東京11R エプソムC

エプソムカップ 過去成績・過去の位置取りシート
エプソムカップ 特別登録と「外厩」データ
エプソムカップ 馬番確定
位置取りビューワ


このレースの選び方はもうパターン化したので、それに沿って。

コンビニ版位置取りシート
t1

まずは中心になる1頭を選ぶ。

・3番人気以内から1頭の選択 → 人気の展開マーク付き

8・ミッキースワローか、7・プロディガルサンが人気の展開マーク付き。
土曜日の東京芝は内目の傾向で、8・ミッキースワローは「内」1番手、IDM・展開W◎◎と傾向的には同馬を上に。
唯一の不安は鞍上の横山典弘騎手だけ。
人気馬のダートはまだ良いのだけれども、芝だと…。

t2

「馬は頑張ってたよ」
…じゃなくて、鞍上も頑張ってください!という結果ばかり。
やる気の時は上位に来るし、その時は頭まで。
同騎手を芝の人気時に買うなら、勝つか?何処にも居ないか?の2パターンですね。

ちなみに、4・5番人気だと。

t3

むしろこちらの方が成績良いのでは?
リオンリオンやミスパンテールのような勝ち方をするから、普段あれだけやらかしても騎手を続けられるのでしょうが…ホントにそれで良いの?とは思う。

更についでにD・レーン騎手の1・2番人気。

t4

分かりますよね。この差。
騎手人気込みで、これだけの結果です。
比較してしまうと、申し訳ないけれども…横山典弘騎手は舐めてんの?って思ってしまう。

と、いう事で、確かにセオリー通りであれば8・ミッキースワローではあるけれども、鞍上を考えると7・プロディガルサンになってしまうのです。
例えここでその選択が間違っていたとしても、トータルで考えれば正しいはず。

次に相手を。


・4~6番人気から2頭選択 → IDM上位、テン・展開マーク付き、「詰脚」では「後3F差」が「黄色以上」

「最内」1番手、展開マーク付きの14・ダノンキングダム。
同馬くらいしか、キレイに嵌まる馬がおりません。
ので。
コンビニ版「外厩」シート
t5

5・アップクォークは「天栄」の「馬名太文字。
6・サラキアは「しがらき」+「追い切り」指数上位、「中」1番手、IDM・展開W。

「しがらき」からは既に14・ダノンキングダムを選んでいるので、「天栄」の5・アップクォークにしておきましょう。


◎7・プロディガルサン
〇5・アップクォーク
〇14・ダノンキングダム
▲8・ミッキースワロー
△6・サラキア
△9・レイエンダ
△11・カラビナ
△2・ハクサンルドルフ
△13・アンノートル
△4・ソーグリッタリング

人気上位は一応、人気しているというだけで拾う。
内枠の変な馬では2・ハクサンルドルフ。
昨年の2着馬で「追い切り」指数上位。
△辺りはどれも差が無いので、カナリ広く構えておきます。


マーメイドS

マーメイドステークス 過去成績・過去の位置取りシート
マーメイドステークス 特別登録と「外厩」データ
マーメイドステークス 馬番確定
位置取りビューワ

位置取りシートで見れば「中」より内目の差し馬を選ぶ。
これが方針となります。
位置取りビューワで過去5年を見ると。

・2018
t1

・2017
t2

・2016
t3

・2015
t4

・2014
t5


まあまあ、この中の範囲には収まっておりますね。
ここから漏れている馬達は、斤量やら何やらで引っ掛かればラッキーという程度で。

今年は

t6

内目の馬達で「詰脚」を見ると…リストアップされているのは全て「後3F」地点で「黄色」の馬ばかり。
相手としてなら…も、軸に据えるのは厳しい。
3番手以降まで広げてようやく差し馬っぽいのが14・クィーンズベスト。
「中」3番手、IDM・展開Wで「詰脚」は「青・緑」パターン、「追い切り」指数上位で「しがらき」2走目。
このレースで「しがらき」経由はプラスです。
昨年も終わって見れば「しがらき・天栄・ヒイラギS」という結果でした。

過去の好走馬の傾向に合うのは14・クイーンズベスト。
前走同じパールS組の15・スカーレットカラーと、ずいぶん人気は離されていますが…マーメイドSに向けては14・クイーンズベストの方が良いレースをしました。
「外」1番手となってしまいますが、3・サラスも「詰脚」が「赤」の差し馬で、これも傾向的に合う。

相手はもう、斤量50~53kgの馬へ全部!でも良いんじゃないの。

〇14・クイーンズベスト

と、言うのも乱暴なので・・・週中の記事を参考に。



ハイブリッドデータと前走

ハイブリット新聞データパックを使って過去分を確認。
M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t1


14・クイーンズベストは全くの無印。
アンドリエッテ、シャトーブランシュと同じパターンですね。
故に、相手は「注」以上の印を持った馬。
もしハイブリッド競馬新聞を見られる方であれば、そちらを参考にしてみてください。