カテゴリ: 「詰脚」

ハイブリッド競馬新聞にもビューワにも載っている「後3F差」。
これは、ゴール手前の残り3F地点(600m)での先頭との差。
先頭の馬に関しては2番手との差。

現状は馬柱に乗っているのみですが・・・これをレース成績で見ると。
t1
4角通過順とニアリーイコールではある。
似たような配置になるので、上記のパターンですと先頭の「13」が1頭抜けており通過順表でも2番手には「=」の記号(大きく離れて)が入っていますね。
その通過順表をもっと集約したのが、後3F差の色分けでの集計。

橙: 後3F地点で1番手の馬(複数の場合アリ)
黄: トップから、0.1~0.5秒差
青: トップから、0.6~0.9秒差
白: トップから1秒以上

このレースだと、オレンジに1頭、黄色・青は0頭なので1頭だけ後続を離しているが分かりますね。
通過順表、或いは後3F差の集計が無い状態で・・・。
t2
通常の結果表を見ても、13が後ろに結構な差を着けて直線向いたといのは分からないと思う。
ハイブリッド競馬新聞には、後3F差も「詰脚」もあるので、まだギリ分かる。
レースの結果一覧でこれですから、この後各馬がバラバラに他のレースに出走した時には、更に分断されてしまいます。
この中の1頭だけの馬柱の表示になってしまえば、もっとレースの情報減るのでますます分からないでしょうね。

ちなみに、実際の映像だとこんなでした。
t3
通常の馬柱にある通過順等だけでは、これはイメージ出来ないよなあ。
と言う事で、新聞にはいつかこの「後3F差集計」が入るかもです。
数年単位で小さくリニューアルしていくので、どこかしらの機会に・・・。

ビューワの過去馬柱の方には、割と早めに入る予定。

別のレースだと。
続きを読む

中山は降雪による競馬開催への影響が予想されるため金曜日の前日発売は中止です。
雪は大丈夫っぽいですが・・・雨で馬場は湿りそう。
どのみち、明日はO・マーフィー騎手ばかり、の結果になりそうです。
僕としては嬉しい限りも、馬券は厳しそうかも。

小倉に騎手が集まりすぎてしまいましたね。
C・ルメール、次順で川田将雅騎手、時々武豊騎手。という流れでしょう。
人気無い馬を3頭ほど拾って、どれか来い!で遊ぶ、それがHBリストの1ブロック目で「前半・後半」でそこそこ入りの馬、のパターンかな。

京都は福永祐一騎手をチョイチョイ下げつつ、人気なら2~3着固定の3連単とかで。
松山弘平、幸英明騎手で良いところを拾えれば。
また、A・シュタルケ、S・フォーリー騎手には馬は集まっているので、そこらもどうせ2~3着でしょ?の買い方になりそうです。

2~3着の外国人騎手と言えば、中山でのF・ミナリク騎手も明日はそんな。
M・デムーロ騎手は・・・まだ買える要素が見つからず。

明日の競馬は、今回はこんなツールで見て見ました。




HBリスト+ハイブリッド競馬新聞の横カラーです。
明日は・・・面白そうなレースが無いですぅ。
それよりも、これどうやったら馬券買えるんだよ?的なのばかり。
せっかくなので、当てに行くよりも、新聞の使い方の方へ注力するターンなのかなと。
見てみましょうか。

中山

1R

HTML版のHBリスト
t1

続きを読む

↑このページのトップヘ