札幌記念

札幌記念 過去成績・過去の位置取りシート
札幌記念 特別登録と「外厩」データ
札幌記念 馬番確定

週中にちょっと触れてしまったので、最後まで考えてしまいましょ。
北九州記念については…最初からスルーだったので、ブレずに最後まで知らんぷり。

コンビニ版「外厩」シート

t3


NFからは「天栄」が3頭、「NF空港」から1頭。
ブラストワンピース、フィエールマン、ワグネリアン。
G1馬3頭出して来ました。
…これで全飛び、なんて事は近年の競馬ではまずあり得ません。
ボーダーラインとしては、勝ち馬を出す、2頭が3着位内、が最低ライン。
ワンツー込みで上位独占がベスト。
そんなところでしょうか。
2016年は、ネオリアリズム(空港)、モーリス(NF)、レインボーライン(空港)での独占でした。

ただし。

G1レベルとは言え、明らかに前哨戦のG2です。
海外遠征前に使っておこう、が陣営の主眼。別に勝つ必要なんてありません。
クルーガー、ワグネリアンは、まあ勝っても良いのだけれども。
フィエールマン、ブラストワンピースが勝つようだと、んー、逆に次走が不安になってしまうレベル。
3頭中「勝たせたい」馬であれば、12・ワグネリアンですかね。

他の社台系の陣営は2グループ。
3・ステイフーリッシュ、4・ナイトオブナイツは社台生産馬。
G1レーシングの2頭、サングレーザー、ペルシアンナイトは「追分」組。
これはむしろ、それぞれ単品で出てきた方が良かったかなと思う。
「陣営対決」の様相になると、現状では全く勝てる雰囲気無しです。
G1・G2の芝中距離路線では、彼らの居場所なんて無いんですよね…。
ペルシアンナイトが最後に勝ったのは2年前のマイルCS。
サングレーザーは昨年の札幌記念。
ステイフーリッシュは昨年の京都新聞杯で、ナイトオブナイツは昨年の巴賞。
この1年の間に、軽く世界が変わってしまいました。
それを証明したのが今年の春のG1。


位置取りシートも見ておきましょ。

コンビニ版位置取りシート
t4

最も恵まれているのは「最内」1番手。
次順で外目の四隅。

2・クルーガーは「外厩」、位置取りシート、Wで恵まれました。
12・ワグネリアンも1番手確保で外目の四隅。
ギリギリ、本当にギリギリ、鞍上で大分マイナスの3・ステイフーリッシュも外目の四隅にはひっかかりました。
NF陣営が1番手4頭中3頭を占めているのは、過去の札幌記念でも珍しい。
ちょと前だとNF系の「外厩」帰りは1~2頭、中位人気で勝って、人気薄で2~3着と配当も期待出来た時期もあったのですけどね。

印は素直に。
1番人気って、微妙に勝たないレースを考慮してこんな。
上で挙げた、他陣営の馬達。
好走時の鞍上は福永祐一騎手が多め。
それも結局はワグネリアンに獲られてしまった訳です。

◎12・ワグネリアン
〇9・フィエールマン
▲2・クルーガー
注1・ブラストワンピース
△3・ステイフーリッシュ
△5・ロードヴァンドール

サマー2000シリーズでワンチャンアリな分、5・ロードヴァンドールは足しておきます。
1・ブラストワンピースはハービンジャーの血です。
とりあえず1回叩いてから。
なので、現地で1回使ってからの方が更に良い。