という方は、地方競馬どうぞ。
月曜日は盛岡競馬場で、クラスターCが行われます。
無料版の新聞は
→ 盛岡競馬場 8/12

いや、それでも夕方になったらひーまー。
などとぬかすようであれば、地方競馬の魔境、大井競馬場の出番ですね。
僕が普段やっている、高知・園田、そして南関4場。
その中で最も滅茶苦茶なのが大井競馬場。

大井競馬場 8/11の指数◎○の成績を見ると

その新聞の使い方を2レースで見てみます。
初日の日曜日は…。

t1

t2

1200mと言えども外回り。
後半戦なら差しも効いて、単純に前行くだけの馬はボコボコ捕まります。
が。
ここは8頭立ての小頭数で、前で競馬して掲示板に乗れる馬が7・8の2頭のみ。
大井での指数上位も8・7・6の順。

これでは指数◎の4(とっいっても指数〇の8とは2ポイントしか差が無いけれども)は届きません。
だったら普段よりも前に行くか?という事もあまり起きないのが大井。
今回の状況には対応せず、いつも通りの競馬をして、最後は運頼み。
大きく工夫するよりも、細かに工夫するのが大井、という感です。
分かっていても人気馬なら行きません。


9Rも同じ1200m。

t3

ですが、明らかに前はゴチャゴチャしそうな感。
結果はこんな。


t5

後半3F上位のリストの中の3頭での決着。
1番人気の3は指数◎ですが。

t6

行くしか無いタイプ。
2走前の勝利は12番人気で、不良馬馬場でのもの。
そこで高い指数を出し、前走は重馬場で2着も指数は10落としております。
今のパサパサの馬場は合わなそうだし、何より、展開も厳しいのは見えてますよね。


5人気の10・キングディグニティは休み明け。

t7

川崎の馬で、JRAから転入後はずっと矢野騎手が騎乗。
今回は森泰斗騎手で、騎手人気が入っての5番人気。
JRAと違って基本、休み明けはキツイです。
「ミッドウェイF」を使ってくる陣営もおりますが、数使ってなんぼの地方競馬で、休んで狙って獲るは…無いですね。
ここは叩いて、次の川崎狙いでした。

それっぽいところの人気2頭がアウト。
なので残った他の人気馬からの選択。鞍上で真島騎手。
そういう流れてでも選べたかなと。

t8

2走前の休み明けは人気で凡走。
前走は繁田健一騎手で、やる気無し。
今回は再び真島騎手に戻して叩き3走目。
騎手・厩舎の率も、回数は少ないものの勝率66%ですからね。
厩舎自体の大井での勝率が5%ほどなので、これは鞍上効果が全然違うのが分かるはず。


明日、月曜日分も既にアップ済み。
大井競馬場 8/12