スプリンターズステークス 過去成績・過去の位置取りシート
スプリンターズステークス 特別登録と「外厩」データ

スプリンターズステークス 「外厩」でみると
スプリンターズステークス 馬番確定

昨年の記事
G1.sp スプリンターズS

コンビニ版「外厩」シート
t1

赤線を引いているのがプラス要素がある馬達。

3・ワンスインナムーンは昨年と同じローテと「外厩」。
「山元」帰りで叩いてからの本番です。
ただし、CBC賞は余計だった感。
それでもあれくらいの相手であれば、外枠からでもハナは取れるのは分かりました。
北海道を使っての中1週という、無茶苦茶なローテを考えれば粘れなくても仕方無しの結果。
スプリンターズSに向けては、ベストの準備をして来たのは昨年と一緒。
「追い切り指数」70を超える時、同馬が本気な証し。

5・アレスバローズは北九州記念からで「グリーンウッド」帰り。
中3週でさえ「外厩」に出しているので、ほぼ全走「グリーンウッド」です。
北九州記念からは他に森田厩舎の2頭、ダイメイプリンセスとラブカンプーが出走。
ラブカンプーは更に間に1走セントウルSを挟んでおり、どちらも在厩調整。
それに比べれば「外厩」に出していた同馬は有利な存在。

7・キャンベルジュニアは「ノーザンF」2走目。
馬自身とも堀厩舎の使い方としても好走率は高く「追い切り指数」上位。

8・ファインニードルは、別に勝たなくても良い前走を、勝つ気も無く追走して能力だけで勝ってしまいました。
昨年は北九州記念で「ミッドウェイ」帰り→2走目がセントウルS。そこで勝って本番で息切れ。
今回はセントウルSからのスタートなので、同じ事は起きません。

12・ナックビーナスは「山元」帰り。
この馬で「山元」???
と思った方は、なかなか詳しいですね。
杉浦厩舎自体、社台生産馬でも馬主が「社台」系で無い限りは「山元」は使わない厩舎。
それが今回はその「山元」使い。
引退後に関してのディールがあったのかも知れませんね。
ウチが引き取るし、現役期間の面倒も見ますとか。
このレースで「外厩」要素に「山元」があるのは大きなプラス。
2週連続の「追い切り指数」上位でもあります。

15・ムーンクエイクは「天栄」+藤沢厩舎+C・ルメール騎手。
こんなの…買うしかないでしょ。

16・レッドファルクスは「山元」帰り。
でも「馬名太文字」からは外れてしまいました。
過去の2年とは違う状況で、しかも鞍上も乗り替わり。


位置取りシート
t2

ここにリストアップされている馬同士での決着が基本。

土曜日の中山芝は四隅の傾向。
「最内」ラインと「大外」(「大外」まで埋まっていない時には「外」)が有利。
「+」付きの馬は全てのレースで連対していましたが、それほとんどがJ・モレイラ騎手でのもの。
3着まで見ると「中」より外目の傾向。
IDM上位の◎○も優秀な結果でした。

例年好走している特徴としては、「詰脚」が「青・赤」パターンの馬。
今年は8・ファインニードル、5・アレスバローズが該当馬。

展開マーク付きも同様にプラス効果は大きい。
5・アレスバローズ、10・レッツゴードンキですね。


◎8・ファインニードル
○12・ナックビーナス
▲5・アレスバローズ
注15・ムーンクエイク
△3・ワンスインナムーン
△11・セイウンコウセイ
△10・レッツゴードンキ


8・ファインニードルは「内」1番手、IDM・展開WでIDM◎。
前走のセントウルSではIDM75を出しました。
昨年が71なので、休み明けでその値は確実に成長の証し。
指数的にはビッグアーサーやロードカナロアと同程度。
ビッグアーサーは…あんな騎乗であんな結果でしたが、ファインニードルは今回グレイトパールのような競馬をするでしょう。
枠なりに内を回って、早めに外に出して進路を確保したら、前走並みの脚が使える、前走以上でしょうか。
人気馬の中でも最も良い枠を引けたし、悪い部分はありません。
揃い過ぎているのが難点といえば難点。


12・ナックビーナスは「中」1番手、IDM・展開Wでテンマーク、「+」付き。
「外厩」シートでもプラス。
鞍上も文句無し。
土曜日は前の馬には厳しい傾向も、J・モレイラ騎手だけは別でした。
本当に鞍上だけで全てを賄えてしまう希有な存在。
出来る事なら、暮れに香港に行って、しかもJ・モレイラ騎手で乗って頂きたいなと。


5・アレスバローズは「大外」1番手、IDM・展開Wで展開マーク「@」で「+」と激走馬。
全部入り激走馬ですね。
この人気であれば、内で控えて直線に賭けるのもアリ。
変に安全策でいくなら前には届かないでしょうが、腹を決めての騎乗ならアタマまであると思います。
鞍上が今は終わっているのが残念だけれども…。
この馬場であれば詰まる事は無さそう。

15・ムーンクエイクは枠は最悪。
ずっと外を回す訳にもいかないし…と思っていたら、こんな馬場。
マイナス分は消えるかも知れません。
であれば、能力以外の状況要素ではトップの馬。

3・ワンスインナムーン、11・セイウンコウセイは四隅に該当。
10・レッツゴードンキは、位置取りシートでも良くは無いものの展開マーク付き。

リストアップから漏れて、「外厩」的に良さそうな7・キャンベル、16・レッドファルクスは3連複なら3列目にでも。