皐月賞 過去成績・過去の位置取りシート
皐月賞 特別登録と「外厩」データ
3歳限定G1でのM・デムーロ、C・ルメール騎手で見ると
皐月賞 「外厩」データ
位置取りシートで皐月賞を見ると
位置取りシート 皐月賞前日版

昨年の記事
G1.sp 皐月賞


位置取りビューワ

t1

決めるのに時間が掛かってしまったけれども、印はこのように。

◎15・ステルヴィオ
○10・ジェネラーレウーノ
▲9・オウケンムーン
注2・ワグネリアン
注1・タイムフライヤー

△12・グレイル
△13・ダブルシャープ
△5・キタノコマンドール
△8・ケイティクレバー
△3・ジャンダルム
△7・エポカドーロ

ダノンプレミアムが1頭抜けだけで一気に混戦になってしまいました。
その一因としては「位置取りシート」もあります。
何だよ、1番手内目の「+」の2頭がキタノコマンドール、ケイティクレバーって・・・。

テーマはもちろん「天栄」。
そして世代の中ではちゃんとしたレースを使ってきた馬。
また、混戦故にダービーでは無く皐月賞重視の前走1着馬。
といったところ。


15・ステルヴィオの木村厩舎も10・ジェネラーレウーノの矢野厩舎も陣営の意向を素直に聞くタイプの厩舎。
そこで2パターンの方法で「天栄」が皐月賞に臨みます。
1つは前哨戦を使って間隔を詰めてのステルヴィオ。
もう1つは皐月賞と同じコースの京成杯からのぶっつけ本番。
両極端ですが今年はこの2つでのテストなのでしょうね。
そして2頭共に、重要なレースを経験済み。

ステルヴィオは当然朝日杯FSがソレ。
土曜日のタワーオブロンドンも、アッサリとアーリントンカップを勝ちました。
ダノンプレミアムがマトモにレースをしたレースだけはあります。
ここに出走しているケイティクレバーだって次走は若駒S勝ち。
他にもOP・重賞で走っていますよね。

ジェネラーレウーノは京成杯。
当時の人気上位馬達は、デルタバローズはNZL3着、もエイムアンドエンドも共同通信3着と次走で重賞上位。
そこで王道の競馬をして勝利しつつ、更に成長分でIDM5程を加味するとここでも通用します。

前走1着馬で経験したレースの質が担保されているのはこの2頭のみ。
しかも1番人気で1着なので、自身の結果も紛れはありません。

◎ 15・ステルヴィオ

「大外」ラインの展開マーク付き。
これも皐月賞での好走パターンに該当です。
鞍上もC・ルメール騎手なら文句なし。
唯一の不安点は今回が厩舎仕上げな事。
そもそも、木村厩舎が「外厩」無しで重賞に出る事自体が稀。
自厩舎の仕上で勝つには、芝では「天栄」2戦目で1000万条件がほぼ限界。
正直、厩舎力は皆無です。
だったらスプリングSでは無く弥生賞使ってから一度「天栄」に戻せば良いのに、と思うかもですが、当時はC・ルメール騎手がオブセッション騎乗で鞍上が居なかったんですよね。
それよりも前の時点でローテは決まっていたはず。
なので、それも計算済みでのスプリングSと言えます。
逆算して「天栄」で仕上げたのであれば、きっとここも問題無し。
厩舎が余計な事をしていなければ、ですけれども。

考えてみると木村厩舎も辛い立場ですね。
勝ったら「外厩」のおかげ、負けたら厩舎のせいとは…。
そんな事を全て織り込んでの今の立場だとは思うので、それはそれで仕方無いかなと。

○ 10・ジェネラーレウーノ

「内」3番手、テンマーク付きの激走馬。
頭を獲るタイプではないので、この印になりました。
ステルヴィオが勝とうが負けようが、丁度良いところでの2~3着に収まりそう。
なんと言っても1番のセールスポイントは今走で「天栄」が使える点。
内枠にいるアイトーン、ケイティクレバーを見ながらレースが出来るのも良いですね。
京成杯は毎年なぜか「マイネル」軍団が本気で獲りにくるので、なかなかジェネラーレウーノのような馬が勝てないレースでした。
もし今回このローテで上手く行くようであれば、来年以降も続きそう。
エイシンフラッシュでその片鱗はあったし。

▲ 9・オウケンムーン

同馬も地味に「天栄」馬です。
新馬は「天栄」で途中に1回「ジョイナスF」。
「大外」ラインの共同通信杯勝ち馬。
しかも地味馬。
ディーマジェスティと同じ。


2・ワグネリアンは特に悪い部分はありません。
鞍上もそれなりで、そこらには居るでしょう。

1・タイムフライヤーは、今回の追い切りはCWに変えてきました。
「追い切り」指数上位で、前走は最後はレースをしておらず。
「山元」2戦目となり、新馬も「山元」初戦で負けてからの次走から本番でした。
ずっと厩舎に置いたままG1を勝つ事が出来る馬なので、1回凡走した程度でここまで人気が落ちるのが謎。


連対圏、馬連の範囲は上記まで。
3着まで拾うとなると△の馬達。
後は明日の傾向と馬場次第ですね。