何のテストかと言うと、JRDBの主要なPDFでの新聞、WEBレーシングペーパー、パドック新聞、新パドック新聞のバックナンバーを作成しました。
そのテストです。
2013年以降の上記の新聞は今後無料での公開予定。

仮ではありますが、
バックナンバーは → コチラ

まだどのサーバーに置くか決めておりません。
↑のレース選択から気になった過去分を見る、というのも使い方の1つだとは思います。
が、せっかくなのでもう少し積極的に使うとすれば、過去の重賞一覧とかでしょうかね。
WEBレーシングペーパーの縦版で集めてみました。
年度をクリックで新聞を開きます。

ユニコーンステークス

人気薄でも「本紙」の印付きですね。
☆が良い仕事してます。


2017

 サンライズノヴァ  出遅れ中団外、直線大外から一気に差し切る
 ハルクンノテソーロ  出遅れ後方、直線外出し伸びたが。 
 サンライズソア  好位追走、4角迫るが逆手前のままジリジリ


雨で湿った馬場。Hペース差し・追い込み展開に。最初はテイエムが先頭に出たが、出遅れながらも押して挽回したシゲルコングが主張してHペース縦長に。先行勢には厳しい展開となり、差し・追い込みの浮上となった。1、2、4着は流れ向いた方だが、3、5着辺りは厳しい流れでも粘った方。時計も上々。



2016

 ゴールドドリーム  促し先団外、直線も確り伸びて一騎打ち制す
 ストロングバローズ  好発譲り番手、追出し待ち一騎打ち粘り僅差
 グレンツェント  中団後外、直線外から追い込んできたが。 


Mペース時計勝負。上位2頭優秀。直線に向いた時点での手応えが上位2頭だけ違っていた。強い先行馬がペースを緩めさせなかったことで、OP勝ちのある3頭で1~3着独占と、力勝負になった。1つ前の1000万下青梅特別と道中ラップが全く同じだが、上がりはこちらの方が速かった。単純比較で上位4頭は既に古馬1000万下でも勝てる力があることに。青梅特別上位2頭は2階級降級馬だったことを考慮すれば、7着馬まで目線を広げても良いかもしれない。



2015

 ノンコノユメ  出遅れ後方、直線大外出し一気に差し切る。
 ノボバカラ  番手外追走、直線伸び抜けて粘り込んだ。 
 アルタイル  後方外で溜め、直線外からジワジワ浮上した


湿った馬場でHペース消耗戦。アキトクレッセントがスタートで躓きいきなり脱落。それでも先行争いあり速い流れ。そこからノボバカラが突き放して抜け出したが、大外からノンコノユメが一気に捕えた。ゴールデンバローズは道中やや行きたがる仕草もあったが、本来のパフォーマンスとは言えない内容で伸びもジリジリ。海外遠征帰りということもあるが、ヒヤシンスSまでは圧倒的存在だったが、すでにそれに他馬が追いついた・追い抜いたという結果。それでも掲示板の5頭は十分強い内容ではある。



2014

 レッドアルヴィス  中盤緩んだ時対応して動き直線外押し切れた
 コーリンベリー  好発単騎逃げを決めペース落とし一杯に粘る
 バンズーム  出遅れて後方、早め仕掛け外から渋太い伸び


雨は止んだが全面的に湿り時計は標準、外差し有利馬場。前半3F34秒4だがコーリンベリーのみの単騎逃げでのもので、4角はハロン12秒9までグッとペースを下げて馬群が一気に凝縮。馬群の内にいた馬はみな壁に詰まり、4角追っ付けて外を回した馬の方が直線勢いに乗れた。上手くいったかどうかで上がり3Fに大きく差がついている。勝ったレッドアルヴィスは形の上では圧勝だが、他馬が力を出せず凡走した分も大きい。



2013

 ベストウォーリア  出遅れ中団、直線前壁も内め割って抜けた。
 サウンドリアーナ  後方追走、直線外出し確り伸びるが2着まで
 サウンドトゥルー  出遅れ後方外、3角動き早め前並び粘った。


昨晩の雨で重馬場。スローの上がり勝負。馬群を割って勝ち馬が抜け出した。2着馬は後方から外回って上がり1位。他は上がり負けの格好。