カテゴリ: 明日の競馬

京都11R マイルチャンピオンシップ

マイルチャンピオンシップ 過去成績

海外遠征が無くなった…という影響は、やっぱりあると思います。
今年の3歳以上のG1上位馬がこんな偏り具合。
重賞一覧ビューワ

t1
国内でレースを上手く使い分け、というか、C・ルメール騎手の確保さえ出来れば…で、ノーザンF+クラブ馬で上位が殆ど埋まります。
この時期恒例の外国人騎手の短期免許も無いので、その傾向が更に加速。
3歳戦こそ3冠馬2頭が誕生して例年とは違う流れではありましたが、古馬の方は相変わらずですね。
そして、2歳の重賞もノーザンF馬が独占状態。
t2
平常運転に戻りつつあるなと。

短距離でも無く、グランプリでも無いここは、安田記念、天皇賞(秋)、エリザベス女王杯と同じような結果になるでしょう。
ここでのノーザンF馬は
t3
そして、クラブ馬に限れば4頭。
印もそこに集中しております。

さて、上記の同じような決着でのレース。
騎手を見ても、登場人物は今回と同じですよね。
C・ルメール騎手
を筆頭に、北村友一、福永祐一騎手が次順。
この3人+アルファといったところです。

レシステンシアもサリオスも前走はC・ルメール騎手が騎乗。
で、今回はグランアレグリア。
アーモンドアイ > グランアレグリアなのは分かるので、安田記念は仕方無し。
普通に選んでここではグランアレグリアなのかなと。

堀厩舎だって、正直C・ルメール騎手の方が良かったはず。
厩舎の騎乗馬の成績を比べても。

・C・ルメール騎手
t4
・M・デムーロ騎手
t5
2人共に単勝回収率は100は超えています。
C・ルメール騎手でこれって事は、人気馬に乗っているにもかかわらず勝ち切るからこその数字。
勝率を比べれば断然ですよね。
M・デムーロ騎手との比較でも2倍以上違うです。

続きを読む

分かりやすさ、というか、手間のかけなささ。
で行ってみよう。

・・・そこまで時短したいなら競馬をしなくても、はおっしゃる通り。
なのだけれども。

意外と時間が無い方は多いし、それでも競馬をやっていたい、という方も多いです。
馬券を持ってレースを見る、という行為は何と言うか「尊い」は言い過ぎか、んー。
「凄く能動的な行為」ぐらいで丁度良い扱いですね。
普段の生活において、そこまでのレベルで何かをするって、あまり無いんじゃないかなと。
ある種の達成感と共に、割と手軽に得られるのが「馬券を持ってレースを見る」だったりします。
でもその為には、予想しないとアカン。
その時間が無いやで!

なんて方に需要があるかも知れない方法でやってみます。

先ほどの記事
HBリスト 11/21
を使いましょ。

東京1R


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

京都11R エリザベス女王杯

エリザベス女王杯 過去成績

ここでも「重賞一覧ビューワ」からスタートしてみます。
使い方は
重賞一覧ビューワを作成しました
ビューワは → コチラ

今回のエリザベス女王杯に向けて使うのは、2017年以降の古馬の牝馬限定G1。
ヴィクトリアマイルとエリザベス女王杯ですね。
どちらも、本当に強い牝馬は出てきません。牡馬混合戦に向かいます。
ここまでの過程も、基本は牝馬同士の中でやりあっている馬達でトップを決めるレース。
そんな共通点のくくり。

そして、古馬牝馬のG1ってあまり大きく変化しません。
ヴィクトリアマイルもエリザベス女王杯も、代表クロコスミアのように、リピーターが多めです。
競馬会に何かが起こったときに、1番最後に変化がくるのがここらのレース。
以前の傾向が、今回に当てはまりやすいところ。
t1
目立っている部分は…

・HB印よりも、推定前半・後半3ハロン印
ジュールポレール以外はどちらかは▲以上ですね、というかほぼ〇以上。
その無印だったジュールポレールはディープインパクト産駒で社台馬。

・内枠ばっかり
普段、枠を気にしている方は1番目立つ部分かも。
リスグラシュー、アーモンドアイと牡馬とやってG1を勝てる馬以外は、勝ち馬は全部内枠からです。
割と能力接戦している中で本気で走ると…こういう結果にはなりやすい。
それぞれのコースの特性等ありますが、古馬の牝馬限定の多頭数の重賞って内枠に偏りやすいんです。
単純に距離のロスが少ない恩恵も大きいのでしょうね。

・殆どノーザンF馬
につきましては、牝馬のみならず。


「上位10レース詳細」ボタンで、全出走馬一覧でも確認してみると。

続きを読む

東京9R オキザリス賞

なかなか1つの方針で決められないレースです。
過去分のHBリストだと。
t1
連対馬は1ブロック目が基本で、2ブロック目も前半部分まで。
3着馬が2回HBリストに載っていない馬でしたが、どちらも内枠の人気薄。
前走が芝→ダートで勝ってのオキザリス賞だったので、指数がまだ間に合っていない馬達でした。

1頭決めれば何とかなりそうではありますね。
HB印◎は勝て無いまでも、前半・後半印、騎手も枠もバラバラにも関わらず2着には来ておりますし。
指数上位自体の信頼度は高めではあるかなと。

開催ビューワを使うと。
前走で逃げて勝った馬達の結果がこれ。
t2
この時期なら単純に、前で競馬して高い指数を出した馬は強いです。
ボンボンショコラは…岩部純二騎手というか牝馬に辛いレースの分着順落としたって事でしょうね。
それに、実際に逃げてしまうと、それはそれでキツイ。

明日分を「当日一覧ビューワ」でHB印順に並び替え。
t3
HB◎の10・プロバーティオ、〇の5・バクシンは共に前走逃げてのここ。
バクシンの前走はM・デムーロ騎手だったのですが、10・プロバーティオを選択ですか。
新聞だと。
t4
バクシンの斉藤誠厩舎との相性も良いのですが、同等以上に田中剛厩舎も良い。
複勝率で58%もあります。
東京ダートも複勝率は40%で、これはC・ルメール騎手に次ぐ値。

前走のハイブリッド指数は53なのですが、2歳で東京ダート1400mでそれ出せると…。
「コース勝ち馬一覧」
t5
例年のオキザリス賞の勝ち馬のレベル。
追ってからは結構甘そうなので将来的には??も面もありますが、今なら感は1番ある馬。

8・セルフメイド
t6
新馬→HB印付きでここで好走。
がオキザリス賞の基本なのですが、今年はそんな新馬からの馬がおらず。
その中で唯一40以上をだして、枠も内目を引けたのが8・セルフメイド。
HBリストでは1ブロック目に入れて、前半▲。

1・カレンロマンチェコ
t7
前走は外枠で外々回って、競馬出来ずでした。
2走前と同様に内枠を引いて、前でロスなく回ってくれば圏内のチャンスはありそう。

後はHB印入りの中から相手を…。

◎10・プロバーティオ
〇8・セルフメイド
注5・バクシン
△1・カレンロマンチェコ
△14・ニシノスミカゼ
△3・サヴァ
△12・クリノザウルス

福島の芝


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京11R アルゼンチン共和国杯

アルゼンチン共和国杯 過去成績

↑の通り、配当的には堅いレース。
過去のHBリストでみても。
t1
勝ち馬はHB◎○からだし、2~3着もほぼ1ブロック目から。
2ブロック目まで見ても、その前半部分からで人気だし、鞍上は選ぶし…。

印的には「後半」系ですね。
過去の1~3着馬を「開催ビューワ」で見ると。
・後半順
t10
後半無印は2頭のみが圏内。
前半◎▲の2頭。

敢えて馬券を買う意義を見いだすなら…。
t2
ヘッダ部分の「生産」→「4」の順番で並び替え。
中団以降からの馬は全てノーザンF馬です。
それ以外だとある程度前で頑張るくらいしか残されておらず。
とは言え、人気上位だったり重馬場だったり、オプションは必要。
可能性がありそうなのは、赤枠の部分のタイプ。

人気はイマイチ。
HB印もイマイチ。
だけれども、前後半で上位の印持ち。
そこらでちょっと紛れてくれれば…を。

「当日一覧ビューワ」でHB印順に並び替えると。
t3
12・メイショウテンゲン
14・オセアグレイト
16・アールスター
この3頭。

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京11R 京王杯2歳S

京王杯2歳ステークス 過去成績

選択レース詳細ビューワをアップデートしたので、使ってみましょう。
京王杯2歳S 過去の全出走馬一覧

手順としては、馬券圏内の馬を見て、どんな馬が、どの着順で来るレースなのかを確認。
上部に追加したショートカットボタンで。
t1
「1-3」ボタンを選択。
1~3着馬のみの表示になります。
t2
連対馬は、HB・前半・後半印で○以上持ち。
殆どが人気馬で3番人気以内。
配当的に期待出来るのは「前半」印上位から。

3着のゾーンは中位人気で埋まっていますね。
もし3連単を買うのであれば、その4~6番人気の3頭固定で…もアリかもです。
HB+前半、もしくは、後半上位の馬達で、印では▲以上が基準のライン。

アドマイヤモラールのみが無印での圏内。
ノーザンF馬、だけでも良いのだけれども、前走で判別も出来そうです。

続きを読む

東京11R 天皇賞(秋)

天皇賞(秋) 過去成績

当日一覧ビューワでHB印順に並び替え。
t2
これを基に考えて行きましょ。

過去の連対馬を、同様にHB印順に並び替えると。
t1

勝ち馬は、HB・後半Wで上位で◎は必須。
2着まで広げるなら、それを少し緩くしたHB・後半Wで、最低でも後半印は必要です。
というか、人気馬以外だと後半印のディープインパクトなのですけれども。

今回勝ち馬を考えるのなら、もう7・クロノジェネシスと9・アーモンドアイの2択ですね。
オッズが示す通り…9・アーモンドアイになると思う。
t3
3歳時には相手も3歳牝馬の限定戦で楽な競馬が出来た分、JCまで使っての5戦。
4歳時には4戦して、年明け初戦のドバイを勝って帰国後の中8週の安田記念で3着。
スタートで不利があったとは言え、たっぷり間隔を空けて、バシバシ追い切りをして、狙ったレースを獲るスタイルから外れてしまうと…甘いです。
昨年の秋は、今回と同じく安田記念からの休み明けで追い切り指数も2週とも高くの臨戦で完勝。
続くJCではレース間隔も、追い切り指数も足らずに凡走。
ヴィクトリアマイルも同様だし、同じく安田記念も同じ。
この後は香港との話ですが、本当に行けるのかは分からないし、後の事は考えずここは超本気ですよね。
そしていつもの休み明け。
既に勝っているレースでもあります。

t4
今回も追い切り指数は2週続けて「50」以上。評価も「A」。
その過程でレースをするのであれば、ハイブリッド指数は80を超えて来ます。
そもそも…どの出走馬よりも府中は大得意。


7・クロノジェネシスは
t5
宝塚記念はとにかく強かった。
強すぎて…逆に府中で心配になりますね。
阪神内回りで捲り気味に圧勝は、リスグラシューと似たような感。
同じ事を有馬記念でやれば勝てるだけの指数と適性。
オルフェーヴルもそうでしたね。
古馬になって府中を使ったのはJCの1回のみ。
一旦抜け出した後に、ジェンティルドンナに差されました。

この後のレースを考えると、また輸送もあるし、初戦からびっしり仕上げる事も出来ません。
追い切り指数では宝塚記念よりも、やはり低め。
諸々噛み合えば滅茶苦茶強い、けれども、それが今回起こる可能性は低そう。


2頭の比較からは9・アーモンドアイとなります。

その下を見ていくと。

続きを読む

東京11R アルテミスステークス

アルテミスステークス 過去成績

今年の出走馬を、前走のレース別で並び替えてみると…。
t1
何か違和感が。
特別レースからの馬が多いんですね。
そして、札幌2歳Sからの1・2着馬。
牝馬がワンツーだった…って事か。

アルテミスSは基本、新馬・未勝利からの馬が、HB指数、後半上位で人気になって活躍するレース。
夏のローカル重賞や特別組は。
tt2
そこで上位だろうが、人気にもならないし、結果もほぼ残せず。
アルテミスSで来る馬のタイプも、逃げて2~3着にギリ残った…というのが殆どです。
一応、札幌2歳Sだけは流石で、差し馬で来ている唯一のレース。

過去の1~3着馬を同じく前走順で見ると。
t3
ノーザンF、社台Fの馬が新馬・未勝利を勝って、そこそこ印を得て、人気になって、ここで上位。
そして新馬であれば「詰脚」パターンは「黄色・緑」で「後半」は▲以上。
未勝利からだと、1回使って覚醒しての「詰脚」が「赤」。
・・・なのだけれども、今年は違うな。という事です。


このレース、手順としては最初にHB+後半上位の人気馬からの選択。
今年だと。
t4
5・ユーバーレーベン、14・ソダシの2択からですね。
馬で言えば5・ユーバーレーベン。
ですが…。
鞍上が柴田大知騎手。
今開催の東京芝では、47回の騎乗で3着が3回。
連対率は0%で、複勝率が6.4%です。
約1年間、東京の芝では1勝のみ。
騎手で相当大きなハンデを抱えておりますね…。

一方の吉田隼人騎手。
昨年の10月からで、東京競馬場の芝では3回しか騎乗がありませぬ。
関東の騎手…ですよね?
ローカルと関西遠征を続けていたので、極端に中山・東京で乗ってません。
柴田大知騎手と違って下手では無いので、信用度で言えばこちらの方が上。

13・テンハッピーローズ、8・シャドウファックスはどちらも社台F生産馬。
勝ちまでは遠そうだけれども、2~3着で配当狙うのであれば、ここからでも悪く無い。

印ナシでも内枠の関西馬もチョイチョイ来ます。
そんな馬であれば。
t5
ノーザンF馬の2頭を。
2・ストゥーティは新馬戦で「詰脚」パターン「黄色・緑」。
3・ミルウは未勝利で「黄色・赤」。
どちらも過去の傾向に合う勝ち方ではありました。

後はHBと後半印上位を絡めてこんな。

〇14・ソダシ
▲8・シャドウファックス
▲5・ユーバーレーベン
注3・ミルウ
△2・ストゥーティ
△4・クールキャット
△13・テンハッピーローズ
△16・ヴァーチャリティ


追記で。

寝る前にここで見たのを少し。
明日の競馬 10/31

続きを読む

↑このページのトップヘ