毎回、全レースを「外厩」シートでチェックしております。
「外厩」と厩舎での率、「追い切り」指数上位、下級条件であれば前走の着順、他目立つような物に線を入れていくだけ。

t1

たったこれだけの作業ですが、ザックリと全体像が掴めます。
レースの見落としも無くなるし単純な作業だし、予想を始める前の準備運動としては良い方法ですよ。
個人的に買いたいレースもこの段階で決まりますね。
この後に位置取りシートと見比べながら、もうちょうい詰めて行く。

土曜日は中山・阪神で良さそうなレースが多いですね。
赤ペンでも持って、やってみて下さいな。

チューリップ賞

チューリップ賞 過去成績・過去の位置取りシート
チューリップ賞 特別登録と「外厩」データ
チューリップ賞 馬番確定

あまり考える事も無い感。
4着以下を離した阪神JF組上位3頭が出てきての小頭数です。
「外厩」シートで見ると。

t2

人気2頭共に「しがらき」帰りで「馬名太文字」に該当。そしてサンデーレーシング。
イイ感じで負けた方が、本番で勝つかな?
今回に向けては5・ラッキーライラックが「追い切り」指数上位(とは言えほぼ同じ値ですけどね)、前哨戦に強い厩舎という事で上。
ベースの厩舎力は「厩舎ランク」が示しているように藤岡厩舎が上位。
「外厩」シートでは調教師の右にあるアルファベッドがそれです。
松永幹夫厩舎が「C」に対して、藤岡厩舎は「A」と最上位のランク。

位置取りシートでは

t3

基準オッズでは5・ラッキーライラックが1番人気。
このレース1番人気はカナリ強い。
のだけれども、単勝オッズで2倍を超えると勝たない事が多め。
「中」より内目の方が有利でもあります。

3・スカーレットカラーは1番手の激走馬。
相手に拾うには手頃。

4・マウレアは乗り替わり。
鞍上的にも使える脚を見るだけ、の可能性はアリ。

2番手以降だと、8・シグナライズはIDM・展開WでC・ルメール騎手。
中6週あるのに「外厩」に出していないのは、逆に怖いですね。
権利取ってから出して本番前に出すつもりなのかな。
でも、ソウルスターリング以外のフランケルって、結局はどれもイマイチな現状。

10・サラキアは昨年のミスパンテールに似たパターン。
3番手以降、内目、「詰脚」が「赤」。
そして「しがらき」帰りです。

◎9・リリーノーブル
○5・ラッキーライラック
注3・スカーレットカラー
△8・シグナライズ
△4・マウレア
△10・サラキア

買えるオッズなのかどうか?


オーシャンステークス

オーシャンステークス 過去成績・過去の位置取りシート
オーシャンステークス 特別登録と「外厩」データ
オーシャンステークス 馬番確定


中山 11R 芝外 1200m オーシャンS・G3 16頭 3月3日 JRDV2で開く 位置取りビューワで開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内7キングハート1123
+
51フミノムーン1020
1
5ジューヌエコール1334
+
12ラインスピリット1439
2
10ダイメイフジ48.1
+
328リエノテソーロ511
1
13ナックビーナス35.7
+
33アルティマブラッド714
2
大外4ビップライブリー25.0
16ロードクエスト816
後3F地点
93752
124116
81516


方針としては、馬番確定の記事に書いた通りですね。
3連単を買うようなレースでも無いし、勝ち馬を当てる気も無いです。
ハイブリッド競馬新聞の「前半・後半」で▲以上を拾って、更に気になる馬を拾って、広く流す。

なので軸馬だけ決めればOK。

4・ビップライブリーですね。
お手元の「外厩」シートをご覧下さいませ。

ここは「しがらき」帰りが2頭。
つまり「しがらき」多頭数出しの特別レース。
であれば1頭は来ます。
頻度としては、来ないほうがおかしい、という異常なレベル。

また位置取りシートでは四隅が有利。
そして関東の上位の騎手はプラス効果大。
戸崎圭太騎手なら合格。
最近絶不調なので1着は無いでしょうけれども。

条件に漏れた中から、拾っておくべき馬は1・フミノムーン。
「最内」2番手で四隅に該当の内枠。
まだ開催2週目の馬場ならアドマイヤムーンは外せません。
初日もワンアフターは来てましたしね。

11・スノードラゴンは「中」3番手。
中山1200mで同馬を外すって、無いわ。
年が明けて10歳ですが、もう彼はサイボーグ扱いで良いでしょ。


○4・ビップライブリー
四隅とハイブリッド競馬新聞の「前半・後半」で▲以上に上記の2頭を足して。

一応、もう1頭の「しがらき」からもワイドで数点ほどでしょうかね。


他のレースは?

さて、冒頭にも書いた通り、午前中のレースが面白そうな日。
昼くらいまでやって、佐賀競馬をやりつつ

あたまファンタジック

午後は傾向を見ながらでしょうか。
位置取りシートや馬場の傾向もそうですが、M・デムーロ、戸崎圭太騎手の調子はどうなのよ?も見ておくべき。

阪神1R


阪神 1R ダート 1800m 3歳未勝利     12頭 3月3日 JRDV2で開く 位置取りビューワで開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内11リリープリンセス614
312メイショウサンアイ46.4
6クーファエラン35.0
+
3210サンマルリトリート57.0
53
1ザリーティー719
+
7レーヌアグリュム820
2
8グアン13.0
9マエガミ1135
大外4シャンテューズ24.3
2
後3F地点
112312
61017
584


本当に8・グアンが1番人気?
だったら6・クーファエランですよね。
「内」1番手、IDM・展開W◎◎の…田中健かぁ。
アタマでは無く馬連・ワイドの方が良いかもですね。

IDM・展開Wの11・リリープリンセス、1・ザリーティー。
10・サンマルリトリートは前走が未勝利の初出走で3番人気。
ハードスパン産駒、勢いあるし2戦目で。
勢い、といえば野中厩舎。
「しがらき」帰りの5・ローブレガリア。
広目に行ってもオッズ的には間に合うはず。

3連複の2列目にとるなら、4・シャンテューズ、11・サンマルリトリートを。


中山1R

コンビニ版位置取りシート

t4

「最内」ラインの2頭が「+」付きなので、自動的に1頭は来る。
「追い切り」印が付いている分、午前中のダートでは不調な三浦皇成騎手の分、6・キョウエイソフィアを上に。

内目の激走馬、4・クイーンダワジャーは血統的にはダート、使いだしの数戦位内。
今回のダート替わりは良い。

8・カレイドスコープは「全部入り激走馬」。
7・ローズプルグリム、13・アテナリで配当跳ね。
初出走で人気の10・プラーナ、何かそそられない9・ミヤビフィオーラは共に鞍上で嫌う。


阪神2R

位置取りビューワ

t7

初出走の9・セルリナンユウガが1番人気。
谷厩舎の新馬戦成績を見る限りは、どう考えても2戦目以降の厩舎。
確かに相手は弱いけれども、自動的に嫌って良いんじゃないの。

初出走の除けば前走で掲示板以内が3頭しかおりません。
「最内」1番手、IDM・展開Wのテンマーク付き、8・リンクスナナは逃げられるだけで充分有利。

印が揃っているのは15・ルクムンディーでIDM・展開Wの「+」で「追い切り」指数上位。
前で競馬出来そうなIDM35以上持ち2頭から素直に。

12・サンライズハニー、13・ショウナンアビルのIDM・展開Wの激走馬2頭が相手。
更に付け足すなら「追い切り」指数上位の3・11、3番手以降からなら、2・サンライズカイザー、5・テイエムヨハネスを。


中山2R

保険的な意味で。
1Rでは武藤騎手を選択しましたよね。
でも競馬です。
そんな思い通りに行くとは限らず。
なので、ダメならワンもチャンスでここ。

位置取りビューワ

t5

同じく「最内」2番手、IDM・展開WでIDM◎でリストアップ内では唯一の「詰脚」が0以上。
戸崎圭太騎手からの乗り替わりですが、斤量で相殺。

内目にIDM上位が固まっており、だいたいここらで決まりそう。
F・ミナリク騎手も「内」2番手、展開マーク付きの議既走馬。
馬券的に良さそうなのは11・エルモアレッタ。
「内」1番手、IDM・展開Wで「+」のテンマーク付き。
小西厩舎の2頭出し、騎手戻り。
中山でIDM35を出していながら基準6番人気ですよ。

基準1番人気は12・シリスウインパクト。
IDM・展開Wで展開マーク「@」と形は整ってはいるけれども、鞍上が柴田大知騎手。
同騎手を人気で買うのは…。
だってこんな成績。

t6

前に行っては捕まり、行っては捕まり、行っては・・・と、学習機能非搭載のロボットのごとし。
人気で買う価値は無いですね。

それよりかは「大外」1番手、IDM・展開Wで展開マーク付きの激走馬、「追い切り」指数上位の15・カフェアトラスを。


この後は中山は新馬戦。
F・ミナリク騎手、良い馬に乗ってますね。
騎手でみていくと、4Rは田辺裕信騎手、5Rが内田博幸騎手、6Rが蛯名正義騎手…。
こんな感じで狙い頃かな?というのが続きます。
7RはTwitterにアップした通り。
書くのが面倒になったのでもう止める!
でも、3R以降も買いたいレースが続いてしまうなあ。
しかも


佐賀・阪神も挟まってきます。
忙しそうですね。