win5title 今週分の「WIN5買い目記入シート」を作成しました。

ダウンロードは
 ⇒ 3/11
レース名は主催者発表の物をご確認下さい。

最新版は常に右サイドバーにあります。
これまでのWIN5の結果一覧は ⇒ 過去の記事に追記していく形で



明日は阪神競馬場で大阪・梅田の競馬BAR 『そのままっ!!』のツアーに参加です。
朝イチから行くので早起きがシンドイなあ。
早く帰るためにも、簡単に済ませてしまおう。

阪神10R 甲南S

Twitterにアップしました。

ハンデだし人気馬を嫌えたし、人気薄から行って下げた人気馬に勝たれたら諦める。
と気持ちを決めやすいレースかと。

位置取りシートで軽く確認しておくと。
コンビニ版位置取りシート

t4

なかなかイケそうじゃないですか?


中山10R 東風S

Twitterにアップしました。
補足で。
土曜日の中山芝の傾向は

t1

1600mまでなら勝ち馬は「中」よろ外目、展開マーク付き。
1800m以上だと内目のテンマーク付き。
中山牝馬Sもそうでしたが、誰も追いかけない展開のおかげもあるのでしょう。
2~3着には展開マーク付き、「+」馬。

Twitterでも少し触れましたが9R。
コンビニ版位置取りシート

t2

「最内」ラインの2頭は面白そう。

10・マイネルズイーガーは「最内」1番手のテンマーク付き。
前走はレースレベル「A」での昇級。
1・ケルフロイデは「最内」2番手で、1日1回は変な馬を持ってくるF・ミナリク騎手。
加藤厩舎との複勝率が60%越えてますが、実際この厩舎だけはバンバン持ってきます。
土曜日も9番人気のサニーダンサーで勝利。
明日は4・9・11・12Rでこのコンビ。

t3


中京11R 金鯱賞

金鯱賞 過去成績・過去の位置取りシート
金鯱賞 特別登録と「外厩」データ
金鯱賞 馬番馬確定

5・サトノダイヤモンドは凱旋門賞からの初戦。
JC・有馬記念に出られなかった時点で、もしかするとマカヒキのコースの可能性。
やはり海外遠征のリスクとして馬が終わってしまう、というのはつきまといます。
ドカ負けだと特に。

初戦から走れる可能性はあるのでしょうが、そもそもの前提条件としてヨーロッパ帰りの長期休み明けは買わん!と決めております。

「外厩」シート

t5

「しがらき」多頭数出し。
4頭もいます。
無理に変な馬も要らないでしょ。
9・スワーヴリチャードを。
土曜日の中京メインでも「しがらき」多頭数で、結局来たのが最も人気の無い(8番人気)シャンデリアハウスだったので、今度こそマトモな馬で是非。

「天栄」からは2・メートルダール。
鞍上もしっかり2~3着は確保してくれそうなタイプ。

後は「追い切り」指数上位を。

◎9・スワーヴリチャード
○2・メートルダール
注5・サトノダイヤモンド
△1・ヤマカツエース
△3・ブレスジャーニー

WIN5では1頭固定で。
デムーロスイッチが入ったようですしね。

A:9・スワーヴリチャード

普通の馬券は・・・サトノダイヤモンドが3着外しても意外とつきません。
ならば2~3着固定で嫌わないというのもアリかも。


阪神11R フィリーズレビュー

フィリーズレビュー 過去成績・過去の位置取りシート
フィリーズレビュー 特別登録と「外厩」データ
フィリーズレビュー 「外厩」で見ると
フィリーズレビュー 出走馬確定

「外厩」面では週中に見たので、ここでは位置取りシートを。


阪神 11R 芝 1400m フィリーズR・G2 18頭 3月11日 JRDV2で開く 位置取りビューワで開く
位置取馬番馬名(1番手)基人気基オッズIDM激上昇降馬番馬名(2番手)基人基オIDM激上昇降
最内18アリア1138
115コーディエライト923
2
17ラブカンプー1035
14レッドシャーロット719
1
14アルモニカ820
+
25イサチルルンルン1658
1
2デルニエオール47.4
39アンコールプリュ24.1
1
大外13メイショウコゴミ1343
+
321アンヴァル58.1
32
後3F地点
15311318
17145162
8912


1番手からの勝ち馬が基本、1番手決着も多め。
・・・だったのですが、初芝のメイショウコゴミが1番手なのにも関わらず、他の人気馬が2番手以降へ回されていますね。
滅茶苦茶な事になる?とも思えず。
1番手には展開マーク付きがいないので、次順で「+」とテンマーク付きを。

17・ラブカンプーは1200mからの参戦。
テンマーク付きの激走馬と、印的には良さそうもこのレースで前走1200mは鬼門。

2・デルニエオールは「外」1番手、IDM・展開W、池江厩舎。
母がオリエンタルアート、父がステイゴールドとオルフェの下という事もあり、人気はしやすそうな感。
ただし鞍上が岩田康誠騎手。
池江厩舎の馬では勝率が0%で、自身も勝たなくなりました。この阪神開催でも芝ではまだ1勝。

13・メイショウコゴミは…まあ、とりあえずは相手で。

18・アリアは「最内」1番手の「追い切り」指数上位、「山元」帰り。
函館2歳の3着にしては人気無さ過ぎ。
それほどおかしな成績では無いのに。
1600mは全くダメで、2走前が大出遅れの外回しで意外と良い脚。
前走は時計平凡ながらも横綱競馬。
1番手に収まるだけあって、2桁人気になるようなレベルではありません。
も、勝てる訳でもありませぬ。

ソルヴェイグのパターンに賭けましょうか。
14・アルモニカは「中」1番手、「+」とテンマーク付きの激走馬で「しがらき」帰り。
1番手からは同馬を。

1・アンヴァルは「大外」2番手。
メイショウコゴミに展開で負けているとか…。
それでも「グリーウッド」→「山元」の「外厩」チェンジで、このレースには合っている。
ただし「山元」+藤岡厩舎は連帯率は26%と高いものの勝率が極端に低いのが難点。2着が多いんですよね。

6・アマルフィコーストも「グリーウッド」→「山元」パターン。
鞍上不安な浜中俊騎手ですが、先週の日曜阪神芝ではWIN5対象で勝っておりました。
その反動で騎乗停止は喰らったけれども、あれはちょっと馬の方に問題アリでしたし。
ここで再びズブズブ落ちていくようだと本当に先が見えなくなってしまうので、なんとか耐えて欲しいという願望もアリ。

9・アンコールプリュは「外」2番手、IDM▲の展開マーク「@」。
「しがらき」帰りで「馬名太文字」に該当。

◎1・アンヴァル
○14・アルモニカ
▲6・アマルフィコースト
注9・アンコールプリュ
△2・デルニエオール
△18・アリア
△15・コーディエライト
△13・17
A:1・アンヴァル
A:14・アルモニカ
A:9・アンコールプリュ


中山11R アネモネS

この頃にはきっと僕は
新聞を使って予想をしてみよう(高知)3/11
こっちに夢中になっている気がする。

勝ち馬は人気上位からです。
ほぼ3番人気以内馬。
IDM上位か展開マーク付き。
たまに荒れる時は人気薄の逃げ馬。レースが超凡戦になっての前残り。

12・プリンセスノンコは前走の新馬がダートで圧勝。
時計は東京ダートで1.39.5でした。
同じ開催、同じタイムで勝ったアサクサスポットという馬がおります。
同馬の次走は弥生賞。
結果はヘビータンクより1つ上の着順。
同じく新馬ではトップの時計で勝ったサンライズノヴァ、若葉Sでは6着。
ついつい狙いたくなるけれども、無理だ。

印的に良い感じの馬がおりません。
でも、これ、出走馬13頭中NF生産馬が6頭、社台Fが4頭、白老が1頭。
運動会ですわ。

人気からだと、13・レッドイリーゼ。
今回は「天栄」帰り3走目となります。
手塚厩舎で「外厩」3走目だと芝ではOPは厳しい。

1・レグナントは「天栄」+大竹厩舎。2頭出しの人気の方。
故障明け、鞍上も微妙な時期、マイナス要素はあるけれでも、NF生産+「天栄」帰りというだけで何とかなりそう。

5・ハーレムラインは昨年以来ずっと厩舎に置いたまま。
今年3勝している田中厩舎で、その内の2勝が同馬でのもの。
「追い切り」指数もデビュー以来の最高値。
厩差期待の星、全力でしょう。
ホエールキャプチャの厩舎だし、この辺りの牝馬の扱いも上手いのでしょうね。
でも、だけれども。
ホエールキャプチャが勝つときはほぼ「外厩」帰りです。
デビュー2戦目の未勝利が厩舎仕上げ、そして府中牝馬Sが「外厩」帰り2走目。
それ以外は全て「外厩」帰り初戦。
ハーレムラインは今回が「外厩」帰り4走目でOPへの挑戦。

7・アングレームは「天栄」+矢野厩舎。
こちらも2頭出し。
今年はこのパターンだとジェネラーレウーノで京成杯を勝っていますね。
新馬の1戦のみですがIDMは高いし、勝ち時計も近年の新馬だと最も早いタイム。
1.35.9の次が1.36.0が2位で、これは昨年のアネモネSを勝ったライジングリーズンの記録。
馬も厩舎も「外厩」も文句無し。
鞍上だけです。

このNF生産のクラブ馬2頭を。

A:1・レッドレグナント
A:7・アングレーム