東京優駿(ダービー) 過去成績・過去の位置取りシート
東京優駿(ダービー) 特別登録と「外厩」データ
東京優駿(ダービー) 「外厩」で見ると

昨年の記事
G1.sp 東京優駿(ダービー)
東京優駿(ダービー) 「外厩」でみると


コンビニ版位置取りシートでの過去分を作成しました。
→ ダービー 位置取りシート12年分

・展開マーク「@」は買う以外の選択肢はアナタにはありません。You have no choiceです。
・IDM・展開Wの展開マーク付き、「+」の展開マーク付きが次順。
・「追い切り」指数上位は人気馬の中での選択で特に重要。

と、とにかく展開マーク付きのためのレース。
印が揃った人気馬は、また色々と楽しんで選ぶとして、ここではそれ以外の馬について。
配当見込める変な馬のパターンを。


・リストアップされている事が大原則
 ダービーにおいて3番手以降からの圏内は無いと言って良いレベル。

・内枠
 白・黒帽子。あって青の4枠まで。

・青葉賞・京都新聞杯と2200m以上の別路線
 皐月賞からIDM・展開に何も印が無いような馬よりも別路線組。距離経験も重要。

・「中」より内目、「後3F地点」で「内」のライン3番手以内
 差し馬では無いですね、前でギリギリ3着以内に粘る馬を。

・激走馬、「追い切り」指数上位
 やはりコレは効く。



2014年

t2

2枠3番マイネルフロスト。
「内」2番手、内枠、激走馬、「後3F地点」で「内」3列目、前走は青葉賞で3番人気6着。
その前の毎日杯勝ちの賞金アリでした。


2013年

t1

2枠3番アポロソニック。
「最内」1番手、内枠、「追い切り」指数上位、「後3F地点」で「内」1列目、前走では青葉賞2着。

2012年

t3

この頃だとデータが古いので、やや微妙。
14・トーセンホマレボシは外枠ですが、「内」1番手、「後3F地点」で「内」2列目、前走は京都新聞杯勝ち。
大きいのは鞍上だったかなと。

11・フェノーメノは青葉賞勝ち馬、IDM・展開で「+」付き。

10・ディープブリランテは3番人気以内では1頭のみ「追い切り」指数上位。
皐月賞3着馬でした。
肝心の皐月賞勝ち馬のゴールドシップは「大外」3番手とリストアップから外れていた年。


近年で人気薄での圏内だとこんなもの。
サトノラーゼンも5番人気ではありましたが、ドゥラメンテが1.5倍の1番人気で、あまり中位人気で差が無いところの年。
「内」1番手、前走は京都新聞杯勝ちでしたね。