土曜日

t1

日曜日

t2

外回りは開幕週でも展開マーク付き。
特に展開マーク「@」はやはり優秀。
外回りであれば、1番手、IDM・展開Wの展開マーク付きが中心になります。
1200m、他内回りだと内目のテンマーク付き。
変な馬は内目からで、内目の激走馬、外目であれば「後3F地点」で1列目の激走馬。
割と「激走馬」は来やすい状況ですね。
同時に、1番手のIDM・展開WでIDM上位の人気馬も軸として無難。崩れは少ないです。
内目の変な馬の取り扱いがポイントになりそう。


騎手

・土曜日
t3

・日曜日
t4

騎手が揃った土曜日は独占状態ですね。
C・ルメール騎手、福永祐一騎手。
今だと、武豊騎手の替わりに、M・デムーロ、川田将雅騎手でしょうか。

G1の裏開催になると、ガラリ一変。
今年も浜中俊騎手が居残りになるようならば、先々週同様に後半は全て圏内という事もありそう。
ここらは騎手ランクが効くと思います。
関東馬+関東騎手も土日共に阪神だと、人気薄でも丹内祐次騎手のように3着くらいには滑り込みがアリ。

ダート


土曜日

t5

日曜日

t6

ダートは人気馬が強すぎ。
日曜日は勝ち馬は全て1番人気でした、
未勝利戦を除けば、IDM・展開Wの1番手、「+」かIDM◎からの勝ち馬。
その分、ヒモ荒れとなっております
相手は1番手、3歳のIDM上位でリストアップ内での決着。
1番手の人気薄は無印でも相手に入れておきましょう。
全体的に外枠有利。
7・8枠は人気馬も人気薄もどちらも来ております。