中京11R 金鯱賞

金鯱賞 過去成績・過去の位置取りシート
金鯱賞 特別登録と「外厩」データ
金鯱賞 馬番確定

北村友一騎手は柴山雄一騎手へと乗りかわっております。

コンビニ版「外厩」シート
t1

「しがらき」帰りは3頭。
特別レースの「しがらき」多頭数出しで、しかも芝中距離ど真ん中の重賞。
3頭中で1~2頭が圏内、相手も「馬名太文字」が中心でしょう。

青線は「社台F」生産馬。
馬主名の前に「*」が付いているのが「社台F」。
「@」がノーザンF生産馬。

今年の社台F系の不振は、これまでブログでもTwitterでも述べている通り。
そして使う「外厩」は「山元・グリーンウッド」が中心になるのですが、社台+「山元」の成績は今年の重賞では本当によろしく無いです。
重賞成績を見て見ると。
・山元
t2

グリーンウッド
t3

この状況で、敢えて1番人気となっている8・エアウインザーを狙わなくても…。
昨年は「しがらき」4頭出しの、1~3着独占でした。

コンビニ版位置取りシート


t4

レースとしては「中」より外目。
人気薄の内・外目で両端のライン。
なので、5・タニノフランケル、13・メートルダールは拾っておきます。

1番手には「しがらき」3頭が全て入りました。
ここらからの選択でしょう。
馬自体では週中の通り10・アルアイン。
ですが柴山雄一騎手ならば…やはり厳しい。
展開マーク「@」でA・シュタルケ騎手の11・リスグラシューを。
A・シュタルケ騎手は土曜日でようやく1勝を挙げました。
そろそろ慣れてきたところ、なのかも。

馬券的には枠連でも良いかもしれませんね。

7・ギベオンは社台Fで「グリーンウッド」の方。
藤原厩舎でこのパターンだと、土曜日のアッフィラートのように人気薄でも好走する傾向。
特に上級条件ではそうです。

8・エアウインザーはデビュー以来、初めて1番手を外してしまいました。
角居厩舎3頭も出してきているので、確かに怖い存在ではありますが、そもそも角居厩舎自体が今やたらと取りこぼしが目立っております。
武豊騎手も芝での勝利はつばき賞のワールドプレミアを最後に20走ほど未勝利。

◎11・リスグラシュー
〇10・アルアイン
▲7・ギベオン
注9・ムイトオブリガード
△5・タニノフランケル
△13・メートルダール
△6・ペルシアンナイト
△8・エアウインザー


阪神11R フィリーズレビュー

フィリーズレビュー 過去成績・過去の位置取りシート
フィリーズレビュー 特別登録と「外厩」データ
フィリーズレビュー 馬番確定

コンビニ版「外厩」シート
t1

「外厩」的には「グリーンウッド」、つまり社台系のレース。
京成杯もNF陣営からプレゼント的にもらったように、明らかに抜けたような馬がいない今年は、ここも牝馬版京成杯でしょうね。
勝たせてくれると思います。
その分、金鯱賞はキッチリとNF陣営がもらうぞ、というバーター。

人気しそうな5・アウィルアウェイは唯一の「しがらき」馬。
6月の阪神デビューで勝利を挙げ…そこで休ませて秋に再び、という流れであれば上位の評価。
ですが、夏のダリア賞を使った時点でB級レベルの扱い。
鞍上が石橋脩騎手というのはプラスですが「しがらき」1頭で重賞に望むにしては、足りません。
少なくともあと1頭は「しがらき」が欲しかったところ。

6・プールヴィルは、ここでは王道の「グリーンウッド」で「馬名太文字」。
阪神JFで上位、前走は軽く負けて、ここで「外厩」戻り。
フィリーズレビューのセオリー通りですね。

11・ホウオウカトリーヌは「ブルーS」+栗田厩舎。
この栗田厩舎と鈴木厩舎が「ブルーS」のメイン厩舎。
トータルの率はイマイチですが、近走はよく走っているので押さえておきましょう。

12・キュールエサクラは「グリーンウッド」3走目。
これで年明けは2連勝+3走目と、うん、桜花賞要らんという使い方。
ここを取りに来ているのであれば厩舎パワーと「グリーンウッド」馬という事でアリ。

15・ジュランビルは「宇治田原」2頭出し。
たまに嵌まりますね。
同馬についてはTwitterに述べた通り。

17・レッドアネモスも「グリーンウッド」で「馬名太文字」に該当。
位置取りシートでも良いポジション。

前走1200m組はバッサリ消して、上記の馬達の中での順位付け。
位置取りシートは時間が無いので割愛。

◎6・プールヴィル
〇15・ジュランビル
▲12・キュールエサクラ
注17・レッドアネモス
△11・ホウオウカトリーヌ
△5・アウィルアウェイ
△1・ノーワン
△9・メイショウメイケイ