昨年の阪神開幕週をみると
2017年 ビューワへのリンク

位置取りビューワ
土曜日
日曜日

中山

土曜日
t2

日曜日
t1

開幕とは言え...というのももうここ何年か続いてますね。
展開マーク「@」は5勝。
エアレーション効果ってやつでしょうか。

ハイブリッド競馬データパックで「後半」1位を見ると

t7

「HB」印上位+「後半」◎が基本。
2歳戦は微妙も、意外と新馬では有効。

ちなみに「天栄」+展開マーク「@」はこの開催を通して…

t8

勝ちまくりですね。馬券圏内もパーフェクト。

ハイブリッド競馬新聞用のビューワ
でも「外厩」名は確認出来ますので、使える方は気にしてみて下さい。


「最内」ラインは京成杯AHを除き他では全て1頭は圏内。
「最内」1番手のIDM・展開Wは人気でも嫌えませんね。
「激走馬」も「最内」からが多く、1番手の内目と展開マーク「@」が予想の中心。

2桁人気での圏内は、テン・展開マーク付き。4枠よりも内目の枠から。

・勝ち馬はIDM・展開WでIDM▲以上か「+」付き、5番人気以内。
・「最内」ライン、特に1番手。
・内枠の、テン・展開マーク付きで人気薄。

この3つで組み立てる方針で。


ダート


土曜日
t4

日曜日
t3

芝と同じくラインは「最内」。
「中」より内目の5番人気以内は等しく馬券圏内のレベル。
「後3F地点」1列目の「激走馬」は来やすい傾向。
外目であれば外枠の7・8枠から。
中位人気辺りのテンマーク付き。

連対馬はIDM◎○からの2択。
どちらか1頭に決めるときには

土曜日
t9

日曜日
t10

坂路で追い切った馬を上位に。
コース追いだと「外厩」帰り要素で買えそうな馬だけ。


ダートは以下の手順で
・IDM◎○からの2択で、追い切りコースで選択。
 次順で「詰脚」と、脚質。
 逃げるよりかは番手以下につけられそうな馬を。

・馬連・単であれば、相手は単純に5番人気以内の5頭。

・3連系であれば「最内」ラインは全。
 IDM・展開Wの中位人気辺りが2列目候補。


天栄

土曜日
t5

日曜日
t6

関東ならこの「外厩」。
ローテが20週未満の人気馬なら大丈夫。
今回に向けて調整して来ました!という馬達ですね。
そんな馬であれば勝ちきる事も多め。