東京11R エプソムカップ

エプソムカップ 過去成績・過去の位置取りシート
エプソムカップ 特別登録と「外厩」データ
エプソムカップ 馬番確定

コンビニ版「外厩」シート
t3

殆どの馬がプラス要素。
「しがらき」3頭、「天栄」2頭。
「馬名太文字」ばかりですね。
1つの指針として、昇級初戦を消してしまう。エプソムカップの歴史に則ってバッサリやる。
すると、結構スッキリします。同時に間隔空きすぎている9・スマートオーディンも。
「しがらき」は2・ベルキャニオン。
「天栄」は13・アデイインザライフが残る。

10・ダイワギャクニーは「山元」2走目、16・サトノアーサーは「しがらき」2頭目。
どちらも率は悪く無い。


コンビニ版位置取りシート
t4

位置取りシート的には四隅。
人気的に合うのは13・アデイインザライフ。
「天栄」帰りで残った馬ですね。
「大外」2番手、IDM・展開Wで展開マーク付き、「追い切り」指数上位。
長期の休養明けから大分上向いて来た感。
前走はズルズル下がって、直線は外で詰まるという…完全に捨てレースの様相で、もう1回期待しても。
欲を言えば同じ萩原厩舎2頭出しのC・ルメール騎手が乗ってくれれば万全だったかと。

2・ベルキャニオンは「最内」1番手、IDM・展開Wで「展開1着激走馬」に該当。
こちらは「しがらき」帰りで残った馬。

3・エアアンセムは情報・厩舎印◎◎で、「外」2番手でIDM・展開Wの激走馬。
人気薄での勝ち馬のパターンには合っております。

10・ダイワギャクニーは「内」1番手、IDM・展開Wで「山元」2走目。
過去において、このパターンでは勝った事はありません。
これまでの勝利は全て「山元」帰りでのもの。
ですが、2走目で重賞狙うのが同馬のパターンでもあります。
過去においては単純に能力が足りずに負けたものなので、状態系での不備という訳では無さそう。
厩舎もアエロリットとダイワギャクニーは2枚看板なのでかなり大切に扱われているでしょうし。

16・サトノアーサーは「外」1番手、IDM・展開Wで展開マーク「@」。
菊花賞以降はずっと裏街道で久しぶりの重賞。
同馬も毎回「しがらき」帰り。
ダービー、菊花賞とG1は「しがらき」2走目での出走も、どちらも2桁の惨敗。
ずっと裏街道だったのだけれども、今回は自身の重賞に臨むときと同じ準備です。

この人気2頭の比較なら、10・ダイワギャクニーを。
位置取りシートでは1番手であれば内目の方が有利なレース。

もう1つの特徴としては、エプソムカップは人気薄のマイネルが結構来る。
今年もおりますね、2頭ほど。
どうやら1頭1回の持ち回りっぽいので、7・マイネルフロストの番かなと。

○10・ダイワギャクニー
▲13・アデイインザライフ
▲3・エアアンセム
注16・サトノアーサー
△7・マイネルフロスト
△1・ベルキャニオン
△14・バーディーイーグル


阪神11R マーメイドステークス

マーメイドステークス 過去成績・過去の位置取りシート
マーメイドステークス 特別登録と「外厩」データ
マーメイドステークス 馬番馬確定

「外厩」シートはお手元の物をご覧下さい。
「しがらき」多頭数出しで、「天栄」含めて「馬名太文字」もおりますね。

コンビニ版位置取りシート
t5

今回は「位置取りシート」メインで選んでいく。

四隅が基本。
そこに入った馬は全部拾う。
ちゃんと選んでいくなら・・・あー面倒だな。

1番手からの勝ち馬なら、人気上位でIDM・展開Wで展開マーク付き、騎手が良い、等のプラス要素アリの馬。
2番手からは、激走馬、IDM上位の人気薄。

6・キンショーユキヒメは「外」1番手、IDM・展開Wで「+」付き。
斤量55kgは大きなマイナス。
それを覆せる程の印は無し。
人気馬だとこれでは勝てず。

12・ミエノサクシードは「最内」1番手、IDM・展開W。
印とポジションは悪く無いものの、同馬で散々1600万を勝てなかった鞍上に戻るのは残念。

上記の2頭共に、人気上位でありながら展開マーク無しも厳しい。

2番手からだと、15・フェイズベロシティ。
「外」2番手、展開マーク付きの激走馬で外目の四隅、斤量51kg。
人気薄での勝ち馬のパターンに該当。
「天栄」帰りで「馬名太文字」に該当。
牝馬重賞では数が少ない2000m以上の距離で、それ以上の距離で牡馬とやってきた経験は有利。

13・エマノンは「中」2番手、IDM・展開Wでテンマーク付きの激走馬。
IDM印が薄く、展開マークも無いのでアタマでは厳しい。
軽斤量と「しがらき」帰りのボーナスがアリ。

4・ミリッサは「外」3番手、IDM◎で展開マーク「@」、「追い切り」指数上位の「しがらき」帰り。
大きく崩れたのは道悪の秋華賞くらい。
明日はそこまで大きく馬場も悪くならないだろうし、無難な馬を選ぶのならば同馬でしょう。

◎15・フェイズベロシティ
○4・ミリッサ
▲7・エテルナミノル
注6・キンショーユキヒメ
△12・ミエノサクシード
△1・ワンブレスアウェイ
△13・エマノン
△2・ルイネイション
△3・アンドリエッテ