今週末はどの競馬場も雨予報。
何処まで馬場が悪くなるのか分からない。
そもそも、中京なんて交通機関の先行きさえ不透明。
なので、普段とは少し違うアプローチが必要になりそう。

でもでも、新馬だけは別。
それだけは普段の「外厩」シートの扱いでOKです。
だって、他に検討材料が無いのですもの。

と、諸々見てみますが、実際にどれくらいの雨量でどんな馬場になるかは神のみぞ知る。
今の想定と全然違うようなら、この後の話は忘れて下さい。

函館


ここは先週と同程度になりそうですね。
騎手の面々も変わらず。
故に、JRDV開催別騎手成績 18年1回函館が使える。

馬場が分からん時には待ちです。
条件に合いそうな時に手を出す。
函館であれば、藤岡佑介、C・ルメール騎手中心に、この2人が大丈夫そうな馬に乗った時に馬券を買う。

t1

もう少し見ると、藤岡佑介騎手なら芝。
5番人気以内3着内率だと、藤岡康太騎手も良いですね。
12回5番人気以内馬に騎乗して、8回が圏内。
60%越えていればまあまあです。
そして、50%を切るようだとヤバイ。

北村友一、横山武史騎手ならダートで。
横山武史騎手は名前を見ただけで下げたくなりますが、ダートならば嫌いすぎないように。


先週の日曜日の位置取りシートと組み合わせて見ると。

・芝

t2

t3

1番手のIDM・展開W、人気上位で開催データ上位の騎手。
まずはここが軸になります。
勝ち切る事が多いので馬単でも良い。
相手は内目のリストアップ。ポジションだけ見ましょう。他の印等は無視。
3番手以降なら激走馬かIDM印入り。
外目でもIDM▲以上、でオッズが見合う馬なら。

このように、予想を放棄。
軸馬に該当するパターンが無ければ、そのレースはスルーです。


・ダート

t4

t5

ダートも同じですね。
IDM・展開W+騎手。
変な馬は内目の「最内・内」ライン。
「追い切り」指数上位が効くので、その3頭は全部拾っておくべき。


中京

JRDV開催別騎手成績 18年3回中京
t1

上位3人、特に川田将雅騎手に頼っておけば良さそう。
おまけで松田大作騎手、ダートの浜中俊騎手。
馬券的には川田将雅騎手中心に3連単かな。
1・2着どっちになるかを考える。
ひっくり返す相手も、大体騎手で決められる。
流石に滅茶苦茶な馬に乗っていたら、無しですけれども。

先週の日曜日がこのように。

t2

馬場を考えて念のために近い所をみると、昨年の中京1日目。

t3

挙がっている騎手、殆ど変わらないですね。
ついでに当時の位置取りシートも簡単に。

・芝
t4

・ダート
t5

ダートは超内枠。
白・黒は全部買い。
下級条件であれば、もう枠要素だけでほぼ決まってしまう。
500万以上になれば、やや能力的な物で抗える。
内目有利でテンマーク付き、同士での決着。



福島

知らん!