東京優駿(ダービー) 過去成績・過去の位置取りシート
東京優駿(ダービー) 特別登録と「外厩」データ
東京優駿(ダービー) 馬番確定
東京優駿(ダービー) 「外厩」で見ると
東京優駿(ダービー) 位置取りシートで見ると
東京優駿(ダービー) 位置取りシート 前日版

昨年の記事
G1.sp 東京優駿(ダービー)
東京優駿(ダービー) 「外厩」でみると


使えるデータは全て揃いました。
今年のダービー、考えて行きましょう。
昨日アップした分は残しておきます。

状況的には、ダンスインザダークが2着に負けて3戦3勝でフサイチコンコルドが制した年に似ている感。
って、古い話なので知らない方は全くピンと来ないでしょうけれども。
出走していれば1番人気のダンスインザダークは皐月賞を熱発で回避。
主役を欠いた皐月賞では、イシノサンデー・ロイヤルタッチでの決着。
ダービーでは皐月賞組からは3着だったメイショウジェニエが3着、他は掲示板前後に沈みました。
プリンシパルSを持ったまま楽勝したのを府中に観に行っており、ああこれはもうダービー勝ったわ…。と思っていたのだけれども。
何だかよう分からん別路線のフサイチコンコルドに負けてもうた。
という話し。
それが今年の舞台設定なのなかなと。

ダノンプレミアム

能力的には断然の1・ダノンプレミアム。
脚長、ディープインパクト、G1を楽に圧勝経歴。
ダービーにおいては負ける要素無しです。

…皐月賞前までは。

最初から皐月賞スキップ予定であれば別に何でも無い事ですが、使おうと思ってアクシデントで使えなかった影響は大きいです。
脚元関係のトラブルは最近ではエピカリスがありましたね。
3歳のこの時期、路線断然トップの馬がそれをやらかすと症状以上にダメージは大きいのでしょう。
皐月賞回避の時点でも「外厩」には出さずに厩舎に置いておいたまま、というのも気になる要素。
もしかすると京都新聞杯辺りなら…という考えもあったのかも。
後手に回って居る印象。
能力的てにはずば抜けている。でも、それ以外が悪過ぎる。
というのがダノンプレミアム。

厩舎についても少し。
中内田厩舎は言うまでもなく優秀。これまでの経歴も順調。
もうそろそろG1を獲るだろうというタイミングで、しっかりと朝日杯を獲りました。
もしダノンプレミアムが順調であれば、勢いでダービーだってすんなり行けたはず。
イメージ的にはロジユニヴァースの時の萩原厩舎でしょうか。
なのだけれども。
上手さや優秀さだけでは今回は対処出来ない面がありそう。
あまり使いたく無い概念ではありますが、経験や覚悟の部類の話しですね。
ダービーって、素質馬を潰す覚悟と、実際に潰した経験が必要とされるレースなんだと思います。
それは同馬のメイン「外厩」である「ケイアイF千葉」も中内田厩舎も不足している部分。
「このレースさえ勝てれば!」っていうタイプでも無さそうですしね。

ブラストワンピース

能力ではダノンプレミアムが。
そして、能力以外の準備という点では8・ブラストワンピース。
別路線からならば同馬を。

何と言っても「天栄」馬で、これまでも、そしてこれからも全走「天栄」でしょう。
アーモンドアイと同じく変則ローテでのG1挑戦。
牝馬路線では成功しました。
牡馬では?
といのが今回。

指数的には足りておりません。
ですが、皐月賞スキップは予定通りで最初からダービー狙い。
しかも計画通りでこれまでは順調そのもの。
大竹厩舎もルージュバックで失敗した経験を活かすならココです。
あのレベルの馬でG1を勝たせない奇跡を起こせるなら、逆にダービーを勝ってしまうくらいは出来るはず。
当時の経験を蓄積した結果「天栄」はアーモンドアイを出せたと考えれば、厩舎はブラストワンピースにそれを還元出来ると思う。
それに馬主の「シルクR」的にもダービーはそろそろ感はあります。
単価も安く、しかも口数が多いシルク馬は、実験しやすいというメリットも大きいですね。


ちなみに、上記のヒーズインラブはハービンジャー産駒。
昨年は皐月賞で2着だったペルシアンナイトもハービンジャー。
種牡馬的にもリーチがかかっている感。

うん。
ホント、能力以外は全部揃っておりますわ。


さて、この後には前日データの作成が終わり、もっと使える材料が増えてきます。
上で書いていた内容も、それ次第ではゴロッと変わるかも。
それは僕にも分からん。
一体自分がどんな結論になるのか楽しみです。
流石はダービーだな!


土曜日の東京芝の傾向は

t3

「中」より内目の傾向は断然。
「最内・内」ラインで、「内」の人気馬、「最内」の人気薄という分布。
「外」以降が1頭も来ておりません。
内枠有利で、「追い切り」指数上位も連対圏に固まっております。

「外厩」も確認しておきましょう。

t4

「天栄・山元」がどっさり。
そして「しがらき」もしっかり勝っておりますね。
1番人気を除けば、今走で厩舎仕上げだった馬は3着が2回、3・5番人気であっただけ。


では、明日は?


コンビニ版「外厩」シート
t1

「天栄・しがらき」組は赤線。
それ以外は青で引いてあります。

「追い切り」指数上位の3頭は全て「天栄・しがらき」組が獲りました。
「外厩」で調整して、直前の追い切りでも指数上位。
土曜日の傾向でもそんな馬達が上位を占めていたように、ダービーでもその状況は揃っていますね。

東京優駿(ダービー) 「外厩」で見ると

毎年「天栄・しがらき」組がただでさえ有利なレースなのに、更にポイントがプラスされたという事。


コンビニ版位置取りシート
t2

今年は「中」より内目のリストアップが対象範囲。
「外厩」シートと合わせて評価出来る馬を拾う。
特にダービーで重要なのは展開マーク。

8・ブラストワンピースは「内」2番手、展開マーク付き。
IDMは無印ですが、これは当然です。
強い相手と戦っていないから、指数もそれほど上がりません。
普通はこれはマイナスなのかも知れませんが、それも今では使い方次第でしょう。
最初からダービー狙いであれば、1600m・2000mを使って消耗する必要がそもそも無い。
成長は「外厩」で充分促せる。
必要な賞金は確実に勝てる重賞で稼いだ。
故に、メンバーが濃くなるクラシック絡みのレースにはこれまで出走せず、必然的に指数も出ない。
これがブラストワンピース。
今までとは違ったダービーへのアプローチですね。
敢えて苦手な距離を使わずとも2400mで勝てば良いんでしょ?それが目的だし。
それを表現すると、このようなローテになるのかなと。

5・キタノコマンドールは「内」2番手、IDM・展開Wでテンかマーク「@」。
これまで全てのレースで「しがらき」を挟んでの出走です。
今回の出走馬では唯一の今走「しがらき」帰り。

16・ジェネラーレウーノは「最内」2番手、テンマーク付きの激走馬。
同馬も「天栄」+「追い切り」指数上位。

このように、内目の2番手は全て「天栄・しがらき」組で占拠しました。
対抗する1番手の馬達は。

17・ワグネリアンは「最内」1番手、8枠17番。
外枠から圏内に来た馬は、前走1着馬くらいじゃないと厳しいです。
鞍上も基本は外国人騎手が必要。
人気で皐月賞を勝ったイスラボニータは先行馬で、何とか2着だったように、力量上位か前行く馬に限られますね。

その観点から言えばまだ14・エタリオウの方がマシかも。
同じ友道康夫厩舎で、H・ボウマン騎手。
歴史的経緯により、青葉賞2着馬を買うのはアレですけれども。

1・ダノンプレミアムは能力系の話しでは言う事無しです。
展開計算でも最高の評価。
「内」1番手、IDM・展開Wで、テン・展開マーク系の2つ入り。
ただし、最初の書いたように準備という点では評価出来ず。

上記の馬達以外では、「天栄」+C・ルメール騎手の15・ステルヴィオ。
1番手のIDM・展開Wで「+」、青葉賞勝ち馬の6・ゴーフォザサミット。
12・エポカドーロは皐月賞だし。
3着ならあってもおかしくないので、3連系であれば。


◎8・ブラストワンピース
○5・キタノコマンドール
注16・ジェネラーレウーノ
△1・ダノンプレミアム
△6・ゴーフォザサミット
△12・エポカドーロ
△15・ステルヴィオ