データの見方は
ハイブリッド競馬新聞の「データシート」をリニューアルします

明日の阪神(無料版)は → コチラ

シートの中の「推定3ハロン」前半・後半印は現在データの修正を行っているモナカ。
いや、最中。
ハイブリッド競馬新聞や他で提供しているシート等とは多少違っております。
微調整の段階で、後は実際に使いながら試しているところです。
ので、公式版とは違うという事を予めご了承くださいませ。

阪神10R 芦屋川特別

t1

レースを選んだポイントは2つ。
・脚質の有利不利の印で「◎」があるレース
・川田将雅騎手、この日で唯一の4番人気以下

先週のセントウルSと似たような状況ですね。
ハイブリッド競馬新聞の「データシート」を使ってみましょ

もう1選びやすいパターンとしては、これも先週の10Rと同じですが、基準HB超えの馬がいるレース。
ムーンライトハンデではマイネルネーベルが勝ちましたが、同馬も2頭いた「基準HB超え」の1頭でした。
明日の後半からは12Rが該当ですね。

さて、このレース。
野路菊Sは馬券も買わずに吉村騎手を応援して…やっぱりキーファーズだと2戦目アカンかった、もしくは、おおついに芝で連勝した!のどちらかでしょう。
貴重なレース1枠をこんな小頭数で使ってしまうとは…。
そんなレースをパスして登場なのが川田将雅騎手。
3・アルモニカは「前半」印▲、HB印◎と印はバッチリ。
コースに合う脚質で、前走のHB指数「58」も逃げの欄ではトップ。
川田将雅騎手は芝で1~3番人気以内だと複勝率は58%、4~6番人気だと…52%とほぼ変わらず。
であれば、そんなタイミングでこそ買いたい。
馬も、騎手も、そして西村厩舎だってこの人気ゾーンで複勝率40%超えているなら、もう他の小頭数をやるよりもここでしょ。

勝たないまでも3着内想定です。
馬券であれば3連複ですね。

2列目には、まずは13・セブタリアン。
アルモニカ同様に「しがらき」帰りでもあります。
ここらは「外厩」シートを見なくても分かる部分。
アルモニカはシルクレーシング馬で、ノーザンF生産。
セブタリアンは池添学厩舎、ノーザンF生産。
ね。
前半印は「注」、HB印〇で福永祐一騎手も、この人気ゾーンでは高い複勝率。

2列目にはもう1頭選んでおきたい。
人気に寄せての15・コンパウンダーはゴドルフィンで、秋山真一郎騎手+石橋守厩舎のコンビだと人気で安定。
或いは、配当要員で4・ケイアイサクソニーか2・サヤカチャン。
内枠+偶数馬番でもあるし、「前半・後半」それぞれ印上位の2頭。

この3頭の中から1頭の選択は、お好きにどうぞ。

15・コンパウンダーにしておきます。
安定感をとりましょ。

〇3・アルモニカ
▲15・コンパウンダー
注13・セブタリアン
△4・ケイアイサクソニー
△2・サヤカチャン
△12・オトナノジジョウ
△あと数頭は適当に