東京優駿 過去成績・過去の位置取りシート
東京優駿 特別登録と「外厩」データ
東京優駿(ダービー) 「外厩」で見ると
東京優駿(ダービー) 馬番確定
東京優駿(ダービー) 位置取りシートで見ると
位置取りビューワ


過去の記事
2018年
G1.sp 東京優駿(ダービー)
2017年
G1.sp 東京優駿(ダービー)


今年もこの日がやって来ましたか…。
という感慨は、やっぱり有馬記念の方が上ですね。
ダービーの場合、この後もまだまだ競馬は続くし、スタッフは東京へ観に行くし、来週の安田記念は僕が行くし、結構当日含めてバタバタするので、あっという間に通り過ぎていく感。

東京の土曜日の芝の傾向は。

t1

内目の傾向で、これは昨年と同じ。
そして昨年は「最内」1番手のワグネリアンが勝利でした。
今年は昨年よりかは現時点で外目も出ており、「内・中・外」と真ん中のゾーンが中心。
展開マーク「@」は勝ち切れ無いまでも圏内には来ております。
でも、むしろ、勝ち切るのはテンマーク付きの方。
とは言え、2400mは例外です。
他の距離なら…テンマーク付きは悪く無い。
内枠有利で、これはコース変わりの影響も大きそう。

t2

前、残りますねぇ。
上がり1位の脚を使った馬も2着まで。
も、これも、2400mの結果を見ると1~3位で決まっております。
変な馬を探すのであれば、中団よりも前にいる馬を。
これも昨年と一緒ですね。

コンビニ版「外厩」シート
t3

NF生産馬が7頭。
そして三嶋牧場経由ですが、ダノンキングリー。
8頭いると「天栄・しがらき」もこうなります。
「天栄」組が2頭、「しがらき」組が6頭。
「しがらき」3走目のヴェロックス、白老F生産のシュヴァルツリーゼ。


「外厩」帰りでのダービー勝ち馬は近年だと、ディープブリランテが「しがらき」から。
そして暫く空いて「天栄」からレイデオロ。
他の年はヴェロックスのパターンです。
厩舎に置いて、追い切りも強目にやって、鍛えて鍛えてダービーに臨む。
それでダービーは勝てる事の方が多いのは確か。
でも、同時に、馬が終わってしまう事も多いです。
キツイローテと仕上げでダービーを勝った馬は、なんとか秋初戦の神戸新聞杯まで走れる。
走れるけれど…ほぼそこで終了です。
古馬になってもグダグダ。
素質馬をダメにしないためにも開発されたのがレイデオロのパターン。
実際、古馬になってもG1勝てましたよね。
他の年の勝ち馬、ワグネリアン?マカヒキ?ワンアンドオンリー?キズナ?
なかなかに厳しいダービー後を迎えております。
ドゥラメンテは、あのアクシデントさえ無ければ或いはG1を勝てたかも知れません。
同時に、ダービーの年の秋は全て捨てても、あれが精一杯だったのかも知れません。
タレレバなので分からないですけれど、結果としては、その後のG1は未勝利。

そんな歴史的経由があっての変則ローテです。
昔のPCで例えると、クロックを上げるのはもう無理!なのでコアを増やした的な別の解。
レイデオロは皐月賞を叩きで使ってダービー制覇。
サートゥルナーリアは皐月賞を制した上で、「追い切り」指数上位+輸送込みでダービーに向かいます。
逆にヴェロックスは従来通りの方法で挑戦。
昔よりもより上手くやれば、ここで目一杯仕上げても古馬になってからも大丈夫、という自信はあるのでしょう。
ダノンプレミアムを復活させただけはある中内田厩舎らしいですね。
もちろん、これまでダービーを勝ちまくっている金子オーナーの意向でもある可能性も高いです。
結果を出している方の言葉は重いですからね。

未来の話よりも今に戻しましょう。

6・サートゥルナーリアは中5週でも「しがらき」に出しての調整。
戻ってからも中間の本数が8本と他よりも多く、更に「追い切り」指数上位。
僕としてはこれがダービーに向けて、現在取りうる最高のパターンだと思う。

7・ダノンキングリーは中間は「天栄」へ。
1週前には高い「追い切り」指数も、今週はポリトラック…。
関西の一部の厩舎ではそれでも何とかなりますが、皐月賞で3着と同じ方式。
ダービーでは更に上を求められるのに、勝つまでは厳しいでしょうね。

13・ヴェロックスは厩舎に置いたまま。
皐月賞時は、芝追い切り。
ダービーではCWに戻して「追い切り」指数上位。
「外厩」出さずに仕上げるのであれば、ここまでやらないと、ですね。


他の「馬名太文字」含む「外厩」組は、上記の3頭中何かが落ちたら自動的に上位に。

位置取りビューワで見ると。


t4

東京優駿(ダービー) 位置取りシートで見ると


2016年、マカヒキが勝った年っぽい感はありますね。
3番人気以内で1~3着、皐月賞の1~3着。
でも。
当時の位置取りシートだと

t5


1番手決着。
揃って内目の枠、皐月賞でも上位はそれほど離されおらずで、IDM・展開Wが皐月賞組で占められていた年。

今年は…。

皐月賞組がIDM・展開Wを占めているのは同じ。
枠はヴェロックスが外枠。
13・ヴェロックス、7・ダノンキングリーは「詰脚」が「黄色・緑」と「赤」を出せておらず。

多少は紛れる余地はありますね。

セオリー通りに、内目内枠から他の馬を。

3・エメラルファイトは「中」2番手、2枠と内枠、「詰脚」は「青・赤」パターンで「追い切り」指数上位。
スプリングSからの直行で、これがNF系であれば寧ろプラス!という場面ではありますが…捻挫で皐月賞回避からの在厩調整。
でも、変な馬を拾うならこれくらいは許容範囲です。
「中」のラインから1頭選ぶ、という視点であれば、ナイママは速攻消えます。
14・ランフォーザローゼスとの比較なら、3・エメラルファイトを。
もし同馬が皐月賞に出ていたら、ランフォーザローゼスの青葉賞よりも高いIDMは出せていたでしょう。
逆に使わなかった分疲労も無いし、今走は一気に指数を伸ばす可能性はアリ。

1・ロジャーバローズは「内」3番手。
IDM印入り、テンマーク付き、1枠。
「しがらき」2走目、鞍上も良いです。

10・クラージュゲリエは「内」2番手、IDM・展開W。
「外厩」シートで「馬名太文字」。

18・シュヴァルツリーゼは「大外」3番手、激走馬。
もうね、いっそ大外枠で良いんじゃないの?の馬です。
堀厩舎+石橋脩騎手、NF陣営。


全部条件が揃っているのは6・サートゥルナーリア。
1頭紛れてくれれば…なので、下げるならば7・ダノンキングリー。

◎6・サートゥルナーリア
〇13・ヴェロックス
注3・エメラルファイト
注1・ロジャーバローズ
△7・ダノンキングリー
△10・クラージュゲリエ
△18・シュヴァルツリーゼ
△4・サトノルークス
△12・アドマイヤジャスタ