カテゴリ: 本日の競馬

あとはもうメインまではゆっくり。
せっかく新潟でも重賞があるので、そちらも見ておきましょう。

新潟大賞典

想定版をみると
新潟大賞典 過去成績

ここもアレなレース。
「推定」3ハロン上位3頭中、最低でも1頭が来るやつ。

推定3ハロン

t6

今年はこんな
t3

馬の選び方は、想定版を見たときの通り。
現時点であればもうオッズも大きく変わらないだろし、オッズを見ながらも出来ますね。

続きを読む

これまでの福島の芝は2つ。
短距離の1200mと長めの1800m。
次の10Rは1200mなので、2Rを参考にすると。
3ハロンシートのHTML版で見てみましょ。
t1

人気ですが「先行」ゾーンでの決着で、3着にも同じく人気薄の12・西村淳也騎手。
何だか今日は斎藤新騎手がイマイチ。
本来なら9R勝たないといけない場面だったのに。
そんな斎藤新騎手が2番人気の10Rはこんな。
t3
HB指数は高いものの「差し」ゾーン。
明日はここかもですが、今日の時点ではまだ「先行」上位で。
ここでのHB指数上位は8・山田敬士、9・団野大成騎手。
もう1つ前には、3・横山武史、13・黛弘人騎手。

この中で買い易そうなのは9・団野大成騎手でしょうか。
何故なら・・・同じ5枠に菅原明良騎手いるから。
枠連でも買いやすいですよね。

t1

福島11Rは1800mなので、7Rをみると。
t2
こちらは「差し」から上位馬が。
11Rの同じ画面だと。

続きを読む

午前中は、何かイマイチやる気にならんと思ったら・・・未勝利に初出走が多すぎるせいですね。
今後はこれが普通になるので慣れていかないとダメなのですが、これだけいるなら新馬にまとめれば良いのに。
下の馬をガツガツ削っていくJRAの方針は分かるのだけれども、番組としては、というか馬券としては面白く無い感。
また、その仕組みになると、2歳のOP、1勝クラスの芝が頭数揃わなくてスカスカなのがね・・・。

中山11R 日経賞

日経賞 過去成績
過去の出走馬一覧
で過去5年を見ると。
t1
んー、馬自体はあまり見なくても良いレース。です。
何だそれ?とは思うかもですが、こんなです。

1番人気勝たずで、期待するのは中位人気辺りの馬。
「後差」(後3F地点で先頭との差)の列を見ると「黄色」以上が殆ど。
それより後方からだと、アドマイヤデウスとシャケトラが勝っているだけ。
アドマイヤデウスは休み明けの前走、日経新春杯を勝ってのココで、シャケトラは同レースで2着でした。
ここが年明け初戦のような寝ぼけた状態だと差せない。
どのみち・・・馬個体よりも、3番人気以降~中位人気でそこそこ印付いた馬から拾った方が簡単そう。
と、いう意味で、別に馬自体にそこまで注目しなくても良いかなって。
今後はHB印(ハイブリッド指数印)順に1~3着馬だけをフィルタリングして並び替えると。
t2
HB無印で圏内は3頭。
人気上位の先行馬だったガンコ、3勝クラスを勝って2戦目がJC・・・からの休み明けホッコーレーヴ、連勝中のチェスナットコート。
これも個別で考えるよりも、地味なタイプで意外と崩れて無くて、そこら辺の人気ゾーンの馬。
という括りで。

今年はこんな。
t3
地味な中位人気だと・・・11・サンアップルトン。
チェスナットコート的に。
6・ウインイクシードも手頃。
HB上位を上から見ていって消去法で、なんだかなー的なの削っていくと残りますよね。

予想というよりも、上記の2頭が来た時に当たる、という馬券を持っておくレースという考えで。

本日の中山の馬場は・・・。
t4
外枠に寄ってますね。
8枠は優秀で、7Rは16→11での決着。
t2
11・トロワマルスは先週やった血統評価で回収率に「A」が付いている馬でした。
ホントにこういう馬って、何故か人気薄でしか走らない。
だからこそ回収率は上がるのですけれども。
日経賞も似た決着になるかもですね。
t3

中山10R 伏竜S

この後のダート上位路線を占う、というか、もっとも重要なレース。
毎年、この後は「伏竜Sに出走していた」というだけで馬が買えるレベルです。
今の時期に中山1800mを濃いメンバーで走る事は、結構馬をブーストさせるようですね。
日経賞と同じく、まずはこれ。

続きを読む

予習は全くしていない!
ので、本日の傾向を見つつ・・・。
HBリストは現在も、結果を入れて更新しております。
HBリスト 3/14

一応、前日は・・・JRAはパスして船橋はちゃんと考えておきました。


中山

やるならダートですね。
メインの中山牝馬Sは、10Rまで見てからで。

昼までのダートはこんな。
今週の馬場傾向

t1
外枠の人気馬は大丈夫。
馬場の影響もあって、素直に逃げ・先行馬。
「推定3ハロン」のHTML版の結果だと。
t2
「後半」1位は安心安定。
「前半」も2桁人気レベルではなければ、ちゃんと上位馬は来ております。
前後半で2位以内の馬中心。

この後だと7・8Rがダート戦。
t3

7R
後半1位の11・ペイシャキュウ。
HB印◎で、野中騎手も東京よりも中山で、の騎手。
中山ダートなら12位ですからね。
t4

相手は2グループで、配当はこの組み合わせ次第かな。
外枠、印上位、前後半上位の3頭。
t5
13・スイーツビュッフェが現在3番人気。
宮崎北斗騎手、ほぼ1年の休み明けがマイナス材料。
崩れていない2戦が評価されているのでしょうが、前走勝ったレースの「以降成績」みてもJRAで未勝利を勝ち上がったのは4着馬の1頭だけ。
別に・・・ってレースです。

12・シャルロッテミノル、14・グロリアーナの方が上でしょ。

2番手グループはこんな。
t6
配当要員、かつ、前半・後半も上位。
HBリストでも可能性あるところに入っていますしね。

t1

8Rは・・・何だコレ、あまりにもメンバー酷すぎて無理や。

中京のメインはファルコンS。
デイリー杯2歳Sの以降成績がこんな。
t1
朝日杯FSではボコ負けしておりますが、それ以外は優秀ですね。
OPでしっかり走っているし、きさらぎ賞勝ち馬も出しております。
ここへは1・ウイングレイテスト、5・トリプルエースが出走。
2頭とも「推定」後半3ハロンは上位、というか◎〇の2頭です。
後はTwitterで挙げたように、牝馬。
6・シャインガーネットも上記2頭と同様に、HB・後半印は2つも入っている。

人気上位の7・9・10・13は、1頭は来てしまいそうなので、組み合わせ方次第といったところでしょうか。

中山12R
船橋競馬場もそうですが、雪で酷い馬場になってますね。
HBリストでは
t3
上位のHBリスト◎○には逃げ馬で、この距離がハナ争いしまくり・・・は無いはず。
素直に指数上位で固めても良さそう。

相当に諦めないと買えない鞍上、田中勝春騎手もダートのHB◎ではこの成績。
t2
今回、よっぽどの天才ぶりを発揮しない限りは、ぶっ飛ぶ事は無いでしょう。
それでも・・・頭では無理。宗教的に無理。
だったら武藤雅騎手買います。

本来なら最終なので嫌うC・ルメール騎手も、メインで何処にもおらずだったので本気で乗るかもですね・・・。

Twitterでも良いのですが、たまにはこちらでもね。

中山10R

内枠に人気指数上位で、前走1着の昇級初戦の馬が固まっております。
まずはこの中からの選択で。
t8
ミナリクあうとー。
でも良いのですが、実際に1・キタノオドリコは2走前にロンドテソーロにボコ負け。
2・テルモードーサーは、福永祐一騎手の中山ダート成績では勝率0%と中山ダートではイマイチ。

ので、5・ロンドテソーロを。
HB印◎で、前走の「詰脚」は「オレンジ・赤」とテルモードーサーと同様に逃げて圧勝。
この2頭が前で競馬をして、2が垂れて・・・の展開ですかね。

相手には
t7
敢えて、もう敢えて、今の調子の良さを買っての内田博幸騎手。
14・アルーアキャロルは前走、休み明けの「詰脚」で「青・緑」とこのレースに合いそうな「詰脚」パターン。
16・クインズラミントンは「赤」を出しており、池上厩舎2頭出しで、M・デムーロ騎手を乗せて来た方に期待。

t9
いや、その前の争いは流石にやりすぎかと・・・。

中京11R

傾向的には、外枠有利で、人気馬安定。
そして鞍上では西村淳也騎手。

t2
ここもHBリストで1位、外枠の西村淳也騎手から。
t1

中山12R

最終レースです。
ので、とりあえず外国人騎手には消えてもらう。

その上で・・・といっても本日は内枠有利。
1・2番の馬は、どちらか3着くらいには来てしまいそう。
3連複の3列目なら。

内枠から見て行くと、5・トンボイ、6・ショウナンマンシップはHB印上位で「詰脚」もそれなり。 t3

次順で外枠の3頭。
t4

t5


高知4R

勝ち馬は転入馬の2頭から。
t2
大井からの4・グローリーシーカーと門別からの9・コスモビッグハート。
9・コスモビッグハートは門別のB3でも人気上位で、打越厩舎+宮川騎手。
特に宮川騎手は4角1番手で回ってきたら無敵です。
前行けそうだし、騎手・厩舎込みなら9・コスモビッグハートの方が上。

相手は印入りの馬達。
t1

高知の馬の中では8・ステファンバローズが◎でトップ。
同馬の2~3着の3連単で行ってみましょうか。

t3


高知7R

とにかく前。
1頭は後方からでも届きますが、連対馬は前。
雨の不良馬場で、いつもの晴れている日の不良発表とは違い、水が浮く馬場でのものなので、やはり逃げ・先行になりますね。
新聞上部には、過去3走内で5着以内時の脚質が掲載されております。
t2
7は前走の休み明けで逃げて5着。
1・5も近走で先行しての掲示板以内。
軸はここから。

t1

4角先頭獲れそうな7・シオラパルクの宮川騎手。
打越厩舎2頭出しで、前走宮川騎手→今走で妹尾浩騎手だと勝率は11.1%ほど。
逆に、前走で妹尾浩騎手→今走で宮川騎手だと倍以上の25.8%となります。

5・マジカルモーメントも赤岡修次騎手に乗り替わりで、その分指数も上がりそう。

7からの馬単、3連複は・・・この馬場なら相手は全でも良いかも。

t3

高知9R

t2
印が入っているのはここらの馬達。
打越厩舎vs雑賀厩舎ですね。
ほぼ指数上位は横並びで、後は不良の1600m適性の差と騎手での上げ下げ。
3着を外していない2・スノードルフィン、指数◎の7・ツクバクロオーが1・2番人気。
オッズ的には、宮川騎手2着辺りになりそうな感です。
勝つとすれば、ここで乗り替わった永森大智騎手の6かな。


HBリスト 2/8
明日の競馬 2/8

予想通り…O・マーフィー騎手がいなくなって東京は一気に難しくなっております。
流石にこれは大丈夫だろ、という内田博幸騎手がまあ、見事に負けた。
そして、こんな1番人気のM・デムーロ騎手なんて、どうせ途中で諦めて追うのを止めるだろ、がうっかり勝利。
嫌だなあもう。
というところでのC・ルメール騎手が6R。
明日の競馬 2/8の続ですね。
現在10・リアムは1番人気。
C・ルメール騎手+ノーザンF系の条件は満たしております。
前走を見る限り、R・ムーア騎手にピッタリな馬な感。
3角前からゴリゴリ追ってようやく走ってくれるかな。

2番人気は7・ハーツシンフォニーで柴田善臣が騎乗。
これも不器用な競馬で最後に脚を見せて、距離延びれば…を買われておりますね。
気になる点はデビューから柴田善臣騎手な点。
DMM馬ですがセレクトセールで無駄に高額出して落とさないと、騎手も「外厩」もこんな扱いか。
馬を見たり、レースを見たりする方には大人気。
C・ルメール騎手からHBリストで相手は広めにしておきましょ。

t1
t2


7・8R、ここが本来M・デムーロ騎手のターン。
さっき勝ってしまったので、もう終わりの可能性もある。
ただし、1番人気が大井で圧勝繰り返してきた5・スパーダ。
そんな状況であればHB印上位の単勝でも良いかも。

t2
t1

小倉10R
東京はもう飽きた。
というか、騎手不足でイマイチですね。
どうせ同じくらい滅茶苦茶なら、小倉の方が楽しめるかも。

HBリスト
t1

本日の小倉の芝の傾向は。
t2
内枠有利で、外差しから再び、前で競馬して最後もちょっと脚を使う競馬に戻りました。
「前半」上位をプラスにとりましょ。

t3
3・5の2頭からの選択。
丹内祐次騎手は…今日はあと1つは来そう、というところで上位に。

京都11R
ダートの1900mを、今年分だけでみると。
t1

HB指数◎〇は非常に堅実で、3着を外したのは2頭のみ。
それも掲示板以内だし着差も惜しいところでのもの。
6・ロードレガリス、5・スワーヴアラミスで決まるようだと、先ほどの10Rと同じ騎手での決着。
人気の無いも1頭を期待するなら「前半」系。
そして、内目の枠の印付き。

1・カフェリュウジン、2・ローズプリンスダムは、どちらの要件も満たしておりますね。
また、何故かA・シュタルケ、S・フォーリー騎手といったB級外国人騎手も来たりします。

t3

結果を入れて更新しております。
HBリスト 2/2

忘れてたので・・・先にこれを。

東京11R 根岸S

このレースは、毎年同じです。

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1
「推定」3ハロンの後半印付きだけ買っていればOK。
更に、HB印上位なら文句無し。
HB無印であれば、高齢馬で近走ダラダラとG1を走っていたような馬がたまに。
内目の枠の変な馬は拾っておいても良いかも。

過去のHBリストをみても
t8

1ブロック目での決着が殆どで、勝ち馬は2列目以内から。
今年は
t9
HB指数上位馬は「後半」入りですね。
馬だけ見れば・・・全然問題無し。
ですが、そこに騎手を入れて考えると、一気に難しくなります。

O・マーフィー騎手の5・コパノキッキングは早めに抜け出しての勝利。
インタビューで「1600mフェブラリーSでも楽しみですね」って聞かれて「NONO・・・ナガイ」までがテンプレ。
問題は・・・M・デムーロ騎手のミッキーワイルドですよ。
現在、鞍上は終わっている。
M・デムーロ騎手自体、東京のダートでの好走は先行馬でのもの。
差しに回るとイマイチだし、根岸Sは黙って外に出せば良いだけ、なのに内に突っ込む予感。

4・ワーンダーリーデルは、今の馬場だと後ろ過ぎて届かない可能性。
ただでさえ1400mだと短い馬ですし。

15・ダノンフェイスも鞍上の田辺裕信騎手、東京ダートだと下級条件専用騎手なんですよね。

11・モズアスコットは初ダートで3番人気と割りに合わないオッズ。
6・ワイドファラオはHB・後半無印で「前半」▲と印が足りず、今の鞍上も足りず。

ので、消去法で7・スマートアヴァロンになりますね。
梅田厩舎の2頭出し、1・テーオージーニアスもHB印はギリ入っております。

◎5・コパノキッキング
〇7・スマートアヴァロン
注4・ワンダーリーデル
△1・テーオージーニアス
△10・ノボバカラ

他の「後半」印付きは3列目にズラッと並べておけば良いかな。



随時、結果を入れて更新中
HBリスト 2/1
明日の競馬 2/1

これからは特別レースタイム。

京都9R

昨年の2回京都の芝外2400mが
t1
2レースあってディープインパクト産駒は全部来た。
これ1回京都の睦月賞の勝ち馬ヴィッセンも一緒です。
日経新春杯の勝ち馬モズベッロは、惜しい、ディープブリランテ。
2着のレッドレオンがディープインパクトではありました。

そこまで血統には拘らないものの、このコースはカナリ相性が良いですね。
1回京都は推定3ハロンでは「前半」上位の人気薄も来たけれども、2回になると断然「後半」系。
HBリストでみると
t2
赤枠がディープインパクト産駒。
「後半」上位には順位の下に下線を引いておきました。

今日は上位には来るものの勝ち切れていない川田将雅騎手。
単勝オッズは1倍台。
京都の芝で1倍台なら勝率は50%チョイで、連対率は80%超え。落ちても2着まで。
3着が無いので、ダメならぶっ飛びです。

t3
あっさり川田将雅騎手が勝ってもおかしくは無いのだけれども、50%の確率で2着に落ちるなら、HBリストでも5番手と指数も低く過剰人気。
崩れて2着期待ですね。

小倉10R

HBリストでは基準越えが3頭。
中でも藤岡康太騎手、HB上位+中位人気がカナリ走ります。
4・ヒロイックテイルはピッタリですね。

t4
HBリスト上位へ。

t5


東京11R

昨年の1回東京の芝OP以上の1~3着馬。
t1
ノーザンF生産馬以外には非常に厳しい。
ダイヤモンドSのハンデ+特殊条件以外だと、指数上位でマトモな騎手が必要ですね。

現在2番人気にダイワギャグニー。
前有利な馬場で後ろは届かずと、脚質も指数も充分。
致命的にアウトなのが鞍上。内田博幸騎手は・・・人気でHB印上位なら確かに普通の結果は出してくれる。
それでも買えない、買いたくない鞍上ですね。
買うなら2~3着と意地でも勝たない系で。

t2
内田博幸騎手は来ても良いけど2着まで。
で、お願いいたします。
「前半」上位の〇▲2頭がウッカリ勝つところまで期待させて頂く。

東京12R

最終レースなので・・・O・マーフィー騎手を嫌います。
理由は全く分かりませんが、何故か最終レースはいつも凡走。
HBリストでみると、1ブロック目と2ブロック目の差が無い混戦模様。
t3
単純にO・マーフィー騎手から1つずらして、14・キタサンバルカン、7・ミトロジーからの選択で相手は広く。
t4

↑このページのトップヘ