カテゴリ: 重賞過去走

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

簡易版HBリスト

2019
4
ルメール
11
蛯名正義
1
田辺裕信
5
北村友一
10
マーフィ
9
三浦皇成
8.8
7
内田博幸
8
石橋脩
6
北村宏司
3
柴田大知
2018
5
武豊
3
横山典弘
11
田辺裕信
9
柴田大知
7
M.デム
8
戸崎圭太
5.5
2
江田照男
1
ルメール
6
蛯名正義
4
吉田隼人
2017
7
田辺裕信
8
蛯名正義
4
ルメール
10
戸崎圭太
13
シュミノ
2
柴田善臣
4.2
17
吉田豊
6
柴山雄一
14
柴田大知
11
丸山元気
2016
7
戸崎圭太
3
武豊
6
ベリー
1
松岡正海
13
藤懸貴志
5
三浦皇成
6.5
8
蛯名正義
16
柴田大知
9
石川裕紀
11
ルメール
2015
8
岩田康誠
10
北村宏司
9
C.デム
14
柴山雄一
1
ベリー
12
田辺裕信
8.4
6
四位洋文
3
三浦皇成
17
吉田豊
2
松岡正海
2014
7
後藤浩輝
10
田辺裕信
11
戸崎圭太
12
ルメール
3
横山典弘
16
古川吉洋
3.8
5
高倉稜
14
柴田善臣
8
柴田大知
2
ベリー
続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t2


データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t3

HB・後半印で◎○持ちが中心。
HBリストで見ても、左から2列目以内の馬、つまりハイブリッド指数2位以内からの2択がスタート。
2頭の内の選ぶ基準は・・・まずは人気。
ハンデ戦ですが1番人気強いです。
オッズは割れ気味なものの、3倍台後半くらいまでなら耐える。
勝ち切るのも2番人気までが殆どで、HB印〇以上+「後半」も〇以上と、分かり易い馬は人気でも嫌わない。
また、HB印上位「注」までの単勝オッズ10倍以下も相手には手頃。

「後半」▲以上であれば買い目からは外せませんね。
「前半」系なら◎○の人気薄は内・外枠の両端によった所なら。

過去6年分で、HBリストの1ブロック目での決着が3回。
2ブロック目の指数差が4以下だと、2ブロック目からの馬にも注意。
「前半・後半」2位以内、休み明けの4歳馬でダービー以来という内訳。
4歳クラシック組だと、休んで指数伸ばして来るの事は想定しておきましょう。
実際に菊花賞からの4歳馬は3勝してるし、ダービーからの長期休み明けでも1勝で、かなりの勝ち数です。
4歳優秀ですね。

枠で見れば、はっきりと内枠有利。
8枠は3着以内すら無く、7枠も3着が2回あるのみ。
逆に1枠は最多の3勝で3枠位内の馬は、評価上げで。

「詰脚」では「赤」を出せるタイプ。
特に「青・赤」パターンで着順も出せている馬を。


簡易版HBリスト

2019
2
M.デム
4
ミナリク
16
川田将雅
10
岩田康誠
8
内田博幸
5
北村宏司
8.4
12
武豊
6
松若風馬
9
和田竜二
15
横山典弘
2018
8
和田竜二
2
横山典弘
3
ルメール
11
川田将雅
12
幸英明
1
四位洋文
2.9
9
酒井学
7
M.デム
10
福永祐一
4
小牧太
2017
5
和田竜二
8
シュミノ
9
四位洋文
7
福永祐一
6
松若風馬
3
浜中俊
6.7
14
M.デム
2
池添謙一
1
武豊
11
フォーリ
2016
7
ルメール
1
川田将雅
5
浜中俊
3
岩田康誠
9
マクドノ
6
M.デム
3.8
10
武豊
8
小牧太
11
秋山真一
12
古川吉洋
2015
3
浜中俊
10
北村友一
5
酒井学
7
津村明秀
9
池添謙一
18
武豊
2.6
14
福永祐一
1
熊沢重文
4
岩田康誠
17
C.デム
2014
13
武豊
1
ルメール
8
福永祐一
10
古川吉洋
4
酒井学
14
岩田康誠
3.6
5
秋山真一
15
三浦皇成
2
和田竜二
9
池添謙一

枠番別成績

総数123着外勝率連率複率単回複回
19300633.333.333.311747
29111611.122.233.3134106
31002260.020.040.00125
410110810.020.020.02926
512011100.08.316.7030
612110108.316.716.73023
713002110.00.015.4045
813000130.00.00.000


日経新春杯 過去成績

続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t1

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2
HBリストは過去6年で1ブロック目からの勝ち馬。
1列目からは2勝で、2列目以降であれば「後半」2位以内が3勝、「前半」2位が1勝。
ちなみに、近3年の1列目の騎手は・・・。

2019年 内田博幸騎手
2018年 田中勝春騎手
2017年 柴山雄一騎手

そんなのコケるに決まってるわ!という面々。
1ブロック目での1~3着は2回と少な目で、2ブロック目からも来やすい傾向。
ですが、拾いやすい馬ではありますね。
人気+上位の騎手というのが1つ。
戸崎圭太騎手、2ブロック目のゾーンでも人気馬なら2~3着には持って来る。
他だと、北村友一、石橋脩、横山典弘騎手と、芝の重賞でちゃんと上位に来られる騎手の方々。
騎手要素以外にも、やはり「前半・後半」で3位以内の上位、はこの重賞でもアリ。
このアイテムが2つ揃えば買いです。

日経新春杯とは逆に、こちらは外枠の方が好成績。
人気で凡走するのは内枠の馬で、勝ち切るのは5枠以降となっております。

人気の重賞凡走組は・・・ここでは巻き返せず。

何故か堀厩舎の馬は毎年人気で何処にもいません。
新馬戦の成績は抜群なのですが、新馬を勝っての2戦目以降は続かない・・・。
この流れがしばらく続いております。
ただし、非ノーザンF馬に限る、という注釈付き。
NF馬であればサリオスのように人気でしっかり勝ちますね。

人気上位4倍台までであれば、HB・前半・後半印で〇以上あれば基本大丈夫です。
上記の堀厩舎と、あとは・・・内田博幸騎手ぐらいですね。ぶっ飛ばしてるのは。
今年だと、M・デムーロ騎手とかも危険だとは思う(乗り馬あれば)。

簡易版HBリスト

2019
9
内田博幸
12
M.デム
5
マーフィ
6
福永祐一
7
ルメール
2
中谷雄太
4.4
10
柴田大知
1
石川裕紀
8
坂井瑠星
4
三浦皇成
2018
8
田中勝春
10
石橋脩
12
北村宏司
15
田辺裕信
2
柴田大知
1
蛯名正義
7.4
9
吉田隼人
4
内田博幸
11
大野拓弥
5
戸崎圭太
2017
1
柴山雄一
8
田辺裕信
2
柴田大知
14
北村宏司
13
吉田隼人
3
柴田善臣
5.1
4
戸崎圭太
10
蛯名正義
11
北村友一
12
石川裕紀
2016
4
フォーリ
12
蛯名正義
14
横山典弘
7
柴山雄一
10
田辺裕信
8
柴田大知
2.2
1
戸崎圭太
15
内田博幸
3
石橋脩
6
大野拓弥
2015
7
蛯名正義
17
川田将雅
5
内田博幸
6
吉田豊
13
戸崎圭太
1
菱田裕二
4.3
15
三浦皇成
11
大野拓弥
9
柴田大知
8
横山典弘
2014
12
柴田大知
7
ギュイヨ
16
大野拓弥
6
後藤浩輝
13
ブノワ
8
田辺裕信
7.1
2
戸崎圭太
4
ベリー
10
石橋脩
11
横山典弘


枠番別成績

総数123着外勝率連率複率単回複回
1800260.00.025.0063
21101280.09.127.3089
31111189.118.227.310270
411010100.09.19.1015
512110108.316.716.73124
612211816.725.033.310392
712000120.00.00.000
8132101015.423.123.16740

京成杯 過去成績

続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t1

ちょっと乱暴ですが、このレースは「馬券側」のレースです。
枠組みは、

・人気のノーザンF馬から1頭選ぶ
・HB「推定」前半、後半3ハロン印で上位の中位人気馬を何頭かピックアップ
・無印でも内枠の馬は拾う

という流れ作業で済ませても良いんじゃないかなと。
点数は増えます。
どれだけ買えるか?と、結果どこまで荒れるか次第。
馬券が上手い人向けなんですよね。
なので、パドック見る時間あればオッズ見て買い目考える方が比重は上だと思う。

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

フェアリーS 過去成績

続きを読む

登録馬の近走HB指数上位

t1

登録時点で12頭と今年は小頭数。
ここ2年は小頭数が続いており、勝つのはノーザンF馬と決まってきた感。
人気している牝馬は普通に上位に来るレースでもあります。
で、今回は2頭が牝馬で1・2番人気になるでしょうね。
ノーザンF馬の牝馬対決・・・ではありますが「天栄」vs「しがらき」と内部ではちょっと分かれております。
昨年の秋から「天栄」は「しがらき」に負けっぱなし。
ここも関西(しがらき)のツールドール、関東の(天栄)のサンクテュエールの構図で、さあどっち?

個々の馬を見る前にザックリと近年の傾向的なものを。

数年前から王道パターンとなったのは、夏にデビューして楽に1勝。
秋まで休ませて重賞→G1。
牝馬だとダノンファンタジーやグランアレグリア、リアアメリアがソレ。
今回の出走馬だとサンクテュエールが該当します。
関東なので「天栄」馬、管理するのも藤沢和雄厩舎で鞍上もC・ルメール騎手と・・・いつものやつです。
前回は負けてしまって一旦立て直しの今走。

そして、昨年成功したのが秋以降のデビュー。
ラヴズオンリーユーは矢作厩舎+C・ルメール騎手で新馬戦を勝って、最終的にはM・デムーロ騎手でオークスを勝利。
牡馬になりますが、昨年のシンザン記念勝ち馬のヴァルディゼールや3着のミッキーブリランテもそうでした。
これらは「しがらき」組。

同様の事は「天栄」陣営もやってはいたのだけれども、 フィリアプーラやパッシングスルーとちょっと足り無い結果でしたね。
「天栄・しがらき」ともに既に成功しているパターン同士の戦いではありますが、勢い的に今は「しがらき」という流れです。

さて、今年。
ルーツドールは騎手を求めての東京+C・ルメール騎手でした。
京都でも1600mの新馬はあったのですけれども。
ただし、今回は川田将雅騎手になりそう。
代打ですね。
C・ルメール騎手は、最終的には勝った方に乗るのだろうけれども・・・。
前走の指数は「53」とアルテミスSのサンクテュエールを抜いてしまってます。
通常、新馬戦の次走は嫌でも指数は上がるので今回は60まで行くかも知れません。
既にシルク・キャロットF馬は2歳G1勝ち馬だしているし、順番的にもサンデーRの雰囲気もアリ。
サンクテュエールを見ながらの競馬になりそうですねぇ。

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

シンザン記念 過去成績

続きを読む

登録馬の近走HB指数上位
t1
印的にはバラバラな感。
1番人気は優秀です。
昨年のマウントゴールドが凡走したくらいで、ちゃんと圏内に残ってくれる。
勝ち馬も割れて居る中での人気上位ではあります。

分かり易いところだと内枠。
先行馬orマクリでもいいので前にいる馬。
2走位内に「詰脚」で「黄色・緑」以上を出している馬は拾いやすい。

チャレンジC組が多そうですが、関東要素多めの馬は割と有利です。
騎手なり厩舎なりで。
今回だとクレッシェンドラヴが、関東コンビ。
鞍上の内田博幸騎手の名前を見ただけでダメそうなのは凄く分かる。
実際に良い事は無いです。
無いなりに・・・使える部分としては、中山芝は人気で跳びまくり。
その分、中位人気以降ではそれなりです。
後3F地点で先頭から-0.5秒以内、つまりハイブリッド競馬新聞では「黄色」位内であれば優秀。
今回内目の枠を引いて、鞍上込みでなめられてくれれば、ですかね。


中山金杯過去成績

続きを読む

登録馬での近走HBは

t2
今年はゴドルフィンに期待の年。
ドーヴァーは京都で、テリトーリアルが中山に出走という事になりそう。
「後半」系のレースで、1番人気+「後半」印入り(6位以内)なら、ハンデ戦とは言え堅実です。
1~3着馬も「前半」印なら▲以上は必須で、残りは「後半」印入りの馬達。
前走で騎乗していた外国人騎手達もおらずで、乗り替わりの落差を計る必要はありそうですね。

ドーヴァーを管理する伊藤圭三厩舎は昨年は34勝で、近年では最も勝った年。
2018年が17勝だったので約2倍です。
勝ち鞍はほぼダートで、ダートだけなら安田隆行厩舎に次いで全国リーディング2位という・・・。
そんな厩舎でOPを勝ったドーヴァーさん、福永祐一騎手予定との事ですが、同騎手とゴドルフィン馬はこのような成績。
t3
んー、後方からの馬だと同騎手にはキツイ感。

京都金杯 過去成績

続きを読む

↑このページのトップヘ