win5title 今週分の「WIN5買い目記入シート」を作成しました。

ダウンロードは
 ⇒ 4/22
レース名は主催者発表の物をご確認下さい。

最新版は常に右サイドバーにあります。
これまでのWIN5の結果一覧は ⇒ 過去の記事に追記していく形で



京都11R マイラーズC

マイラーズカップ 過去成績・過去の位置取りシート
マイラーズカップ 特別登録と「外厩」データ
マイラーズC 馬番確定

PDF版 過去の位置取りシート

京都になってからまだ1番人気の勝ち馬は出ておりません。
差し馬に人気が集まり易く、開幕週の馬場に負けて勝てず…が1つのパターン。
また、何故か武豊騎手も相性が悪いのかエアスピネル、フィエロでは1番人気2着と勝てず。
追い込み馬なら内枠じゃないと厳しいです。
先行馬からの選択が無難。

コンビニ版位置取りシート
t1

中心になるのは「過去3走以内通過順」で左から2マス位内の馬達。
人気馬もほぼこのゾーン。
5・サングレーザーは1番手外目の展開マーク「@」で、土曜日の勝ち馬のパターン。
展開マーク「@」、芝では複勝率100%でしたね。
14・グァンチャーレはテンマーク付き、しかもテン1位で8枠。
過去にはこのパターンで勝った馬も多く、2着続きで相手も強化ですが単勝は押さえておくべき。

8・ロジクライは「中」1番手のIDM・展開Wで1番手内目の中では最も無難。
4・エアスピネル、9・モズアスコットは2番手と人気馬が勝つには厳しいポジション。

「中」3番手とリストアップから漏れましたが前走勝ち馬の10・ブラックムーンも特に下げる材料はありません。
基準7番人気ならむしろ買い。

コンビニ版「外厩」シート
t2

変な馬なら内枠から。
そして内枠には「馬名太文字」が集まりましたね。
ここらも取捨選択はせずに全部拾う。
特に「しがらき」+堀厩舎、藤原厩舎は藤原厩舎というだけで、それぞれ走ってしまいます。

対象馬は多くなってしまったけれども、人気馬同士では決まらないレースなので広く構えておきましょうか。

4・エアスピネルは久しぶりの「山元」帰り。
昨年のマイラーズC以来で以降はずっと厩舎に置いたまま。
それでも不良馬場の富士Sは勝つ事ができたし、他はソコソコの結果。
厩舎としては長期の休養を挟まない方が良いタイプ、という判断なのかも知れませんね。
実際これまでの勝ち鞍は中10週弱に集中しております。
安田記念に向けては良いローテでしょうけれども、今回ここで勝つ準備としてはイマイチ。

9・モズアスコットは枠と脚質で下げ。
C・ルメール騎手人気も入っているし、開幕週の京都も合わない感。
それにフランケルであれば、とりあえず4歳で1回勝つまで様子見でも良いかも。

2番手の人気2頭はやはり相手までですね。


8・ロジクライは「中」1番手IDM・展開Wで「+」の展開マーク付き。
ハイブリッド競馬新聞データでは「前半3F」印が注。
そして明日分を無料公開しているサンスポデータシートでは

t3

調教ベスト3入り。
印も2つ◎◎で種牡馬だけが抜けております。
おりますが、土曜日はハーツクライが外回りで2勝、同じ1600mの六波羅特別では1・3着。
馬場も向いている感。

…6・ムーンクレストもこれ拾っておかないとダメっぽいですね。

そしてロジクライが重賞レベルな馬である事の担保としては2016年のシンザン記念。
これは後付け出世レース。
ジュエラー、アストラエンブレム、レインボーライン、ファインニードル。
後に重賞で勝ち負けする馬達に既に勝っております。
他の馬もその後は最低は1勝を挙げており、上位のクラスで走っている馬も多数です。
シゲルノコギリザメでさえ1600万ですからね。
ちなみに、Twitterにアップした明日出走のラルクもここ出身。
そんなシンザン記念を勝って以降は約2年の休養となりました。
復帰後3走目からは連勝でココ。
遅れてしまった分を取り戻し中。
これ、無事だったら既に重賞を勝っていただろうなと。


◎8・ロジクライ
○5・サングレーザー
注14・グァンチャーレ
注4・エアスピネル
△10・ブラックムーン
△6・ムーンクレスト
△3・ベルキャニオン
△1・9

3着は紛れを狙って変なの来い!です。ホント来て。


東京11R フローラS

フローラステークス 過去成績・過去の位置取りシート
フローラステークス 特別登録と「外厩」データ
フローラステークス 馬番確定

PDF版 過去の位置取りシート

土曜日の東京芝は、1番手決着、内枠有利、5番人気以内。
IDM◎が5戦4連対で指数上位は嫌う必要ナシ。
内目の「追い切り」指数上位の中位人気を3着に。
3着まで見ても全てリストアップされた馬。

昨年よりかは前の馬も残れます。
後過ぎると届かない。

ディープ、ハーツクライを筆頭に血統は偏りが大きい。

位置取りビューワ

t4

週中の通り、ここは4・サトノワルキューレ。
前走500万勝ちは重賞好走馬よりも上の評価。
「外」1番手、IDM・展開W◎◎で展開マーク「@」と印も全て揃いました。
内枠も良いですね。

逆に16・ノームコアは8枠16番と大外枠。
重賞組だと10・オハナも外目の枠。
それでも1番手のIDM・展開Wならギリギリ大丈夫そう。

1・サラキアは「内」2番手、IDM○の展開マーク付き。
「しがらき」2頭出しの1頭なので圏内に来る可能性は高い。

5・ノーブルカリナンは「中」1番手、関西馬で内枠。

2・オスカールビーは「最内」1番手、「追い切り」指数上位。
12・レッドベルローズは「大外」1番手、IDM・展開Wの激走馬で「追い切り」指数上位。

マトモに拾うならここら辺りまで。

ただし、ここは「天栄」帰りの「馬名太文字」もいるのでそれらは別で拾っておきます。


◎4・サトノワルキューレ
○5・ノーブルカリナン
▲1・サラキア
注16・ノームコア
△10・オハナ
△12・レッドベルローズ
△2・オスカールビー

△7・デュッセルドルフ
△11・カーサデルシエロ
△8・ラブラブ
△14・ディアジラソル