win5title 今週分の「WIN5買い目記入シート」を作成しました。

ダウンロードは
 ⇒ 2/4
レース名は主催者発表の物をご確認下さい。

最新版は常に右サイドバーにあります。
これまでのWIN5の結果一覧は ⇒ 過去の記事に追記していく形で



ゆりかもめ賞
河原町ステークス
金蹄ステークス
きさらぎ賞 馬番確定
東京新聞杯 馬番確定

絞る所は東京9Rの10・イェット、京都11Rの9・ダノンマジェスティ。
一般的にはこの2頭でしょうか。
2頭共に負ければ、他がそこそこ人気上位でも結構配当が付く結果になりそう。
実際、どちらも嫌えるとは思うんですけどね。

東京9R

コンビニ版位置取りシート

t1

「外厩」シート

t2

ゆりかもめ賞

「天栄」だけで5頭。
「しがらき」2戦目が2頭。
そんな中で、蛯名正義騎手が本当に勝てるの?がパッと見の印象。
かつては人気薄のアルヴェロンで勝った事はアリなレース。
金成厩舎と蛯名正義騎手だと、昨年の札幌記念を勝ったサクラアンプルールがありますね。
イェット自体は「天栄」3戦目。
タイミングとしては、そろそろ落ちて来る頃。
2番手になっているのも、外目の枠なのもマイナス。



12・ブラストワンピースは「中」3番手、IDM・展開Wで展開マーク「@」。
リストアップから漏れているのはマイナスだし、新馬1戦1勝馬で2400mは過去を見ても厳しい。
しかも外枠。
でも、NF+「天栄」+シルク。
そして「詰脚」が「黄色・緑」パターン。
人気薄ならば、ですが基準2番人気。

13・ドレークは「しがらき」2戦目の藤岡厩舎。
そだけで勝率25%あります。
「内」1番手の激走馬で、こちらも有利な「詰脚」が「黄色・緑」。
8枠というのがこまた厳しい。

2・キングスヴァリューは「中」1番手、IDM・展開Wの「+」で内枠。
国枝厩舎+「天栄」で「馬名太文字」に該当、そしてNF+「天栄」+シルク。

7・ロジティナは「外」1番手のIDM○、「追い切り」指数上位。
それ以外は鞍上含めて、特に見るべきところも無く。

9・スターフィールドは「最内」1番手の「+」で展開マーク付き。
NF+「天栄」。

しっくりくる馬が居ませんね。

であれば、こういう時こその「最内」変な馬。
6・エルティグレは「最内」3番手、IDM▲の展開マーク付き。
普通の馬券であれば同馬から。
WIN5的には相当微妙。
それでもね、松田騎手のWIN5対象レースで4角先頭って凄く成績が良いんです。
勝てないのが難点ではあるけれども。

最初のレースからもう無理。

A:2・キングスヴァリュー
A:12・ブラストワンピース
A:7・ロジティナ
A:13・ドレーク
A:10・イェット
B:6・エルティグレ


京都10R

河原町ステークス

京都のダートは1番手。
IDM・展開で、どちらか◎持ち。
内目の傾向。


京都 10R ダート 1400m 河原町ステークス  10頭 2月4日 JRDV2で開く 位置取りビューワで開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内9スマートレイチェル510
14ツーエムマイスター49.3
2
1ペプチドウォヘッド714
13チェリーサマー932
5
5アディラート34.0
+
18カネトシビバーチェ23.3
6エポック12.9
+
7ラバニーユ611
2
大外
後3F地点
94582
3
6


条件に合うのは2頭。
5・アディラートは「中」1番手のIDM・展開Wで展開印◎。
今回は小頭数で回りに早い馬もおらず、鞍上も松山弘平騎手といかにも「行くッス」の状況。

6・エポックは「外」1番手、IDM・展開WでIDM◎、「追い切り」指数上位。

ポジションで恵まれているのは「最内」1番手の9・スマートレイチェル。
小頭数で紛れるならば、やはり逃げ馬。
アディラートが出遅れれば楽な競馬も出来そう。

普通の馬券であれば2・メリートーン。
「中」3番手の激走馬。
「吉澤E」帰りの「馬名太文字」です。


A:6・エポック
B:5・アディラート
B:9・スマートレイチェル


東京10R

金蹄ステークス

普通の馬券であればあまり迷う事が無いレース。
1番人気が非常に堅実(勝たないけど)で、それが4歳馬で3連勝中。
3・モズアトラクションは「外」1番手、IDM・展開Wで前走もレースレベル「S」での昇級。

2・ナンヨープルートーは「大外」1番手、「+」で展開マーク付きの激走馬。
「しがらき」帰り時には2-0-2-0と崩れが無く、内枠、4歳昇級馬。

上記2頭を中心に広く行けば良いでしょうね。


とは言え、どうせここ広げる人は多いはず。
ならば逆に人気に寄せて絞っても良いかも。

A:3・モズアトラクション
A:2・ナンヨープルートー
A:15・マイネルクラース
A:7・ロードシャリオ
B:1・カフェブリッツ
B:10・クラシックメタル


京都11R

きさらぎ賞 馬番確定


京都 11R 芝外 1800m きさらぎ賞・G3  10頭 2月4日 JRDV2で開く 位置取りビューワで開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内8グローリーヴェイズ34.0
+
17オーデットエール716
2
9ダノンマジェスティ12.9
+
513サトノフェイバー46.0
12
10カツジ23.7
221スラッシュメタル926
4ラセット512
1
大外
後3F地点
62198
3107
5


2勝馬がいないので、今年は例年とは違うかも。
ダノンマジェスティに人気は集まるのでしょうが、結構混戦だったりするんじゃないかなと。
勝ち馬は1番手から。
なので、4頭からの選択。
1番手決着はあまりなく、1頭は2番手以降からきます。
2番手だと内目有利なので、相手に取るなら7・オーデットエール、3・サトノフェイバー。

1番手からは、それでも1戦1勝馬や未勝利勝ちからだとここは辛い。
となると2頭しかいませんね。

8・グローリーヴェイズは「最内」1番手、IDM・展開Wで展開マーク「@」の「+」。
今走「外厩」帰りは少なく、「天栄」帰りというだけでアドバンテージ大。
毎年連対馬はNF系の「外厩」帰りで占めるレースでもあります。
関東馬+「天栄」なのでルージュバックと同じパターン。

10・カツジは「中」2番手、IDM・展開Wでテンマーク付き。
鞍上の松山弘平騎手は、少なくともダノンマジェスティは勝ちたいでしょう。
降ろされてしまったアルイアンの弟です。
馬主のカナヤマHも、3歳世代で勝負に出ている感。
今までは安い馬をソコソコ走らせる系だったのですが、過去最高の6千万でグレイルを落として実際にG3勝ち。
カシアスでも重賞を制しました。
カツジは共同持ちぽいけど初のディープインパクト産駒。
上のミッキーグローリーが7千万だったので同馬もそれなりのはず。
そういう状況にあって、このきさらぎ賞は手頃ですよね。
印的にはそれが狙えるレース。

4・ラセットはちょっと荒れた時には良さそうな馬ではあります。
それに父モンテロッソ。
大好きドバウィの仔なので個人的にも応援。
「外」1番手、IDM・展開WでIDM○の展開マーク付き。
1番手では最も内枠。
タマモベストプレイ的に勝てる、というチャンスは今年はアリ。
印と状況の印象は似た感。


A:8・グローリーヴェイズ
A:10・カツジ
B:4・ラセット
B:9・ダノンマジェスティ


東京11R

東京新聞杯 馬番確定
土曜日の東京の芝は内目、特に「内」のライン。
外目からは展開マーク付きのみで「大外」。
内枠有利、IDM上位からの勝ち馬。
やたらとハーツクライばかりが走っていました。
「外厩」では「天栄・しがらき」はさすがの成績。



東京 11R 芝 1600m 東京新聞杯・G3  16頭 2月4日 JRDV2で開く 位置取りビューワで開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内4ディバインコード1227
212マイネルアウラート1437
2
3サトノアレス712
114ストーミーシー1333
2
15ダイワキャグニー13.9
+
11ベルキャニオン1675
5
7クルーガー36.4
+
316グレーターロンドン24.9
1
大外10ダノンプラチナ511
18リスグラシュー47.3
1
後3F地点
4123149
5151171
108


毎年勝ち馬は内枠ばかり。
4枠位内、と最初から決めてしまっても良いレベル。
中位人気以降からの勝ち馬であれば、内目・内枠。特に「最内」ライン。
4・ディバインコードだってばかに出来ませんよ。
「しがらき」馬も内枠に2頭います。

であるからして、WIN5自体は簡単。

A:7・クルーガー
A:1・アドマイヤリード
A:8・リスグラシュー
A:4・ディバインコード
B:3・サトノアレス
B:11・ベルキャニオン


◎7・クルーガー
○1・アドマイヤリード
▲11・ベルキャニオン
注4・ディバインコード
△3・サトノアレス
△8・リスグラシュー
△14・ストーミーシー
△10・ダノンプラチナ
△15・ダイワギャグニー
△16・グレーターロンドン