明日は平場の方が面白そうなレースが多いです。
だがしかし。
今日は事情により早めに帰る必要アリ。
なので、平場の予想まで辿り着けないだろうな、という予感。

京都11R 日経新春杯

日経新春杯 過去成績・過去の位置取りシート
日経新春杯 特別登録と「外厩」データ
日経新春杯 馬番確定

人気に寄せておけば大体当たるレース。
4歳馬もいないので、人気薄が勝つ事も無いでしょうね。

・「外厩」シート

t1

初戦、2戦目を含めて、大体が「しがらき」馬。
「馬名太文字」の3・モンドインテロが「天栄」+シルク。
年明け重賞かっさらっていた組み合わせですね。

1頭面白そうなのは1・サンタフェチーフ。
人気薄に有利な内枠、「追い切り」指数上位、「しがらき」帰りで吉田和美氏の馬。
勝負服パワーはありますよね。
さらに四位洋文騎手の乗り替わり初戦。
4歳いないなら、軽量牝馬を狙えば良いじゃない。

・コンビニ版位置取りシート

t2

8・ミッキーロケットはIDM・展開W◎◎で斤量が嫌われている感。
昨年の勝ち馬で以降は勝ち鞍ナシ。
また、当時は「しがらき」帰り初戦でした。
すっかり勝ち切らないイメージと化した同馬と鞍上。
痛いのは昨年が展開マーク「@」だったのに今年は展開マーク無し。
人気馬で展開マーク無印で勝つのは相当に厳しい。

7・パフォーマプロミスは「大外」1番手。
昇級初戦でIDM・展開Wの展開マーク「@」。
印と鞍上は揃っているものの、昇級初戦で勝てるレースでもありません。
これが今走で「しがらき」帰りならまだ可能性あったのだけれども。

3・モンドインテロはIDM無印、展開印も薄い。
これも基準1番人気では印が足りません。

うぁ…。
残ったのが2・ロードヴァンドールですか。
「最内」1番手、IDM・展開Wでテンマーク付き。
馬は良いけど鞍上がね。
前に行けばカナリの安心感ですけれども、そもそも、ゲート開いた時の気分で最後方までありうるからなー。
腕はあるのは確かです。
が、しょっしゅう訳分からない事するので正直もう引退してくれた方がトータルではJRAにはプラスだとは思う。
だって今も状態だと、ただの競馬初心者殺しです。
せめて何を意図したのか?のコメントくらいあればまだ救いはあるのだけれども。
ポジションとしては、このレース「最内」1番手はイマイチ。

○8・ミッキーロケット
▲1・サンタフェチーフ
注2・ロードヴァンドール
△7・パフォーマプロミス
△3・モンドインテロ


WIN5なら
A:2・ロードヴァンドール
A:1・サンタフェチーフ
B:8・ミッキーロケット

京成杯


京成杯 過去成績・過去の位置取りシート
京成杯 特別登録と「外厩」データ
京成杯 馬番確定

混戦過ぎ。
考えるのが嫌ならば3番人気以内の3頭を馬を見ずに買う。
これがこのレースの対処法。

って訳にはいきませんよね。

2番手からは近年だとベルーフが勝利。
基準1番人気でIDM○の展開マーク「@」でした。
更に遡るとマイネルチャールズ、サンツェッペリン。
この3頭は全て「大外」2番手。
そもそもが四隅が有利なレース。

・「外厩」シート

t3

位置取りシートはお手元のをご確認下さいませ。

セダブリランテス、プリモシーン、アーモンドアイ。
今年の重賞勝ち馬の3頭は全て「天栄」+戸崎圭太騎手。
しばらくはこの流れに乗ります。
全く強いとは思えないけれども、相手も正直弱いです。
IDMは無印なものの、展開マーク付きで四隅には該当しておりますしね。

9・サクセステッド、10・デルタバローズは位置取りシートでは3番手。
だけれども「しがらき」帰りと言うだけで堀厩舎の馬はアタマで買うべき。という格言もアリ。
でもでも。
それは現在サスペンド中。
昨年の11月以降この組み合わせが全くダメです。
焦る必要は無いので、軌道に乗り出したら改めて狙いましょう。

1番手からは1・イェット。
このレースではほぼ圏内になる展開マーク「@」持ち。
金成厩舎+蛯名正義騎手なので、昨年の有馬の鬱憤をここで。

そして15・ジェネラーレウーノ。
「内」1番手、IDM・展開Wで「+」、そして「天栄」帰りの「追い切り」指数上位。
1番手の人気馬は同馬のみ。

8・ダブルシャープはIDM◎です。
鞍上は田中勝春騎手。
芝で勝ったのは昨年の夏の新潟が最後。
以降100レースほど芝では未勝利。ヤバイすね。

12・タイキフェルヴールは「大外」1番手。
この人気なら普通の馬券では買いです。
「外厩」との相性も良く、IDM○と指数も高い。
ダートで2連勝とここ向きでは無いのは確か。
でもそれは仕方無いです。
厩舎が牧浦厩舎ですからね。
成績がこんな。

t4

完全にダート厩舎。
ですが厩舎の勢いはあるし、土曜日も北村宏司騎手のベックが人気薄で好走してました。
相手ならば面白い。

◎15・ジェネラーレウーノ
○5・コズミックフォース
注1・イェット
△12・タイキフェルヴール
△9・サクセステッド
△10・デルタバローズ

WIN5:
A:15・ジェネラーレウーノ
B:5・コズミックフォース


中山10R

時間がないので簡単に。

土曜日の中山芝の傾向は。


展開マーク「@」が3勝。
「中」2番手で全体的にも「中・外」の非四隅。
同時に2着には1番手内目。
この辺りはひっくり返ってもおかしく無いですね。
あまり固定された傾向と考えない方が良さそう。


中山 10R 芝外 1600m ニューイヤーS   10頭 1月14日 JRDV2で開く 位置取りビューワで開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内6ダノンプラチナ12.1
+
48ペイシャフェリス47.6
1
2オートクレール814
49ショウナンライズ59.0
3シュウジ36.7
1
1ピンポン1038
+
14ボーダーオブライフ610
4
大外10アデイインザライフ26.0
1
後3F地点
89261
47


昔の名前が揃っていますね。

どの馬も微妙ですが、小頭数で決めきれないメンバーであれば「最内」ライン。
6・ダノンプラチナはここまで相手が弱くなれば。
8・ペイシャフェリスはOP特別ならちゃん結果を出しております。

A:6・ダノンプラチナ
A:8・ペイシャフェリス


京都10R

勝ち馬は展開マーク付きからのレース。
1番手でIDM・展開Wの2頭。
7・ピエナミントは外枠がマイナス。
1・シグナライズは父フランケル。この2走も特記で「完勝」入り。

A:1・シグナライズ
B:7・ピエナミント


中京11R

土曜日の中京は「中」より外目。
逃げ馬には厳しいものの、後からだと2着まで。
中団辺りからの馬がベスト。
「中」のラインの3頭は「詰脚」的にも評価出来ます。

10・オメガタックスマンは「詰脚」が「赤」。
そして得意の「グリーンウッド」2走目。

6・デリスモアはIDM▲展開マーク「@」の4歳馬。
「詰脚」は「青・緑」パターン。

13・ヒルノマゼランはIDM・展開Wで今回連闘。


16・トーホウハニーはIDM○で乗り替わりもプラス。
15・イノバティブはIDM・展開Wの「+」で激走馬。
相手に入れるとしてらこの2頭を。


A:13・ヒルノマゼラン
A:6・デリスモア
A:10・オメガタックスマン
B:15・イノバティブ
B:16・トーホウハニー