JRDV.sp

JRDBからJRDVがスピンオフして、しかもいいとこ取りのブログ。

位置取りシートのヒント

「位置取りシート」の見方と説明

毎週毎週「位置取りシート」を使った方法を書いている訳ですが、もしかして、
見方の説明をしていなかったのでは?
という事にさきほど気がつきました。
過去ログを検索してみても、ちゃんとした説明はありませんでしたね。

とはいえ、「位置取りシート」自体はそれほど難しいものでは無く、むしろ非常に単純。
見方や意味なんかよりも、問題はその使い方になると思います。
それを習得するために、僕とこのブログを読んで頂いている皆さんは毎週苦労しているんです。
でも、おかげざまで少しずつではありますが正解が見えつつあるような気になってきました。

・「位置取りシート」の概要は以前の記事にあります。 → 「位置取りシート」の考え方


この記事は定期的にトップに上げます。質問等がございましたら、この記事につけて頂ければ助かります。
同時に、まだ書きかけの項目につきましても、徐々に追記していきます。

この「位置取りシート」を公開してから数ヶ月経ちました。
最近は役に立つというコメントを頂くようになりましたが、反面使う事によって成績が落ちたという方もおります。
僕としましては、便利に使ってくれる人が増えるのは勿論嬉しいのですが、それ以上に使ってマイナスという方を少なくする方が優先度は高いです。
多分、コレを使いこなせる方であれば他のツールを使っても充分上手くやれるだけの力はあると思います。
ですので、
「位置取りシート」ってアカンやん→おお、結構イケてるかも。
そんなきっかけがあったりした時には、コメント欄にでもお願いします。
作っている側ですと、とんでも無い見落としがあったり、どうしても気がつかない事は多いです。
言われてみるとそうだよね、なんて事は沢山あります。
まぁ、このブログを皆さんのメモ代わりにでも使って下さい。


記号

itidoridesc_mark

IDM

「◎・○・▲・注・△・▽」の6段階。
「IDM印」は、よくある馬の能力指数。一般的な競馬新聞でも、データ系・予想系のコンテンツ提供会社でも、どこでもほぼ出している指数ですね。
もちろん、どの業者さんも「ウチが1番」と言われるかと思いますが、JRDBはそんなもんじゃ無いです。
普通の1番の座は譲りますので、適当にみなさんで争って頂ければと思います。
ですので、JRDBが出している能力指数「IDM」は業界1番手ではありません
圧倒的に抜けて精度が高いです。正直他と比較にならない。オンリーワン過ぎて順位がつけられない。
と、いつか言える日が来る事があればいいかなと。

一応、JRDBでは過去10年ほどの専門紙の印は全てデータとして持っています。本紙印からトラックマンの印まで全て。
これは我々の趣味の範囲内での物ですので公表はしませんが、僕が見る限りIDM印や展開印と比較すると、的中率・回収率共にJRDBデータの方がアレです。


激走馬

「激」
JRDBの内部データには「激走指数」という物があります。
コレは何かと言いますと、上記のIDMを始め各種データをドンドン積み上げていく指数です。天井無しなので、入れるデータが有ればあるほど高くなっていきます。
また、そこには「馬具変更」「騎手乗替」「激走気配」などの細かいデータも全部入れてあります。
ですので実際は、ほとんどの1番人気は激走指数がトップになります。
そして「激走馬」というのは、激走指数が高く、且つ、人気薄という条件で出しています。
その選択基準はマル秘なのですが、なかなか良いチョイスをしてくれます。


「+」印

plus

・展開予想着順1~2着以内
・展開予想着差0.2秒以内
上記に該当する時に付きます。
例えば1列目が全て「+」印付きというレースは、展開予想ではゴール前は大混戦という想定ですので、荒れる前提でいいかも。


展開マーク

WEB版ですと、「@」「*」のマークで表示されています。
ラスト3ハロンで、最も早いタイムを出すであろう馬、上位3頭に付きます。
もっと詳しい内容につきましては、非常に分かり易くまとまっている本がありますので、そちらを参考になさって下さい。
→ 京大式 推定3ハロン ~「4角先頭馬」と「上がり最速馬」が見抜ければ競馬は勝てる!!~ (競馬王新書) [新書]
はい。ハイブリッド新聞の推定後半3ハロンの元データです。
なので、ほぼ同じ意味として考えて頂ければありがたいです。

前半系のデータも追加しました。
テン指数は、前半の3Fのスピードを指数化したものです。
単純テンの早い順という考え方でOKです。
t2

予想展開着順

t1

成績確定後には1~5着までの馬番が入っておりましたが、前日段階では「予想展開着順」が掲載されています。
JRDBデータでは「展開印」と呼ばれている物で、◎○▲注△の順に1~5位の値が振られています。

高ランク勝ち馬

hightlevel

前走~3走前までで、高ランクで勝ち上がった馬がいる場合には表示されます。
「高ランク」で勝ち上がった馬は、1つ上のクラスでも通用するというレベル。
昇級初戦でも即馬券圏内にくる可能性は高いです。


追い切り指数

oikiri

「追い切り指数」上位5頭を掲載。
太文字になっているのは「追い切り指数」が75以上の時。


前走の「前3Fタイム順位」・「後3Fタイム順位」

ハイブリッド新聞の「推定3ハロン」ではありません
あくまで前走時の成績データです。

tenato3f

前走で「前3Fタイム順位」・「後3Fタイム順位」それぞれ3位以内のであった時に表示されます。
(前走がJRAの場合のみに限る)

上段の数字は「前3Fタイム順位」
下段の数字は「後3Fタイム順位」


昇級初戦・降級馬マークと下線

昇級初戦時と降級馬には、枠番の右に三角形のマークをつけてあります。

itidoridescript1

3歳以上条件ならば3歳に、4歳以上であれば4歳馬には馬番の下に下線を引いてあります。

itidoridescript2


厩舎ランク・騎手ランク

tnrank

厩舎ランクとは?
厩舎ランクは数字で表現。
・ピンク → 1
・オレンジ → 2
・黄色 → 3
・白 → 4
・それ以下 → 表記無し


騎手ランク
ランク分けはA~Fの6段階。でもFランクは空白になります。

A:ほぼいません。東西に1人ずつレベル。
  リーディングトップレベルで、しかも近走も良い。というか、かなりイイ。

B:これも4~5人程度。リーディング上位+アルファで、騎手だけでも評価を上げて良いレベル。

C:リーディング上位の標準レベル。軸にしても大丈夫。

D:リーディング上位だけどもイマイチ、もしくは、リーディング中位で最近まあまあイイネ。

E:普通。標準。悪くはないけど積極的に良くもなく。指数やポジションなりの結果は50%くらいの確率で結果を出せそう。

F:基本不要。条件が揃っていたら相手に入れておこう。「位置取りシート」での表示は無しです。

まあ、どんな騎手でも1番人気であれば複勝率は50%は基本越えるので、1~2番人気の馬については、このランクはあまり重視しなくてもいいかも。
勝つかどうか?の判断には使えるかとは思います。


基準人気・オッズ

続きを読む

「位置取りシート」とJRDB「激走馬」の基本

基本なので知っている方も多いとは思いますが、たまにはセオリー的な事も確認しておかないと。
春だしね。

JRDBには「激走馬」印というデータがあります。
簡単に言うと、人気薄でも好走する確率が高い馬を抽出したデータ。
結構ファンの方が多いデータです。

まあ、それもそのはず。
だって、JRDB以外でもアチコチで同じデータを出しておりますので。
何か新しい物を作ろう!という時でさえ、とりあえず「激走馬」印だけは入れるのが主流。
それくらい重宝されているデータです。
もちろん「位置取りシート」にだってありますよ。

この「激走馬」印は単体で使っても良いのですが、別の物と組み合わせると、その効果は更にアップします。
1番オーソドックスなのは、
展開1着激走馬
 予想展開着順1着馬で、激走馬。

日曜東京6R


t1

位置取りシートのWEB版だと

東京 6R 芝 1800m 3歳500万下   9頭 5月5日 良 3F前後差: +5.6
位置取馬番馬名(1番手)人気オッズIDM激上昇降騎厩着順馬番馬名(2番手)人気オッズIDM激上昇降騎厩着順
最内4ピクシーホロウ414.0
+
4ウィリ26ティンホイッスル823.1
2大 庭7
7コスモピースフル517.2
1柴田大82サトノフェアリー722.1
田中勝6
5アドマイヤイチバン310.2
+
福 永49スマートレイアー11.6
1武 豊1
8スマートルピナス621.7
武士沢5
大外1スーパーマダム24.0
+
51内田博3
後3F地点
4762
583
91


「位置取りシート」では、1番手+「激走馬」印+「+」印、となりますね。
1番手激+です。
続きを読む

「位置取りシート」を使う理由 その1

競馬がシンプルになる

競馬が終わると毎度同じ事が繰り返されます。どうせ明日からもまた世の中では・・・。

馬の状態が良かったですねー、いやあ強かったですねー、あの騎乗がー、展開がー、競馬は何があるか分かりませんねー、etc

アホか!
titile

そんな、ただ紙面の隙間を埋めるような文章や見解は要らんのです。次に向けて何の役にも立たん。
考えるべきは「次回同じような状況で正しい選択をする為の方法」です。
これを積み重ねていくしか無いんだけどなあ。

そもそも多くの競馬コンテンツの回顧系って、読み物的な物としてがメインなようですね。
そこには「次回、もし同じようなレースがあったらどうする?」の視点がほとんど入っておりません。
終わった事をあーだこーだ言っているだけがほとんど。
馬体にせよ、展開にせよ、騎手だって、個別のレースの特異な現象は一般性を持ちません。

どうしてこうなった

多分、レース後の材料でレースを見るからという手法だからかなと。
僕らは毎回レース前にはレース前までの材料しか無いんです。
だから、終わったレースに対しても、レース前の材料で考えないとまた同じ間違いをしてしまう。
 

最適解は?

「位置取りシート」を使う事です。
(もちろん、DV2も)

なぜなら、レースで決まる着順は全て「傾向」として考えられるから。
強引かもしれませんが、そう決めてしまう事によって、やるべき事が非常にクリアになります。
「位置取りシート」を使うにあたって、アタマを使う事はたったの2つ。

・傾向を読む
・傾向をあてはめる

その方法についてはまた後ほど。

毎回毎回言っているかもですが、僕の目指す所はとにかくシンプル。
削って、削って、削りまくりですよ。ほんと。
続きを読む

位置取りシート「+」

「位置取りシート」にはちょっとしたデータが追加されました。
大きさはやや小さめ。
どのレースにもチョイチョイと入ってくる「+」記号がそれです。
データの意味は続きを読む

それなりに自分流が出来てきました

title こんな風に使ってますよ!というご報告を頂きました。
作り手の僕にも非常に参考になりましたが、これは当然、お使いになる皆さんにも非常に有益。
簡単にではありますが記事にしてみました。

ただっぷ さんより
続きを読む

阪神ジュベナイルフィリーズ 「位置取りシート」まとめ

たまには競馬の基礎部分?のタイムに関する数字でもちゃんとみてみましょうか。
僕、アレ大嫌いなんです。
未だに「この時計早くない?」とか言われても全然分かりません。

例えばディアマイベイビーの未勝利勝ちの時計、阪神芝1600mの1:33.6がカナリ早いというのは、
JRDVコース別タイム 阪神芝1600m
で並び替えないと理解できないレベルです。
病的なくらいに数字の羅列が頭に入って来ない。
確かにあのレースはレベルが高かったという事は分かります。それはタイムとかは全く知らなくてもレースレベル「S」ですからね。
まあ、そんな訳で僕が作る殆どの物は、とにかく何でもかんでもソート機能を付けてるんです。
じゃないと分からんヽ(`Д´)ノ

ちなみに、人の顔も全く覚えられません。歩き方とか、その人が出す音とかで記憶してます。
んー、考えてみると、地形とかも何故か臭いで記憶してますね・・・。
続きを読む

中山ダート1800

中山ダート1200
前回に引き続き、今回はダートの1800mを。
まあ、あまり詳しく見過ぎても今回は全然違う可能性もあります。開催前の見立てに拘って目の前のレースに追いつかない、なんて事があっては本末転倒。
なので軽くザックリと見るだけに留めておきましょう。
続きを読む

中山ダート1200

昨年の同開催の中山ダート1200m「位置取りシート」。
これを参考に、今週~有馬記念(余計に1日ありますが)までの方針を考えてみましょう。
続きを読む

東京ダートは当たる。けど、儲かるかどうかは買う人次第

先週は福島ばかりだったので、僕のホーム東京ダートを今さらですが振り返っておきます。
今ブログを見返してみると、んー、全然買えて無いですね。
予想したのは3つ。馬券が買えたのが2つ。当たったのは1つ。
おお、縁起が良い!
って、アカンですやんヽ(`Д´)ノ

本日の競馬.sp 11/10
本日の競馬.sp 11/11続きを読む

ふくしまー なんとかならんか(*`ω´)

とにかく今開催がラストチャンスなわけで。
title

正直、北海道なんてどうでもいいです。
あそこの競馬は僕の中では特殊なので成績はあまり気にならない。

でも、福島がここまで低いのは悔しい。今年度中に回収率100%越をするには残り2週のみ。
春に久々の福島!全レースとりあえず買ってみる→大失敗。が、今になって効いてきてますね・・・。
2~3個変なところの3連複でもひっかければ、逆転は出来そうかなと。
まあ、阪神もたいがいですが、これはまだ1開催残っているので後回し。

と言う事で、今回は福島について。続きを読む
単行本
外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
Target用厩舎ランクCSVファイル
(JRDB会員専用)
Target用ファイル
ビューワ 8/19・20
土曜日
日曜日
PV: 位置取りビューワ
DV: DV3
mini: JRDV-mini

過去分
2017年 2016年 2015年
記事検索
中の人
当ブログでの「僕」または、一人称は全て飯村公一@JRDBシステム班です。
JRDVを含めWEBアプリ系の開発担当者。
僕直通のメアドです。
iimura.sp半角アットマークgmail.com
半角アットマークを「@」に変えて入力して下さい。

Twitter:@jrdvsp
FaceBook:飯村 公一

こちらでもコンタクトできます。
Live レース結果
最新コメント
サイトへのリンク
【JRDV.SP】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
コメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。


http://blog.jrdvsp.com/



競馬リンク
必要な物はここで全部揃います


JRDBブログの1st


僕の席のとなりにいる人


新感覚


1回にご馳走になる食事
≒僕の1ヶ月分の食費


競馬情報ポータルサイト。


SMARTKEIBA


ストライド競馬新聞


パドチョク


競馬ビッグデータ


競馬サミット


相互リンク

逆転競馬

大阪梅田競馬BAR
『そのままっ!!』



チョットだけ競馬を。

The Lion Sleeps Tonight

没関係啊(*`ω´)



大きい馬券好きの競馬予想



おいなりさん

「競馬」と「料理」と「愛犬」と

  • ライブドアブログ