中京11R ファルコンスークス

ファルコンステークス 過去成績・過去の位置取りシート
ファルコンステークス 特別登録と「外厩」データ
ファルコンスークス 馬番確定

位置取りシートではテン・展開マーク付き同士、ハイブリッド競馬新聞の推定3ハロンでは「前半・後半」上位同士での決着が多め。
両者イーブンで「注」以上持ちで1~3着を占めるのがデフォ。
内枠有利で、外枠の7枠以降はかなり厳しい。
位置取りシートでは内目、特に「最内」ラインは2番手以降も全部買いのレベル。

コンビニ版「外厩」シート
t1

人気しそうなところは週中に触れたので、それ以外を中心に。

3・スタークォーツは「大山」2走目で同馬なりに走れる状態。
内枠引いて、位置取りシートでも「最内」2番手。
「追い切り」もポリトラックからCWに戻して来ました。

5・ジャカランダシティは「しがらき」帰りの1頭。
前走も「しがらき」帰りで+22kgで捨てレースでしたね。
OP勝ち馬で、メンバー薄い今年ならこれくらいの馬でも充分チャンスはあります。


4・ローゼンクリーガーは「ヒイラギAwaji」帰り。
インティ、グリムとダートではしっかり重賞が勝てるだけの「外厩」。
この路線だと昨年はカツジを出しています。
短距離やハンデ戦、こういうところをコンスタントに獲れるようになってからが、いよいよ芝中距離やクラシック路線へ。というパス。
福永祐一騎手まで連れて来ているですから、準備は整っております。

10・ヴァッシュモンは「天栄」の「馬名太文字」。
ドバウィ産駒で重賞を獲れる機会がようやく…。
栗田厩舎だとダートは「ブルーS」、芝は「天栄」か「ミッドウェイ」になります。
NF系の素質馬は基本田辺裕信騎手に集めており、ヴァッシュモンは典型的なパターン。
牝馬だとグレイシアがいたのですが、重賞ではダメだったみたい。

11・ドゴールは「追い切り」指数上位で、「カナヤマ」馬。
メイソンジュニアにダートならグリム、シヴァージ。
非根幹距離の天才を見つけて来る才能は馬主の中でもトップレベルです。
カツジも含めて3歳の春にピークを合わせてくるのもお見事。
こういうレースに強い馬主、の典型ですね。

13・グルーヴィットは「しがらき」+松永幹夫厩舎で、更に北村友一騎手。
この3つが揃えば好走率は一気に跳ね上がります。
想定以上に人気しそうな点と、外枠がマイナス。

14・イッツクールは「ヒイラギAwaji」2走目。
位置取りシートで「最内」1番手と超絶好のポジションを引いて、印も揃っています。
ただし・・・8枠が。

15・ハッピーアワーは「追い切り」指数上位、「宇治田原」帰りもまずます。
鞍上ダメだし枠も厳しい。


「外厩」的にはこんなもの。
でも、このレースは位置取りシートの要素の方が大きいです。
位置取りシートで7割決めて、補完的に「外厩」シートを使う形ですね。
という事で、お手元の位置取りシートを見てみて下さいな。
もし無いという方は、まあ適当に想像でもしておけば良いかと。


10・ヴァッシュモンは「外」1番手、IDM・展開Wで「+」の「@」。
枠はもポジションも外目はイマイチも、1番手は上から見ていっても外枠の馬ばかりです。
であれば、そこまで嫌わなくても良いでしょう。
重賞で飛ばし捲っている田辺裕信騎手ですが、それ全て前走で外国人騎手が好走してのもの。
そもそも自分の馬じゃ無いし、同じ事をするのを要求しても仕方無いです。無理です。
特に関東の騎手なんて、全員花粉症なの?レベルでグダグダ。なので、うん、やっぱり無理です。
ヴァッシュモンならば、前走から、そして春の重賞もこれまでの騎手は埋まっているので、今後も同騎手。
ちゃんと乗ると思います。

11・ドゴールは「内」1番手、「追い切り」指数上位で、テンマーク付き。
1番手内目で枠もギリギリ耐えた方。
ポジションは良いし、特に割り引く材料も無く無難。

5・ジャカランダシティは「最内」3番手。
状態が良く、距離もこなせたら、と2つの希望的前提をこなせたら頭で買いたい魅力はアリ。
前走で大幅に増えた分が能力に転嫁されてば、ですね。
でも、その可能性は準備的にはアリです。

7・シングルアップは「内」2番手、IDM印入りの内枠。
「しがらき」2走目で相手に拾っておくだけの価値はあり。


◎10・ヴァッシュモン
〇11・ドゴール
▲5・ジャカランダシティ
注14・イッツクール
△3・スタークォーツ
△13・クルーヴィット
△4・ローゼンクリーガー
△7・シングルアップ
△6・ジャパンウエスト
△15・ハッピーアワー


中山11R フラワーカップ

フラワーカップ 過去成績・過去の位置取りシート
フラワーカップ 特別登録と「外厩」データ
フラワーカップ 馬番確定

コンビニ版位置取りシート
t1

「最内」ラインに「+」が2頭。
2頭両方が同時に来る事は少ないです。
この2択で当たりを引ければ…。

昨年も同じような状況でした。

t3

「+」対決で勝ったのは1番手のノームコア。
同時に「天栄」対決で、それは…「より長く休んだ方の勝ち」という結果。
ノームコアは夏デビューなのに、ここが年明け初戦。
もう1点は鞍上。
前走を最後にロックディスタウンにC・ルメール騎手が乗る事はありませんでした。
C・ルメール騎手は若葉Sのタイムフライヤーを選択し、結局勝ったのはM・デムーロ騎手というのが昨年の結果。
そうなんですよ。
結局、「天栄」+藤沢厩舎は、そこにC・ルメール騎手が乗ってこそ。なのです。
今回は騎乗停止で意図しない不騎乗ではありますが、それでも、今回の鞍上はC・ルメール騎手に非ず。
その事実は相当に大きい。

7・エールヴォアをM・デムーロ騎手が選んだかと言うと、んー、それはそれで違うかもですが。
川田将雅騎手が若葉Sのヴェロックスを取ったというべきなのかも知れません。
それでも社台系の馬で、トップレベルに乗るのであれば、それはそれでM・デムーロ騎手があるべき本来の姿。
位置取りシートからの2択は「騎手」で7・エールヴォア。
単純に関西馬が強い、というのもありますけれども。

コンビニ版「外厩」シート
t2

「天栄」からは「馬名太文字」が2頭。
7・エールヴォアは、新馬戦以来の「外厩」帰りで「山元」から。
もう1頭10・ランブリングアレーは「グリーンウッド」の「馬名太文字」でここが年明け初戦。
このレース自体社台系の「外厩」、つまり「山元・グリーンウッド」が強いレース。
今回NF陣営は、ここはあまり本気で狙っておりませんね。
過去「天栄」で勝ったアルビアーノは年明けデビューと遅れたたために、ここを使わざるを得なかったパターンでの勝利でした。
コントラチェックも別に桜花賞は目指してないだろうし、この後はNHKマイル目標ですかね。

社台系、そして関西馬に寄せて選びましょ。


◎7・エールヴォア
〇10・ランブリングアレー
▲2・シャドウディーヴァ
注6・マルーンベルズ
△11・ルタンブル
△1・メイショウハナグシ
△8・ジョディー
△3・エフティイーリス
△4・コントラチェック

「天栄」2頭を無理に消す必要は無いので一応入れておきます。