東京11R 東京新聞杯

東京新聞杯 過去成績・過去の位置取りシート
東京新聞杯 特別登録と「外厩」データ
東京新聞杯 馬番確定


コンビニ版「外厩」シート
t1

「天栄・しがらき」ばっかり…。
G3でこれくらいのメンバーですと、使い分けようにもどうしてもメンバーは被ってしまいます。
過去2年は「しがらき」からの勝ち馬で2~3頭ずつは出走。
その中でも人気上位が勝ってはおります。
3年前はダッシングブレイズが「しがらき」帰りの1番人気。
直線は最内で厳しい進路を取りながらも脚はあるし、抜けてくれば…という所でラチに接触して落馬。

「天栄」も近年はグランシルク、ヤングマンパワーを出走させてはいるものの人気での凡走続き。
ただし昨年からの勢いはあるし、レイエンダ級を出してきたのは…んー確信というよりかはお試しなのかも。

1番人気は謎の負け、2番手以降の人気上位からの勝ち馬。
これが東京新聞杯の歴史。
なので人気馬から見ていきましょ。

2・インディチャンプ

「しがらき」帰りで「追い切り」指数上位。
過去、昇級初戦で勝利したのはヴァンセンヌがいます。
というか結果を出したのは同馬しかおらず。

t2

鞍上も指数も似たようなもの。
ヴァンセンヌは「脚長」+ディープインパクトと、超王道タイプ。
逆にインディチャンプは諸々が短い。
展開マーク「@」がインディチャンプには入っていますが、それで過去来たのはエアスピネルの3着が1回あるだけ。
グレーターロンドン、ダノンプラチナ、エキストラエンド、ショウナンマイティ、ドナウブルーダノンシャーク…。
毎年人気でぶっ飛びがデフォ。


5・タワーオブロンドン

「ミッドウェイF」帰りで馬自身も厩舎もカナリ高い率。
短距離はファインニードルでクリア済み。 将来的にクラシック系を狙うなら次はマイル。
そういった段階を踏んでいる陣営。
1400m馬じゃ無いの?とは多くの方が思う通りなのでしょう。
でも、それを超えるというのがゴドルフィン陣営の課題でもあります。
そのためにW・ビュイック騎手を使ったし、今回は数いる馬の中からC・ルメール騎手をゲットした点でもありますね。
同馬に関しては当日の人気次第。
1番人気は勝つまで嫌いたいレースですが…「ミッドウェイF」の芝の1番人気はなかなか凄い。

t3

ロジクライ

「しがらき」帰りで「馬名太文字」に該当。
鞍上次第です。
逃げるとしたらショウナンアンセムでしょうか。
その後ろに馬く収まる展開なのか、或いは逃げてしまうか。
んー、やっぱり鞍上次第。

15・レイエンダ

C・ルメール騎手を取られるのを分かっていての出走であれば、逆に自信アリかも知れません。
前走は力負けの面は大きいものの、ポリトラックでの追い切りでした。
流石に怒られたのか、今回は坂路を使っております。

6・レッドオルガ

「しがらき」帰りで、藤原厩舎。
トドメに母エリモピクシー。
東京マイルのために生まれてきた馬、と呼ばれるくらい兄弟もクラレントにレッドアリオンですからね。
鞍上の北村友一騎手は、古馬重賞だとまだ微妙に足らずです。
4着周辺。
3歳で任せられている馬なら充分通用するのですが、現状はまだかな。


コンビニ版位置取りシート
t4

位置取りシート的には四隅有利。
土曜日の傾向では1番手の展開マーク付きは堅実でした。

10・ロジクライは「最内」1番手、IDM・展開W◎◎でテンマーク付き。
位置取りシートの上部、3走3着内通過順を見ても展開は恵まれそう。
それでも、前走「詰脚」がマイナスという点は気がかり。
これまで前走の「詰脚」がマイナスで勝った馬居ないんですよね。
その分下げ。

5・タワーオブロンドンは「中」1番手、IDM・展開Wで「+」の展開マーク付き。
藤沢厩舎、3頭出してはきたものの、結局序列を決めるのは鞍上。
C・ルメール騎手の分捕り合戦に勝った陣営がレースでも有利なのが今のJRA。
また、「しがらき」馬以外を軸に取ると「しがらき」多頭数の時には相手を「しがらき」に絞れるので馬券的に楽というもあります。

◎5・タワーオブロンドン
〇10・ロジクライ
▲15・レイエンダ
注2・インディチャンプ
△11・ジャンダルム
△6・レッドオルガ
△1・サトノアレス
△14・レアリスタ


京都11R きさらぎ賞

きさらぎ賞 過去成績・過去の位置取りシート
きさらぎ賞 特別登録と「外厩」データ
きさらぎ賞 馬番確定

位置取りビューワ
t1

毎回小頭数ですね。
人気馬の中での上げ下げになりそう。

週中で述べた通り、藤原英昭厩舎vs中内田厩舎。
今絶好調の2厩舎の戦い。
・・・だったのですが、土曜日の時点で状況が変わってしまいました。
どうやらM・デムーロ騎手、スイッチが入った模様。
ちょっとムラな面がある騎手ですが、次にまた不調の波が来るまでは逆らう必要も無いでしょうね。

3・ヴァンドギャルドは藤原英昭の厩舎仕上げ、芝で1番人気。
今年の成績がコレ。

t2

そんな厩舎の状況で、騎手も好調で、となれば後は馬にその能力があればOK。
馬自身の評価は世間一般と一緒です。
モロに不利をくらいながらG1で大きくは負けませんでした。

7・アガラスは「天栄」+関東の古賀厩舎。
Twitterにアップしたのは

1番人気の成績ですが、京都は不振です。
例えば古賀厩舎であればアルター。
同じ「天栄」帰りで人気での関西遠征でも、阪神で2勝、京都では2着2回と勝ちきれず。


2・エングレーバーは今走も「しがらき」帰り。
前走2000mからは、どんな条件であろうとも評価上げ。
馬場の影響で追いきりがポリトラックになったのはマイナス。

1・タガノディアマンテは「中」2番手、IDM・展開Wで激走馬。
岩田康誠騎手への乗り替わりは大きいです。
2000mからもプラス。
小頭数なので、前で上手く競馬をすれば充分残れる。

8・メイショウテンゲンはデビュー以来ずっと厩舎に置いたまま。
印は揃っていますが、池添厩舎は自厩舎仕上げだと条件戦の人気馬で勝つのがギリ。
3着くらいなら…ですね。

◎3・ヴァンドギャルド
〇2・エングレーバー
▲1・タガノディアマンテ
注7・アガラス
△8・メイショウテンゲン
△4・ダノンチェイサー