京都11R 日経新春杯

日経新春杯 過去成績・過去の位置取りシート
日経新春杯 特別登録と「外厩」データ
日経新春杯 馬番確定


ハンデの割りには配当は堅め。
勝ち馬も

t2

1・2番人気が殆どです。

t1

そして人気馬の崩れもあまり期待出来ない。
落ちても4着までなので、ギリ3着に残る可能性は高いですね。

たまに人気薄で勝つ馬は、位置取りシートでは2番手内目。
内枠、前で競馬をする馬がデフォ。

今年だと

t3

1~3番手、広げてみても、8・ウインテンダネス、4・アフリカンゴールド、15・ロードヴァンドールくらい。

15・ロードヴァンドールの前走はわざわざ横山典弘騎手が関西に来ての・・・何もせず\(^o^)/
逃げたら怖い騎手ではあるものの、基本、同騎手は外枠人気薄だと何もしない事の方が多い。凄く多い。
何かしたのはアンジュデジールまで遡らないとありません。
年に数回しかしない神騎乗。
昨年は2枠と枠もよくやる気になったようですが、今年は微妙。

4・アフリカンゴールドは内枠で、鞍上のF・ミナリク騎手も結果を出しているは前で競馬したとき。
ただし、京都の芝で何か出来るのか?は、これまた微妙。
52kgで乗れた事だけは立派なのだけれども。
馬自体は「外厩」の「ミッドウェイF」帰りでは4戦3勝と相性が良く、3連複の3列目ぐらいなら入れても良いかな。

8・ウインテンダネス。
ちょっと回りを見てみれば、近くの馬達は「宇治田原」帰りばかり。
土曜日も変な馬で来ていた「外厩」です。
出遅れなければ、逃げるのは同馬でしょうか。
それでも、メイショウテッコンと同斤量・同「外厩」なら騎手大きく差が出てしまいそう。


コンビニ版「外厩」シート
t1

んー結局は「天栄」vs「しがらき」の図。
どちらも2頭ずつ。

天栄は
2・グローリーヴェイズ 今走
5・シュペルミエール 前走

「しがらき」は
13・ダッシングブレイズ 今走
16・ムイトオブリガード 今走

どちらの「外厩」も金杯こそ結果は出せませんでしたが、以降の特別戦で2頭以上出して来たときには1頭は来ております。

「しがらき」であれば、
福寿草特別 1・3着
シンザン記念 1着
万葉S 2・3着
北大路特別 1着
白梅賞 3着
ほとんが、北村友一騎手でのもの。

「天栄」は
ジュニアC 1・3着
迎春S 1・2着

この特別レース多頭数出しは「しがらき」が得意なパターン。
なので、2頭いれば3連複の2列目に自動的に入れて…という手抜きが出来ます。

ちなみに、ホープフルSは「しがらき」が1・2着、有馬記念は「天栄」が1・2着。
G1だと更に強味になる。

この日経新春杯は「しがらき」レースです。
近年はずっとそう。
16・ムイトオブリガードは「追い切り」指数上位だし、「しがらき」初戦で連を外したのはダートのみ。
芝では3-1-0-0の実績。
枠がキツイものの、同馬を上に。

「外厩」的には他だと、


11・ノーブルマーズ。
同馬の履歴は

t2

「大山」帰り2戦目以降、使ってから良くなるタイプ。
そして間隔を詰めて、というオプションもアリ。
今回はJC以来の中6週ですが厩舎に置いたまま。
それが良い方向に出るか?は、この人気なら期待しても良いな。

一応「追い切り」指数上位も入れておきます。

◎16・ムイトオブリガード
〇2・グローリーヴェイズ
注11・ノーブルマーズ
△4・アフリカンゴールド
△5・シュペルミエール
△12・メイショウテッコン
 3・9