こんな天気と馬場なので、前日時点ではザックリとですね。

福島11R 七夕賞

七夕賞 過去成績・過去の位置取りシート
七夕賞 特別登録と「外厩」データ
七夕賞 馬番確定

近年の勝ち馬は人気馬からですが、関西馬であったり、既に重賞勝ちで前走好走馬だったり、という馬達。
元々は変な馬が勝つレースです。

そもそもが人気上位の騎手がこんな状況。

土曜日終了時点で、戸崎圭太騎手も内田博幸騎手も福島ではまだ1勝のみ。
基準3番人気の柴田大知騎手は100戦中探しても2勝。
2~3着はそれでも良いのだけれども、そんな騎手が乗る人気馬を1着で買う必要があるとも思えず。
なので、初めから人気馬を消した状態でのスタートとなります。

土曜日の福島芝の傾向は。

t1

「中」より外目の傾向。
連対馬は「後3F地点」3列目以内で、IDM▲以上からの軸馬選択。
1番手の「追い切り」指数上位は優秀。

t2

3着には中位人気の「外厩」帰り。

t3

騎手は田辺裕信、津村明秀、石橋脩騎手。


コンビニ版位置取りシート
t4

拾えそうな馬には牝馬が多め。
でも、このレース牝馬だと勝てないんですよね。
ハンデとは言え、ここらに出て来るレベルの馬が牡馬とやって2000mを勝つのはキツイ。
以上を踏まえて「中」より外目だと1・プラチナムバレット、5・マイネルサージュの2択。

1・プラチナムバレットは「中」1番手、IDM・展開Wで「+」の激走馬、「追い切り」指数上位。
骨折休養明けからの2戦は順調な感も、前走でドカンと崩れての凡走。
再び「宇治田原」に戻して間隔を空けて決まりました。
それで今回良くなっていれば勝てるだけの指数はアリの関西馬。

5・マイネルサージュは「中」2番手、展開マーク付きの激走馬。
OP特別専用なタイプで、重賞だと結構足り無い。
福島補正をプラスして、且つ、ここ2走は使いつつ馬体重を増やしての好走。
準備的には良いので、もう1段階の成長があれば。

前日では騎手の差で5・マイネルサージュを上にとっておきましょ。

2・キンショーユキヒメは「外」1番手、IDM・展開W◎◎で「追い切り」指数上位。
ポジションと印はバッチリ。
牝馬相手なら重賞だって勝てる。

7・ワンブレスアウェイ、11・マイネルミラノは人気と鞍上が手頃。

◎5・マイネルサージュ
○2・キンショーユキヒメ
▲1・プラチナムバレット
注6・サーブルオール
△7・ワンブレスアウェイ
△11・マイネルミラノ


中京11R プロキオンS

プロキオンステークス 過去成績・過去の位置取りシート
プロキオンステークス 特別登録と「外厩」データ
プロキオンステークス 出走馬確定

例年は位置取りシートでは1番手の内目が不振なレース。
先行激化で、そこらのポジションにいる馬達が食われてしまうため。
結局は勝ち馬は2番手から多く、次順で1番手の外目。
とは言え、変な馬では勝てません。
IDM上位、IDM・展開Wの5番人気以内。

1~3着馬もほぼリストアップ内からの馬。
2桁人気は狙い辛い。

今年は例年とは違う馬場なので、そこらがどうか?ですかね。

コンビニ版「外厩」シート
t1

ダートなので「宇治田原」馬が良いレース。
今回も多いですね。
次順で「大山」。
これも2頭該当。
約半分がそんな馬達。
の、中にあって目立つのが8・ドライヴナイト。
「グリーウッド」2戦目の成績は連対率も高く、馬自身も好走パターン。


コンビニ版位置取りシート
t2

6・インカンテーションは「外」1番手、IDM・展開W◎◎で展開マーク付き、「宇治田原」帰り。
諸々揃っているので馬券圏内は大丈夫。内枠も良い。
だけれども。
厩舎指数が低いのが気になるところ。
無印はちょっと…勝てないレベル。

3・ウインムートは「最内」2番手、IDM・展開WでIDM○、テンマーク付き。
乗り替わりはマイナスも、内枠から前に行ってやや控えて脚を溜めるという、最もレースがし易そうではあります。

5・ルグランフリソンは「大外」1番手、IDM・展開W、激走馬。
角居厩舎の馬を全部引き継いだ中竹厩舎。
自力でもウチは充分やれるぞい!をアピールするには絶好の舞台。
「大山」帰りで「外厩」的にも合ってます。
前走の負けは鞍上効果なので特に問題無し。
道中はどこかで必ず頭を上げてヒヒーンとするので、もっと真面目に走れば能力的には足りてます。

この3頭、頭で買うには微妙にイマイチ。
であれば、「最内」3番手とリストアップからは外れますが7・キングズガードを。
前走地方+「宇治田原」のパターンで、展開マーク「@」。
明日の傾向で、どこかダートのレースで「@」が勝つようであればもっと信頼度はアップ。

◎7・キングズガード
○6・インカンテーション
▲1・サクセスエナジー
注5・ルグランフリソン
△3・ウインムート
△4・ブライトライン
△2・ドリームキラリ
△14・サイタスリーレッド


WIN5的に他をみると。

福島10R

「外厩」シートだけで考える。
1・ワイルドカードはゴドルフィン+「ミッドウェイF」で前走勝利。
2走目も木村厩舎だと勝率40%です。
ただし鞍上がM・デムーロ騎手→北村宏司騎手。
カナリのマイナス。
勝ち切らない可能性大。

12・テルペリオンは「宇治田原」帰りで「追い切り」指数上位。
次順なら同馬。
人気上位の2頭になります。

他であるとしたら13・ディアドナテロ。
特殊な馬です。
「外厩」帰り数戦しないと走らない。
前走でようやくスイッチが入ってからの、今回。

中京10R

鞍上と印だけですね。
1・インディチャンプのM・デムーロ騎手、、3・キラービューティの福永祐一騎手。

函館11R

Twitterにアップしました。


他は?

新馬戦は通常通り、どれをやってもそれなりにプラスになりそう。
「外厩」シートを片手にトライしてみて下さい。
それで多分、午後の資金を作れます。

中京の午前中も面白そう。
2・3Rは配当狙いでGO。
特に3Rは内枠に人気薄が貯まっており、ザッと流して掬う方法で。

明日は朝バタバタして時間が無いかもなので、いまのうちに。
2R
4・エイシンウェルズは「馬名太文字」に該当。
大きく崩れたのは厩舎仕上げの前走のみで、今回の「外厩」帰りが効きそう。

10・チャーミンホープは「外」2番手の展開マーク付き。
前走が初出走で「詰脚」が「赤」。
更に斤量が前走よりも2kg減。

この2頭に期待で。

baken1

3Rはとりあえず内枠。
初ダートの7・ココナッツスルーは「外厩」シートで「馬名太文字」に該当。
上の兄弟は全部ダートですしね。
1・シゲルミズナは「内」1番手、IDM・展開Wで1枠。

baken2

中京9Rも消そうな馬は決まっているので馬券は組みやすい。
明日時間があればブログでやりましょうか。