JRDV.sp

JRDBからJRDVがスピンオフして、しかもいいとこ取りのブログ。

特別登録

中山記念 特別登録と「外厩」データ

中山記念 過去成績・過去の位置取りシート

中山 芝1800m

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
ディアドラ 54橋田満   香港カップ 芝20002 0. -9.901/12ノーザンFしがらき
トルークマクト 56尾関知人  障害4歳上未勝利   300013 0. -9.9/ ミルファーム千葉
マルターズアポジー 56堀井雅広  チャレンジC・G3 芝20007630.5-0.601/10オークリーフ
エポカドーロ 57藤原英昭  菊花賞・G1    芝3000866-0.2-0.601/13吉澤S-WEST
ステルヴィオ 57木村哲也  マイルCS・G1  芝1600173-0.40.401/23ノーザンF天栄ノーザンF天栄
マイネルサージュ 56鹿戸雄一  白富士ステークス  芝2000860-0.4-1.0/ 情報無し
ウインブライト 57畠山吉宏  中山金杯・G3   芝2000173-0.60.7/ ビッグレッドF鉾田
スワーヴリチャード 58庄野靖志  ジャパンカップG1 芝2400376-0.6-0.302/02ノーザンFしがらき
トータルソッカー 56伊藤正徳  4歳上1000万下 芝1600357-0.60.3/
フィールドシャルム 56土田稔   4歳上1000万下 芝16001148-0.9-0.4/
シベリアンスパーブ 56堀井雅広  洛陽ステークス   芝16001156-1.0-0.3/ 阿見TC
ハッピーグリン 55田中淳司  ジャパンカップG1 芝2400765-1.1-0.5/
ラッキーライラック 53松永幹夫  秋華賞・G1    芝2000962-1.20.401/24ノーザンFしがらきノーザンFしがらき

中山記念

2018

 ウインブライト  離れた4番手追走、4角差を詰め競り落とす
 アエロリット  道中2頭で離し逃げ、4角捕まり差し返す。
 マルターズアポジー  馬なりで2頭で離し逃げ、直線渋太く粘る。


開幕週。やや速い流れで先行2頭が後続を離し逃げ。4角で後続が追いついて3番手追走した勝ち馬が先行馬を競り落とした。2着は番手追走の馬が差し返す。



2017

 ネオリアリズム  先団内で抑え直線も確り伸びて差し切り。 
 サクラアンプルール  後方内追走、直線も内から鋭い伸び。 
 ロゴタイプ  促しハナ、一旦譲るが4角先頭並び粘り込む


向正面で捲り入るがスローの上がり勝負。流れとしては前有利。加速力要求。ネオリアリズム、ロゴタイプは流れに乗れたクチ。サクラアンプルールはアンビシャスと上がりが同じだが、ルートの差か。リアルスティールは勝負所から反応が悪かった。中身が伴っていなかったか。



2016

 ドゥラメンテ  出遅れ中団から4角接近、抜けて押し切る。
 アンビシャス  出遅れ後方、直線外からよく伸びたが届かず
 リアルスティール  中団内追走、直線少しモタ付くが渋太く伸び


スロー決め手勝負。縦に少しバラけたが、勝負所では凝縮。上がりが必要な流れで4歳馬が上位独占。世代のレベルの高さを示した。



2015

 ヌーヴォレコルト  好発決め2列目内、狭い所強引に割り切る 
 ロゴタイプ  2番手追走し引き付けてスパート最後接戦 
 ステファノス  中団後ろに控えバラけてから伸び最後3着 


開幕週Aコースで内有利馬場+直前雨で馬場が急激に悪化。唯一の逃げ馬候補タイキパーシヴァルに行かせて、少し離れた2番手以下が隊列の奪い合いになる。逃げ馬の脚色が悪くなったのが3角手前、そこからロゴタイプが先導し始め2列目が窮屈に、4角でひと悶着あったが直線抜け出したロゴタイプ中心に2列目が追い上げるが、最短距離を進んだヌーヴォレコルトが最後捉えきった。3~4角窮屈な格好だったのを強引に割ってこれた勝ち馬はかなり根性がある。雨の影響でかなり馬場が悪化していて、同日9Rよりも時計の遅い決着。



2014

 ジャスタウェイ  1角内掬いハコ内追走、直線最内を抜け出す
 アルキメデス  1角包まれ進路変更し内、最後叩き合い2着
 ロゴタイプ  折り合い気を付け2列目内、直線渋太く粘る


雨でズブズブになり全面荒れ馬場、最内しか使えない状況。先導予定のトウケイヘイローが痛恨の立ち遅れで大外を捲って進出し、この酷い馬場なのに中盤向正面が緩まない展開となった。ラスト3F全て12秒台。本当の消耗戦で、3~4角全くロスなく最内を回った馬がワンツー。上位馬は確かに強かったが、枠順の差も明らかに大きかったと言える。横山典弘騎手の真骨頂発揮。



2013

 ナカヤマナイト  好位外追走し直線も確り伸びて捕らえた。 
 ダイワファルコン  離れた番手、確り伸びて逃げ馬は捕まえたが
 シルポート  じわり出て徐々に離し逃げ、渋太く粘ったが


強風で直線向かい風。逃げ馬が後続を離して逃げる展開。渋太い逃げ馬を1・2着馬だけがギリギリ捕まえた。格上位がそのまま上位という結果。



続きを読む

阪急杯 特別登録と「外厩」データ

阪急杯 過去成績・過去の位置取りシート

阪神 芝1400m

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
ダイアナヘイロー 55大根田裕之 阪神カップ・G2  芝14001700.20.301/17愛知S(小松TC)
ミスターメロディ 56藤原英昭  阪神カップ・G2  芝1400268-0.20.101/29ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
ヤングマンパワー 56手塚貴久  東京新聞杯・G3  芝16001066-0.2-0.4/
ロジクライ 56須貝尚介  東京新聞杯・G3  芝1600966-0.2-0.4/ ノーザンFしがらき
ダイメイフジ 56森田直行  淀短距離ステークス 芝1200766-0.40.202/09ヒイラギawaji
ラインスピリット 56松永昌博  シルクロードSG3 芝12001455-0.6-0.7/
トウショウピスト 56土田稔   シルクロードSG3 芝12001753-0.7-0.7/
コウエイタケル 56山内研二  洛陽ステークス   芝1600963-0.80.3/
スターオブペルシャ 56藤沢和雄  阪神カップ・G2  芝1400366-0.80.401/26山元トレセン
エントシャイデン 56矢作芳人  節分ステークス   芝1600163-1.01.0/ 大山ヒルズ
リナーテ 54須貝尚介  ターコイズS・G3 芝1600763-1.00.701/17ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
リョーノテソーロ 56武井亮   シルクロードSG3 芝1200961-1.10.2/
スマートオーディン 56池江泰寿  京都金杯・G3   芝16001067-1.30.902/05ノーザンFしがらき
レッツゴードンキ 54梅田智之  JBCスプJPN1 ダ1200570-1.30.701/11吉澤S-WEST
ロードクエスト 57小島茂之  東京新聞杯・G3  芝1600469-1.41.0/
タイムトリップ 56菊川正達  石清水ステークス  芝1400167-1.51.5/
リライアブルエース 56矢作芳人  東京新聞杯・G3  芝1600766-1.61.0/
アドマイヤゴッド 56須貝尚介  タンザナイトS   芝12001059-1.70.901/29ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
ヒルノデイバロー 56昆貢    阪神カップ・G2  芝14001615-1.8-3.5/ ヒイラギawaji

阪急杯

2018

 ダイアナヘイロー  促し先手主張して直線一杯に押し切る。 
 モズアスコット  馬群後方の外。直線外から追い上げる。 
 レッドファルクス  馬群後方。4角で外に出しG前追い上げ。 


開幕週。スローペースで流れ直線横に広がっての叩き合い。外から追い込んできた2・3着馬の勢いがいいが、逃げ馬がギリギリ押しきった。



2017

 トーキングドラム  中団。内ピッタリをロスなく回り内伸び。 
 ヒルノデイバロー  馬群後方。直線前捌いて伸びるが。 
 ナガラオリオン  S一息で後方。直線は外出しジリジリ。 


開幕週で時計掛かる馬場。Hペースで流れ直線横に広がっての叩き合いを内から抜け出したのが勝ち馬。馬群割って伸びた2着馬だけが食い下がる。



2016

 ミッキーアイル  好発から先手。行き切って直線も脚色鈍らず
 オメガヴェンデッタ  中団の前。4角外から取り付きジリジリ。 
 ブラヴィッシモ  ジワリ好位。内をロスなく回り直線も渋太く


開幕週。一貫したペースで緩まず流れ逃げ馬が後続を寄せつけずに押しきった。2着は大接戦。



2015

 ダイワマッジョーレ  馬群後方の外。直線も外出してG前差し切る
 ミッキーアイル  好位の内。直線馬場中央に出し伸びる。 
 ローブティサージュ  中団の内をロスなく。4角巧く立ち回り差詰


雨量が多くかなり時計掛かる馬場。前後半で1.9秒差のやや速いペース。持久力勝負になり最後3頭が叩き合う接戦。



2014

 コパノリチャード  押して先手主張。直線は後続突放す。 
 サンカルロ  S一息で後方。直線は内から前捌き伸びる。
 レッドオーヴァル  中団からジワリ進出して食い下がる。 


稍重も適度にクッションの利いた馬場。内から先手主張したコパノリチャードが引き付けて逃げて直線は後続を突き離して快勝。勝馬を追い掛けた馬は稍甘くなり混戦の2着争いをコース得意のサンカルロが馬群捌いて半馬身抜け出す。



2013

 ロードカナロア  スンナリ番手から控え4角外出しアッサリ。
 マジンプロスパー  好位の内をロスなく。G前坂上がり渋太く。
 オリービン  好位で前見ながら。直線も渋太く食い下がる


開幕週で馬場状態は良好。コース取りによる差はなく、当然内をロスなく回った馬が有利。圧倒的人気のロードカナロアが好発から一旦控えて直線危なげなく抜け抜け出す。勝馬目標に競馬をしたマジンプロスパーは先に抜け出した勝馬との差は詰らず。前で競馬をしたオリービンが渋太く3番手に。



続きを読む

フェブラリーステークス 特別登録と「外厩」データ

フェブラリーステークス 過去成績・過去の位置取りシート

東京 ダート1600m

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
オメガパフュームMデム57安田翔伍  東京大賞典 ダ20001760. -9.901/22グリーンウッド
ゴールドドリームルメー57平田修   東京大賞典 ダ20002750. -9.901/23ノーザンFしがらき
インティ武 豊57野中賢二  東海ステークスG2 ダ18001780.10.4/ ヒイラギawaji
サクセスエナジー松山弘57北出成人  すばるステークス  ダ14001730.00.6/
ナムラミラクル 57杉山晴紀  バレンタインS   ダ140011 0.0-0.7/ 宇治田原優駿S
ヴェンジェンス 57大根田裕之 すばるステークス  ダ14009560.0-1.7/ グリーンF甲南
サンライズソア田辺裕57河内洋   チャンピオC・G1 ダ1800375-0.40.001/24宇治田原優駿S
ノボバカラ 57森秀行   根岸S・G3    ダ1400665-0.4-0.5/ 小野瀬ファーム
ユラノト福永祐57松田国英  根岸S・G3    ダ1400273-0.60.5/
アンジュデジール横山典55昆貢    東海ステークスG2 ダ18001247-0.7-3.3/
ワンダーリーデル 57沖芳夫   根岸S・G3    ダ1400566-0.90.1/
コパノキッキング藤田菜57村山明   根岸S・G3    ダ1400175-1.01.1/ 宇治田原優駿S
クインズサターン四位洋57野中賢二  根岸S・G3    ダ1400370-1.20.8/
サンライズノヴァ戸崎圭57音無秀孝  根岸S・G3    ダ1400867-1.30.2/ 吉澤S-WEST
ノンコノユメ内田博57加藤征弘  チャンピオC・G1 ダ1800772-1.30.201/08山元トレセンムラセファーム
レッツゴードンキ岩田康55梅田智之  JBCスプJPN1 ダ1200570-1.30.701/11吉澤S-WEST
モーニン和田竜57石坂正   根岸S・G3    ダ1400471-1.60.9/ ノーザンFしがらき
メイショウウタゲ酒井学57安達昭夫  根岸S・G3    ダ14001556-1.8-0.3/ 宇治田原優駿S

フェブラリーステークス

2018

 ノンコノユメ  出遅れ後方から外回り、直線3頭で叩き合い
 ゴールドドリーム  出遅れ4角早めに外から進出、最後競り負け
 インカンテーション  中団を並走し、最後3頭の叩き合い。 


冬場で重たい馬場。かなりのHペースで流れ先行馬総崩れの展開。早めに外から動いた勝ち馬が直線先頭に立つが、外から追い込んだ勝ち馬が差し切った。3着馬だけがこれに食い下がる。



2017

 ゴールドドリーム  出遅れ中団、4角外出し伸び内迫られも凌ぐ
 ベストウォーリア  中団内目から直線も内スムーズに伸びて来た
 カフジテイク  出遅れ後方外、直線大外から伸びて来たが。


乾いた馬場でHペース差し展開。イカンテーション、ニシケンモノノフの先手争いでペース激化。序盤は隊列も縦長気味だった。4角で緩んで馬群も凝縮。差し馬勢も2~3列目の外までは接近していた。あとは直線の追い比べ。一旦はニシケンモノノフが先行勢を突き放す勢いで抜け出すが、すぐに外からゴールドドリームが伸びる。内を割ってベストウォーリアも伸びて来て、内外2頭離れた追い比べ。坂上でゴールドドリームが少しフワッとした分差は僅かだったが、内容的にはまだ余力ということだろう。最後は大外からカフジテイクが追い込んできたが3着まで。時計的にもパサパサの良馬場としては速い方で、今年のメンバーレベルの高さの表れ。



2016

 モーニン  好位外追走、直線も確り伸びて抜けた。 
 ノンコノユメ  後方外追走、直線反応鈍いが最後は伸びた。
 アスカノロマン  中団後外で溜め直線外から脚伸ばした。 


脚抜き良い高速馬場。Mペースでレコード決着。決め手も要求された。最後は追い込み馬が伸びてきたが、やはり先行できる利が大きい勝ち馬がリードを作って押し切った。ノンコノユメは今回は直線向いての反応が一息に映った。4歳馬のワンツー。世代交代を印象付けた。



2015

 コパノリッキー  出負けを追っ付け挽回2番手、直線凌ぎ切る
 インカンテーション  ゲート出て好位外、勝ち馬と同時に動いたが
 ベストウォーリア  2列目で構え前が開いた所渋太く抜け出すが


表面だけ湿り速い上がり必須の前残りダート。内枠各馬が出遅れ外枠全馬が絶好のスタート。しかしコパノリッキーは追っ付け挽回し2番手確保。大外枠のアドマイヤロイヤルが速い流れを躊躇わずに逃げてコーナーでかなりペースダウンさせる。3~4角で馬群が一気に凝縮し先団には十分息が入る流れ、外からシルクフォーチュンやカゼノコが捲って来るが物足りない勢いで先団に制され、最後の直線は全馬が3F36秒の同等の上がり脚で金縛りのようになってしまう。展開が大きく揺さぶられて上手く脚を使えず、地力勝負というよりはコパノリッキーとアドマイヤロイヤルに操られて封じられてしまった流れだと言える。



2014

 コパノリッキー  スンナリ番手、直線も確り脚使い振り切る 
 ホッコータルマエ  先団外から直線も前追うが差詰め切れず。 
 ベルシャザール  中団大外回り直線もジリジリ浮上してきた 


スロー上がり勝負。GⅠなのにずいぶん緩い流れ。2番手からスンナリ運べたコパノが追撃を振り切って勝利。ホッコーは詰め切れない辺りに上がり限界も見え隠れ。ベルシャはずっと大外回るロスも堪えた。馬群の中で窮屈な馬もいたし、ブライトラインもモタれて甘くなるなど、全馬全力を出し切れたかとなると少々疑問が残る。



2013

 グレープブランデー  控えて好位内、直線外持ち出して伸び差し切
 エスポワールシチー  番手追走し直線抜け出して粘り込んだ。 
 ワンダーアキュート  中団内追走、直線強引に外出し渋太く浮上。


やや時計の速い馬場。淡々としたペースで時計勝負。逃げ馬が抜け出し相当渋太かったが、勝ち馬が持ち出して捕まえた。



続きを読む

京都牝馬ステークス 特別登録と「外厩」データ

京都牝馬ステークス 過去成績・過去の位置取りシート

京都 芝外1400m

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
エイシンティンクル 54坂口正則  関屋記念・G3   芝16003660.20.001/10栄進牧場久世育成C
レーヌミノル 55本田優   阪神カップ・G2  芝14001351-0.2-1.601/29宇治田原優駿S宇治田原優駿S
オールポッシブル 54高橋亮   京阪杯・G3    芝1200963-0.3-0.401/18ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
コパノディール 53武藤善則  知立特別      芝1200160-0.30.4/ TomorrowF
ロッテンマイヤー 53池添学   3歳上1000万下 芝1400162-0.30.501/31ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
リバティハイツ 55高野友和  ターコイズS・G3 芝1600267-0.40.301/24山元トレセングリーンウッド
クリーンファンキー 54鈴木伸尋  カーバンクルS   芝12001653-0.5-1.0/ 情報無し
ハーレムライン 54田中清隆  ニューイヤーS   芝1600562-0.5-0.1/
アマルフィコースト 53牧田和弥  石清水ステークス  芝1400855-0.6-0.201/29グリーンウッド山元トレセン
アルーシャ 54藤沢和雄  ユートピアS    芝1600163-0.60.601/12ノーザンF天栄ノーザンF天栄
ディメンシオン 54藤原英昭  ターコイズS・G3 芝1600565-0.60.401/22吉澤S-WEST吉澤S-WEST
ミスパンテール 56昆貢    ターコイズS・G3 芝1600171-0.70.8/
カラクレナイ 54松下武士  カーバンクルS   芝1200563-0.80.2/
ヤマカツグレース 53池添兼雄  石清水ステークス  芝1400758-0.90.2/
カイザーバル 54角居勝彦  ターコイズS・G3 芝16001263-1.00.501/24グリーンウッド
デアレガーロ 54大竹正博  スワンS・G2   芝1400662-1.00.301/24ノーザンF天栄ノーザンF天栄
ライトフェアリー 54石毛善彦  シルクロードSG3 芝12001058-1.00.1/
リナーテ 54須貝尚介  ターコイズS・G3 芝1600763-1.00.701/17ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
ワントゥワン 55藤岡健一  阪神カップ・G2  芝1400762-1.10.101/09山元トレセン山元トレセン
キョウワゼノビア 54角田晃一  ターコイズS・G3 芝16001360-1.30.701/29グリーンウッドグリーンウッド
ベルーガ 54中内田充正 タンザナイトS   芝1200562-1.51.001/22ノーザンFしがらきノーザンFしがらき

京都牝馬ステークス

2018

 ミスパンテール  馬群後方の外。直線外に出して差し切る。 
 デアレガーロ  行き脚なく後方。折り合い欠くに終いジリジ
 エスティタート  中団後の外。4角先頭で粘り込む。 


荒れ馬場。スローペースで流れ馬群一団で直線の叩き合い。直線外から遅れて伸びたのが1・2着馬。



2017

 レッツゴードンキ  後方で掛り加減。4角外から取り付き差切る
 ワンスインナムーン  好位の外。直線も大きくはバテず。 
 スナッチマインド  後方で掛り加減。直線外出しG前追い上げ 


湿った荒れ馬場。スローペースで流れ上がり2Fが11秒ラップ。馬群一団のまま直線横に広がっての叩き合い。外に出した勝ち馬が抜け出し完勝。



2016

 クイーンズリング  好位で前見ながら。馬場中央を伸びる。 
 マジックタイム  馬群後方。直線は外に出しG前追い上げ。 
 ウインプリメーラ  先行争いから一旦控え直線ジリジリ伸び。 


かなり時計掛かる馬場。やや速い流れで上がりの掛かる消耗戦。外から差し馬3頭がしっかり伸びた。



2015

 ケイアイエレガント  押して先手主張。ロスなく回り押し切る。 
 ゴールデンナンバー  抑えて後方。直線は内突き追い上げる。 
 パワースポット  S一息。後方の内から直線内突き追い上げる


硬い馬場。スローで中盤緩む展開。馬群固まったまま直線勝負で逃げ馬が抜け出し粘り込み。2着は最内突いた追い込み馬。



2014

 ウリウリ  下げて内へ。4角内を巧く立ち回り抜け出す
 ドナウブルー  好位で前見ながら。勝馬とは斤量の差も。 
 ノーブルジュエリー  中団。4角外から取り付きジリジリと伸び。


稍ボコボコした芝も固くて時計は速い。下げて内に入れたウリウリが52キロの軽量もあり直線内突き抜け出して快勝。このレースで引退ドナウブルーは好位から伸びるも勝馬とは斤量差大きく。内埒沿いを走った馬がワンツー。



2013

 ハナズゴール  後方の内でジックリ。直線内突き抜け出す。
 エーシンメンフィス  後方で外へ。4角大外出しG前追い上げる 
 ベストクルーズ  好発も控え後方。直線外出し渋太く伸び。 


淡々とした流れで決め手勝負。中団の内追走のハナズゴールが直線も内突き決め手発揮して快勝。近走と全く違う競馬をしたエーシンメンフィスが外差しでゴール前で2番手に上がる。



続きを読む

ダイヤモンドステークス 特別登録と「外厩」データ

ダイヤモンドステークス 過去成績・過去の位置取りシート

東京 芝3400m ハンデ

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
ソールインパクト 0戸田博文  ホッサムH 芝250011 0. -9.901/09ムラセファーム
ピッツバーグ 0矢作芳人  箱根特別      芝24002550.10.1/
カフェブリッツ 0池江泰寿  万葉ステークス   芝3000463-0.1-0.401/29吉澤S-WEST
サンデームーティエ 0谷原義明  箱根特別      芝2400952-0.1-0.7/
グローブシアター 0角居勝彦  万葉ステークス   芝3000366-0.30.3/ ノーザンFしがらき
ユーキャンスマイル 0友道康夫  万葉ステークス   芝3000266-0.30.3/ ノーザンFしがらき
サイモンラムセス 0梅田智之  チャレンジC・G3 芝2000863-0.5-0.601/10宇治田原優駿S
シホウ 0笹田和秀  札幌日経オープン  芝26001253-0.6-1.501/04宇治田原優駿S宇治田原優駿S
ララエクラテール 0今野貞一  早春S       芝2400557-0.90.2/ 宇治田原優駿S
ウインテンダネス 0杉山晴紀  日経新春杯・G2  芝24001155-1.1-1.201/26宇治田原優駿S宇治田原優駿S
ブライトバローズ 0堀宣行   オールカマー・G2 芝2200864-1.30.301/19ノーザンFしがらき
ルミナスウォリアー 0和田正一郎 福島記念・G3   芝2000563-2.21.401/24ノーザンF天栄ノーザンF天栄

ダイヤモンドステークス

2018

 フェイムゲーム  中団後方から外回り叩き合いで渋太く浮上。
 リッジマン  中団の内回り、叩き合いで渋太く浮上。 
 ソールインパクト  中団の外並走、坂で先頭立つが脚上がる。 


荒れ馬場。落ち着いた流れで馬群一団のまま後半5F勝負。直線坂からの叩き合いで外から伸びたのが勝ち馬。2着馬も同じ位置から伸びてきた。



2017

 アルバート  出負け集団の後ろ、4角外回し最後に届いた
 ラブラドライト  押して2番手で折り合い直線先頭に出て粘る
 カフジプリンス  先団後ろに構え直線狭い隙詰まらず伸び3着


内4頭分は芝が剥げてやや外差し有利状況。時計は標準。スタートは若干バラけ気味。スタートから押してキングルアウが逃げて、ラブラドライトは絡まずすぐ控える。序盤のスタンド前でも、向正面でサムソンズプライドが脱落した時も隊列はずっと2頭づつの縦列。それでいて一切捲って動く馬が現れない。相当遅いラップが刻まれ続ける。3コーナーを過ぎて先頭が徐々にペースアップし始めてからさすがに後続も詰めてきて、直線に向いて馬群がひとかたまりに。2番手のラブラドライトがいい格好で抜け出し、ファタモルガーナが伸びかけて脚色怪しい。そして一番大外を回ったアルバートが一気に伸びる。内で不利を受ける馬が多い中で、1頭だけスムーズに伸びたアルバートが、ラブラドライトを捉えきった。事実上超スローからの上がりだけの競馬。最重量の馬が勝ったが、軽量馬も通用した。



2016

 トゥインクル  中団追走も3角外持ったまま進出直線突離す
 フェイムゲーム  後方下げてスタンド前内、4角外出し前迫る
 ファタモルガーナ  押しても行けず中団、直線最内潜り込み猛追


直前大雨で馬場ボロボロの不良馬場。最初のコーナーではマドリードカフェが先頭だったが、すぐにネオブラックダイヤが押して逃げて2番手にペルーサが待機。隊列が落ち着くとスタンド前からペースダウンが顕著で、最初長かった隊列も2周目2コーナーでは縮まる。道中は芝が土から抉れる馬場なので、向正面で捲って押し上げる馬がいない。残り4Fの3コーナー過ぎから持ったままトゥインクルが進出し、他の差し馬もつれて仕掛け始めるが、トゥインクルの直線独走を誰も咎められない。直線半ばで満を持してフェイムゲームが伸びてくるが、最後までトゥインクルが止まらなかった。大半の馬が直線入口でバタバタになっていて、鞍上も手の打ちようがないと嘆く馬場状態。スタミナだけでなく重馬場・不良馬場適性こそが求められる状況だった。



2015

 フェイムゲーム  出遅れ馬群の中窮屈も直線間割って鋭く差す
 ファタモルガーナ  好位の外で折り合わせ4角進出し一杯に粘る
 カムフィー  後方で構え4角窮屈も直線外からジリジリと


内側4頭分は1周全て荒れた馬場。シャンパーニュが先導する所をスタンド前でネオブラックダイヤが捲って出て、先頭に立ってからはむしろ超スローに。途中14秒1まで落ちる箇所もあったほど。2周目向正面で馬群が団子状態に凝縮、しかし徐々にペースを上げてロングスパートをし始める。捲る馬が追いつけないうちに先頭が直線でスパートするも、むしろその流れを58kgのフェイムゲームが力強い差し脚で差し勝った。6着以下の馬は完全に脚が止まった様子で、ステイヤー距離での動きのある展開について行けなかった。勝ち馬の体力の高さのみがクローズアップされたレース。



2014

 フェイムゲーム  出遅れ最後方も3角から一気に動き凌いだ 
 セイクリッドバレー  中団の内でずっと我慢し直線遅れて内浮上 
 タニノエポレット  出遅れて後方我慢、内から間割って伸びる 


馬場が固められた状況なのか、見た目荒れていても内側優勢。内枠・先行馬有利の馬場。重賞勝ち馬が2頭しか出走していないレベルの低い長距離重賞で、トップハンデ2頭がワンツーした。次走に繋がりそうな要素は少ない。



2013

 アドマイヤラクティ  出遅れ離れた中団、直線も渋太く伸び抜けた
 ジャガーメイル  中団後内、直線外出し渋太く浮上した。 
 メイショウカドマツ  出遅れ離れた中団内、直線前並ぶが脚売切れ


硬い馬場。逃げ馬が飛ばしてかなり隊列が縦長に。中盤緩めるが、3コーナーから後続が進出開始。直線半ばで中団追走の勝ち馬が抜け出した。スタミナ問われる。



続きを読む

小倉大賞典 特別登録と「外厩」データ

小倉大賞典 過去成績・過去の位置取りシート

小倉 芝1800m ハンデ

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
クロコスミア 0西浦勝一  香港ヴァーズ 芝240010 0. -9.901/31グリーンウッド
マルターズアポジー 0堀井雅広  チャレンジC・G3 芝20007630.5-0.601/10オークリーフ
ケイティクレバー 0杉山晴紀  寿ステークス    芝20001630.10.201/29グリーンウッド
タニノフランケル 0角居勝彦  中山金杯・G3   芝20003650.10.0/ 吉澤S-WEST
ブラックスピネル 0音無秀孝  白富士ステークス  芝20001680.10.4/
マイスタイル 0昆貢    京都金杯・G3   芝1600269-0.30.2/
サイモンラムセス 0梅田智之  チャレンジC・G3 芝2000863-0.5-0.601/10宇治田原優駿S
スズカディープ 0橋田満   中日新聞杯・G3  芝20001444-0.5-2.401/13名張ビクトリーHR
スティッフェリオ 0音無秀孝  福島記念・G3   芝2000169-0.70.901/16グリーンウッド
マウントゴールド 0池江泰寿  中山金杯・G3   芝20001264-0.70.201/29グリーンウッド
エテルナミノル 0本田優   愛知杯・G3    芝20001263-0.8-0.4/
エアアンセム 0吉村圭司  中山金杯・G3   芝2000768-0.90.7/ 山元トレセン
ナイトオブナイツ 0池添兼雄  ディセンバーS   芝1800466-0.90.701/30グリーンウッドグリーンウッド
アメリカズカップ 0音無秀孝  中日新聞杯・G3  芝2000961-1.0-0.101/19グリーンウッド
レトロロック 0角居勝彦  福島記念・G3   芝20001158-1.1-0.101/23吉澤S(湖南)吉澤S-WEST
サーブルオール 0萩原清   ニューイヤーS   芝1600664-1.81.1/ 情報無しノーザンF天栄

小倉大賞典

2018

 トリオンフ  先団で前見つつ、勝負所楽に並んで抜け出す
 クインズミラーグロ  中団外でジックリ、4角外回さず内から伸び
 スズカデヴィアス  後方内追走、勝負所ごちゃつくも外から伸び


芝の状態は良く、やや時計の出る状態。前に行った2頭が若干やり合うような形になり、息の入らない流れ。勝ったトリオンフは外枠からでも全く無理することなく、4角での手応えも断然。軽ハンデだったとはいえ、ここでは地力も上だった。2着のクインズは4角の立ち回りが絶妙。



2017

 マルターズアポジー  スッとハナ、緩めず運んで後続寄せ付けず。
 ヒストリカル  後方でジックリ、勝負所押し上げ渋太く伸び
 クラリティスカイ  押して中団内、3角から押っつけも渋太く。


芝の内が若干荒れてきたが、全体的にはフラット。勝ち馬が先手を奪って速い流れ。後続を消耗させる逃げを打ち、全く危なげなく完勝。時計も優秀で強い内容だった。2着以下は内でロスなく運べた馬が優勢も、外から伸びたヒストリカルの地力が一枚上だった。



2016

 アルバートドック  後方内追走、直線も内から抜け出した。 
 ダコール  後方でジックリ、4角大外出して良く伸びた
 ネオリアリズム  出遅れ。3角で掛かり気味に動いて渋太く。


やや渋った馬場だが馬場はそれ程荒れていない。道中は一団で運んで差し馬の展開。上位2頭は内々でロスなく脚を溜められていたことが何より大きかった。最後はコース取りの差が出た形。3着のネオリアリズムは逆に外々を回る形だったが、それでも脚を伸ばせたのは価値がある。



2015

 カレンブラックヒル  番手追走から3角先頭出てそのまま押し切る
 コスモソーンパーク  後方から内進出、ジリジリ伸びて迫ったが。
 ダコール  後方内追走、4角外出し大外渋太く伸びる。


渋った馬場。案外先手争いは起こらず、すんなり隊列は決まった。しかし、中盤からのペースアップでカレンが3角先頭。そのまま主導権を握り消耗戦に持ち込んで押し切った。これに付いて行った馬が伸びを欠く形で、2、3着は差し馬の浮上になる。コスモもダコールも道中は内を上手く立ち回れていたことが大きい。終始外を回ったレッドレイヴンは完全に伸びを欠いてしまった。カレンはトップハンデながらGⅠ馬らしい力勝負での勝利となった。



2014

 ラストインパクト  後方から向正面一気に捲り先頭で押し切る。
 カフナ  好位内追走、4角上手く外出しジリジリ浮上
 ブレイズアトレイル  出遅れ後方、直線中突きジリジリ浮上した。


スロー上がり勝負。重賞としては緩い流れで、捲った勝ち馬がそのまま押し切った。2、4着も先行組み。3着馬は今回差す競馬だったが、展開が向かなかった。



2013

 ヒットザターゲット  後方の内ジッと我慢し直線最内抜いて届いた
 ダコール  序盤後方も徐々に進出し2列目外から差すが
 ダローネガ  道中掛かるの宥めつつ外からジリジリ脚使う


テンがゆったりとした流れで、後半の5Fが11秒台の持久力勝負。勝ったヒットザターゲットは立ち回りの上手さが最大限に活きた。2着のダコールは直線で外に出した分だけの差。



続きを読む

京都記念 特別登録と「外厩」データ

京都記念 過去成績・過去の位置取りシート

京都 芝外2200m

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
ステイフーリッシュ 56矢作芳人  中山金杯・G3   芝2000268-0.20.101/24グリーンウッドグリーンウッド
タイムフライヤー 55松田国英  中山金杯・G3   芝2000568-0.40.2/ 山元トレセン
ダンビュライト 56音無秀孝  AJCC・G2   芝2200667-0.4-0.3/ ノーザンFしがらき
ハートレー 56手塚貴久  ディセンバーS   芝1800565-0.80.6/ 情報無しノーザンF天栄
アクションスター 56和田勇介  AJCC・G2   芝22001162-0.9-0.4/ 吉澤S-EAST
ブラックバゴ 56斎藤誠   中山金杯・G3   芝20001069-1.00.7/ 情報無しノーザンF天栄
ノーブルマーズ 56宮本博   日経新春杯・G2  芝2400468-1.10.9/
ダッシングブレイズ 56斉藤崇史  日経新春杯・G2  芝2400863-1.20.3/ ノーザンFしがらき
カフジプリンス 56矢作芳人  オールカマー・G2 芝22001362-1.30.001/23ノーザンFしがらき
ケントオー 56西橋豊治  日経新春杯・G2  芝2400764-1.30.9/ 宇治田原優駿S
マカヒキ 57友道康夫  有馬記念・G1   芝25001070-1.40.6/
パフォーマプロミス 57藤原英昭  有馬記念・G1   芝25001466-1.70.201/16ノーザンFしがらきノーザンFしがらき

京都記念

2018

 クリンチャー  中団の内をロスなく。直線馬場中央を伸び 
 アルアイン  稍掛かり加減。直線は外からジリジリ伸び。
 レイデオロ  中団で終始外回る。直線は稍ジリジリに。 


重で時計掛かる馬場。スローペースで流れ馬群一団で後半5F勝負。直線横に広がっての叩き合いで馬場の真ん中を割ったのが勝ち馬。2着争いは3頭が接戦。



2017

 サトノクラウン  好位で前見ながら。4角取り付き抜け出す。
 スマートレイアー  中団の前追走。馬場中央を渋太く伸び。 
 マカヒキ  中団。坂の下りで外から動くも直線はジリ。


渋って時計掛かる荒れ馬場。中盤緩む流れだが2頭が離し逃げの展開。直線で後続が追いついて3番手追走の勝ち馬が叩き合いを制した。



2016

 サトノクラウン  促して番手。4角先頭で直線渋太く。 
 タッチングスピーチ  中団追走。直線は外に出してジリジリ。 
 アドマイヤデウス  道中は中団の内。直線外に出しジリジリ。 


渋った馬場。前半はゆっくり入ったが向正面からは淀みなく流れた。3番手から早めに進出した勝ち馬が後続を寄せつけず完勝。2着は4頭が接戦。



2015

 ラブリーデイ  番手から早めの競馬で追い比べ制す。 
 スズカデヴィアス  押して出して先手。直線追い比べ惜敗。 
 キズナ  後方追走。坂の下りで動くも直線はジリジリ


硬い馬場。スローで馬群固まったまま後半4F勝負。先行した2頭が渋太く叩き合って、最速上がりを使えた3着馬が最後詰め寄る決着。



2014

 デスペラード  引き付けて逃げ直線も渋太く。 
 トーセンラー  後方。坂の下りで外から動くも差し切れず 
 アンコイルド  番手追走。直線もバテてはいないが。 


稍重。除雪をした影響で下は緩い状態。逃げの手にでたデスペラードが引き付けての逃げ。4角で捲り加減に進出したトゥザグローリーに並ばれるも内から二枚腰で抜け出す。京都得意のトーセンラーが坂の下りから動き4角外から取り付くも内のデスペラードを交わせず。圧倒的人気のジェンティルドンナはゲートで潜る素振りを見せてそれを修正できないままで好位追走も直線は伸びず。



2013

 トーセンラー  中団後の外。4角大外から決め手発揮。 
 ベールドインパクト  後方待機。直線は外からジリジリと伸びる。
 ショウナンマイティ  向正面で掛ってハナに。G前踏ん張れず。 


落ち着いた頭数も人気は割れて混戦模様。ビートブラックが内から先手主張も3角手前で休み明けのショウナンマイティが掛ってハナに。直線は各馬外に出しての追い比べで後方待機のトーセンラーが差し切る。



続きを読む

クイーンカップ 特別登録と「外厩」データ

クイーンカップ 過去成績・過去の位置取りシート

東京 芝1600m

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
アークヴィグラス 55小野望   エーデルワイス賞 ダ12001470. -9.9/
マドラスチェック 54斎藤誠   赤松賞       芝1600249-0.30.301/10山元トレセン
カレンブーケドール 54国枝栄   2歳未勝利     芝1600143-0.40.401/11山元トレセン
ロカマドール 54尾形和幸  赤松賞       芝1600737-0.4-0.901/13シンボリ牧場シンボリ牧場
ジョディー 54戸田博文  阪神JF・G1   芝16001632-0.5-1.801/10ムラセファーム
マジックリアリズム 54尾関知人  2歳未勝利     芝1600142-0.50.501/18山元トレセン
レッドベルディエス 54鹿戸雄一  2歳未勝利     芝1600147-0.61.001/16ノーザンF天栄
ビーチサンバ 54友道康夫  阪神JF・G1   芝1600358-0.70.501/05ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
ミリオンドリームズ 54藤沢和雄  2歳新馬      芝1800138-0.70.910/03千代田牧場千代田牧場
ミディオーサ 54堀宣行   赤松賞       芝1600640-1.10.201/11ノーザンFしがらき
クロノジェネシス 55斉藤崇史  阪神JF・G1   芝1600261-1.21.101/18ノーザンFしがらきノーザンFしがらき

クイーンカップ

2018

 テトラドラクマ  好発。ハナ雁行の内、直線リード築き粘った
 フィニフティ  中団馬群で溜め、直線馬場の真ん中を浮上。
 アルーシャ  馬なりでハナ雁行の外、直線は一杯で。 


硬い荒れ馬場。Hペースで流れ先行した勝ち馬が直線リード築き完勝。2着は馬群を割って浮上した馬。3着以下はやや離された。



2017

 アドマイヤミヤビ  最初から追っ付け馬群外中団追走直線鋭い脚
 アエロリット  出遅れ掛かり中団外進出直線最後外に併せる
 フローレスマジック  中団で構え直線進路迷い鋭く抜けられずジリ


内側の蹄跡が増えて芝も枯れ、外差し有利状況。出遅れはいたがほぼ揃ったスタート。馬群がバラけつつレーヌミノルが鋭い出足で逃げ、アルミューテンとセイウンキラビヤカが続く。前半ペースがそこそこ速く、3コーナーに進入しつつ馬群が縦に伸びたが、4コーナーで一気に馬群が凝縮。直線逃げるレーヌミノルが再度リードするが、外からアエロリットとアドマイヤミヤビが伸びる。併せ馬でお互い引かず抵抗も、徐々にアドマイヤミヤビが優勢に。離れた3着はフローレスマジックが何とかレーヌミノルを交わした。今日の馬場にしては結構時計の速い決着。



2016

 メジャーエンブレム  好ダッシュで先手奪い楽な手応え直線も圧倒
 フロンテアクイーン  出遅れ接触中団後ろ、4角外出し2着は制す
 ロッテンマイヤー  中団の内で構え直線馬群割って渋太く伸びた


見た目荒れているが馬場硬くやや内有利状況。時計速め。内から好スタートを切ったメジャーエンブレムが先手を奪い、若干態勢悪かったビービーバーレルが押して前付けするも、その2頭の間にコパノマリーンが割って入る。後続はどの馬も引っ張り切りだが、先頭のペースは楽していながらも結構速い。途中でハロン12秒台にまで落とす箇所一切ないまま直線に向き、余裕しゃくしゃくのメジャーエンブレムが独走状態に。好位勢は速い流れで脚を使って全滅、上手く馬群を交わして伸びてきたのが中のロッテンマイヤーと外のフロンテアクイーン。最後僅かにフロンテアクイーンが2着優勢。1分32秒5はこの時期の3歳牝馬としてはとてつもない好タイム。



2015

 キャットコイン  出遅れ向正面接触、直線最後まで脚が続いた
 ミッキークイーン  出遅れて後方内、外に出して最後遅れて猛追
 ロカ  出遅れて後方の内、馬群の間割って渋太い脚


内目荒れてるがフラットで標準速めの馬場。内枠3頭が結構序盤に争って外からも競る形になり、コーナーに進入しても案外ペースが落ちず、クイーンCにしては結構速い。直線半ばでやっと横一線となり、脚を溜めていた差し馬が坂上で徐々に追い付き始め、ゴール前でやっと追い込み馬が間に合う展開。上位9位まで0.4秒差。過去10年のクイーンCで一番速いタイムで、比較的厳しい流れ。こうまでタフな流れになると、牝馬限定戦ではさすがに差し追い込み馬が有利になる。



2014

 フォーエバーモア  ヨレて出すと掛かるが抑え効き直線も二枚腰
 マジックタイム  出遅れて中団内、直線壁も狭い所割って猛追
 ニシノアカツキ  中団から外詰まらず回せてジワジワ伸び3着


月曜に使われた影響で内ラチ沿いは剥げてボロボロ、月曜より時計掛かりスローになりがちな状況。馬群が一団で進むスローペースで、直線3Fのみの上がり勝負。2着馬筆頭に直線で詰まる馬が多く、見直しは可能。



2013

 ウキヨノカゼ  出脚鈍いがじわり好位、直線抜けて押し切る
 スイートサルサ  出遅れ中団内、直線は確り伸びて僅差迫る。
 ジーニマジック  好位内で溜め、直線外出し追い込んできたが


硬い馬場。息入る落ち着いたペースで逃げ馬が渋太い。坂上で並べたのが勝ち馬だけ。2着馬は坂下で一度詰まって立て直したのが致命傷。差し馬には厳しい展開。



続きを読む

共同通信杯 特別登録と「外厩」データ

共同通信杯 過去成績・過去の位置取りシート

東京 芝1800m

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
アドマイヤマーズ 57友道康夫  朝日杯FS・G1  芝1600166-0.50.801/11ノーザンFしがらき
シュヴァルツリーゼ 56堀宣行   2歳新馬      芝1800144-0.50.901/19ノーザンFしがらきノーザンF空港
ナイママ 56河津裕昭  京成杯・G3    芝2000650-0.5-0.2/
クラージュゲリエ 57池江泰寿  京都2歳S・G3  芝2000154-0.60.701/22ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
ダノンキングリー 56萩原清   ひいらぎ賞     芝1600155-0.61.201/16ノーザンF天栄ノーザンF天栄
マードレヴォイス 56田村康仁  京成杯・G3    芝2000749-0.6-0.1/
フォッサマグナ 56藤沢和雄  2歳新馬      芝1400145-0.81.201/05ノーザンF天栄ノーザンF天栄
ゲバラ 56伊藤大士  3歳新馬      芝1600146-1.01.2/ 阿見TC

共同通信杯

2018

 オウケンムーン  好位の内で溜め、直線渋太く抜け出した。 
 サトノソルタス  中団の内追走、直線ジリジリ詰め寄った。 
 エイムアンドエンド  二の脚で譲って番手、坂上で決め手負け。 


硬い荒れ馬場。スローペースで流れ前2頭が離し逃げ。好位の内追走した勝ち馬が直線しっかり伸びて抜け出した。2着は中団の内追走した馬が浮上。



2017

 スワーヴリチャード  出遅れ好位内、直線楽に迫り抜け出した。 
 エトルディーニュ  先団で抑え、直線も内で渋太く粘り込んだ。
 ムーヴザワールド  好位追走、直線寄られも外めジリジリ伸びる


スロー上がり勝負。決め手勝負の形で勝ち馬の手応えが違った。2着争いが接戦となったが、僅かにエトルディーニュが粘る。人気のムーブザワールドやエアウィンザーは坂下で僅かにゴチャついたとはいえ、伸び一息だった。



2016

 ディーマジェスティ  後方内追走、直線外出しつつ伸び差し切る。
 イモータル  先団で溜め直線一旦出たが坂上捕まった。 
 メートルダール  後方外追走、直線外からジリジリ浮上した。


前夜の雨で渋馬場。Mペース消耗戦。1000m通過1分を切ったが、特別速いという程でもなく、あくまでミドルペース。しかし、この流れで最後まで脚を使える馬がほんの僅かしかいなかった。それも後方からの1、3着馬で展開が向いた面もある。イモータルが粘っている方だが、押し切れないのはまだスタミナが弱いと言わざるを得ない。人気を背負った2頭はともに渋馬場も向かなかったかもしれないが、ペースが流れてスタミナが弱いという弱点がハッキリしてしまった。この程度の流れで脚が売切れてしまう馬が続出するようでは、そもそもレベルとしてどうなのかも怪しく。



2015

 リアルスティール  最初外ヨレも3列目内進み直線内を捌き切る
 ドゥラメンテ  向正面掛かり3角後ろ下がり直線伸び返すが
 アンビシャス  出負けを押して3番手、直線も内目で残すが


内目荒れてるがフラットで標準速めの馬場。最初はシゲルケンカヤマとコスモナインボールが競り合うが、すぐ譲って単騎逃げに。後続もあまり差を詰めず、プレッシャーを掛けることなく3角手前からペースがかなり落ちる。4角を回りつつペースアップし、全馬直線で速い上がりを記録する流れ。全体に平均やや遅めだが、中盤が少し遅い。スタート後にリアルスティールが外にヨレてアヴニールマルシェを遮り、向正面ではドゥラメンテが折り合えずチグハグする場面あり。流れに乗り損ねても強い競馬をしたのはドゥラメンテだったが、卒なく流れに乗って競馬をしたリアルスティールが坂上でもう一伸び効く余地があった。



2014

 イスラボニータ  好発を控えて好位内、直線持ったまま先頭 
 ベルキャニオン  中団の内で待ち直線壁割って抜けての2着 
 サトノアラジン  3角で強引に捲って直線先頭も坂上差され 


馬場の内ラチ沿い3頭分は全周ボロボロの状況。超スローの展開となって、直線もバラけたので、あまり内外関係なく瞬発力性能の差が出た形。上位3頭は能力を素直に信用出来る。



2013

 メイケイペガスター  先団追走、直線抜け出して押し切った。 
 ゴットフリート  中団外追走し直線も渋太く追うが差詰まらず
 マイネルストラーノ  譲って番手追走、直線も最内渋太く粘った。


硬い馬場。落ち着いたペースで上がり勝負。先行した勝ち馬が抜け出し楽勝。5着馬は直線壁でロスが大き過ぎた。



続きを読む

東京新聞杯 特別登録と「外厩」データ

東京新聞杯 過去成績・過去の位置取りシート

東京 芝1600m

馬番馬名騎手斤量調教師前走着順IDM後差詰脚入厩日今走外厩前走外厩
ロジクライ 57須貝尚介  マイルCS・G1  芝16001467-0.2-0.412/25ノーザンFしがらき
グァンチャーレ 56北出成人  京都金杯・G3   芝1600668-0.30.0/
レアリスタ 56堀宣行   毎日王冠・G2   芝18001344-0.4-2.912/27ノーザンFしがらき
ヤングマンパワー 57手塚貴久  中山金杯・G3   芝20001657-0.5-1.6/ ノーザンF天栄
ショウナンアンセム 56田中剛   ニューイヤーS   芝16001064-0.6-0.2/ KSトレーニングC
リライアブルエース 56矢作芳人  京都金杯・G3   芝16001265-0.60.1/ ノーザンFしがらき
インディチャンプ 56音無秀孝  元町ステークス   芝1600166-0.71.201/08ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
テトラドラクマ 54小西一男  オーロカップ    芝1400662-0.70.201/10ノーザンF天栄ノーザンF天栄
サトノアレス 56藤沢和雄  阪神カップ・G2  芝14001545-0.8-1.701/09ミホ分場ミホ分場
タワーオブロンドン 57藤沢和雄  キャピタルS    芝1600268-1.01.012/19ミッドウェイFミッドウェイF
ロードクエスト 57小島茂之  京都金杯・G3   芝16001366-1.00.5/
ゴールドサーベラス 56清水英克  京都金杯・G3   芝1600964-1.20.8/ 高橋TC
レッドオルガ 54藤原英昭  ターコイズS・G3 芝1600666-1.41.101/08ノーザンFしがらきノーザンFしがらき
ジャンダルム 56池江泰寿  マイルCS・G1  芝16001666-1.71.001/12大山ヒルズ
レイエンダ 56藤沢和雄  チャレンジC・G3 芝2000662-1.90.901/11ノーザンF天栄ノーザンF天栄
ストーミーシー 56斎藤誠   ニューイヤーS   芝1600765-2.31.6/

東京新聞杯

2018

 リスグラシュー  出負け押して中団、直線真ん中先に割り完勝
 サトノアレス  接触出負け後方、直線ラチ沿い突いて鋭い脚
 ダイワキャグニー  中団の外に構え直線叩き合い渋太く伸び3着


金曜日の降雪影響で渋って全面的に荒れて時計掛かる馬場。差し馬有利。若干バラついたスタート。内からトウショウピストの行き脚が良く、ディバインコードは控えて2番手4頭で横並び。先頭に自由にさせてペースは遅い。後続が4コーナーで徐々に接近し、直線で馬群はすぐ横に広がる。やや内の窮屈な部分を割ってリスグラシューが早くも先頭に立ち、鞭入れて抜けきる。外から迫る差し馬はどれも勢い一息、最内を突いてサトノアレスが浮上。ダイワキャグニーが外から迫るも2着にも及ばない。ほとんど坂の途中の趨勢のまま流れ込む形。上がりの競馬。



2017

 ブラックスピネル  スッとハナ切りP落として直線も押し切った
 プロディガルサン  中団内追走、直線も中め伸びて際どく迫る。
 エアスピネル  好位追走、直線外め反応も最後はキレの差。


超スロー瞬発力勝負。重賞にあるまじき程の遅いペース。下位でも上がり32秒台という馬もいるように、ほとんどの馬が脚を余していると言ってもいい。



2016

 スマートレイアー  押してハナ切りスロー落としまんまと逃げ切
 エキストラエンド  押して先団内、直線も内ジリジリ単独2着へ
 マイネルアウラート  番手追走から直線も渋太く粘り込んだ。 


内有利馬場。超スロー前残り。さすがにテン36秒は遅すぎる。レース上がり33.5秒では後続には出番なしだが、ダノンプラチナとトーセンスターダムの伸びは目立っていた。ルート差があるだろう。スマートレイアーは控えるとジリっぽいが、先行した時は強い勝ち方。本来先行すべき馬なのでは。直線ではダッシングブレイズが内ラチ接触し落馬。狭い所に突っ込んだ単独事故。



2015

 ヴァンセンヌ  出負けを押して挽回、直線中団内も前が開く
 アルフレード  馬群の後方外で待機、最後大外渋太く伸びた
 フルーキー  4角最後尾直線半ばまで壁、坂上最内を猛追


雨が強まり急に馬場が悪化、緩くて走りにくく時計が掛かる状況。スタートはほとんど横一線。どの馬も前に行くのを躊躇していたためか内枠のアンコイルドが先手を奪う形で、2F目も速くはならずずっとハロン12秒弱のペースで進む。4角でも馬群は一団、直線で横一線になる決め手勝負で、例年速い決着になりがちな東京新聞杯にしては全体時計はかなり遅い。ペースもあってあまり着差が付かない展開だったが、先行馬は上手く踏ん張れず。この馬場でもメリハリの利く末脚を使えるタイプが上位に好走。勝ったヴァンセンヌはずっと重たい馬場で連勝していた馬で、これまでの記録を更新する形とはならず。ただし、今回の内容は良かった。



2014

 ホエールキャプチャ  S接触し中団、直線外から伸びて差し切った
 エキストラエンド  中団追走し直線は内め突いて浮上した。 
 クラレント  先団追走、直線も渋太く盛り返し見せてるが


実質稍重。Hペース差し展開。コスモセンサー、レッドスパーダ、ヴィルシーナの先手争いが微妙に長引き、結果前半が流れた。差しに展開が向いたとはいえ、57kgを背負ったホエールキャプチャは強いの一言。これに負けてしまう牡馬勢がだらしなかった。



2013

 クラレント  引いて好位内、宥めて直線も渋太く抜けた。
 ダイワマッジョーレ  後方内追走、直線勝ち馬の後ろから伸びた。
 トライアンフマーチ  番手追走、直線内で割れず、仕掛け遅れに。


硬い馬場。スローの上がり勝負で先行2頭が粘る所を馬群を捌いて坂上伸びたのが上位2頭。



続きを読む
地方競馬サイト
単行本
「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!


外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
Target用厩舎ランクCSVファイル
(JRDB会員専用)
今週の重賞
Target用ファイル
ビューワ 2/23・24
土曜日
日曜日
PV: 位置取りビューワ
DV: DV3
mini: JRDV-mini

過去分
2018年 2017年 2016年 2015年
記事検索
中の人
当ブログでの「僕」または、一人称は全て飯村公一@JRDBシステム班です。
JRDVを含めWEBアプリ系の開発担当者。
僕直通のメアドです。
iimura.sp半角アットマークgmail.com
半角アットマークを「@」に変えて入力して下さい。

Twitter:@jrdvsp
FaceBook:飯村 公一

こちらでもコンタクトできます。
Live レース結果
最新コメント
サイトへのリンク
【JRDV.SP】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
コメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。


http://blog.jrdvsp.com/



競馬リンク
必要な物はここで全部揃います


JRDBブログの1st


僕の席のとなりにいる人


新感覚


1回にご馳走になる食事
≒僕の1ヶ月分の食費


競馬情報ポータルサイト。


SMARTKEIBA


ストライド競馬新聞




競馬ビッグデータ




相互リンク

逆転競馬

大阪梅田競馬BAR
『そのままっ!!』



チョットだけ競馬を。

The Lion Sleeps Tonight

没関係啊(*`ω´)



大きい馬券好きの競馬予想



おいなりさん

「競馬」と「料理」と「愛犬」と

  • ライブドアブログ