カテゴリ: 明日の競馬

菊花賞

菊花賞 過去成績
菊花賞 馬番確定版

木曜日の時点でやってしまったので、もう敢えて考える事も無いですね…。

HB+後半上位の神戸新聞杯

神戸新聞杯から菊花賞へスライドして好走する馬のパターンです。
前走、今走は共に人気。
HB+後半上位。
t3
人気馬で該当すれば、嫌う必要は無しです。
今年はこの2頭。

3・コントレイル
6・ヴェルトライゼンデ
t2

HB印入り

相手は殆どこれ。
結局のところ、指数があるかどうか?です。
上記の2頭以外は

11・バビット
10・サトノフラッグ
13・ロバートソンキー
9・アリストテレス
t3

HB無印なら

前半印入りで、前走それなり。

1・ガロアクリーク
8・ディープボンド
t5

別路線

3着なら…の前走トライアル以外からの1着馬。
7・ダノングロワール
9・アリストテレス
t6
登場人物は大体こんなものですね。
あとは妙に人気になってて、逆に不安になってしまう14・ヴァルコスも追加しておきます。
t7
この中から、削ったり、上げ下げしたりで印を決める。
その時に便利なのが、データシート。
最後にこれを使ってまとめてみましょ。


続きを読む

富士ステークス

富士ステークス 過去成績

↑の記事では。
過去の出走馬一覧

・人気順
t8
5番人気までですね。
人気薄、単勝オッズ10倍を超えて来た馬は不良馬場で行われた時のクルーガーの3着があるだけ。
生産者だと、ノーザンF、社台Fが約半分ずつで、ダノンプラチナで千代田牧場があるだけ。
ここまで寡占状態だったとは…。

想定人気では割れていますが、それでも府中のマイル重賞。
いかにも…な結果がずっと続いていおります。
人気、生産もそうですが、もう1つ。
…府中のマイルだなあ。が、これ。
t1
過去5年のディープインパクト産駒を人気順で並び替えたもの。
勝ち切らないけれども、安定の圏内です。

今年だと。
t2
HB印と人気でだいたい拾えて、そこから漏れた馬は「前半・後半」印。
どのレースでも同じですが、これが1番の手順なのでしょうね。

ノーザンF、社台F、そして「後半」上位の人気馬だと…この2頭からスタート。
t4

続きを読む

秋華賞

秋華賞 過去成績

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2
2年連続でオークスからの直行馬が勝利です。
その後もG1を勝って、アーモンドアイは当然ながら、クロノジェネシスの宝塚記念を見れば、どちらも抜けて強い。
と言う事です。
使わないのが正義!特に牝馬はね。
これが近年の傾向であり、結果が出ている事実。

オークスからの直行。
HB印◎で後半も1位の◎が2年連続。
であれば。
t1
全く同じ印を持った13・デアリングタクト。
これが今の秋華賞の王道であれば、嫌う必要無いですよね。
種牡馬印も「BA」でコースも問題ナシ。

陣営も先があるからこそ、ぶっつけでの今回だと思います。
ノーザンF馬が切り開いてきた前哨戦スキップも、ようやく他に降りてきたなと。
出来ない事では無い。
これが証明されてから、キャッチアップまでに時間は掛かりましたが、これが今後のノーマルになっていくはず。
昔「外厩」データに詳しい時期がありまして、その時思ったのは、これが馬券で有用なのは数年くらいだな…でした。
どんな技術や手法であれ、競馬くらいにオープンな環境であれば、それはいつかは他の陣営も届きます。
調教師だって若い方が入って、定年で出て行っての入れ替わりがあるし、その裏で競馬に関わる人間だって代を入れ替えております。
ずっと同じ事が続く事は…無いですよね。
皆必死にやっているのだから、当然進歩します。
というのがこの世代で可視化されたのかも。

問題は1.1倍というオッズ。
ですが、これはこれで逆に買いやすい。
デアリングタクト、もし勝たないのであれば、中途半端な着順では無くぶっ飛ぶでしょう。
このローテ、ある意味、諸刃の剣なので。
他の馬の単勝や、馬連で充分カバー出来ます。
同馬から3連単を買うにせよ、もう1頭みつけて2~3着に付けての2パターンで済む。

続きを読む

京都大賞典 過去成績

上の記事では
・人気順
t7
1~3番人気のHB印上位+後半印。
相手に、中位人気4~6番人気のHB印も後半印もちょっと微妙な馬。
そんな組み合わせ。

でありました。
当日一覧ビューワで今回をみると。
t1
この中で、HB印・後半上位を選ぶのがセオリー。
17・キングオブコージは安田翔梧厩舎。
成績を見て見ると。

続きを読む

開催変わりの初日で、東西は結構な雨。
ダートは前日時点で既に不良の発表で、芝も…このままだと重を超えて不良までいくかもですね。
その影響が無さそうなのが新潟。
ローカル開催で、若手の騎手達が頑張るゾーン。
春の福島以来ですね、こんな条件は。

でも。
今週はずっとビューワ関係のプログラムを弄っていたので、あまりJRAの競馬に触れて無いんですよ。
明日は分かり易いところだけで、後は…HBリストなりでちょっと手を出すくらい。
偏った傾向が出てくれれば、午後は何かしら狙えるレースも出てくるかもですね。

分かり易いやつなら

当日一覧ビューワで、ショートカットボタンはこのように。
t4
新潟ダートで、HB印◎○の人気馬はカナリの安定感です。
特に1・2番人気に限れば…。



微妙な内枠さえ嫌えば大丈夫。

当日一覧ビューワで、想定人気の時点ですが該当馬は。
t6
明日のオッズ次第で、変わる可能性もアリ。

横山武史騎手は新潟ダートで…超イマイチ。
1200mだと本当にダメ。
というのがこれまで。
札幌が終わっての2場開催中も、あまり良い所はありませんでした。
人気のノーザンF陣営での騎乗は増えたくらい。
午前中見て、問題無いようならそこまで嫌わなくても良いかもですが、2・3Rは眺めておくだけにしておきます。

一応、2Rは2・トーホウエンジェルからの馬連で適当に。
こんな…かな。
t7

午後は6Rと9Rがダート戦。
その2つをみていきましょ。

新潟6R

10・スワーヴシャルルはHB◎で、1番人気は確定でしょうね。
外目の枠を引いて、前にも行ける。
t1
門別競馬場で圧勝してJRAに戻ってきては芝を使っておりましたが、やっぱりダートやな。
が、前走の結果。
1番人気でしたしね。

14・タガノジェロディはHB▲で鮫島克駿騎手が騎乗。
t2
先ほどの記事で出すのを忘れておりました。
鮫島克駿騎手の新潟ダートでHB印入りの馬の成績は。
t3
HB「注」以上ならカナリ安定です。
春にも同馬で遠征して結果も残しております。
関西ではボコボコに負けてしまいますが、関東に来たときは大丈夫な馬なのでしょうね。

15・アシャカマキシンは、体質弱そうで休み明け初戦が1番の勝負。ではあります。
t5
毎回「追い切り指数」は休み明けでも出している方だったのですが、今回は2週間共に軽すぎ。
厩舎的にも、最近は「使ってから」しか結果を出せていないのもマイナス。

全馬を「当日一覧ビューワ」で前走含めて見ると。
(表示項目減らして画面内に収まると思う)
t6
正直、これは相手が弱すぎる。
前で競馬する馬は軒並みバタバタ最後は止まるし、地方行って連対出来ないレベルでは…。
一応、霧島賞組の上位2頭は神戸新聞杯と3勝クラスへその後出走しましたが、何処にもおらずでした。
この中で、せめて「詰脚」が赤文字以上にフィルタをかけると。
t7
この中で3歳の7・ソウルユニバンスと8・エスシーミホークは拾っておきましょう。
7・ソウルユニバンスはダートならまだ上がありそうですし。

◎10・スワーヴシャルル
〇14・タガノジェロディ
△7・ソウルユニバンス
△8・エスシーミホーク
 2・メイショウゼッケイ
 15・アシャカマキシン

10ー14の馬連1点で配当間に合うなら、それでも良いかな。


9Rも似たような感じです。
横山武史騎手VS藤田菜七子騎手。
騎手成績だけなら断然、藤田菜七子騎手の方が新潟ダートでは上。
8Rまでの横山武史騎手騎手見てから決めてみ良いかと。
…ん?
これって、いつも横山典弘騎手に悩まされるパターンと同じなのでは。
親子揃ってクセありますねぇ。

中山11R スプリンターズステークス

スプリンターズステークス 過去成績

「当日一覧ビューワ」を使って考えて行きます。
まず、勝ち馬。
これはもうパターンは固定ですね。

過去の出走馬一覧
t5

これで見ると、1着馬の「詰脚」パターンは「青・赤」ばかり。
ちょっと後ろ目のポジションを取った差し馬…というイメージ。

それらは前走でも。
t2
やはり「詰脚」パターンは「青・赤」でした。
ずっと人気馬しか勝っていないレースです。
同じパターンの人気馬を素直に選びます。

今年は。
t3
該当馬は10・グランラレグリア、3・ダノンスマッシュ、7・ミスターメロディの3頭。
t1
ずっと「詰脚」で「赤」を出しているのが10・グランアレグリア。
今年の古馬の芝重賞勝ち馬を生産者で見ると…。
やはりノーザンF馬が断トツで27勝です。
次いで社台Fが7勝。
そして、ケイアイFが3勝で全てダノンスマッシュでのもの。
他は1勝でずらっと。
そのNF馬の27勝中5勝がディープインパクト。
2・3歳では成績を落としているものの、古馬ならやはりノーザンFが正義。

過去の1~3着馬を「後差」(後3F地点で先頭との差)で並び替えると。
t1
背景色ナシは2頭。
キーンランド勝ち馬と、安田記念だったサクラゴスペル。
今走では内枠に入って2~3着でした。
HB印は入っていたので、それくらいなら拾っておくべきでしょうね。

普通に買えるゾーンは「後差」で黄色以上。
「詰脚」も「-0.5」までの赤文字。
このタイプが配当要員となりますね。


今年だと。
t2
「後差」で「黄色」以上が全然おらん…。
2・モズスーパーフレアと11・ラブカンプーのみ。
でも11・ラブカンプーは「詰脚」で「-1.0」と足りず。
t3
「追い切り指数」は2週連続で高く、これは毎走同じ。
音無厩舎の近1ヶ月成績も、6-5-2-11と過去3走の中のどの時よりも良い状態。

「後差」で半分ほどが背景色ナシと、短距離G1としてどうなのよ?というメンバー構成。
14・エイティーンガールは前哨戦勝ち馬で、HB印は無印も7番手。
後半▲と印では該当馬が少なすぎて、ここまで入れても良さそう。
外枠が…ね。

13・レッドアンシェルはHB印△が入っており、北九州記念の勝ち馬でもある。
外枠がマイナスですけれども、重賞ならやる気になるM・デムーロ騎手は、ここではプラス。
普段は…名前見た瞬間ほぼ消しで間違ってはいませんよ。
t4

「詰脚」的に合格なのは、他だと6・ライトオンキュー。
t1
内枠引いて、「詰脚」も良い感じで前走を走れましたね。
古川吉洋騎手+昆貢厩舎の相性も高く、49走して複勝率は46%あります。
そしてゴドルフィン。

後は内枠でまだ買えそうな要素がある馬を拾って終了。


◎10・グランアレグリア
〇2・モズスーパーフレア
注3・ダノンスマッシュ
注6・ライトオンキュー
△7・ミスターメロディ
△5・メイショウグロッケ
△13・レッドアンシェル
△14・エイティーンガール
△12・ビアンフェ

配当が厳しそうで、どう買うか悩むなあ。


10月です。日曜日にはG1があります。
この10月に入ってから暫くしょっちゅうミスのがこれ。
20200…と日付入力する時に2020の後の「0」。
9月一杯まではずっと流れで20200を打っていたところに20201になる訳です。
地味に鬱陶しいですね。

さて、明日はどうしよー。

予想のとっかかり、というか、どのレースをするのか?のレース選択重要。
それだけで的中率は全然違います。
良いレース選べればそれだけでカナリ楽になると思う。
そんな時は…こんな。

中山

・田辺裕信騎手
t2
今開催を通じての複勝率50%越で、回収率も充分。
HB印▲以上ならほぼ大丈夫で、注までなら相手で必須。
特にダートは崩れませんね。
明日は天敵のC・ルメール騎手も、他の関西上位の騎手もおりません。
戸崎圭太、三浦皇成騎手ぐらいです。
これならたいした事の無い相手。
明日も印通りの結果になるはず。

中京

・幸英明騎手
t3
新馬・未勝利戦オンリー。
その中でHB印入りは、勝て無いながらも堅実に2~3着は確保です。
同騎手買うなら、このゾーンでしょうね。


開催毎にコロコロ変わる傾向ではありますが、一度出来てしまえば、その開催内ならあまり変わらない。
中山・中京の開催ラストの週は上記の2人のパターンに決め打ちで。

これにおまけで
HBリスト 10/3
菅原明良騎手も追加で。

この3人で明日のレースを考えてみましょ。

続きを読む

土曜日は騎手に寄せての決め打ちでした。
明日は…普通にやりましょうか。
でも。
例えば、松山弘平騎手のように土曜日にダメならば、日曜日に積極的に狙うのはアリだと思う。
2日間続けてどちらも不振ってあまり無い騎手なので。
…なんて使い方もあったりします。

日曜日は、お馴染み「当日一覧ビューワ」でも使いましょうか。
開催も後半に入ってG1スタート前。
2場も変わらずなので、先週そして土曜日でも通用していたものを。

後半上位+前半入り

明日の競馬 9/21

複勝率で75~80%ちょいくらい。
単勝回収は波があるけれども、複回収なら100はクリアしてくれるやつ。

・土曜日
t1
新馬戦を含めて午前中から遊べます。
フィルタの内容も簡単。

t2
芝のレース専用です。
後半:▲以上
前半:△以上 薄くでも良いので印があればOK
馬場状態を考えて、前半は1ランク上の印の縛りにしておきました。

過去最高HB印◎

明日の競馬 9/20

これは基本的には、3歳以上の1勝クラス以上でしか使えませんね。
2歳だと不安定。
t2
過去最高HB印:◎
HB印:△以上
条件:1勝クラス以上
障害レースを除く為に「芝ダ」

馬齢で「3上」(3歳以上戦)のみにしたいので、それはテーブルのセル内にある「馬齢」の列で「3上」を選択してください。

・土曜日
t3
中山で選ばれた馬の騎手の面々…。
見た瞬間、これは無理だろうなと。なのでスルーしました。
だって、武士沢友治騎手?杉原誠人騎手?
むり、無理無理無理無理ムリ。

芝最初のフィルタに寄っているので、使うならダートですかね。
普通の良馬場に戻れば。

2ブロック目

これはおまけです。
一応、土曜日はこんな。
t4
選択された馬をみて、本当に来るのか?を人間が考える必要が出てきてしまいます。
それが手間、なのが難点ですね。


日曜日分は。

続きを読む

↑このページのトップヘ