カテゴリ: 開催ビューワ

トップページの「HBビューワ」→「開催ビューワ」でご利用頂けます。
t2
開催ビューワにつきましては
過去の開催ビューワ関連の記事

アップデート内容は「当日一覧ビューワ」とほぼ同じです。
当日一覧ビューワをアップデートしました2

どちらのビューワも、同じように使えますので、過去で見つけた何かを明日の競馬にそのまま使えます。
更に、開催ビューワにはもう1つ機能を付けておきました。

t1
テーブル上に表示されているデータでの集計。
項目は3つ、騎手・厩舎・種牡馬。
テーブル全体の集計データは下部に表示されますが、それと同等の物を上記の3項目で詳細に分けたものとなります。
様々なフィルタを掛けた上で、どうなのよ?が一目でわかります。

実際にやってみましょう。

明日からは開催変わり。
新潟では久しぶりにローカル競馬場で、ローカル競馬が行われます。
夏競馬→2場開催と中位の騎手達には出番が少なかった期間が長かったのですが…明日からが本番ですね。
ローカル開催だった、昨年の3回、今年の1回新潟で見てみましょう。

開催読み込み

続きを読む

開催ビューワと当日一覧ビューワにショートカットを追加しました
開催ビューワで4回中山を見てみると ダート

次は芝を。
ダートに比べると、芝の方がややこしいです。
なので…ちょっと工夫が必要。
近年は前走で新潟組がダメ、というのは普通のデータを見ていても気が付く部分でしょうか。

せっかく今回から前走データを追加したので見てみると。

芝のレースで、1勝クラス以上。
t1
右にスクロールして前走データのゾーンまで行く。
セル内の「新潟」の箇所を選択して、テーブルに「前走新潟」の馬のみを残す。
t2
下部の着度数表示は…。
t3

こりゃアカンな。
でも悪いデータは悪い事ではありません。
その逆が良い、って事ですからね。

という事を踏まえつつ、こんなフィルタを作ってみた。


これを開催ビューワでやっていきます。

ショートカットボタンでは。
t4
ハイブリッド競馬新聞の推定前半3ハロン印で▲以上。
芝のレースは前半系、でいく。
前走での「後差」(後3F地点でのトップとの差)は「青内」(0.9秒以内)。
1勝クラス以上で、芝のレース。

他のフィルタリングは、従来通りの方法になります。

3歳以上戦

2・3歳限定戦は対象外にします。
テーブル内の「馬齢」の列にて「3上」のセルを選択。
t5

HB順位で12位まで

HBリストの2ブロック目以内です。
これにはオレンジラインを使用。

1:ヘッダ部分の「HB」を選択でハイブリッド指数印順に並び替え。
2:下にスクロールしていって、13位の1番上の列を探す。
3:オレンジセルを選択して、オレンジラインを出現させる。
4:下部に表示される「選択以下削除」ボタンで、テーブルから13位以下を消す。
t6

前走「新潟」以外

最初に見た通り、新潟使ってきた馬はよろしく無いので消してしまう。
範囲削除を使います。


続きを読む

開催ビューワと当日一覧ビューワにショートカットを追加しました

せっかく手を入れたので使わないとね。
機能的にはショートカットボタンの恩恵は大きいのだけれども、前走データも入れたので出来る事が結構広がりました。
簡易Target的な物になりましたね。あくまで「簡易」ですが。
ブラウザだけで動くので、インストールもデータの管理も不要だし、スマホでも使えます。
・・・とは言え。
実際に動かす方は、まだまだ少ないかな。

これ、1つのゲームだと思ってやってみてくださいな。
ある特定の期間のデータを読み込む。
その中で最適解を見つける。
下部にある着度数と回収率のスコアを伸ばす。
現実の競馬なんて…この際忘れて、ハイスコア目指してみてください。


新規コンテンツの「ライト版+HBリスト」の追加で、トップ画面のボタンの配置も少し変わりました。
「開催ビューワ」への経路は。

トップページの「HBビューワ」→「開催ビューワ」から。
t2

「開催追加」ボタンで、選択画面を表示。
今回は2019年、2018年の中山の行「4回」を選択します。
1開催選ぶ度にデータのロードが始まり、読み込み終了後に改めて別の開催を選んでください。
また、競馬場名を選択で、その年の前開催データを取得します。
t3
下部の着度数表示も読み込む度に増えていきます。
今回は2開催分、3019頭のデータを読み込みました。
読み込み終了の後には、「閉じる」ボタンで開催選択を閉じます。
t4
以上で分析の準備は完了。
あとは好きにやってくれぃ!

僕が探したのはこんな。

4回中山ダート

あー、早く寝ないと…と思いつつやっておりました。



先にダートの方を見てみましょ。

続きを読む

t2
もはやコレ…パラメータ弄るゲームみたいな事になってきましたね。
このフィルタリング用のショートカットボタンを適当に押して、下部の着度数と回収率の数字を上げていくゲーム。

普段このビューワに馴染みが無い方でも、とりあえず…触ってみて、この部分の数字が良くなる組み合わせを探してみてください。

下部の集計データ

t11
現在表示されているデータの集計です。
左から、

1着数 - 2着数 - 3着数 - 4着以下数 データの総数
(勝率 - 連対率 - 複勝率)
[単勝回収率 / 複勝回収率」

先にショートカットボタンの説明を。

上部のショートカットボタン

t1
今走の印3つ、HB・前半・後半用のボタン。
選択した印以上のみを、テーブルに残します。
◎:◎のみ
〇:◎○
▲:◎○▲
注:◎○▲注
△:◎○▲注△
▽:◎○▲注△▽(つまり印入り)
無し:無印

t3
人気
1-3:今走1~3番人気以内
4-6:今走4~6番人気の範囲
7-9:今走7~9番人気の範囲
4上:4番人気以降

前後
有り:前半・後半印で、少なくともどちらかに印が入っている馬
無し:前半・後半印が共に無印

t4
前4角
前走の4角通過順位でのフィルタリング。
1:4角先頭
1-3:4角1~3番手以内
4-8:4角4~8番手の範囲
9上:4角9番手以降

前3角
1:3角先頭
1-3:3角1~3番手以内

t5
前走の「後3F差」でのフィルタリング。
後3F地点での先頭との差、の値です。
ここは各色での分別。

橙:オレンジ。この色の時点で0以上なので先頭。数字がおおきくなるほど、後続を離している。
黄:先頭との差が0.1~0.4秒。
青:先頭との差が0.5~0.9秒。
無し:背景色無し。先頭との差が1秒以上。

範囲
黄内:橙、黄色の範囲
青内:橙、黄色、青の範囲

t6
前走の「詰脚」でのフィルタリング。
後3F地点での先頭差とゴール地点での…なんやかや。
数字が大きいほど、差し脚があるとでも理解しておいてください。

赤:優秀。
緑:先行馬であれば、前は交わした後は…後ろの馬次第。前3F差が黄色、「詰脚」が緑が先行馬の勝ちパターン。
赤文字:後3F地点から殆どポジションが変わらないまま終了。
無し:背景色無し。最後止まってますね。

範囲
0上:「詰脚」が0秒以上
-0.5上:-0.5秒以上

t8
クラス(以上)
今走のクラスでのフィルタリング。
未:未勝利以上
1C:1勝クラス以上
2C:2勝クラス以上
3C:3勝クラス以上
OP:OP・重賞
重賞:重賞

t8
芝ダ別
芝:芝のレースのみ
ダ:ダートのみ
芝・ダ:芝かダート(障害を除きたい時に使う)

馬場
良:良馬場
良稍:良・稍重
重不:重・不良

t9
「フィルタを戻す」ボタン。 これも、ここに入れました。
下部の着度数表示の箇所を選択でも出ますが、簡易操作を全部まとめたかったので追加。
1回選択する度に1つ前の状態になります。
繰り返す事で何段階も戻りが可能。
テーブルへの操作を全て初期化するには、赤枠の回転矢印のボタンで。
初期化すると「フィルタを戻す」ボタンの内容もクリアされます。

追加分データ

当日一覧ビューワと同じ項目を、前走データで追加しました。
ので、ハイブリッド競馬新聞データ以外の、普通の項目でも割と使えるようになりました。


安田記念

安田記念 過去成績

アーモンドアイは…別格の存在になってしまいましたね。
同馬が出走するレースというのは、他とはちょっと切り離して考えた方が良いかもしれない。
それをどうやって提供出来るかな?ってTwitterでポツポツ流しながら考えて、1つの方法がコレ。

アーモンドアイ専用 選択レース詳細

いつも過去レースの「過去の出走馬一覧」をアーモンドアイの桜花賞以降に組み替えたやつです。
引数変えただなのだけれども…この発想は、そういえば無かったなと。
今後は競走馬の詳細画面から飛べるようにしておきますね。

アーモンドアイが出走したレースにて、3着以内馬のみにフィルタリングをしたのがコレ。
t3
アーモンドアイの出走するG1では、滅茶苦茶な人気薄…は来ないですね。
1頭だけ違う競馬をしているし、そもそも、他馬が勝ちに行かないという事もあって、レース自体が壊れません。
他の馬達は最初からアーモンドアイをいないものとしてレースをして、結果としてアーモンドアイが勝つという…。
実際に思いは違うのでしょうが、結果としてそうなっております。

上の画像は赤枠内が2着馬で、逃げ・先行馬で埋まっております。
中位人気、HB+前半で上位の印持ちと印でも無難な所。
更に言えば、非ノーザンF生産馬が最も多いゾーンでもある。

今年は…「ダノン」が3頭いて、どれも前で競馬する馬で、プレミアムとキングリーは1・2枠を引いた年。
こんな状況で、チームとして何もしないとは思えず。
いや、これが「マイネル」とかだと、不思議な事に同じ勝負服でやり合う謎展開はしょっちゅうあるのだけれども。
あたまおかしい事して全滅してますね。

また、今年の古馬の芝中距離以上のG1はこんな流れ。



それでは今回の安田記念のデータを。

続きを読む

何とかここまで無事に辿り着けて本当に良かった。
もうそれにつきますね。
こんな状況で競馬が止まらなかったのは、かなり凄い事ですよ。

東京11R 東京優駿(ダービー)

こちらは日本ダービー。
ややこしい事に、東京ダービーというのも大井競馬場で6月3日にあります。
毎年安田記念を見てから水曜の大井に行く、というのが恒例行事だったのですが…今年はそもそも競馬が無観客。
もし今年も通常通りであれば、川崎の関東オークス見に行けたのになあ。

東京優駿(ダービー) 過去成績
ダービー・目黒記念のハイブリッド競馬新聞(無料版)

Twitterの方でほぼやり終えたので、もう後は順番つけて印にするだけ。
ですが。
今後の事も考えてまとめておきましょう。

3歳牡馬のクラシック路線。
ド王道は今年はコントレイル、サリオスが揃った皐月賞でした。
他の別路線はここと比べると…まったく話にならないレベル。
その結果がこれ。

t2
赤枠のある列がハイブリッド指数です。
3着馬のガロアクリークはだいぶ離されての63、前で粘ったウインカーネリアンが61でその下が60には届かず。
前から書いている通り、今年は牝馬に比べて牡馬が弱い。
トップの2頭以外は例年と比べるとレベル低いです。
このハイブリッド指数で60というのは…。
t1
コントレイルもサリオスも、昨年の2歳の秋の時点でクリアしておりました。
それが皐月賞では順当にアップ。
比べて他の馬達よ。
追いつくどころか…更に離される結果。
彼らの2歳時にようやく並んだ程度。

更に。

上位2頭は皐月賞が今年初戦。
既に能力のある馬には前哨戦は無意味、というよりも、無駄、走る価値が無い物のとなっております。
レース使わなくても仕上げる技術は獲得済みです。
なので、まだ今年は1戦しかしておらず疲労も無し。

他の馬達にとっては競馬場が変わって、距離が延びて、いざ逆転!という土俵にすら上がれていないのが実情ですね。

馬券的には残りの1頭、或いは、どちらかが何かしらのミスやら自滅やらで(あまり想像は出来ませんが)走らなかった時のもう1頭を探すレース。
他の馬達にどれだけプラス材料があろうとも、そもそも、コントレイルもサリオスも消す材料が無いなと。
もしも、当日に田中勝春騎手などに乗り替わりであれば…ヒャハー、消しだ消しだ!とはなるのだけれども。

ダービー好走馬の条件は

もちろん、ダービーに出走する事、というのは何らかの教訓的な話にありましたね。
「ダービーで勝つ馬の条件って何だと思う?」
「それはね、ダービーに出る事よ(ドヤぁ)」
ってやつ。
ある時には人の背中を押す言葉であり、一歩間違えれば…他人を地獄に追いやる言葉でもあります。 
・・・そんな事は置いておいて、現実的にはビューワを使ってみてみましょ。


続きを読む

使ってみましょう。


明日分は
開催ビューワ 5/23

開催ビューワは元々は、過去の成績を見るためのもの。
インストール型のアプリ、例えばTargetのような深い分析は出来ないものの、ブラウザ上でお手軽に使えて、ちゃんとやれば結構イケルというツール。
そこに拡張機能として、今週分の「全出走馬」も同時に扱えるようにしました。

今週の出走馬から、何かしらの方針で気になる馬を選んだ時に、
過去では?これまでの今開催では?
をチェック出来ると言う物。
それは、馬だったり、騎手・厩舎、種牡馬や、枠番、各種印、馬主・生産者などをキーとして、過去を比較できます。

…というような説明だと、余計に分かりにくくなるかもですね。
実際に手順を追ってやるのが1番。

だけれども。
例えば世界史に授業を思い出して下さい。
4大文明からスタートして過去から未来へ授業を進めていったと思います。
それをたいした事前説明なしに進めて行ったのが僕らの学生時代。
今はどうか分かりませんが、現代の視点から振り返ってのサマリーくらい最初に提示してくれれば、もっと理解しやすかったはず。
何が人に集団を作らせて、何を争って戦って、そして延々と懲りることなく国が潰れて作られて…をずっと繰り返してきただけですからね。
中身は違えど大体は「よし殺そう」で1時代がターンエンド。
昔は生産するよりも奪った方がコストが掛からなかった分、しょっちゅう殺し合っておりました。
今は…人の命が高価になりすぎた。戦争が割りに合わない。
軍事費だってもっとバンバン上がれば良いです。ますます戦争できなるので。
それが平和というなら、平和な時代ですね。
…というところまでに、どうやって辿り着いたか?で道筋辿る方法。
そんな結果から逆算するのも1つの手です。

それが開催ビューワだと。
「吉田隼人騎手、新潟ダートで良いですよ」が、ゴール。
「何故ならこんなだから」が手順。

前置きが長くなり過ぎた…改めてこれを開いてみよう。
開催ビューワ 5/23

セル内の「吉田隼人」を選択して、明日の吉田隼人騎手の出走馬一覧にします。
次に、上部にある「開催追加」ボタンを選択。
t1


続きを読む

ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル 過去成績

昨日触れたこれ。



使うのは過去成績の記事にもある
過去の出走馬一覧
5年分のヴィクトリアマイルの全出走馬をあれやこれやするビューワです。
もう少しみてみると。

目立つのは…やはりディープインパクト産駒。数が多すぎだし、今年も沢山。
過去5年で22頭が出走して、6頭が馬券圏内。
t1
この中から残せる馬以外を、ビューワを使って消していきましょ。

続きを読む

↑このページのトップヘ