カテゴリ: 明日の競馬

京都記念

京都記念 過去成績

今年も例年通りの小頭数。
うん、例年通り・・・なんですね。
と言う事は、人気馬は勝たないし、結局上位に来るのは、京都大好き&適当に前に居る馬。
そんな結果も踏襲するでしょう。

人気では
t1
過去のオッズ順で並び替えて、上から見ていくと・・・ようやく17年のサトノクラウン、3番人気4.4倍で勝ち馬が出現。
人気のビッグネームがバンバン負ける。負けるどころかぶっ飛ぶ。あって3着。

着順別だと
t2
頭が荒れるレースですね。
そして、2着にも微妙な人気馬を連れてくる。
派手な印は無いものの「前半」上位が連対馬で目立つ部分。
2~3着には「HB・後半」上位。

過去のHBリストでも
t3

1・2列目のHB指数◎〇はずらっと2~3着。
3連単の2列目、3列目コースです。
勝ち馬が出るのは3番手以降だし、こんな小頭数でも2ブロック目か過去3回も勝ち馬が出る。
2ブロック目からであれば「前半」入りなのですが・・・今年はおらず。
2017・2014年のような決着を期待する年ですね。

今年の1ブロック目はこのように。
t4
前半1位は流石に印が偏りすぎなのか、2200mの外回りコースだけあって不振。
それよも下、出来れば「前半・後半」どちらも入っている手頃な所に期待です。
今年だと、5・ステイフーリッシュ、9・ノーブルマーズ。
あまり馬自体を比べる事はこのレースには求められていないので、騎手で見ると。

続きを読む

何はともあれ、HBリスト。
それは → ここで

先週の結果は
HBリスト 2/9(日)
HBリスト 2/8(土)

小倉の1Rはダートの100m。
それにつきましては

の通りです。
何故か西村淳也騎手は、ダ1000mの内枠(しかもほぼ人気薄)ばかり走るし、藤田菜七子騎手も「前半」印が入った時にしか好走せず。
2人同時に条件が揃うというのもアレですが、だったら・・・一緒に来て貰いましょ。
HBリストで見ると。

小倉1R

t1

6・ダンツクォーレも7・ゴッドカーヌスティも1ブロック目に入っており、「前半・後半」印もW。
1ブロック目内での決着が基本ですが、2ブロック目以降からも指数差が低ければ来る事はアリ。
そして、来るのであれば「前半・後半」印入り。
ここだと1・2ブロックの指数差は「5.1」と接近気味。
11・フィエールアシュパル、1・エオスモンは3連系なら入れておいた方が安心ですね。

西村淳也騎手に乗り替わり、内枠引けた、というプラス材料の多さで6・ダンツクォーレを上に。

◎6・ダンツクォーレ
〇7・ゴッドカーヌスティ
注2・シゲルハクチョウザ
注4・ブレイヴガール

残りの1番手と青線の馬達は、オッズ次第ですかね。
ごちゃごちゃ面倒であれば・・・もう6-7のワイド1点で良いんじゃないかな。

と、せっかくなので残りの小倉ダートも。
2Rは1700m。

開催ビューワ

開催ビューワで確認して見ると。
2/15日分

手順通り、1からやって行きますよ。

1・リンク先を開く

今回は小倉のダートを見るので、1回小倉の開催データを取得するところからスタート。
上部の「開催追加」ボタンを選択。
t1
2020年の小倉の「1回」を選択して、「閉じる」ボタンで過去の開催選択画面を閉じる。
t2
これでブラウザ上に、1回小倉の全成績が取り込まれました。

続きを読む

馬券で遊ぶなら…小倉でしょうね。
ダートは3連単で行けるし、芝はもう人気は関係ないです、寧ろ人気しているとダメなレベル。
HBリストで前半・後半順位と騎手名見ながらフィーリングでどうぞ。

京都11R きさらぎ賞

きさらぎ賞 過去成績

小頭数はいつもの事です。
それでも完全な人気決着は少ないし、1倍台になっていない1番人気も脆いし。
適度に荒れる。それ以外の決着なら…諦める。
そんな気持ちで臨みましょう。

t1
前走重賞好走組2頭からの選択を先に。
どちらも「詰脚」で「黄色・赤」を出してからの重賞参戦で圏内でした。
チョイチョイここで出てくる「黄色・赤」のパターンの話。
イメージとしては、先行して追い込み馬並みの脚を使った、とでも考えて下さいな。
まだレース数が少ない馬でも格上の存在だったり、連勝する前のスイッチが入った時なんかに出現する「詰脚」パターンです。
土曜日のエルフィンSを勝ったデアリングタクトもそう。
t2

5・グランレイ、8・アルジャンナは共にそのパターンを出しており、指数的にも似たような物。
で、あれば、他の要素で決めるしか無いですね。

・ディープインパクト
・池江厩舎
・川田将雅騎手

人気の通りですが8・アルジャンナの方が上です。
毎年毎年ディープインパクトが3着以内に入るレース。
…それ以上に、池江泰寿がこのレースで走り過ぎ!
出走したら好走がもうお約束です。

アルジャンナ以外にもノーザンFから前走新馬勝った馬が2頭。
t3
これまた優劣が着けづらい2頭です。
で、あれば、他の要素で決めるしか無いですね。

藤原英昭先生、お願いします!

続きを読む

HBリストを見れば、京都も小倉も騎手である程度絞れるし、後は…適当に流すだけで買える。
問題は東京ですよ。
O・マーフィー騎手が帰ってしまい、日本中が途方に暮れている状況。
はやいところ彼の不在に慣れないとダメですね。
と、いった意味を込めて今回は東京をやってみましょ。
京都は久保君のコラムがあるし。

Twitterでは1Rから、ポイントになりそうなとこを流しておきました。
後はまとめるだけですね。

東京1R



HBリストでは
t2
2ブロック目との差は「16」あって、1頭4・スズカキングボスがまず大丈夫であれば、1ブロック内での決着でしょう。
残りの5頭から3頭選ぶと上記の赤枠の通り。

軽視した9・ニーケススマイルの鞍上は松岡正海騎手。
同騎手の東京ダートはハッキリしております。
t1
東京ダートならHB印で▲以上、特に◎なら人気に関係なく頑張る。すごく頑張る。結果もついてきています。
が・・・反面、そこから漏れると、途端にダメ。すごくダメ。
それでも人気馬はたまに2~3着がありますが、条件に当てはまらない時に嫌う方向が正解の騎手ですね。

江田照男騎手だと。
笑かしに来ているのか?やたらと挑戦的な結果です。
t3
人気馬は問答無用で飛ばす。
その替わりに、中位人気辺りの馬で3着滑り込みの才能よ。
今回と同じ未勝利戦に限定すると、もっと圧縮されてその傾向がより強まりますね。

と、あまり騎手ばっかり言っても頭のおかしい人と思われてしまうので、普通に新聞も使ってみましょ。
t4

1・ヤサカパフィーは、前走が初ダートで3着。
「詰脚」も「青・赤」パターンで優秀。差し馬のソレです。
こういう脚の使い方が出来たのは他だと10・スイスライツしかおらず。江田照男騎手の馬ですね。
ローテは中1週ですが「追い切り指数」はB評価で、間隔空けた前走と同程度でしっかり追ってます。

2・ヨシオドライヴはHB印入りの「後半」2位。
印的には悪く無いし、前走も人気の7・ダイシンウィットと差の無い結果。
ずっと出遅れていますが、もう少し上手くゲート出られたら圏内はありそう。
オッズも魅了。

7・ダイシンウィットは過去3走、今回と同じ出走馬中では全て1位と、ちゃんと上位の存在。
前走はペースが早すぎて止まりましたが、勝てそうもなければ素直にスズカキングボスを見ながら…って競馬をしてくれそう。

後は…内田博幸騎手が本当に勝つの?という判断だけですね。
オッズ次第では馬単の裏表でも良いし、3連単でマルチとかやって適度に負ける事を期待しながらレースを見るのも楽しそう。
これなら勝ってしまっても許せますしね。
馬単を頭で持って、3連単で2~3着…かなあ。

〇4・スズカキングボス
▲10・スイスライツ
▲1・ヤサカパフィー
注7・ダイシンウィット
△2・ヨシオドライヴ

東京2R

続きを読む

平場は・・・殆ど土曜日と同じやり方で良いです。
でも、せっかくなので覚えていた方が良いポイントいくつか。

HBリスト 2/2

東京 石橋脩騎手

石橋脩騎手、ハイブリッドデータで言えば「後半」系の騎手。
そして芝方面。
ダートでも下級条件なら、芝と同じように拾えます。
明日は・・・。
HBリスト
t1
1Rと9Rが対象。
HB印と「後半」印が揃えばOKです。
HBリストだと1ブロック位内で、「後半」順位入りですね。
どちらのレースも1ブロック目で決まりそう。
特に9RはHB指数上位3頭の騎手も大丈夫な方々です。

石橋脩騎手の芝は更に発動条件が決められてまして・・・。
t2
東京の芝だと1~3勝クラスの特別レース。
というやつです。9Rのセントポーリア賞はピッタリですね。
堀厩舎の馬だし、これが本当に走るようだと乗り替わりコースなのが・・・。
でもO・マーフィー騎手は来週以降いません、外国人騎手も当分来ません。
その間に結果を積み重ねて欲しいところです。
ちょっと前は良い馬結構回ってきたのに、現在はそれも分散してしまい、勢いは下がり気味。
これで戸崎圭太騎手が戻って来たら益々厳しいなあ。
順調であれば北村友一騎手レベルになれた可能性もあったのに。


京都 S・フォーリー騎手

HBリスト
t3
対象レースはダートの2・8Rと、新馬戦の6R。
外国人騎手ですが・・・芝ダメ絶対、ただし新馬戦は除く。
とだけ覚えておけば大丈夫。
特にダートの先行馬はカナリの安定感です。

おまけで大野拓弥騎手も。

t4
HB・前半・後半、3つ印が揃っていればそこそこ。
ダートで「前半」系の騎手ですが、今の騎乗を見て居ると、そして今後O・マーフィー騎手がいなくなる事を考えると・・・使い勝手の良い騎手でいて欲しいです。
明日は10・11Rですね。
t5
1・2ブロック目の指数差がほぼ無いので、混戦ではあります。
10Rは頭数も少ないので「後半」入りくらいを2ブロック目からは拾っておくだけで間に合いそう。
13の岩田康誠、6の幸英明騎手の後半上位が相手本線で。

小倉 いつもの3人

これはずっと一緒。
西村淳也、横山武史騎手と、芝での丹内祐次騎手。
土曜の4Rではこの2人でのワンツー決着で35倍。
人気でも、人気薄でも、とにかく便利な騎手。
印的には、人気薄の「推定3ハロン」で前後半▲以上は押さえて下さい。
枠的に、芝は両端はイマイチで、真ん中目。
ダートは逆に内・外の端の方を。

HBリストは、ハイブリッド指数順に並んでいるし、推定3ハロンの前後半印、騎手名があるので、正直それだけで馬券が買えてしまうです。

京都11R シルクロードステークス

シルクロードステークス 過去成績

荒れる印象があるレースで、実際に荒れてはいるものの変な馬が来るパターンは決まっているし、勝ち馬も選びやすいです。

過去の1~3着馬を着順と印で見ると。
t1

続きを読む

関東は東京開催がスタート。
O・マーフィー騎手は今週が最後ですね。
同騎手がいなくなったら・・・酷い事になりそう。
明日はC・ルメール騎手は東京で、武豊騎手も同じく。
3人ちゃんと騎手がいれば、常識的な範囲には収まりそう。

京都は2回京都となって、芝はA→Bコースへと変わります。
前開催時は芝だと2・3枠の成績が相当良かったので、また内目の枠有利はありそう。
狙い方は変わらなそうです。
人気の川田将雅はいるし、チョイ人気薄の松山弘平騎手もいる。
福永祐一騎手はイマイチなまま。
その下の方だと、松田大作、和田竜二騎手が内枠で、ってところですね。
2つくらいずつ馬券圏内の想定。
A・シュタルケ騎手は、1~3勝クラスで長めの距離とNF絡みの馬なら。
未勝利やOPだと・・・何しているんだか分かりません。

小倉には幸英明騎手が登場。
今の勢いなら期待は出来そう。
それでもベースは、横山武史、西村淳也騎手で、芝の丹内祐次騎手と覚えておきましょう。


開催ビューワ

さて、せっかくテスト中なのでそれを使いながら・・・。
前回説明した、騎手・厩舎のビューワ。
騎手・厩舎ビューワ

の、別バージョン。

1開催の成績を丸ごと分析する用のやつ。
開催ビューワ、とでも呼んでおきます。
成績をアレコレ見るくらいには使えるようにしておきました。
昨年の1回東京だと。
→ コチラ

とりあえずの1開催分です。
ハードのスペックが許す限り、いくらでもデータは増やす事は出来る。
し、
コレ今回の出走分と合わせて見られるように(多分する)なれば、もっと使い勝手はよくなりますね。
僕が以前某所で作っていたビューワより楽しみ。
今後1年くらいかけて、ここらは色々やっています。

もっと詳しく分析をしたい方であれば、Target用のデータパックをお使いくださいませ。
ハイブリッド競馬新聞データパック

HBリストと合わせて使ってみましょうか。
「推定」3ハロンに関しては久保君のツイートの通り。



そしてHBリストと言えば、まずはHB印(ハイブリッド指数印)1位の◎ですよね。

t2

HB印◎でフィルタリングして、ダートを選択。
ヘッダ部分の「4」で4角の通過順に並び替えて、4番手以降を「選択行以下を削除」で消す。
東京と言えば差し・追い込み、ではありますがHB印◎と、能力がある馬ならばしっかり前で競馬をする馬の方が優秀です。
安定してますよね。
これで着度数は
9-3-3-5 (45.0-60.0-75.0) [163/113]

上の画像は更にそこから「番」(馬番)を選択で馬番順に並び替え。
枠も重要ですが、奇数・偶数ゲートで見るのも大事です。
このフィルタだと、偶数馬番の方が成績が良いのが分かるかと。

芝も似たような傾向です。
HBリストとこれだけで、まずは1頭決める事が出来ますね。
HBリスト 2/1

実際にやってみましょ。

続きを読む

まずは・・・HBリストでも見てみましょうか。
午前中だと、ほぼ馬を見る必要も無く、騎手見て決められるので便利ですよね。
HBリスト 1/26

京都の前半だとこんな。
t4

赤枠のある2・3・4・7Rの4つは、騎手と印だけで来る馬。
そもそも・・・HBリストの上位にいる時点で大丈夫なのですが、更に大丈夫な所ってイメージで。
複勝で転がして2倍くらいにはなるかな。
青の線は、まだ途切れていないので続行の、松山弘平、幸英明騎手。
と、ダート+先行馬のS・フォーリー騎手。

1ブロック目の1~3番手までで、土曜日の京都、特別レース前までの平場の結果は。
t5

AJCC

アメリカジョッキーズクラブC 過去成績
今週の想定版

HTML版の「HBリスト」で今年と過去分、並べてみると。
t6
t2

HBリストで1・2番手+「後半」上位、というか1位を選ぶレース。
そこから、相手は1ブロック目で、後は外国人騎手や人気無さそうな「前半」上位。
このように割とスッキリ決められます。
以上!

・・・とは言えですよ、この場としてはある程度は「語る」事が求められるのも分かる。
今テレビで流れているグリーンチャンネルだって、ぐっだぐっだ喋ってますものね。
世の中の需要ってやつですよね。

大枠で見れば、ここは社台vsノーザンF馬。
この2つで3頭、6頭です。
そしてC・ルメール、O・マーフィー騎手を押さえたのは社台陣営。
C・ルメール騎手を取った陣営の方が有利、というのが今のJRAです。
昨年の京成杯はラストドラフトが勝ちましたが、当時はC・ルメール、M・デムーロ騎手を社台が押さえたレースでした。
ここもその中での決着になるでしょう。

なので・・・ちょっと邪魔なのが3・ミッキースワロー。
NF生産のミッキー馬で「外厩」は「天栄」をほぼ使わない特殊パターンの馬。
鞍上の横山典弘騎手から見てみると・・・。


続きを読む

明日分をHBリストでザッとみたところ・・・。
HBリスト 1/25

中山



この競馬場には主であるO・マーフィー騎手がおります。
同騎手が1番手、つまりHB印◎の時には
t5

素でこれです。
ダートだと更に成績はアップして、勝率50%、複勝率は90%まで行く。
嫌っても仕方無いですよね。トコトン愛すしか道は無し。
そこスタートで、例えば1Rだと。
PDF版のHBリストではこのように。
t6

HB印で2~3番手には、木幡育也、吉田豊騎手の並び。
指数が高くて人気・・・ではあるものの、勝ち切れ無いし、そもそも2~3着ですら結構危うい方々。
木幡育也騎手は、普通に腕が無いなという成績ですが、吉田豊騎手だと。
t7
未勝利ダートだとこんなです。
技術どうこうでは、ちょと説明の付かない悪さ。
1年以上の休養を挟んでから復帰した後は、ダートで6勝。
先週は重賞を勝ったし、徐々に良くなってきてはいるのでしょうが、人気馬で積極的には選べませんね。

HBリストにも順位は入っておりますが、視覚的に頭に入りやすいように改めて「3ハロンシート」(HTML版)も確認。
t8

最近の中山ダート未勝利での結果は
t9

人気・指数が揃った、前後半上位は、やっぱり強いです。
変な馬なら「後半」系の馬。
1頭は、どちらも5位以内に入っていない馬が来る事多め。

・・・と、いう事を踏まえると、前後半で1位の14・ドラゴンズバック、11・グランドストロークは3連複の2列目のピッタリ。
それだとオッズ的に14・ドラゴンズバックは人気で配当獲れない分、3連単の2~3着に回す。
もしくは後半系に寄せて、11・グランドストロークと9・ゼンダンロマンの2頭にしましょうか。
そして、推定3ハロン5位以外からの1頭を選ぶ作業へ。

4枠の2頭は良いですね。
t10

どちらも前走の「後差」は黄色。
このクラスの人気薄なら、すっごい脚よりも、とりあえず前の馬です。
7・タニセンシロッコは父ヘニーヒューズの評価はBD。成績的には合う。
2走前までは武士沢友治騎手で、後方で控えてそのまま!をキッチリと教え込んだ後に江田照男騎手で普通に先行の競馬。
武士沢友治騎手の呪縛から抜け出せたのは大きい。
8・キクは相沢厩舎で、所属名がピンク色になっているように、成績はイマイチも回収率は高い厩舎です。
変な馬の方がよく走るしで、休み明けの初ダートも、何か起こる事を期待するなら悪く無い。
芝厩舎が諦めてダート変わりは・・・ある意味説得力がありますよね。芝はホント無理だったんだなと。
そのうち地方競馬で走っているかなとは思う。

◎6・スターファイター
〇11・グランドストローク
注14・ドランズバック
注9・ゼンダンロマン
△7・タニセンシロッコ
△8・キク
△13・ソラン

寝る前に馬券は買う。
でも、それよりも、HBリスト他を使った流れでの馬の選び方を参考にして頂ければと。
何と言うか・・・楽です。
指数と騎手でベースの大丈夫率は確保されているので、その上で多少変な事をしても・・・いけると思う。

同様に、京都と小倉についてはTwitterにアップした通りです。

と、寝る前についでに京都3R。
久保君のコラムでも取り上げられていたレースですね。

t2

1番人気想定は7・オーロラテーラーで鞍上は国分恭介騎手。
前走は11番人気と人気薄、前で競馬をして今回は諸々の印が揃っての登場。
…なのですが、国分恭介騎手は人気で馬券上位は差し馬系です。
印も「後半」系のタイプ。
先行すると人気馬でも脆い脆い。
しかも別に前走は特に指数も高く無いし、ポッカリとイン取れて直線も前を交わすでも無く…。恵まれてあれくらい。
で、あれば、やはりここは田中健騎手から松山弘平騎手へと乗り替わりの6・テイエムキズナオー。
想像してみてください、園田で木本→吉村騎手への乗り替わりを。
大体、そんなです。

4・フームストリートはS・フォーリー騎手。
t3
ダートでは下級条件で、4角で4番手以内が好走条件。
今週の水野厩舎の京都出走馬は2頭。
関東からやって来て、どちらも鞍上はS・フォーリー騎手。HB印的にも勝負になるのは同馬。
「前半」1位で行くだけなら行ける。後は…知らん!

9・キングズジェムは芝→ダートの初ダ。
鞍上は帰ってきた富田暁騎手。
前後半Wで順位入りです。
先ほどの国分恭介と違って、こんな馬の人気無いところで上手いのが富田暁騎手。
1ブロック目にも入っているし狙うべき。

3連複で良いでしょ。
馬、というか、印と騎手で…。
6・松山弘平騎手から2列目に、4・S・フォーリー、9・富田暁騎手。
3列目はHBリストで自動的に。

t4



↑このページのトップヘ