皐月賞 過去成績・過去の位置取りシート
皐月賞 特別登録と「外厩」データ
3歳限定G1でのM・デムーロ、C・ルメール騎手で見ると
皐月賞 「外厩」データ
位置取りシートで皐月賞を見ると

昨年の記事
G1.sp 皐月賞


おっと、こんなところにマカヒキがおるやないかい。

t1


マカヒキとワグネリアン、並べてみると。
どちらも同じ「最内」1番手の友道厩舎2頭出し。

t3

マカヒキは若駒S以降はダービーまでずっと在厩仕上げ。
それに比べれば余裕のある使い方ですね。
可能性のある馬で2回目ですので、厩舎としても慣れたものでしょう。
ダービーの獲り方も習得済みなのであれば、当然ここは2冠狙い。
都合が良い事にダノンプレミアムもいなくなりました。
と、グサッとフラグを立てておこう。

当時の1・3着馬は「大外」ラインに並んでおりました。

t4

きさらぎ賞から間隔を空けての「しがらき」帰りだったサトノダイヤモンド。
鞍上はC・ルメール騎手。
ディーマジェスティは共同通信杯を勝ってのここで人気薄。
2頭共に前走は上がり1位の脚で1着。
外目の枠。

今年の「大外」ラインは

t5

似たような馬達が並んでおりますね。
9・オウケンムーンは共同通信杯勝ち馬で、外目の枠、人気薄。
15・ステルヴィオはC・ルメール騎手。

ただし、ここまでで1番手「+」馬は出てきておりません。
位置取りビューワで実際にチェックしてみて下さいな。