JRDV.sp

JRDBからJRDVがスピンオフして、しかもいいとこ取りのブログ。

明日の競馬.

明日の競馬 7/14

色々たてこんでおりまして、競馬に使う時間が…無いな。 ここの更新もあまり出来ておりませぬ。
せっかくの週末、土曜日の夜だし、今は他の作業を中断して競馬しましょ。

各場の騎手中心の見方はTwitterにアップした通りです。
中京、福島は軸はあまり考えなくても決まりやすいかなと。
それよりも相手探しがメインになりますね。
函館記念がある函館記念は、騎手では混戦。大体このラインより上、というのが4人ほど。
C・ルメール騎手がお休みの影響は大きいな。
重賞もあるし函館を見てみましょうか。

Twitterにもアップしましたが一応ここでも。

t3

連対圏内は人気上位の馬同士。
3着が紛れる程度。
騎手でも、北村友一騎手が安定の筆頭。
次順でまさかの四位洋文騎手。
いるか?居ないのか?存在感すらずっと感じさせておらずも、今週は人気馬への騎乗が多く結果も出しております。
らしくない…ですよね。
1日1回仕事して、あとは休みが基本なのに、何だか頑張ってます。
特別近辺なら、藤岡佑介騎手。
岩田康誠、横山武騎手が次順。
大体この4人の中から大丈夫そうな馬を探せばOKです。

位置取りシートだと。

続きを読む

明日の競馬 7/7

中京11R プロキオンステークス

プロキオンステークス 過去成績・過去の位置取りシート
プロキオンステークス 特別登録と「外厩」データ
プロキオンステークス 馬番確定


このレース。

t1

1番人気超強い。
けど、割と勝たない。
IDM◎はこの10年で馬券圏内を外した事無し。

t2

1~3着まで見ても、6番人気以内で決まる事が殆ど。
ので。
1番人気の9・マテラスカイを2~3着にしての3連単。
或いは。
1頭くらいは変な馬を望んでも良いので、そんな馬+1番人気での3連複。
やり方としてはこんなものでしょうね。

週中に期待していた「宇治田原」帰りのドンフォルティス。
前日データでは…。

・コンビニ版「外厩」シート
t4

3・ドンフォルティスは「宇治田原」+牧浦厩舎で「馬名太文字」に該当。
1つ目のハードルはクリアしましたね。
実際、2走前もタイム差無しの4着は「宇治田原」帰りの効果も大きかったはず。

10・アルクトスは、ダートの「ブルーS」で栗田厩舎は前走よりも厩舎ランクが上がってB→Aとなりました。
南P追い切りだけれども、これは以前からのもの。
南Wからの変更では無いので、そこまでマイナスでも無い。

11・オールドベイリーは一応拾う程度で。単純に足り無い。
12・ミッキーワイルドは、昇級初戦で重賞は…ちょと強気すぎ。
同じく「馬名太文字」なので買い目には入れるけど。

14・キングズガードはこのレースの常連ですね。
「宇治田原」帰りもプラス。
M・デムーロ騎手なので2~3着辺りか、やる気なければ何処にもおらずか。
土曜日は中京にいたのですね。
完全ステルスモードだったので存在に気が付きませんでした。
3着2回あったようで。


・コンビニ版位置取りシート
t5

1番手にはIDM・展開Wが3・ドンフォルティス以外全部。
4・ヴェンジェンスは展開マーク「@」。
外目のIDM・展開Wで展開マーク「@」の座をキングズガードから奪いました。
内目有利なレースですが「@」は優遇。

2番手からもIDM上位であれば普通に大丈夫。
今回はおりませんが…2番手内目の2頭は騎手・厩舎の相性は良いし、マテラスカイに次ぐテンマーク付きの2頭。
もしスタートでミスしたら、残る可能性は高い。

さて3・ドンフォルティス。
問題はダメダメな鞍上だけ…と思っていたら、土曜日に進路妨害をして騎乗停止が決まりました。
これは逆に良いかも知らん。
割切って乗れるだろうし、何より、下手に内を突く事はせず、大外ぶん回しそう。
ルヴァンスレーヴに勝てるだけの力はある馬なので、それくらい雑に乗ってくれた方が結果を出せそうですね。
中途半端な下手乗りされるよりも何倍もマシです。
1番手内目を取れた、というのは最後に同馬にとって良いデータに嵌まったなと。

◎3・ドンフォルティス
〇9・マテラスカイ
▲4・ヴェンジェンス
注10・アルクトス
△8・ウインムート
△1・サクセスエナジー
△11・12・14

福島11R 七夕賞


続きを読む

明日の競馬 6/30

福島11R ラジオNIKKEI賞

ラジオNIKKEI賞 過去成績・過去の位置取りシート
ラジオNIKKEI賞 特別登録と「外厩」データ
ラジオNIKKEI賞 馬番確定

ざっとTwitterで述べた通り。
コンビニ版「外厩」シート

t1

「天栄」レースです。
3枠には「天栄」が2頭。
しかも「馬名太文字」に該当。
・・・もう枠連で良いんじゃね?って思えてくる。

5・ディキシーナイトは南Wの閉鎖により坂路へと変えてきました。
土曜の福島は坂路追い切り馬が圧倒的。
6・ブレイブメジャーは北Cコースへ変更。
ポリトラック含め、ここでの追い切り馬は「追い切り」指数上位+「外厩」帰りの人気馬なら悪く無いという結果でした。

「しがらき」+堀厩舎の9・ヒシイグアスはM・デムーロ騎手。
勝たないまでも、土曜日は最後まで止める事なく乗っていましたね。
徐々に復調しつつあるようです。
最近の結果は。

t3

もう1頭の「天栄」は16・アドマイヤスコールで青葉賞組。
外個人騎手しか結果を出せない馬で、今回は横山典弘騎手へ乗り替わり。
あ、先週こんなのありましたね。エタリオウ。
8枠は正直厳しい。


コンビニ版位置取りシート
t2

土曜日の傾向も、レース自体の傾向も1番手内目有利。
2番手内目から1頭で、1~3着まで「中」より内目からの決着が過去3年続いております。
「+」付きの5・ディキシーナイト、9・ヒシイグアスは「外厩」要素でも〇な馬達。
残りの内目は、全て内枠で、これも傾向には合いますね。
ただどれも2桁人気。
人気馬2頭+中位人気以降の2頭、これがこのレースの適切なバランス。
白百合S組のIDM上位、10・11の2頭が、そんな流れでは合うのだけれども。

◎5・ディキシーナイト
〇9・ヒシイグアス
注1・ギルマ
注6・ブレイブメジャー
△10・レッドアネモス
△8・ザヴォワールエメ
△3・7・11

中京11R CBC賞

続きを読む

明日の競馬 6/16

ユニコーンS

ユニコーンステークス 過去成績・過去の位置取りシート
ユニコーンステークス 特別登録と「外厩」データ
ユニコーンステークス 出走馬確定
位置取りビューワ

東京 ダート1600m

どうなんでしょうね。
このレースで、人気薄に勝ち馬を期待している方がポツポツおりますが…。

馬名オッズ人気着順idm展開情報厩舎
18ルヴァンスレーヴ2.311
17サンライズノヴァ4.921
16ゴールドドリーム2.921
15ノンコノユメ4.621
14レッドアルヴィス13.131
13ベストウォーリア6.931 
12ストローハット3.211 
11アイアムアクトレス8.731
10バーディバーディ1.611
09シルクメビウス3.211
08ユビキタス2.411

過去10年の勝ち馬がこれ。
数ある重賞の中でも、メッチャ堅い部類に属するレースです。
3着まで見ても。

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
201820107550
201721004110
20163000470
2015201014100
2014111033730
201320112860
201220106280
201130001500
201021001880
200930001540
200821004680
244517154

z1のゾーンから24頭って、あまり無い数字。
その分1頭くる人気薄は4~9番人気まで数に差はありません。
配当期待するなら、変な馬なら1頭分の余地しか無いなと。


コンビニ版位置取りシート
t1

ユニコーンSは1番手の「+」から。
過去14年見ても、全て1番手からの勝ち馬です。
「最内」ラインの2頭が「+」で、1番手は8・デュープロセス。
2番手「+」が滅多に無いので、6・デアフルーグが勝つ事も考えられます。
何かもう1つ、8・デュープロセスにプラス材料があれば、決めきれますね。

であれば、コレを。
t2

M・デムーロ騎手の近300走中、安田厩舎の成績を抜き出してみました。
最近は精彩を欠いた騎乗ばかりの同騎手ですが、1番人気であれば別。
今日も正直1日が終わるまで、何処で騎乗していたの?ってレベルで完全に空気な存在でした。
終わってみれば1勝はしており、それは1番人気でのもの。
阪神にいたんですね…。
そんなM・デムーロ騎手は、安田厩舎で更にパワーアップ。
3月以降、この厩舎であれば全部勝っております。
ここで負けるようであれば、もう宝塚記念のスワーブリチャードも全く期待出来ない状況に…。

位置取りシートでの相手としては、人気馬なら「+」付き、人気薄なら内目、四隅。
単純に、6・デアフルーグは強いです。
伏竜Sを勝って弱い馬なんておりません。
ただし、位置取りシート的に逆転が難しいというだけ。
面白くは無いでしょうが、2頭の競馬ですよね。

あと1頭は何か?だけかな。


続きを読む

明日の競馬 6/9

東京11R エプソムC

エプソムカップ 過去成績・過去の位置取りシート
エプソムカップ 特別登録と「外厩」データ
エプソムカップ 馬番確定
位置取りビューワ


このレースの選び方はもうパターン化したので、それに沿って。

コンビニ版位置取りシート
t1

まずは中心になる1頭を選ぶ。

・3番人気以内から1頭の選択 → 人気の展開マーク付き

8・ミッキースワローか、7・プロディガルサンが人気の展開マーク付き。
土曜日の東京芝は内目の傾向で、8・ミッキースワローは「内」1番手、IDM・展開W◎◎と傾向的には同馬を上に。
唯一の不安は鞍上の横山典弘騎手だけ。
人気馬のダートはまだ良いのだけれども、芝だと…。

t2

「馬は頑張ってたよ」
…じゃなくて、鞍上も頑張ってください!という結果ばかり。
やる気の時は上位に来るし、その時は頭まで。
同騎手を芝の人気時に買うなら、勝つか?何処にも居ないか?の2パターンですね。

ちなみに、4・5番人気だと。

t3

むしろこちらの方が成績良いのでは?
リオンリオンやミスパンテールのような勝ち方をするから、普段あれだけやらかしても騎手を続けられるのでしょうが…ホントにそれで良いの?とは思う。

更についでにD・レーン騎手の1・2番人気。

t4

分かりますよね。この差。
騎手人気込みで、これだけの結果です。
比較してしまうと、申し訳ないけれども…横山典弘騎手は舐めてんの?って思ってしまう。

と、いう事で、確かにセオリー通りであれば8・ミッキースワローではあるけれども、鞍上を考えると7・プロディガルサンになってしまうのです。
例えここでその選択が間違っていたとしても、トータルで考えれば正しいはず。

次に相手を。

続きを読む

明日の競馬 6/8

馬場も天気も、明日になってみないとわがんね。
こんな時は正直…前日に予想なんてしない方が良いレベル。
それよりも、ベルモントSを考えた方がマシなのかも知らん。

Twitterでは阪神を挙げたので、ここでは東京を簡単に。

東京11R 奥多摩S

「外厩」シートを見た時には、これはさぞかし荒れてくれるんだろうな、って期待したのだけれども。
んー、JRDBとハイブリッド競馬新聞のデータパックを取り込んだやつで、過去分の同レースを見ると、そうでも無さそうですね。

ハイブリット新聞データパックを使って過去分を確認。
M2:位置取り
M3:番手
M5:HB指数印
M6:外厩印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t1

思ったよりも堅い決着がデフォ。
「前半・後半」印で〇以上の4頭が、最初の検討対象。
それらの馬は1番手。
荒れる方に期待するなら2番手以降での「後半」上位◎〇。
「中」より内目中心で、外目からは人気馬か、後半上位。

・コンビニ版「外厩」シート
t2

「馬名太文字」どっさり、でオッズ込みで考えると…これで荒れ無い方がおかしい。
と、思うのだけれども、例年を参考にすると、あまり期待出来ないなあ。
セオリー通り「しがらき」の多頭数出し重視で、3連複フォーメーションなら、2・13・15の3頭を2列目に、という方法でしょうか。

どのみち、1頭選んで、そこから広めにする予定。

・コンビニ版位置取りシート
t3

「外厩」データ的に1番美味しそうなのは1・アバルラータ。
「アカデミー牧場」帰り時の、馬個体との相性の良さと人気薄で手頃な鞍上。
管理する鮫島厩舎は今年は絶不調。
厩舎ランクもガンガン下がっております。
故に。
ハンデ戦・軽斤量・「外厩」帰りで、あまり厩舎力が問われないこんな条件は逆に良いはず。
位置取りシートでは「内」4番手で、1枠1番と何か起こってもおかしくない雰囲気。

内目で、印と「外厩」要素が揃っているのは、6・アシュリン、17・トライン、2・エルブシャフト。
「大外」1番手、IDM◎の展開マーク「@」、つまりハイブリッド競馬新聞では「後半」1位は9・トーセンブレス。

17・トラインは前走では「名張」帰りで圧勝、強い勝ち方。
「ヒイラギS」からの「外厩」チェンジで一気に指数を伸ばしましたね。
今走は中4週ですが、再び「名張」から。
「内」1番手、IDM・展開W、展開マーク付き。

6・アシュリンは「内」1番手、テンマーク付きの激走馬、「+」付き。
「しがらき」2走目、前走では基準1番人気の12・メイショウオーパスと差の無い競馬で、斤量差も変わらず。

軸にするなら、6・17の「内」ライン2頭からの選択になりそう。

と、いうところぐらいまでですね。
もっと踏み込みのは、今は止めておいた方が吉。
明日の傾向を見ながら。

明日の競馬 6/1

重賞の鳴尾記念。
それほど頑張って考えるレースでも無いので、Twitterにて済ませました。
せっかくなので「外厩」シート。
1枚に4レース掲載されております。
残りの阪神、2枚分から1つずつ見てみましょ。

阪神3R

コンビニ版「外厩」シート
t2

勝ちそうなのは芝→ダートの5・ウラノメトリア、10・マイディアライフ。
2頭共に「しがらき」帰りで、馬自身の成績では芝時代でも「しがらき」帰りであれば3着は外していない馬達。

鞍上では10・マイディアライフの川田将雅騎手。
厩舎では…高橋厩舎の方が良いですね。
前走時の厩舎ランクは「D」で、今走が「C」とランクアップしております。
逆に、矢作厩舎は「C→D」とランクダウン。

ずっと勝ち切れ無い9・ニホンピロハリアーはIDM・展開W◎◎で1番人気の武豊騎手。
今年は素でダートの複勝率は45%を超えており芝よりもカナリ高くなっております。
そして1番人気だと。

t3

無難ですね。
ニホンピロハリアーは、あまり前に行ける馬でも無いので、鞍上的にも勝て無いパターン。
何なら…3着を外す事まで想定しておきましょ。

ので、次順の馬として何頭か。
11・オーマオは「グリーンウッド」2走目で村山厩舎の連対率は30%程。
13・サイレントクララは…率は良いけれども、鞍上がちょっと足り無い。

8・キタサンブラウンは「追い切り」指数上位。
1・スターオブザナイルは「山元」2走目。
前走が未勝利初出走の中での初戦で、今走は△ですがIDM印入り。
通常2走目なら指数は上げてくるので、ここでも通用しそうです。
そして荒川厩舎はまだ「山元」使いは少ないながらも、徐々に増えて来ております。
芝では変な馬でも好走があるので、ダートならより可能性は上がります。

◎10・マイディアライフ
〇5・ウラノメトリア
注9・ニホンピロハリアー
注1・スターオブザナイル
△11・オーマオ
△8・キタサンブラウン

阪神5R

新馬戦スタート。

続きを読む

明日の競馬 5/26

ダービーデーです。
正直もう、ダービーだけで良いんじゃないの?とは思う。
2場開催ですし、レースを見ながら考えても充分間に合います。
前日時点では、ざっくりと方針だけで。

京都


位置取りシート系で見ると。

t1

まず、内目ですね。
1~3着までIDM・展開Wの決着で、10・11Rの2着馬だけが例外も、どちらも1番手、「後3F地点」で1列目の馬。
IDM印で◎〇からの2択で馬連はほぼOK。
内目の展開マーク付きはプラスで。
内枠も良い。

t4

勝ち馬は「中」より内目のリストアップで四隅の傾向。
タイムの右にある「差」は、前半3F・後半3Fのタイム差で+が大きくなるほどスローペース。
馬場の影響もありますが、前がカナリ残っているのはペースが上がらなかった面も大きいです。
この辺りは明日の騎手のレベル次第で変わってしまいそうな感。
それでも騎手が思っている以上に止まら無いという事なのでしょう。

t2

12Rは前後差が+3.1秒の超スローで、ラストが11.4-11.2-11.4のレース上がり。
唯一前で残れたのが川田将雅騎手。
同時に、追い込んで来たのも川田将雅騎手ばかり…。

t3

2つの表を重ねて見ると、もうホント、川田将雅騎手に皆さん良いようにあしらわれているなと。
そんな川田将雅騎手が明日はおりません。
騎手で見れば、明日は…幸英明・和田竜二騎手の日になりそう。


WIN5であれば、この2人と「しがらき」で済んでしまいそう。

東京


続きを読む

明日の競馬 5/25

京都11R 葵ステークス

葵ステークス 過去成績・過去の位置取りシート
葵ステークス 特別登録と「外厩」データ
葵ステークス 馬番確定

この日の過去3年の芝の傾向はTwitterにアップした通りです。
10Rの朱雀Sと傾向も似たようなもの。
…「最内」ライン、ですね。
6年前のティーハーフが「最内」1番手で勝って以降、2桁人気だろうが何だろうが、「最内」ラインの2頭から1頭は毎年ずっと圏内です。

ハイブリッド競馬新聞、「外厩」、位置取りシートのデータパック、全部取り込んで過去分をTargetで見ると。

M2:位置取り
M3:番手
M5:HB指数印
M6:外厩印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

t1

うん。
ここでも、内目、内枠、「前半・後半」上位、ですね。

先にコンビニ版「外厩」シートを見ると。

t2

まずは・・・「しがらき」が3頭。「しがらき」の特別レース多頭数出しになります。
1200mという短距離なので「しがらき」系の守備範囲外と思いきや、そうでもありません。
実際に、ディアンドルのマーガレットS勝ちも、アウィルアウェイの京王杯2歳Sの2着も、人気だったとは言え「しがらき」多頭数出しでの結果。
福島2歳Sでさえ、ジャカランダシティは「しがらき」2走目、2着のパイロテクニクスは「天栄」でのワンツー。
当時の3着マイネルアルケミーは、「マイネル」らしく本来であrばあの辺りで勝っておくべき馬なのに、容赦無い仕打ちです。
なので。
「しがらき」3頭中1頭は、下手したら2頭くらいは来てしまうかも。
6・ディアンドル、7・アウィルアウェイは人気なので来ても困るのですけれども…。
どちらも内枠引きましたしね。

コンビニ版位置取りシート

続きを読む

明日の競馬 5/18

京都11R 平安S

平安ステークス 過去成績・過去の位置取りシート
平安ステークス 特別登録と「外厩」データ
平安ステークス 馬番確定

まあまあ配当は付く重賞。
1900mで行うようになったのは2013年からで、そこからの方が変な馬は増えておりますね。

t2

z1・z2が同数で、z2のゾーンが来なかった年は無し。
z3以降から、つまり7番人気以降からも1頭はチャンスアリで、そこは配当要因で積極的に配置したい。
人気馬から1頭を強引に選んで、あとはそれなりに処理して行けば…でしょうか。
決め打ちで、例年通りの決着になったら当たる&配当そこそこ、という前提で考えましょう。
人気上位で決まったら、普通に諦める。

そういうレースは、明日はD・レーン騎手、川田将雅騎手が東西でいるので他で獲れば良いんじゃないかなと。
ちなみに、新潟なら津村明秀騎手。
これらの人気で無難ところから買っていれば、そうそう大外れはしません。
自分で予想下手だと思う方は、無駄に考えるよりも軸は騎手で自動で決めた方がマシかもですね。
そして、きっと改めて知るのは、馬券下手の部分なのだろうけれども…。

馬の選び方としては。
・関東馬アウト。
・ダートなので当然「格」は効きます。具体的には古馬混合重賞勝ちが近くにある馬。
・先行馬選ぶ。
・「追い切り」指数上位。
・位置取りシートで内目。
どれか条件に当てはまる4歳がいれば、もうそれで良いや。

単純ですが、そんなレース。

コンビニ版「外厩」シート

t1

「馬名太文字」は2頭。
1・オメガパフュームは「山元」帰りで2戦2勝。
中12週で、これくらい空ける時は「山元」。
もっと短い時には「グリーンウッド」とという体制。
よく見るパターンですね。
JDDの後、秋初戦のシリウスSではこの「山元」帰りで勝利しておりました。
前走のフェブラリーSはG1という事もあったけれども、「グリーンウッド」帰りで輸送があると、ちょっと脆い感。
今回は輸送無し、間隔空けてのリフレッシュ。
走る状態は整っております。
問題は、斤量と、良く分からない鞍上。

9・ジョーダンキングは「生田」+藤原厩舎。
普段は「吉澤W」の馬なので、今回は鍛える方面よりも、やや休養寄せの方針ですね。
前走が中1週で輸送アリと疲労が大きかった分でしょう。
その分、坂路で「追い切り」指数69とこの厩舎にしては高目の値での調整。

7・チュウワウィザードは「しがらき」帰りで連対を外した事無し。
「しがらき」帰り初戦では大久保厩舎は約30%の連対率で2着多め。

5・アナザートゥルース、14・マイネルユキツバキの2頭出しは高木厩舎で、どちらも「追い切り」指数上位。

続きを読む
地方競馬サイト
単行本
「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!


外厩ブラックボックス馬券術

Target用ファイル
「外厩」データ
(無料分)
「外厩」印データ
Target用厩舎ランクCSVファイル
(JRDB会員専用)
今週の重賞
Target用ファイル
ビューワ 7/20・21
土曜日
日曜日
PV: 位置取りビューワ
DV: DV3
mini: JRDV-mini

過去分
2018年 2017年 2016年 2015年
記事検索
中の人
当ブログでの「僕」または、一人称は全て飯村公一@JRDBシステム班です。
JRDVを含めWEBアプリ系の開発担当者。
僕直通のメアドです。
iimura.sp半角アットマークgmail.com
半角アットマークを「@」に変えて入力して下さい。

Twitter:@jrdvsp
FaceBook:飯村 公一

こちらでもコンタクトできます。
Live レース結果
最新コメント
サイトへのリンク
【JRDV.SP】のサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける場合は、以下のバナーをご利用ください。
コメント欄にでもご連絡頂ければ、このブログでも紹介させて頂きます。


http://blog.jrdvsp.com/



競馬リンク
必要な物はここで全部揃います


JRDBブログの1st


僕の席のとなりにいる人


新感覚


1回にご馳走になる食事
≒僕の1ヶ月分の食費


競馬情報ポータルサイト。


SMARTKEIBA


ストライド競馬新聞




競馬ビッグデータ




相互リンク

逆転競馬

大阪梅田競馬BAR
『そのままっ!!』



チョットだけ競馬を。

The Lion Sleeps Tonight

没関係啊(*`ω´)



大きい馬券好きの競馬予想



おいなりさん

「競馬」と「料理」と「愛犬」と

  • ライブドアブログ