JRDV.sp

JRDBからJRDVがスピンオフして、しかもいいとこ取りのブログ。

開催分析画面

今の小倉の芝をDV2で見るとと

今の小倉の芝をDV2で見ると
今回はちゃんとやります。

土曜日も日曜日も小倉の芝はDV2では「テン」順。
勝ち馬はほぼ必ず上位。ただし、1800m以上になるとちょっとイマイチだったかも。

DV2の「テン」順+芝1200m

2歳未勝利の除く日曜日のDV2「テン」順は以下の通りでした。
・2R
22

・7R
r7

・9R
r9

・10R
r10

・11R
r11


やっぱり2000mまで距離が伸びるとダメみたいですね。
その分、1200mではほぼカバーできています。
一応、土曜日の1200mではこうなっておりました。 続きを読む

今日と明日の小倉

1日目が終わりましたので、ザッと確認しておきましょう。

Live 成績結果(土)
JRDV コース別タイム一覧
本日の「位置取り傾向」

コース別タイム一覧には昨年の1月以降分しかありませんが、今の開催、時計は早いですね。
メッチャハイペースだったとは言え、九州スポーツ杯は1.44.7というタイム。
斤量58kgのエイシンジャッカルが出した時計です。
昨年は1.46.1でしたので単純に比べても相当早い。
ちなみに、昨年の1月以降で芝1800mの最速タイムは、小倉大賞典の1.45.3。
つまり、1000万の時計がこれを軽く越えちゃった訳です。
5Rの九州産限定の芝1200mで1.08.9が出るくらいですから、想定していた傾向とは少しずれてますね。
(昨年1月以降の新馬戦最速タイムは、1.09.0でした)

どんな感じ違うのか?

「位置取りシート」で見ると、やたら四隅が来ていました。
しかも芝もダートも含めて・・・。

後半のレースを並べてみると。
続きを読む

東京・京都 あるいは 府中・淀 の開幕週

って、結構似たような感じ。

「開催分析」を使って過去分でも見てみます。
サイドバー右にある「開催分析」から、いつでも行けますです。
title

東京

上段が今年の1回東京、下段が昨年同時期の2回東京。それぞれの開幕週の成績になります。
tokyo
続きを読む

開催分析画面を使ってみる

title とうとう実物が届きました。
あ、→例のコレですね。

それにしても、著者の高中さん(ブログは⇒コチラ
まさか競馬本を出版されるとは(゚д゚)!
JRDBのスタッフ、つまり競馬を職業としており、1年中それだけに時間が使える立場の僕たちですら出来ていないのに、
アッサリ追い抜いて行きました。
さすがっす。

いや、ほんとデキる人って何やっても出来ちゃうんですねぇ。
そして、この法則が当てはまるのであれば、
出来ない人は何やっても出来ない。
認めたくない人は多数いるかと思いますが、コレ経験上間違いなくそうだと思います。



ちなみに、奥の猫背は久保君です。
ほぼ1年以上、毎日JRDBの事務所は気がつくと僕と彼の2人しかいない状態。
ですので、冬は非常に寒くなります。
人が減るだけで全然温度が変わるんですね・・・。



右サイドバーにある「開催分析」でもたまには使ってみましょうか。
僕は必ず毎週目を通していますが、なかなか一言で使い方と有用性をまとめる事が出来ないので、ちゃんと記事としては取り上げ辛いんですけれども・・・。

titleselect2

昨年の東京開催

続きを読む

馬場傾向を見てみる そして 位置取りシートに当てはめてみる

中山

右サイドバーにある「開催分析」を使って、馬場傾向を考えてみましょう。
続きを読む

東京の芝傾向を振り返ってみる

lastyear

JRDB金子京介メルマガ ~読める男の競馬論~

パドックに立ち続けて約10年。新たな予想理論を見出すために、日々馬と向き合ってきたJRDBの金子京介が、このたび新たな理論をひっさげて登場。
今週のメインレース展望では、独自に編み出した「厩舎・調教上昇度理論」を使いつつ、金子京介自信の推奨馬と買い目を提供。高配当も期待できます。
今週の勝負レースは、配当よりも的中重視の予想。前日にじっくり吟味し、最終決断はレース当日朝に配信します。
金子京介独自の目線による競馬回顧も必読。

詳細は ⇒ コチラから。


ここでは毎週、京介さんが馬場の傾向を検証しています。
今回はサイドバー右にある「開催分析」の「馬場傾向」データと共に整理してみましょう。

東京の芝 過去3週の傾向を追ってみる

まずは表の見方を先にチラッと。
seitidori 横のライン「前・中・後」は4コーナーでの通過順を表しています。
左に行くほど、4角では先団にいる事になります。
大体の目安として、「前」に位置しているは逃げ・先行+そのちょっと後のグループ。
「中」が差し馬の集団で、「後」が差し集団の後方+追い込み馬。
府中ですと、この後に少し馬群が詰まって直線でバラけ始める手前というタイミングでしょうか。

縦のライン「内・中・外」が直線のコース取りになります。
上に行くほどイン寄り、下に行くほど外を回っている意味になります。

大きい数字はその箇所を通った馬の「複勝率」で、その下の小さい数字は「実際にそのポジションを通った馬の数」です。

実データで見た方が分かり易いと思いますので、見ていきましょう。


3週前

t1 3週前のAコース最後の日の傾向です。
土曜日には富士ステークスがあり、JRDBのレースコメントには
「午前中に大雨が降り不良馬場。内が悪くなって伸びない状況。上位3頭が高い道悪適性を示した。着差は内外の差。」

「前」「外」を見ると複勝率は33%。下の数字によると、このポジションを取った馬は実際24頭おりました。
富士ステークスでも先行したいた馬達でさえ直線は外を通り、掲示板に載った馬達は全て外という結果。

でも「前」「内」を見ると、上と余り変わらない複勝率37%となっています。そこを通った馬は8頭。
この「内」を通って好走した馬達は何処から来たのかと言うと・・・。

京介先生お願いします。

以下は京介メルマガより抜粋

先週の土曜日は、またしても滝のような大雨からスタート。ダートはすぐに水が浮き、先行馬が止まらない馬場に。
芝は追走するだけでも消耗が激しく、道中でバテる馬が続出。内ラチ沿いもすぐに悪化し、7R辺りからコーナーで内ラチ沿いを回る馬が全くいなくなりました。
前脚の膝をしっかり折り畳み、掻き込んで走るタイプでないと、余力を持って直線を迎える事が出来ません。このような馬場で、ジャングルポケット産駒が2勝2着が2回と大暴れしていました。

日曜日は、晴れ間が出て日差しも強かったので、馬場は早い時間から乾き始めました。ダートは水が引き、脚抜きの良い締まった馬場になって、差し馬が優勢に。
芝は表面が乾いたことで道中のグリップ力が戻り、前に行く馬が消耗することがなくなりました。結果、スローペースの前残り展開が増え、馬場の外を回る馬が差し届かなくなり、今度は極端な内枠優勢の馬場へと変わりました。
雨が「降る」「乾く」。たったそれだけで、大きく馬場の傾向が切り替わりますから、前日の予想は非常に困難だったと言えます。
また、ペースを読めずに先行するのを躊躇するタイプの騎手は、この土日は全く流れに乗れてませんでした。
今週も週末に雨が降るようです。芝の内側の荒れた部分は、Bコースへの仮柵移動でそっくり隠れますが、展開は当日の雨の強さ次第です。先週、芝で全く結果を出せなかった騎手は、今週も怪しいと見てチェックしておく必要があります


2週前

続きを読む

先週の馬場傾向

title 右サイドバーにある「開催分析」にある「馬場傾向」ページ。
リンク先を開くと、開催選択画面になります。
select
見たい「回」をクリックで「開催分析」、日付の箇所をクリックで「馬場傾向」。
select2



開催分析では「レースレベル」やJRDV成績等、結構良いデータが無料でご覧になれます。
また、「馬場傾向」では「4角先頭馬」「上がり3Fトップの馬」の成績、直線の「内」「中」「外」別の位置取り成績と、まさに「馬場傾向」を読むために必要なデータが揃っています。


このデータを使って、先週の馬場傾向を復習しておきます。

東京

続きを読む

先週の馬場傾向

右サイドバーにある「開催分析」を更新しました。
先週の結果が反映されています。
データの見方はコチラでどうぞ。

参考になりそうな所を、ざっと見ておきましょう。

東京

続きを読む

秋・東京開幕週の傾向にまつわるエトセトラ

ちなみに僕の、干支はとらヽ(・ω・)/エトハトラ

まずは「開催分析」から。(右サイドバーにある「開催分析」を使います。)
データの見方はコチラでどうぞ。
baba1
芝もダートもちょっと極端過ぎる結果ですね。
後3Fタイムトップの馬の複勝率がどちらも90%越え、でもって4角先頭馬の成績の酷いこと・・・。
これではおなじみの「~も、開幕週の馬場を味方に逃げ切る。」というフレーズ使えませんね。
実際始まってから傾向を見ないと分かりませんが、昨年同様のスタートだとしたら逃げ切れません。
まぁ、新聞でもネットでも、上記のようなフレーズを見かけたら要チェック。多分、おっさん系です。

位置取りは、これも開幕週から「内」よりも「中」の方が有利。芝なら「外」でもOKですし、なんなら4角中団でも好成績。
枠の出目は内枠祭り@芝。半分よりも外だと、たったの2勝しかしていません。
それでも大外枠であれば、不器用でも能力でなんとか間に合わせる競馬で2・3着ならあり。

2週目の「開催分析」はこれ。
baba2
これくらいが平均レベルの傾向です。

位置取りシート的には

続きを読む

先週の馬場傾向

右サイドバーにある「開催分析」を更新しました。
先週の結果が反映されています。
参考になりそうな所を、ざっと見ておきましょう。

札幌芝

sbtrend
4角地点で「前」にいないと勝負にならないのはずっと同じ傾向。
ただし、開催が進むごとに芝は直線で外に行くほど有利になります。また、外を回す馬であれば中団からでも届く状況。
実際のレースでは、3角辺りから進出を開始して、4角では外を回りつつ前へと押し上げ、最後は外伸びの馬場を活かして突っ込んで来る。こんな感じでしょうかね。

枠で見るとカナリ外枠に偏っています。
内で閉じ込められて勝負所で動けない不利>>>距離ロス。
最終週で転圧を掛けたりしない限りは、土曜日は「内」「前」で残る馬+外から差して来る馬、日曜日はトコトン外差しの馬、といったフォーカスになりそうですね。

先週の「位置取り傾向」を振り返ってみると、
s8
s9
s11
s12
・「1番手」
・外枠
・展開マーク「@」「*」
・勝ち馬は「中」「内」から
まぁ、土曜日はここまで極端な事にはならないでしょうが、日曜日は似たような感じなるでしょう。
ちょうどWIN5の対象レースも芝1500mで、しかもハンデ。位置取りシートで決め撃ちするのもアリかも知れません。

中山 今年だったらウルトラファンタジー勝てなかったかも

バタバタしてて、遅れてます。申し訳無い。
さて、続き。
続きを読む
単行本
外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
Target用厩舎ランクCSVファイル
(JRDB会員専用)
今週の重賞
Target用ファイル
ビューワ 10/14・15
土曜日
日曜日
PV: 位置取りビューワ
DV: DV3
mini: JRDV-mini

過去分
2017年 2016年 2015年
記事検索
中の人
当ブログでの「僕」または、一人称は全て飯村公一@JRDBシステム班です。
JRDVを含めWEBアプリ系の開発担当者。
僕直通のメアドです。
iimura.sp半角アットマークgmail.com
半角アットマークを「@」に変えて入力して下さい。

Twitter:@jrdvsp
FaceBook:飯村 公一

こちらでもコンタクトできます。
Live レース結果
最新コメント
サイトへのリンク
【JRDV.SP】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
コメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。


http://blog.jrdvsp.com/



競馬リンク
必要な物はここで全部揃います


JRDBブログの1st


僕の席のとなりにいる人


新感覚


1回にご馳走になる食事
≒僕の1ヶ月分の食費


競馬情報ポータルサイト。


SMARTKEIBA


ストライド競馬新聞


パドチョク


競馬ビッグデータ


競馬サミット


相互リンク

逆転競馬

大阪梅田競馬BAR
『そのままっ!!』



チョットだけ競馬を。

The Lion Sleeps Tonight

没関係啊(*`ω´)



大きい馬券好きの競馬予想



おいなりさん

「競馬」と「料理」と「愛犬」と

  • ライブドアブログ