JRDV.sp

JRDBからJRDVがスピンオフして、しかもいいとこ取りのブログ。

その他

ますしひるとせスキトキメキトキス

t1

ますしひるとせスキトキメキトキス
うっかり繋がってもうたわ。



新年早々、あたまおかしいですね。
ちなみに。
あたまファンタジック
では本日から競馬出来ます。
川崎分は無料でご利用いただけますので、ヒマな方はどうぞ。
高知競馬場はE新聞にて販売いたしております。
詳しくは↑のサイトにて。

さて、出オチも終わった事だし、今年もよろしくお願いいたします。

挨拶だけもアレなので、昨年の象徴的な出来事を多くの方に理解してもらうためにこんな物を用意しておきました。
JRDB会員の方であれば2014年分から全部揃っているので、既に使っている方も多いかとは思います。
ようやく今年の秋に盛んに言われるようになった「外厩」というキーワード。
そのデータをTargetの馬印データにしたファイル1年分を用意しました。
取り込んで分析してみてください。

t2

この表の上位の「外厩」先が印化されています。


ファイルは
Target用馬印データ 「外厩」印2018年分

これをダウンロードして、UmaMark2~8の好きなフォルダに中身をコピーすればOKです。

t3

デフォルトで使っている方であれば、通常はCドライブの「TFJV」フォルダの下に「MY_DATA」があるはず。
その中にあるのが上記の「UmaMark2~8」。
ダウンロードしたファイルで上書きしてしまうと、元々あったデータが消えてしまいます。
なので今お使いのフォルダを一旦リネームしてから使うのが良いかと。

t4

このように、元々あった「UmaMark4」を「UmaMark4_old」に変更して、新たに「UmaMark4」フォルダを作成して、そこにダウンロードしたファイルをコピーして試せば安全です。

ここまでの説明で良くわからない…という方は、使わない方が無難です。
無かった事として忘れてください。

Targetでの設定方法は
Target用データパック 「外厩」馬印データの取り込み方法

毎週金・土の夕方には該当週分のファイルがアップされます。
JRDBの会員の方であれば誰でもご利用頂けます。
このブログの右上にある

t5

より、ダウンロード出来ますので、まだ使っていない方はこの機会に試してみてください。

2018年の「天栄・しがらき」帰り初戦。
馬印で集計すると。

     1着- 2着- 3着- 4着- 5着- 着外/ 合計(  勝率/連対率/複勝率) 単回収値/複回収値
全成績   518-  402-  335-  305-  264- 1748/ 3572( 14.5%/ 25.8%/ 35.1%)    83円 /   83円
 芝    384-  317-  254-  225-  192- 1151/ 2523( 15.2%/ 27.8%/ 37.9%)    89円 /   85円
ダート   127-   79-   78-   77-   67-  556/  984( 12.9%/ 20.9%/ 28.9%)    71円 /   82円
特 別   197-  166-  135-  132-  131-  709/ 1470( 13.4%/ 24.7%/ 33.9%)    67円 /   77円
牝 馬   199-  163-  132-  126-  106-  798/ 1524( 13.1%/ 23.8%/ 32.4%)    78円 /   79円
1人気   232-   98-   65-   58-   27-  105/  585( 39.7%/ 56.4%/ 67.5%)    87円 /   84円
マル外    23-   20-    9-   13-    9-   76/  150( 15.3%/ 28.7%/ 34.7%)   105円 /   79円

調教師別だと。
・芝
t6

・ダート
t7

傾向がちょっと違ったりしますね。
好きなように集計して良いデータを探してみてくださいな。
金杯まではまだ時間もあることですしね。


どんな分野でも存在でも才能が1番の武器なのでしょうね

歌声合成技術に革命!ディープラーニングで人間さながらに歌うAI歌声合成システムを名工大とテクノスピーチが開発

MicrosoftのAI女子高生「りんな」とは別の方法で、歌い方の学習をしたら…結構すげぇという結果。
「合成の際は、任意の歌詞付き楽譜を入力するだけで高品質な歌声を合成することができます。」
多少の準備学習をしたとは言え、この入力に対して成果物である出力のクオリティは相当ですね。
こんなですよ。



何のこっちゃ?と思うかもですが、音声のデータを入力して得られる結果が上の物であれば、全然アカンというのはごもっとも。
でも違います。
歌詞+楽譜を与えると、そこから読み取って諸々を自動で補完して、歌うんです。
これがどれだけ凄いのか…伝わると良いのだけれども。
今Queenの映画をやっておりますが、フレディー・マーキュリーを学習して演歌を歌わせる事も出来ちゃう。
ちょっと聴いてみたいなぁ。


そして。
サンプルの歌は超有名曲。
僕も子供の頃に聴いた事はあるので耳には残っておりました。
テレビから流れていたのを聴いた、という程度だったので知ってはいるけれど、それほど感慨がある訳でも無く。
「プリンセス プリンセス」の「 DIAMONDS」という曲です。
改めて今、ちゃんと聴いてみました。
なるほど・・・これは売れるわ。
圧倒的な才能。とでも言うのでしょうかね。
正確には、その集合。どのバンドもそうですが、偶然か必然かバッチリの組合わせが決まる瞬間があります。
その期間は通常あまり長くは無いのだけれども、ピークの時には暴力的に凄い。
まさにソレ。
僕のようなおっさんでも分かる。
約30年ほど前の曲らしいけれども、今リリースされても充分通用しそうです。
別格な存在というのは50年くらいなら余裕で超えますしね。

でもって、この感覚はアレです、新馬戦でとんでもない競馬をした馬を見た時に似ていますね。
今でもエルコンドルパサーの新馬戦を見ると、ゾクゾクしちゃうのと同じようなものなのかも。

Illustratorのガイド

全く競馬に関係のない話。

一部のPDF版の競馬新聞では、イラストレーターを使って作成しているコンテンツがあります。
例えば地方競馬用の新聞がそれ。
「イラストレーター」というアプリの名前に反して、僕は競馬用のコンテンツ以外の用途で使った事が無かったりします…。
基本的な流れは、各パーツを作成して、適当にグループ化をして、配置。
これをスクリプトで行います。
で、その時に。

t1

グループオブジェクトのX座標を0に設定。
↑が正しい状況。
…なのですが、うっかり「ガイド」をグループに含めていると。

t2

ポイント表記だと、-7770ptになってしまう。
ガイドは長さ無限、つまり座標に影響されない物だとばかり思っていたら、そんな事無いようで…。
この状態でX座標を0に設定すると。

t3

「オルフェーヴルどっか行きよったで!」
という現象に。

普段作業していて、オブジェクトがどっかに消えた、という事があれば、もしかするとこんな事かも知れません。
その際はガイドを疑ってみて下さい。

画面に描画されるオブジェクトは1つのクラスから派生して作られていますね。
ガイドのような特殊なパーツも、テキスト等と同じ祖先を持つ。
長さや座標といったプロパティは結構上の階層で組み込まれているっぽいです。
ガイドはその下。
確かに、グループ化されるオブジェクトであれば、まあそうなりますよね。
その方が設計自体は単純になるし、作り方としては正しいのでしょう。
でもなあ…グループ化の座標には影響を与えない、というのが本来の姿のような気がする。

ライブドアブログでFTPが使えなくなったので

ファイルのアップが面倒になりました。
ブラウザからはアップロード他、ファイルの管理はブログ管理画面から行う事は出来ます。

t1


でも、これだと1ファイルずつしか行えず結構面倒。
FTPの替わりに推奨?されているのがAPIを使う方法。
File Manager API について

POSTによる操作なので、上の仕様を元に自分でツールを作れば良い。
だがしかし。
それはそれで面倒ですよね。

と言う事でMicrosoft-AzureのBlob Storageを使ってみよう。
既に個人的にはSQLServerが3インスタンス、WEBサービスで1つ使用しております。
騎手・厩舎・「外厩」データ一覧は、ここにデータ置いてたりします。
今回は新たにストレージアカウントを作成してBLOBサービスを開始。
運用はFTPクライアントに似た、
Azure Storage Explorer
を使います。

t2

使い方も分かり易いし便利。
とりあえずこれで1か月ほど様子を見て、それほど料金が掛からないようなら以降もコレで。
思った以上に掛かるようなら、ツールでも作りましょうかね。

2018もやるやで

皆様もよろしゅうな。たのむわ。
今年の抱負は、
えっと、それ以前にやるべき事を勘定してみたところ…アカン。無理や。既になかなか埋まってる。
地味に進めて行く所存ではあります。

でも、せめて1回くらいは18切符で電車に揺られて退屈な風景を見ながらぼーっとしたいなあ。
誰とも喋る必要が無くて、後の予定も無くて、ただ移動だけしている何の意味も無い事をぜひともやりたい。
つまらない事は嫌いなのだけれども、退屈な事って意外と面白いと思うの。
あまり賛同者がいないのが残念。

とりあえず、今年もよろしくお願いいたします。
何をよろしく?は知らん!

t1

Many Clouds

Many Thanksって書こうとして間違った訳では無いです。
今年も1年ご愛顧頂きありがとうございました。

ふと、自分の中で1番「これだ!」ってレースは何かな?って考えて、思い浮かんだのがコレ。

→ 2017 BetBright Trial Cotswold Chase - Many Clouds - Racing UK

例によってレーシングUKなので映像資源を囲い込みです。
YouTubeのようなメディアにレース映像をバンバンアップするのと、自分の所だけで囲い込むのと、数年先にどちらが良い結果をだすのか?
それはそれで楽しみですね。
等と、毒を吐いている場合では無く。

Many Clouds(メニークラウズ)の最後のレースが↑です。
今年の1月28日、イギリスの障害レース専用のチェルトナム競馬場で行われたG2・Cotswold Chase(コッツウォルドチェイス)。
最後まで叩き合った相手はThistlecrack(シスレクラック)。
シスレクラックは前年の2016年はG1を含む7戦7勝でここでも単勝オッズ1.4倍の断然1番人気。
対するメニークラウズさん。
2015年のグランドナショナル勝ち馬で、その後も翌年のグランドナショナル(勝ち馬ルールザワールド)を除けばほぼ連対の成績。
それでも単勝オッズは9倍と3番人気以下の扱い。
それだけシスレクラックが有力だったという事ですね。

レースの結果はリプレイの通り。
完全に負けたと思ったところから、じわじわじわわわ??わわわ?とゴール前では気力で捕らえます。
そして同馬はこのレース後まもなく肺出血により死亡。
ほぼほぼunbeatenだったシスレクラックは次走以降は惨敗を繰り返しております。

そんな一瞬で生命力を使い切らんでも…と思ってしまいますが、馬も多分人間も、どこかでそのようなタイミングを迎える事があるんだろうなぁと。
偉大な馬です。ランキングを付けるなら2017年では僕の中でのトップが同馬。
何故に障害?しかも海外?
自分の中でも突っ込みが発生してしまうのだけれども、大晦日に今年1年を振り返ると…こんな事になってしまいました。

おまけ

2015年のグランドナショナルにて、メニークラウズの鞍上オリバー・シャーウッド騎手にカメラを付けて撮った映像。


追悼番組



ではでは皆様、良いお年を。

走破タイムは10進数で

でも、多分これはやりすぎた…。
着順の隣がタイム。

t2

t3

確かに、パッと見はこれまで通りの60進法の表記の方がしっくり来るかも知れませんね。
僕は10進法でも全然OKというか、寧ろ好ましい。

でも他と比較する時は秒に換算した10進法の方が便利です。
どうせ皆さん、意識はしていないだろうけれども、頭の中では10進法への変換作業が行われているはず。
なので、2つ馬柱内に表記があった方が便利だと思う。
そんな事無いと思う方は多数でしょうが、今までそんな新聞見た事あります?それで予想した事あります?

これは個人差が大きい部分だろうし、圧倒的に少数なのだろうけれども、秒数表記で出して分かった。
僕はタイムの60進法表記が苦手、嫌い、何なら憎いまである。
だから標準タイム的なもの、例え東京1600mで1分32秒を切るのがどれくらいのものなのか?といった事がイマイチ実感として無かった。
これが92秒を切るタイム、と考えると得心がいくです。

そもそも、競馬データに於いて60進法表記って走破タイムだけですよ。
ラップも、前半・後半の3ハロンも、全て10進法です。
そして60秒を越える調教タイムも同様。
調教で72秒はあっても、1:12.0という表記なんて無いでしょ。

それでも世の中は走破タイムだけは頑なに60で繰り上げします。
なんでだろう。
慣れはあるのかもですが、僕はどうしても馴染めません。
数字に対する感覚が違うのでしょうかね。

・10本のポールがあります。それぞれ1mの間隔で立っています。この長さの合計は?

なんて問題で間違った事は無いです。
これで10mとか答えてしまう人がいるのが謎レベル。
配列は必ず0から始まるように、物を数える時にポーズとして1から指を折ってはいるものの、頭の中では0からのカウントスタート。
それが1ずつインクリメントされていく。
僕にとっての数字とは、そいうもの。

同じような感覚の方っているのかな?
新聞上以外では、データベース内、各種計算時だと時計は全て秒、つまり10進法で普段扱っているので、機会の問題なのかもですが…。

5頭立て、4頭がミルファーム、1頭がシルク。その結果は

そういえば、隣では市長戦をやっていました。
結構面白い状況だったので、割とニュースは気になって見ていた選挙です。

堺市長選:「反維新」陣営の連勝 波紋大きい維新の敗北 - 毎日新聞
堺市長選:竹山氏が3選 維新敗北、大阪都構想に打撃 - 毎日新聞

順当に現職の候補が勝利。

突き放せず

票の内訳は

竹山修身(無所属・現)当選、16万2318票
永藤英機(維新・新)13万9301票
投票率 44.31%(前回50.69%)

票数にして約2万、ポイントだと8ポイント差。
確かにこの差を見ると現職側は維新以外全部で共闘しないと負けてたかも知れませんね。
想定以上には差を詰めておりました。
もう少し上手く選挙を進めて投票率も上がっていたら、もっともつれてたのかも。

勝った後の方が大変

そしてこの微妙な差は後々の禍根を残しそう。
支援に回ったどの陣営も「ウチがいなかったら負けていた選挙」を言う券を使えてしまいます。
実際その通りなので・・・コレ現職が勝ったは良いけど、どこに対しても何も言えなくなってしまいました。

更に辛いのが「反~」で団結した集団が目的を達成してしまった後。
今回は選挙に勝つ事が政策実現の手段では無く、それ自体が目的と化したもの。
で、既に目的達成。ゴール済みです。
この後はひたすら各陣営同士での調整合戦。
美味しいところを皆でわけわけ。
全会派一致が原則となるので、これで何か出来るの?という疑問。

市議会の方の構成は
市議会の構成
今後も自民・共産は協力し続ける必要アリの人数。

そっ閉じ

特にLeft-Wingの方々がよく使う手法として、どこぞの地方選挙で自陣営が勝った時のテンプレートがあります。
「この勢いで自民粉砕!これが国民の総意だー、良識アル市民の誇りだー」的なやつね。
今回はちょっとコレ使えません。
だって一緒に共闘しちゃったのですもの。
どういう評価を与えるのかは非常に興味があるところですが、敢えてスルーが本命。
大穴で「自民さえ乗ってこなければ、更に圧勝だった。」もあったりして。
流石に無いか。
いや・・・あるかなあ、ポエマー多いから分からん。
「~だろう、~だろう、~に違いない!」
このように2回くらい推論かませば断定してOK。なんてルールがあるようなので、本当に分からん。

ちなみに

上に挙げた記事のリンクは2つ。
どちらも毎日新聞のものです。
それぞれ記事の記者が違うの。

1つめの記事は「藤顕一郎、椋田佳代」という2名の記者名。
文面からは維新嫌いのようですね。

2つめは「山下貴史、念佛明奈、山口知」の3名。
こちらは事実を素直に記事にしています。

そう判断した理由は、1つめの記事だと
堺市長選:「反維新」陣営の連勝 波紋大きい維新の敗北 - 毎日新聞

「看板政策の「大阪都構想」を封印してまで臨んだ選挙で、維新が敗北した波紋は大きい。」
と記者は思うって付けないとダメでしょ。
これは事実といよりも記者の主観。それを断定で書いております。

「維新関係者は「影響はない」と平静を装う」
これも記者の印象を混ぜてます。所々に軽いディスりが入ってる。

同じような内容でも2つ目だと
堺市長選:竹山氏が3選 維新敗北、大阪都構想に打撃 - 毎日新聞

「維新が再挑戦を目指している「大阪都構想」の実現には打撃となり、次期衆院選に向けて大阪を本拠地とする日本維新の会の党勢にも影響しそうだ。」
~そうだ、と推定ですよ感は記載していますよね。



参考までに、前回の大阪市長選はこのように。
2015年大阪市長選挙
最終投票率:50.51%
t1


WASJ

出場騎手が決まりましたね。
2017ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)の出場騎手決定!

まだ紹介ページが作られていないようですが、JRAの英語版には写真付きのプロフィールがあります。
2017 World All-Star Jockeys - outline and jockey profiles

ヨーロッパからは2名。
うん、正直微妙です。
以前は冬にやっていたので来てくれる騎手も豪華だったのですが、夏だと流石にね、皆さん重要なレースも多くわざわざ極東の日本なんかに来ているヒマは無いようです。
8/23からはイギリスのヨーク競馬場では、毎日重賞があるイボアフェスティバルが開催。
英国際Sやヨークシャーオークスなど名のあるG1が行われます。
追い切りもあるし、そりゃあ札幌には来られん。

ちなみに、イギリスからのトム・クウィリー騎手。
フランケルの主戦騎手で有名で、ソウルスターリングがG1勝ったし良いタイミングではあります。
同時に、上記のヨークシャーオークスをMidday(ミッデイ)で勝っており同馬の主戦騎手でもありあました。
フランケル同様に結構日本に馴染みのある馬だったりします。
1・2着という関係で見ると。
競走馬時代には、ナッソーSではソウルスターリングの母スタセリタに勝利、エリザベス女王杯を2連覇したスノーフェアリーにはヨークシャーオークス、ナッソーステークスSで2回共に勝利。
ナッソーステークスS3連覇してるんですわ。
もしミッデイが勝っていなければ、スタセリタは日本に来なかったかも知れないし、スノーフェアリーも別のレースに出ていたかも。
と、言えなくも無くは無いような気がしないでもない。

そして繁殖牝馬としては、マカヒキが勝ったニエル賞の2着がMidterm(ミッドターム)でミッデイの仔(父ガリレオ)を出しています。
その下がコレ。



父フランケル、母ミッデイ。
この牝馬は後にMori(モーリ)という名でデビューして、現在はR・ムーア騎手で2勝。
重賞も勝てそうな馬。
でもT・クイリー騎手はまだ騎乗しておりません。
せっかくだから乗せてあげれば良いのに。

以上が、僕が知っているT・クイリー騎手の全てや。

ロックオブジブラルタル

t1


僕の机は壁に向かって配置されております。数人を除いて、基本的には皆同じく壁向きです。
よくあるオフィスの風景だと他の人との対面での配置があったりしますが、ウチの事務所はソレ皆無。
いくらモニタで仕切ったとしても、他人が常時視界に映るなんて…耐えられないわ!
鬱陶しいたらありゃしない。ですよね?

その替わりに、僕の目の前、モニタの奥の壁には日に1回ちょろちょろと蜘蛛がやってきます。
何処から来るのかは分かりませんが、いつの間にかソコにいる。
テンションが高い時にはモニタの縁で跳ねたりしてる。

「うあ、気持ち悪!」って思うかも知れませんが、慣れるとどうという事もありません。
僕は子供の頃に読んだ本の影響で蜘蛛を殺せない体になってしまいました。
好きでは無いのだけれども、気づいた時には既に手遅れ状態。
三つ子の魂百まで。
この言葉を理解するのに充分役に立ったので良しとしましょう。
今さら宗旨替えするのもねぇ。
そんな訳で、コチラが手出し出来ないのを良い事に、割と好き放題している蜘蛛なのですが。
続きを読む
地方競馬サイト
単行本
「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!


外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
Target用厩舎ランクCSVファイル
(JRDB会員専用)
今週の重賞
Target用ファイル
ビューワ 3/23・24
土曜日
日曜日
PV: 位置取りビューワ
DV: DV3
mini: JRDV-mini

過去分
2018年 2017年 2016年 2015年
記事検索
中の人
当ブログでの「僕」または、一人称は全て飯村公一@JRDBシステム班です。
JRDVを含めWEBアプリ系の開発担当者。
僕直通のメアドです。
iimura.sp半角アットマークgmail.com
半角アットマークを「@」に変えて入力して下さい。

Twitter:@jrdvsp
FaceBook:飯村 公一

こちらでもコンタクトできます。
Live レース結果
最新コメント
サイトへのリンク
【JRDV.SP】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
コメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。


http://blog.jrdvsp.com/



競馬リンク
必要な物はここで全部揃います


JRDBブログの1st


僕の席のとなりにいる人


新感覚


1回にご馳走になる食事
≒僕の1ヶ月分の食費


競馬情報ポータルサイト。


SMARTKEIBA


ストライド競馬新聞




競馬ビッグデータ




相互リンク

逆転競馬

大阪梅田競馬BAR
『そのままっ!!』



チョットだけ競馬を。

The Lion Sleeps Tonight

没関係啊(*`ω´)



大きい馬券好きの競馬予想



おいなりさん

「競馬」と「料理」と「愛犬」と

  • ライブドアブログ