カテゴリ: 想定版

は、既にアップ済みです。
ビューワの方も、諸々更新済み。

菊花賞 過去成績

予想の方法は…ほぼ固定だったりしますね。
菊花賞に限らず、リニューアルしてほぼ1年を見ると、HB指数はやはり優秀です。
どのレースでもまずはここからのスタート。
そこでの上げ下げ、漏れた馬達を「前半・後半」で拾い上げる。
全部こんな進め方で良いと思います。

過去5年の結果から1~3着馬をHB印順に並び替えると。
t1
HB▲までが1つの基準。
これ以上が人気馬、それ以下が…一気に人気薄となります。
そして、HB▲以上+後半◎〇が条件というのも分かりますね。

次に、1~3着馬に限らず、HB▲以上+後半印入りで見ると。
t2
掲示板を外したのはアルアインのみですが、4~5着に落ちている馬もそこそこおります。
これを前走のレースで分けて見ると。
t3
神戸新聞杯とそれ以外では、ハッキリと差が出ておりますね。
ほかは前走で圧倒的な人気で結果も出してたりしますが、そういった馬は本番ではダメでした。
セントライト記念からは、もっと違ったタイプの馬を拾わないとね。

今年は…まずHB印順に並び替えだと。
t5
神戸新聞杯からスライドして大丈夫そうなのは、3・コントレイルと6・ヴェルトライゼンデ。

9・アリストテレスは秋華賞のソフトフルートと同じタイプですね。
古馬混合の2勝クラスを勝って、HB印が入って、後半▲と印も足りた。
C・ルメール騎手なので人気にはなりそうですけれども。


HB無印だと。
t6
2パターン。
トライアル組なら「前半」印。
2勝クラスからなら1着馬。
友道厩舎…このやり方はお上手です。
単純にこの厩舎、というだけでも買う価値はアリ。

今年のHB無印を「前半」順に並び替えると。
t7
8・ディープボンド、18・ビターエンダーはトライアル組の「前半」印入り馬。
関東馬は近年の菊花賞では滅茶苦茶弱いので…枠も厳しい18・ビターエンダーはキツイかな。
2勝クラスからだと7・ダノングロワールが国枝厩舎。
先週の秋華賞でも2着でしたが、この2週の厩舎成績がエグイです。
9月の後半からずっと調子が落ちません。
t8
ほぼノーザンF馬で、間に社台F馬。
そればっかりですが…ダノングロワールも同様ですね。

最近ずっと外枠ばかり引かされている14・ヴァルコスもHB無印ではありますが、友道康夫厩舎です。
2~3着争いでゴチャついたら、充分チャンスはありそう。

もう週末の競馬は…

宝塚記念 過去成績

この宝塚記念と、高知競馬場だけで良いような気がしてきた。
そして想定版のアップも完了しました。

宝塚記念はこんなレースです。

枠がえぐい

競馬は…というか、ハイブリッド競馬新聞の世界における競馬は、ハイブリッド指数ありきです。
これが無印の馬は相当に辛い。
だけれども「推定」前半・後半3ハロン印上位であれば、まだチャンスアリ。
というのが大前提。
そういう精度で指数を作成しております。
にも関わらず…宝塚記念では全くの無印もちょいちょい圏内に来てします。
来てしまうのはこんな馬達。

選択レース詳細ビューワ
t2
香港のワーザーを除けば、近年では1・8枠に入った馬。
無印の人気薄のみならず、内外の両端に枠に3着以内馬がひしめいておりますね。
3・5枠の1回ずつ以外は…全て上記の4つの枠から。

半分枠ゲー的な雰囲気です。

人気馬が脆い

単勝オッズ10倍未満の馬の成績がYO。
t3
時期的に馬場が、春一通り走って疲れが、と言われておりますが、それにしても酷い。
マトモなレースじゃ無いんです。
故に。


こんな事態になってしまう。
C・ルメール騎手が5年間人気馬に乗って1度も3着以内ナシです。


と言う事で、サートゥルナーリアのようなレベルの馬でさえ、嫌うのであれば余裕で嫌えます。
それが宝塚記念。

今年1・8枠に入った馬は
t1
1・トーセンカンビーナも2・ペルシアンナイトも、普通に予想したら買い目には入らないかも知れません。
それでも宝塚記念なので、買っておいた方が良いですよ。
って、普段は書きます。
しかしながら上記の通りのレースなので。
「買ってください。」
ってなってしまいますよね…。

8枠には大阪杯組の3頭。
僕的には初志貫徹の予定です。

明日の競馬 4/5

この時点で宝塚記念はブラストワンピースだろうなと決めていました。
サートゥルナーリアが出てくるとは思っていなかった、というのも大きいけれども。
ブラストワンピース自身も1・8枠の極端な所で走るタイプ。
今回どちらかの枠に入れば、と思っていたので引きの強さは見せましたね。

ハイブリッド競馬新聞の無料キャンペーンの最終週です。
願わくば、これらの新聞やビューワを使って、皆様が楽しく宝塚記念を迎えられればと。


ダービーに関してはTwitterの方でぼちぼち。



きっと明日以降はずっとダービーの事を考えるのでしょう。
なので、今の内に敢えて他のレースを。

目黒記念

ダービー終わって、外れていたら頭のネジがぶっ飛んでて…ちゃんと考えている時間も無いはず。
と言う事は寧ろ、ある意味、ダービーよりも重要なのはコッチなのかも。
・・・って思うかもですが残念。半分正解、半分外れ。
本当の本当に大事なのは…もちろん、JRAが終わった後の高知です。
→ あたまファンタジック
なのでダービー外れても熱くならないで下さいね。
その日は高知12Rのポロンチャン+赤岡修次騎手まで、まだまだ時間はタップリある。

目黒記念 過去成績

↑の「過去の出走馬一覧」でビューワを開いて、人気順に並び替えるとこんな。
t1
荒れるレースではありますが、人気馬はそれなり。
1番人気なら勝て無いまでも2~3着は大丈夫。
ただし、関東馬はダメですね。
そこは嫌った方が良さそう。
HB・後半印で▲以上持ち、そして素直に人気馬から探すところから始めて下さいな。

次に3着以内馬を見てみましょ。
ちょっとビューワの操作が必要なので、その手順を。

続きを読む

今週のG1はオークス。
優駿牝馬(オークス) 過去成績

あまり変な事が起きないレースで、皆納得…という結果に落ち着く事が多いです。
つまり。
殆ど書く事も無いんですよ。
ビューワで過去の同レースを確認しておくと。
過去の出走馬一覧

・人気順に並び変え
t5
普通にノーザンFばっかり。
2番人気以内で圏内を外したのはレッツゴードンキのみで、非ノーザンF馬。
ノーザンF&社台馬であれば人気しているだけで大丈夫というやつ。
もうそろそろ、これも崩れてきても良いかなとは思う。
3歳クラシック路線では実際に、前哨戦からずっとNF馬は勝てていませんしね。

それでも、1番人気は別格としても…その下辺りの人気馬であれば、やはりまだNFフィルタはありそうです。
また、「推定」後半印が無い馬もアウト。
D・レーン、C・ルメール騎手が乗ってもダメだったので、これは相当にキツイのでしょう。

なので、実質人気で馬券圏内を外したのはリスグラシューのみ。
出遅れて、直線も武豊騎手にしては珍しくドン詰まりでしたね。

・3着以内馬を枠番順に並び替え
t1
人気馬ならどこからでも。
次順の中位人気辺りで来るのは、内・外の端から。
頭数で見ても、1・7枠です。
先行馬なら明らかに内枠有利。

・「推定」後半印順
t2
3ハロンシートだと△、5番手までしか掲載されておりませぬ。
コンビニの3ハロンシートなら、印の欄があるので同じ▽まで載っています。
6番手の馬はデータシートや、ビューワで確認して下さい。

これ見れば断然ですね。
後半◎〇はどうしたって中心視。
勝ち馬が出るのもココです。
この5年で後半無印で来たのはカレンブーケドールのみ。
でもって、ノーザンF凄いな…。
他には社台Fが2頭。
それ以外だとモズカッチャンだけのたった1頭のみです。


続きを読む

ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル 過去成績

昨日触れたこれ。



使うのは過去成績の記事にもある
過去の出走馬一覧
5年分のヴィクトリアマイルの全出走馬をあれやこれやするビューワです。
もう少しみてみると。

目立つのは…やはりディープインパクト産駒。数が多すぎだし、今年も沢山。
過去5年で22頭が出走して、6頭が馬券圏内。
t1
この中から残せる馬以外を、ビューワを使って消していきましょ。

続きを読む

京都新聞杯…毎年荒れるので期待していたのですが。
今年は無理だ。
アドマイヤビルゴ以下が弱すぎる。
小頭数なうえに、初芝3頭、1勝馬に芝で勝ち鞍無しに…。
スルーしましょ。
僕は一切馬券は買わないし、予想もしない。

新潟大賞典

だったらまだ新潟大賞典の方で。
新潟大賞典 過去成績

この記事にある
過去の出走馬一覧
開催ビューワと使い方はベースは同じ。
これで見ていくと。

以前の単行本にもある通り、本当に内枠有利。
そこそこ人気の3枠位内からの軸馬選択になりそう。
t1
内枠であれば「後半」印入り。
逆に、外枠だと「前半」系。
HB印は薄目でも入っている方が断然良いものの、前後半で「注」以上持っていれば圏内チャンスはありますね。

もう少し、印で観ていくと。


続きを読む

天皇賞(春)は、良いですねー、レースが?
いや、メンバーは正直…スカスカです。レース自体の価値も怪しい。
じゃあ何が良いって、そりゃあ既に馬番が決まっている事。

天皇賞(春)

天皇賞(春) 過去成績
HBビューワ
過去の出走馬一覧
コース勝ち馬一覧

Twitterにて、大体は触れてしまいました。


他だと…例えば厩舎でも見てみましょうか。
以前にやった、無料版で今後は厩舎編を。

ハイブリッド競馬新聞の無料コンテンツで岩田望来騎手をみてみる

手塚貴久厩舎

ハイブリッド会員版
無料版

今年は8勝ですが、その内の2勝が重賞でのもの。
t1
マルターズディオサ、ウインマリリンとノーザンF馬以外での勝利です。
この辺りの流れは以前の記事に書いた通り。
明日の競馬 4/19
皐月賞自体は思い切り外したのでアレですが…。

そんな中でのフィエールマン。
厩舎成績画面では、今週出走馬の各セル、上段の赤枠内をそれぞれ選択すると、その選択された項目で下部の成績画面をフィルタリングします。
これ、便利な使い方なので覚えておいて下さい。

t2
同様に、下部の成績画面内で各セルを選択でもフィルタリングされます。
上の表は、手塚貴久厩舎、芝、C・ルメール騎手、ノーザンF生産でフィルタリングしたもの。
1番最初に今週出走馬の騎手の箇所「ルメール」を選択。
次に、下部の成績表内で、「芝」「ノーザンファ」を選択。

約1年で、勝率は40%越、複勝率は75%越。

続きを読む

皐月賞に関しては、もうほぼ決まったので今週は楽だな。
もう1つの重賞はアーリントンC。
皐月賞もそうですが、アーリントンCの出走馬確定版もアップされております。
ハイブリッド競馬新聞の場合、この時点で調教系のデータも指数もほぼ入っているので、ある程度予想してしまう事も出来ちゃいますね。

今回はアーリントンCの想定版を見てみましょ。
準備するものは、
アーリントンカップ 過去成績

↑の記事からスタートです。
PCで見ているのであれば、この記事ブラウザのタブから切り離して、新しいウインドウで開いてみてください。
そを起点にやっていくので。
例えばブラウザがChromeであれば、こんな状態。
t1

記事の中の「過去の出走馬一覧」で、アーリントンCの過去5年分の全出走馬データを読み込む。
t2
タブは2つになって
t3

選択レース詳細ビューワが開きます。
レースの施行日が2年前から4月になったので、今回使うのはその2年分だけにしましょ。
過去2年の1~3着馬をまずチェック。
並び替えとフィルタで、こういう図になる。
t4
手順は
1・ヘッダ部分の「着」で着順に並び替え
2・1番上部になる4着の行の左端の箇所を選択して、行をオレンジの選択状態にする
3・画面下にでてくるボタンで「選択以下削除」で、その行以下を非表示に

これで、1~3着馬しか表にいない状態になります。
同様に

4・ヘッダ部分の「日付」で日付順に並び替え
5・1番上になる17年の行の左端の箇所を選択して、行をオレンジの選択状態にする
6・画面下にでてくるボタンで「選択以下削除」で、その行以下を非表示に

この手順でやると、過去2年分、1~3着馬のみの表示になります。
t5
ここにあるデータだけでも、大体の傾向、どんな馬が来るのか?は掴めるとは思う。
思うけれども、今回は頭数が少ないので…各馬をチェックしていくやり方で。

続きを読む

↑このページのトップヘ