カテゴリ: 想定版

東海S

東海ステークス 過去成績

東海Sはダートですよね。
日曜のその時間だと・・・既に高知競馬場が始まっているんですよ。
そして、同じ金額を賭けたり考える時間を使うのならば、きっと高知をやる方良いような。
って考え出すと、乗り気にならない。
ここに赤岡修次騎手が居るなら話は別ですけれどもね。
東海Sはもう、当日のノリで。

AJCC

アメリカジョッキーズクラブC 過去成績

AJCCに限らず、古馬の芝中長距離の重賞はハイブリッド競馬新聞の視点から見るとパターンは限られています。
そんな視座を得るには「HBリスト」は大変便利。
このリストからの切り口で眺めれば・・・物事は色々と単純化されます。
ただでさえエントロピーの増加量が多い現代社会に於いて、それを抑制してくれる効果があるんですね。
なんなら御守りで持っているもの良いかも知らん・・・か、どうかは、知らん!

AJCC過去のHBリスト
t2

中心になるのは1・2番手の馬。
そして来るのは大体「推定」後半3ハロン上位、というか、近年は目立って1位。
たまたまだとは思いますが、4・5枠の馬は指数上位のなる事が多く、その時はどちらかが来てたりましますね。

今週、想定版の段階だとHB印上位はこんな。

続きを読む

京成杯

京成杯 過去成績

昨年は騎手も回してもらって、正直勝たせてくれた感が強かった社台組のラストドラフト。
今年は・・・C・ルメール騎手はずっと騎乗していた藤沢和雄厩舎のゼノヴァースをアッサリ捨てて、新馬1戦1勝、逃げての楽勝だったスカイグルーヴに騎乗です。
ノーザンF馬、シルクR、木村厩舎で、しかも牝馬。
カナリ危ない感はありますが、それでも人気するでしょうし、HB印は◎、推定後半3ハロンは1位とデータは揃っております。
中10週なので当然「天栄」帰り。

ノーザンF組だと、友道厩舎のヒュッゲは和田竜二騎手でココですか。
前走のエリカ賞は川田将雅騎手が上手く逃げての勝利。
・・・その川田将雅騎手は、日経新春杯でタイセイトレイルに乗ります。
この先クラシック路線に行った時に、アルジャンナを選んだから?なんでしょうかね。
和田竜二騎手だとタガノビューティーは今後ダートに戻りそうだし、であれば、ヒュッゲで。
ちなみに和田竜二騎手、京成杯よりも中山での平場のレースで面白いです。
あまり中山で乗る事は無いのだけれども、こんな成績。
t1
HB・前半・後半で何かしらの印があれば拾っておきましょうね。

もう1頭のノーザンF馬は今週から騎乗のA・シュタルケ騎手。
同騎手のNF馬+芝の条件だと、連対率で30%ほど、複勝率も変わらないので好走するなら2着まで。
印象としては、ダメな方の外国人騎手というイメージの方が強いかもですが、S・フォーリー、F・ミナリク騎手よりは上だったり。

・・・というのは前フリ。
別にハイブリッド競馬新聞のデータのど真ん中って訳では無いです。
JRAの競馬はノーザンF馬。
その中でも、関東は「天栄」、関西は「しがらき」と分かれておりの何やかやがありますよ。
これが、まだまだ中心となる大枠なので、その視点だけは忘れ無いでおこう、というメモ的なものです。


ほぼほぼデータが入った状態でのHBビューワでHB印順に並び替えると。
t2

全部先行馬だな!
昨年はC・ルメール騎手&O・マーフィー騎手で前行った2頭での1・2着。
3着のヒドゥンタイムズも先行して、「詰脚」では「黄色・緑」での1~3着ではありました。
そして、上位3頭はノーザンF馬。
2016年に、プロフィットが勝った時にはNF馬が1~3着独占。

気になるところを見てみると。

続きを読む

コチラにて想定版はアップ済みです。
現時点で結構データは埋まっているので、後は枠番くらい・・・ですかね。
確定版もお昼休みぐらいまでに出せるようにはなりそう。
更に、昼からは船橋競馬場も始まるし、競馬民忙しいな!
船橋競馬場 1/10

だからこそ。
逆に1日1レース、メインでもゆっくりと考えて後はのんびり過ごすというのもアリかも知れませんね。
重賞に関しては・・・

シンザン記念 過去成績
フェアリーステークス 過去成績

3日間開催の初日の土曜は重賞は無し。
京都の淀短距離Sがメインに組まれており、これは何だか当たりそう。
だって、過去成績がこんなです。

淀短距離ステークス

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
過去6年分の1~3着馬。

印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1
ハイブリッド指数、優秀!
M6列の赤文字がソレです。
HB指数上位2頭+何か、という組み合わせです。
2着は外さないので、2~3頭から1頭選んでの馬連は大丈夫。
3連系も推定前半・後半3ハロン印から内目の枠重視で拾って、後半系は間隔空けてきた馬辺りを。

想定版でのHB指数上位馬は

t2

全部追い込み馬ばかり。
横山典弘騎手、最近はちょくちょく関西に来ておりますが、何だろう・・・競馬というより別件でもあるのかな?
ちなみに、芝の短距離の成績は良くない騎手です。
それはイメージで分かるかと。

カラクレナイの大野拓弥騎手は変わらずですね。
松下厩舎、というよりも、この馬だけは同騎手が乗る方針のようです。
関東にいたらO・マーフィー騎手がいるので、まだ関西に来た方がマシかもですが。

アイラブテーラーは、もう岡田騎手には戻らない感。
人気・有力馬が後ろで固まっていても、アイラブテーラーはやはり上手く抜けて来そうだな。


そして、展開的に面白そうなのは「前半」系の馬達。
どれも人気は無いでしょうね。
武豊騎手、自分の馬だけ勝てれば他がどうなろうと知った事では無いので、最後にキッチリ交わすイメージだと・・・前は残れる可能性はアップです。
「推定」前半3ハロン上位は、このように(確定版では変更になるかも可能性があります)

t3
無難なところではボンセルヴィーソ、ニシノラッシュ。
でも、メイショウメイケイも良い枠引ければチャンスありそうなんですよね。
これは明日の朝までの楽しみにしておこう。

重賞2つは、もうほぼ決まってしまいました。
今から考える事もあまり無いなと。

京都金杯 過去成績

既にハイブリッド競馬新聞の想定版はアップされております。
データもほぼ入っているので大体の予想は出来ると思う。
この時点で、ここまで揃っているのって・・・やっぱり便利ですね。

ゴドルフィン!

枠次第なレースではあるけれども、今年期待のゴドルフィン、ドーヴァーはまずまずの感。
確定版では変わるかもですが、 t5
推定後半3ハロン3位と、このレースで好走するのための条件は1つクリア。
前走は休み明けでの勝利で、反動が・・・?の心配も大丈夫そうです。
今回は中5週。
中間の追い切り本数は3本。
つまり、間に「外厩」に出しておりますね。
先週は南Wで46の追い切り指数を出して、当週は27とやや軽目。
これは前回と同じパターン。

Target用データパック

他の馬を考える前に、いつものこれを。
ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んでいると、過去の重賞の傾向も印で把握しやすいですね。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

中山金杯もそうですが、ここでもステイゴールド優秀。
特に、牝馬で来ているので同産駒しかおりません。
印ではやはり「(推定3ハロン)後半」上位が中心。
無印では「前半」▲以上が基準となるライン。
人気馬にはなりますが、HB・前半・後半の3つ入りも連対は外しておらず。

続きを読む

↑このページのトップヘ