頭の「北総牧場」2走目とほぼ同じ率で、3頭が並んでいますね。
6-7の枠連でも良いかも知れませんが、まあ一応、複勝で転がして気分良く終えたいなと。

もし上の経路で上手く行くようであれば、そのまま新馬戦へ突入。
5Rには上記で触れたコンビがいるのでソコへ。
6Rは…ああ、サンスポデータシートがある方はご覧下いませ。
無性に狙って見たくなる馬が1頭おりますよね。


京都

東京で我慢する分、こっちはぶん回してみよう。

・1R
ダートと言えば「宇治田原」。
今走「宇治田原」は2頭いて、どちらも人気薄。

・2R
前走レースを見ていて、何コレ??とずっこけた2・ナンヨーブルジョン。
「グリーンウッド+松永幹夫厩舎の2走目を。
人気の7・タラニスは今走が「グリーンウッド」帰り。
「追い切り」指数上位で乗り替わりの効果も大きそう。

・3R
岩崎騎手が人気の時点で…と思うかもですが、未勝利戦での同騎手のような人気馬は安定して上位着順には来ます。
ただし、勝ち切らない事が多い。
ので。
3・15の単勝で良いでしょ。
3・エイカイマドンナは「山本」2走目、15・エーシンテーステイは「追い切り」指数上位。
前走好走の人気馬から2頭で。
複勝で転がしたいなら14・ノッテステラータ。
今走「しがらき」帰りで騎手名太文字。
こんな馬を中心に3連単で配当狙いでも良いと思えてきた。

・4R
どれも良さげで差がありません。
買うなら3連複なら当たりそう。
と、迷うくらいなら止めておこうじゃないの。