カテゴリ: 明日の競馬

さて。
明日の分はどうやって予想してみましょうかね。

んー、HBリストをベースにやってみましょか。
今回も札幌を。
土曜日の結果HTML版でみると。
t1

3パートに分けて考えると便利そう。
赤枠の「1」のパートは、2択で連対馬を出すところ。
次順が「2」のパートで、丸数字で入っている「推定」前後半順位とその他の要素を合わせて、数頭選びます。
最後に「3」のパート。
ハイブリッド指数順位では7位~で、HBリストでは「2ブロック目」と呼ばれるゾーンでもあります。
ここは基本配当妙味アリでの馬達が貯まっているところ。
こんな所にいる人気馬は…買いたく無いですよね。

明日は
t1
t2

なのですが…実際に作業をするならPDF版を印刷して、そこに書き込んでいくのが便利です。
タブレットでペン入れでも勿論OKです。
僕ならこんな。
t3

赤と青で囲っているのは…

続きを読む

もう8月…ですか。
今年は特殊な年という事があるにせよ、それでも、はやっ!って感じですね。
3週間の2場開催が終わって小倉が4週、そしてもう秋競馬です。
紫苑Sから有馬記念までなんて、あっという間なんでしょうね。

明日の札幌競馬場は、多分珍しい。ダート1000mが2レースもある。
こういう極端なコースは、結果もそれなりに偏るので絞りやすいかなと。

札幌 3R

3歳未勝利戦。
札幌ダート1000mを開催ビューワで、未勝利にフィルタリングして見ると。
期間は昨年~先週まで。
t1
まずは「推定」前半3ハロン印。
このクラスならでは、という感もありますが…◎○は勝ち馬こそ少ないものの圏内なら安定。
連対率で40%、複勝率で73%ほど。
掲示板外したのも1頭だけですしね。

連対馬を枠順に並び替えると。
t2
行ければ良いんです。
枠の影響はあまり無い。
4角時点で3番手以内に軸馬いなければ…きっとその馬券は外れ。
というくらい、このクラスは…行ければ良い。

続きを読む

明日の新聞は新潟から。
3種類、全て無料です。



昨日と同様に、予想のとっかかりとしてHBリストに書き込んでいきましょ。

新潟

赤枠は軸馬候補。
青枠は2ブロック目からイイ感じの馬。
当日一覧ビューワとHBリスト
何だかんだで週単位でみれば、二桁人気馬がチョイチョイ来てて割とプラスになる選択方法です。
t1
日曜日は青枠の「2ブロック目馬」が新潟では3頭。
どのレースも2ブロック目の指数差が6以下、メインのアイビスサマーダッシュでは3以下と差が無い分チャンスはありそうですね。

そして先ほどTwitterでアップしたもう1つ、騎手で書き込んだHBリスト。


川田将雅、松山弘平騎手を嫌っていく方向で。

新潟3R

新バージョンの縦版でみてみましょう。
これ…過去馬柱の並びが逆順だと、こういう時に使いやすいのだけれども。
t3
これにはHBリストが付属してあります。
基準ハイブリッド指数越は3頭。
HBリストではグレーで、馬柱内の指数では背景色「青」で表示してあるのがそれ。

14・トレッファーは松山弘平騎手。
今日の騎乗を見る限り、ハッキリと乗れておりませぬ。
すぐに対応してきてしまうかもですが、それよりも、実際に乗れていた騎手を上に評価しましょう。
関西からだと、代表が和田竜二、幸英明騎手。

7・マタギは和田竜二騎手が鞍上。
他の指数上位2頭よりも内枠を引けたのは土曜の傾向でもプラス。
前走の「詰脚」は「黄色・緑」で、そもそも「詰脚」で0以上を出しているのが13・ヤングブラッド、5・ハットルヴァンしか他におらず。
これだけで有利ですね。

13・ヤングブラッドは前走がマタギと同じレース。
だがしかし。
7・マタギの方は追い切り評価「B」でローテの割りにはしっかり追っており、枠の差もあります。
基本マタギが勝つ方向で。
…何だよ「基本」って!という突っ込みは、僕もそう思う。
何だそれ。と。


14・トレッファーは鞍上もそうですが、今走は連闘。
前回も中1週で馬体重を減らしており、輸送込みでの連闘は小さい同馬にはよろしく無いでしょ。

トレッファーが3着を外した時に…で順番がありそうなのが5・ハットルヴァン、12・ライジングペガサス、初ブリンカーで田辺裕信騎手に乗り替わりの8・サンライズエポック。
厩舎記号が「A」で長岡禎仁騎手に乗り替わった2・タマモベネチアも、色々嵌まれば3着くらいは。

◎7・マタギ
〇13・ヤングブラッド
注5・ハットルヴァン
△12・ライジングペガサス
△8・サンライズエポック
△2・タマモベネチア

馬券的には3連単がメインですね。
t4

続きを読む

明日の新聞色々
では新潟の新聞を3種類出してみました。
開幕週だし、関西が無い特殊な状況だし、明日は様子見でも良いとは思う。
だけれども。
お馬さんが走っているのに馬券持ってないとか…人としてどうなのよ?
少なくとも、こんな仕事しているのだから買わないという選択肢は無いです。
買うためには、考えておかないとね。

とっかかりとして、簡略化を入れつつ…の「当日一覧ビューワ」で。
当日一覧ビューワ 7/25
(ハイブリッド競馬新聞の契約がある方専用です)

前走で、「後差」「詰脚」がどちらも背景色付きで勝ち馬以外にフィルタリング。
使い方は
当日一覧ビューワを作成しました
t1
そして今走では、HB印が「注」以上、新潟のみにフィルタリング。
t2
これで残った馬が軸候補。
ついでに、このビューワを使ったHBリストの2ブロック目の該当馬も。
t3

これらをHBリストに書き込むと。
t4

準備はこんなもの。
瞬殺ですね。

あとは当日、傾向見ながら肉付けしていけば良いかなと。
でもでも、せっかっくあれだけ新聞あるのだし、使ってみましょうか。

続きを読む

何だか久しぶりに前日に競馬を考える気がする・・・。 ずっと開発業務をしていたので、リアル競馬に触れておりませんでした。
何をしていたのかと言うとコレ。



新聞を作ってたのですね。
現行のハイブリッド新聞から、40%ほどデータを抜いたものという感じ。

HBリストは各種ビューワを作っている中で、ここまでデータを減らしても不足無く使えるライン、というのが・・・多分今回の新聞だと思う。
考える対象となる部分を絞る事によって、得られる利点はやはりあるなと。
僕の中では、ほぼ真逆な新聞を作った感です。

ツイートにもある通り、今のインクジェットプリンタならA4カラーも1枚0.9円ほどで1円を切るコスト。
スマホやタブレットな左半分はかなり余裕をもたせたレイアウトにして、初見の圧力を減らしました。
そして印刷前提なので余白も多めです。

更に。

もし、これを印刷して使うのであれば、PCなりタブレットなりスマホが空きます。
普段新聞をスクリーンに表示して使っている方であれば、1つ丸々スクリーンが空く訳です。
そこに各種ビューワ、当日一覧なりHTML版3ハロンシートなりを併用すると・・・新聞自体にそれほどデータは要らんなと。
レースに対するサマリーの扱いでも良いじゃない。

お手持ちのスマホで新聞をダウンロード&印刷して、この新聞を見ながら気になる所はビューワで補う。
使い方の想定としては、そんなのが今回のメインです。
もちろん、専門紙やスポーツ新聞から今のハイブリッド新聞への繋ぎとしての役目もある。
商売的にはソチラが本来の目的だったりはするのだけれども・・・。

ちなみに、僕の目的はもう1つありまして・・・。
1つの新聞をデザインして実装して、運用に乗せるまでにどれくらいの工数が掛かるのか?を試してみたかった。

では使ってみましょうか。

函館11R 函館2歳ステークス

と、いきなり2歳戦で、しかも1戦しかしていない馬達のレース。
あまり新聞との相性は良く無い重賞ですね。
2戦目での振れ幅が大きく、まだまだ指数を伸ばす余地が多いので。

なので・・・んー、過去の傾向から枠組みだけ貰っちゃいましょ。
函館2歳ステークス

過去の出走馬一覧
を使います。

人気上位馬
t1
週中にツイートした通り、ノーザンF馬はマジ勝たない状態。
人気上位からしか勝ち馬が出ないレースなのに、そこだけを避けて勝ち馬が出ておりますね。
前走ダートも全滅です。
それだけで消してもOK。
逃げ馬もイマイチで、普通に先行して勝った馬が正義。
人気だけで・・・1~3番人気を消す事はしない方が当たりそうですね。

下位人気で5着以内
t2
内目の枠で恵まれた馬。
それが2~3着に入って配当跳ね狙いで良さそう。
これなら2桁人気からでも充分買える。
「推定」前半・後半3ハロンで印入りと、ウインとかコスモとかそっち系の馬。

今年は・・・

続きを読む

土曜日は福島、阪神は芝・ダートが重、不良。
函館もダートは稍重で、良馬場発表は函館の芝のみでしたね。
昨年の福島2回は、ダートでは良発表あったかな…?
そんな季節。
なので、前日時点ではゆるーく考える程度に留めておくべきだし、もう少しクリアにするなら「既に分かって」いて「あまり変化の無いパターン」のレースを。

1つの例として函館のダート1000mを昨日は取りあげました。
明日の競馬 7/4
…と言いながら
t1
2着に6・アンビルが来てアウトだったのですけれども…。
t9
t3
大野拓弥騎手、ノーマクでも危険ですね。
近走の成績がこんなです。
t2
菅原明良騎手の上位互換的な動き。
3列目の馬として、積極的に押さえておいた方が良さそうです。

明日も同様にやると。
当日一覧ビューワは → コチラ
使い方は → 当日一覧ビューワを作成しました

函館3R

t4

続きを読む

下半期スタート!
いぇぃ。
…ってテンションにはなかなならないですよね。
今週末は多分、ヨーロッパの競馬の方が楽しいだろうし。
開催変わりで少なくとも土曜日は様子見た方が良さそうな感でもあります。
宝塚記念が終わって、ちょっと疲れが出てなぁって方も多そうです。

福島はD・レーン騎手が初騎乗なはず。
C・ルメール騎手がおらず、高知競馬場のあかおかあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ騎手並みの無双状態になるかも。
反面。
来日初日のように、全然ダメな可能性もありますね。
となると、永森大智騎手ポジション的は戸崎圭太、三浦皇成騎手辺りでしょうか。

阪神は引き続き。
本来であれば中京に変わるのですが、秋の京都改修に備えて夏は使わず。
川田将雅、福永祐一騎手が居るのでこの2人が3着以内をキープしつつ、松山弘平、岩田望来騎手が何回来るか?
明日も雨で前日に考えるのは厳しいなと。

なので残るは函館。
C・ルメール騎手が参戦。
昨年は、勝率が20%で連対率が60%でした。
つまり…2~3着というか2着が凄く多い。
機械的に同騎手から3連複でも良いですし、馬単の2着でも良いかも。

HBリストではこんな。


と、いうように。
ゼロスタートで考えるのも良いのだけれども、ある程度先に結果が出ている要素からスタートするのもありです。
例えば。


続きを読む

大阪は夜から雨の予報。
結構降るみたいなので、明日の阪神の馬場も重くらいにはなりそうですね。
大体、毎年イメージする宝塚記念と同じような馬場なのかな。
明日を考えるのはもう…宝塚記念だけで良いでしょ。
それ以外のレースは同じです。
新馬はもうここで何回かやりましたし、HBリストを使った自動アシストもやったし。
またHBリストの2ブロック目を狙う方法も昨日の通りです。
明日の競馬 6/27

明日の「当日一覧ビューワ」は → コチラ

阪神11R 宝塚記念

宝塚記念 過去成績
想定版を見ると

Twitterと前の記事で大方やってしまいました。
なので、今回の方針を決める前に簡単に過去のおさらいを。
枠番の偏り、人気馬アカン、C・ルメール騎手アカンは昨日の通り。

過去5年の分を「選択レース詳細ビューワ」で見てみましょう。
宝塚記念 過去5年

3着以内馬にフィルタリングをして、ヘッダ部分の「HB」を選択でハイブリッド指数印順に並び替えると。
t1
ハイブリッド競馬新聞を使う限り、やはり重要なのはHB指数で印です。
とりあえず、HB印入りなら見るだけで拾えますよね。
それが無印になると…他の方法を考えないといけません。
宝塚記念であれば。

t2
この馬達。
1つの括りは枠番。
内・外の両端に偏っております。
…というのは前回の話。
それっぽく語るなら、前走を見ると分かりやすいかも。
t3
前走の着順で並び替えてみました。
2パターンに分かれますね。
前走重賞連対して、レース間隔が詰まった馬。
ゴールドアクター、ショウナンパンドラはG1勝ち馬。
グランプリだけあって格は結構重要な要素なのでしょう。

今年だと、ちょっとローテ空きますが6・トーセンスーリヤが前走で新潟大賞典勝ち。
2・ペルシアンナイト、14・キセキがG1勝ち馬。

t4

続きを読む

↑このページのトップヘ