京都11R 葵S

今年から重賞となりました。
でも、重賞となったところで、それほどメンバーのレベルも変わらなそう。
中距離に挑戦中の馬達が早めにこの距離に降りて来て、多少は面子が濃くなるかも?
短距離3歳馬の救済レースですかね。
過去にはナックビーナス、ティーハーフが勝っており、その後も活躍。

M2:位置取り
M3:番手
M5:HB指数印
M6:外厩印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t2


「前半」系のレース。
「後半」上位馬は内枠ならば。
連対馬は「HB」印入り。
内枠有利。

前走は橘Sがメインで、他も重賞とOPから。
ナックビーナスも雪うさぎ賞からでしたが、その前には1600mの重賞クイーンS出走でした。
距離短縮で1発で決めたジャストドゥイングは芙蓉S勝ち馬。
中距離路線からならばOP勝ちの人気薄は良さそう。

位置取りシートでは「中」より内目。
「最内」ラインは優秀。

同じ形で見てみます。
ハイブリッド競馬新聞と、JRDBの位置取りシート&「外厩」データパックを取り込んだものがこれ。

t2

内枠、「中」より内目、「前半」印入りからの選択。

3・ゴールドクイーンは「中」2番手、印も揃っており、同枠のペイシャルアスと共に坂口厩舎の2頭出し。
前走は揃って橘Sで、同馬は3着の結果でした。
父シニスターミニスターという点は非常に微妙ですが、フェニックス賞を勝っており、そこでの3着アイアンクローが小倉2歳Sではアサクサゲンキの2着を考えればマトモな馬です。

そんな2・アサクサゲンキは前走でファルコンS2着から。
例年であればそれくらいのレベルの馬は出てこないレースなのですけれども、重賞になった分敷居はアップしておりますね。
出てきちゃう。
内枠、前半上位と人気ですが条件も揃いました。
位置取りシートで外目に入っている分、付けいる隙はありそう。

14・トラスヴェーラは基準1番人気。
外枠もキツイし、前走は平場の500万勝ち。

12・ウィズは「外厩」シートでは「馬名太文字」に該当。
「追い切り」指数上位で「カナヤマ」馬なので短距離重賞は合います。

◎2・アサクサゲンキ
○3・ゴールドクイーン
▲1・ラブカンプー
注4・ペイシャルアス
△12・ウィズ
△9・マドモアゼル
△14・トゥラヴェスーラ
△13・タイセイプライド


東京11R 欅S


M2:位置取り
M3:番手
M5:HB指数印
M6:外厩印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t3

「HB・前半・後半」に偏りが無く、それぞれの上位での決着。
▲以上持ちでの1・2着となっております。
「後半」◎が最も目立ち、次順で「HB」◎の2つが中心。
予想して印にまとまるのは面倒な感ですが、逆に買い目を作るのは楽かなと。
「HB・後半」印◎からそれっぽいところへ流せば良いので。

位置取りシートでは1番手内目中心。
リストアップ内での決着で、外目であれば展開マーク付き。

コンビニ版「外厩」シート
t1

7・レッドゲルニカは「ミホ分場」+藤原厩舎で「馬名太文字」に該当。
同馬自体も成績はハッキリしております。

t2

勝つなら、それは「外厩」帰りの時。
今回はそれに該当する訳なので、当然1着のチャンスは大。

11・アキトクレッセントは「しがらき」の「馬名太文字」。
ですがUAE帰り初戦なので、今回は様子見。
3着なら?的に馬券に入れおくのはアリ。

10・ベストマッチョ、12・スマートダンディーは中位人気+率も高く、買い材料があれば積極的に。
6・ドリームキラリ、14・ダノングッドは「宇治田原」帰りの2頭。
ダートなら軽視は出来ません。


コンビニ版位置取りシート
t3

3・サンライズノヴァはまたもや内枠。
過去の成績を枠番で並び替えて見ると

t4

勝つのは厳しそう。
なんて事は誰でも知っています。
知っているけれども、ズルズルと売れてしまう。
ハッキリ頭で嫌う、と決めてかかればスッキリ考えられるんじゃないかなと。

基準2番人気は1・ルグランフリソン。
「中」1番手、IDM・展開Wで「+」付き。
鞍上は内田博幸騎手。
以前も書きましたが、リーディング上位ながらも一体どこで勝っているのか?が全く謎な騎手。
まさにステルス機能搭載騎手ですね。
少なくともOPではほぼ勝たない。
今回は乗り替わり+テン乗りで、これは良く無い。
騎手要素で勝たない方面へ。

7・レッドゲルニカは「中」2番手、IDM・展開W。
「外厩」シートでは買いで、位置取りシートでも印はOK。

10・ベストマッチョは「内」1番手のテンマーク付き。
上記の内田博幸騎手からH・ボウマン騎手へと乗り替わり。
「天栄」2走目の成績は良い馬で、このタイミングでの乗り替わりもバッチリ。
ハイブリッド競馬新聞では「前半」印◎に該当なので、レースの傾向にも合っております。

15・ブルミラコロは「外」1番手、展開マーク「@」。
基準10番人気となっておりますが、それは無いでしょ。当日はもっと人気するはず。
前走は1番人気で2着、別に悪い事はしておりません。
距離で嫌われたのかも?
いやいや、1400mが本来の主戦場の馬ですよ。

1番手内目には「宇治田原」の2頭。
特に下げる要素も無く、ポジション、印も買うに値するもの。

12・スマートダンディーは2連勝中で前走はレースレベル「A」での昇級初戦。
OPの壁はあるし、前走で負かした相手も特には走っておらず。
一応印は回しましょうか?という程度で。


◎7・レッドゲルニカ
○3・サンライズノヴァ
▲10・ベストマッチョ
注15・ブルミラコロ
△1・ルグランフリソン
△14・ダノングッド
△6・ドリームキラリ
△13・サトノファンタシー
△12・スマートダンディー


東京9R 富嶽賞


M2:位置取り
M3:番手
M5:HB指数印
M6:外厩印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t4

ダービーと目黒記念を繋ぐレースでしたが、近2年は当日のメインレース欅Sと同じコースで行われる傾向を計るレースとなっております。
印の傾向も欅Sと同じ。
近年は内枠有利というのも、やはり同じ。
違うのは1番手の強さ。
芝→ダートだった2016年のケイリンボスを除くと圏内の馬は全て1番手でした。
「中」より外目の傾向でもあります。


コンビニ版「外厩」シート
t1

「馬名太文字」は14・イーグルバローズ。
おなじみ「しがらき」+堀厩舎です。
「中」1番手、IDM・展開◎◎と印も入って無敵状態。
なにせ、未勝利でIMD60台を出した馬。
単純に、それだけ走れば1000万でも走れるという事。
一緒に走らされた馬達にとっては悪夢としか言いようが無いですね…。

5・ダイワスキャンプは「ミホ分場」帰りで連対率が30%越えのコンビ。
前走も初ダートで15番人気3着でしたが、その時も同じ「外厩」帰りでのもの。
中6週ですが一旦戻して、改めてダート路線を突き進むようです。
位置取りシートでは「内」1番手と1番手を確保。

15・タイセイスペリオルは転厩初戦。
ずっと「山元」馬でしたが今回は「グリーンウッド」帰り。
この「外厩」チェンジと1週前の「追い切り」指数上位で何か起これば。

メイショウ2頭出しなので、8・メイショウオルガ、16・メイショウカイモンは買い目には入れる。

コンビニ版位置取りシート
t2

1番手からの選択で「中」より外目優先。
上記の馬以外だと13・デピュティプライムは「大外」2番手、IDM注の展開マーク「@」で激走馬。
前走は再昇級の初戦で、安定の指数は出せました。
他に走る馬が居ない時に、自動的に上位に入ってくるタイプ。

7・エレクトロポップは「外」2番手。
転厩初戦の前走で勝利。
引退厩舎の間際での無理な使い方のように見えましたが、小島太厩舎から田村厩舎に移った途端に勝利とは、皮肉な物ですね。
「追い切り」指数上位、レースレベル「S」での昇級で、激走馬。

10・シャープシューターは「外」1番手。
「天栄」帰りで率も優秀。
鞍上は寧ろダートでのH・ボウマン騎手。
前走は園田帰りでも500万を快勝でした。
そりゃあ、そんな馬が園田のC2なんかで走っていたら蹂躙状態にもなりますね。

◎14・イーグルバローズ
○10・シャープシューター
注5・ダイワスキャンプ
△2・キタサンガンバ
△13・デピュティプライム
△7・エレクトロポップ
△4・シアワセデス
△8・メイショウオルガ
△16・メイショウカイモン


京都9R 與杼特別


ハイブリッドデータと前走

ハイブリット新聞データパックを使って過去分を確認。
M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t1

荒れる+「後半」系のレース。
「後半」印◎○からの選択。

1・2枠ばかりが並んでいるように、内枠の人気馬は有利。
更に上記のように「後半」上位であれば言う事無しですね。

3着には変な馬。
イマイチ拾いようが無いけれども「メイショウ」馬は出走していたら入れておきましょう。
「外厩」帰り、4歳馬、が一応の目安。

位置取りシートでは「中」より外目。
2番手以降からでも良く来るので、1番手からは人気馬を無難に、2番手以降は嫌い過ぎないといった心構えで。