ダメダメ言われている今年のノーザンF馬の新馬戦。
モーリス、ドゥラメンテのゴリ押しがカナリ失敗しておりますね。
これもとりあえずはセレクトセール前までで一旦落ち着くとは思います。
そんな都合良くは行かなかったし、キズナが頑張り過ぎているのも痛い部分なのかもですね。

そんな訳で。
今の新馬戦は…ゆるくこんな感じです。

・ノーザンF馬を嫌う。けれども、嫌い過ぎない
・NF系以外のクラブ+生産まで絡んでいる組み合わせで、昔から同じような事をずっと続けているをの評価
・ディープインパクトや既に走らせ方を分かっている種牡馬ならNF馬はやはり優秀
・単純に兄弟が初戦から走っている馬

ずいぶんとザックリだなー
と思うかもですが、これをベースに新聞や当日一覧ビューワなどを使うとそれなりです。

当日一覧ビューワを使ってみましょ。
土日の新馬戦、1~3着馬のみにフィルタリングしてヘッダ部分の「生産」で並び替えると。

・土曜日
t1
・日曜日
t2

ビッグレッド、ノースヒルズ、そして「トーセン」も同じ括りで良いでしょう。
例年以上にこういうところが良く走っております。
短距離なので分かるとは言え…ミルF馬が2頭も1日で圏内です。こんなの異常事態です。
長めの距離は流石のNFと言った感。

ちなみに、当日一覧ビューワの当週と1週前の追い切り指数。
1~3位までが赤文字、4~5位を青文字で表記してみました。
指数自体が低いとしても、相対的に上位だと割と走るので。

一覧ビューワで見ても、上位馬はHB印がしっかり入っているか、前半・後半印が上位だったりします。
人気が無くても、あと一押しあれば買えそう…という雰囲気は感じられるかなと。

ビューワで軽く眺めつつ、新聞でもチェック。
成績新聞で確認しておきましょう。
現在はハイブリッド競馬新聞は全コンテンツ無料という、頭のおかしいキャンペーン中ですが、それが終わっても成績新聞は昔も今後も無料ですのでご安心を。

続きを読む