中京11R チャンピオンズC

G1なので、JRAもちゃんと前哨戦を用意はしてくれています。
2月末のフェブラリーSだとこんな。
1~3着馬の前走別、です。
t1
根岸Sが中2週、東海Sが中3週。
そこで連対した馬が本番でも。というのが1つのパターン。
でも、芝同様にダートも昔よりも「レース間隔」が必要になりつつあります。
昔に設定した前哨戦とは近年はミスマッチの傾向。
間隔が短すぎるんよ。
フェブラリーSであれば、暮れの東京大賞典、明日のチャンピオンズでイマイチだった馬達。
そもそもマイル方面の方々が、このレースに出てきて、叩いて、来年頑張る。
てのが流行ってはきています。

また、フェブラリーSだと地方重賞でも手頃な所が無いし、競合レースもドバイくらいなので、JRAでの前哨戦好走がまだ使える状況。
一方、明日のチャンピオンズCだと。

t2
武蔵野Sが中2週、みやこSが中3週。
上と同じです。
でもそこからは勝ち馬は出ないし、3着が多め。
前哨戦での1・2着馬も結構出走して来ていますが、結果は出ておらず。
毎日王冠が天皇賞(秋)のステップレースなのに、もやは機能せず、実質マイルCS用になってたりもします。
芝であればまだJRAの思惑で動かせる事もあるでしょう。
でも、ダートは地方との兼ね合いもあるし、Jじゃない方のブリーダーズカップもあるし、今さら変える事は出来ないかなと。

とりあえず、昔に比べて「使わないが正義」がホントに正義なので、前哨戦のローテは見直して欲しいですね。


・・・というところを、今回のチャンピオンズCに活かしてみてみましょ。

前走は適当に負けている位が丁度良い。
どこかで能力を見せていてくれて、叩きの前走の結果は気にしない、今回に向けて上手く調整出来てきた事の方が重要。
或いは単に、ローテが手頃な盛岡マイル組。

まだ暫くダートは高齢馬が通用しそうな感。
3歳はJDDで地方馬に負け、今年のフェブラリーSも2・3着は8歳馬でした。
春以降に上がって来た馬以外は、若い馬は…ダメそう。

これを背景に、後はハイブリッド競馬新聞の印を足して考えると、わりとスンナリ決める事が出来ました。

続きを読む

今年もいよいよラスト1ヶ月。
もうすぐ年末・年始の気分に浸れそう…な折り、まだまだコロナも治まらないこのタイミング、そんな事とは関係なくウクライナではロシアを軍事衝突しそうな雰囲気。
ウクライナって普通に日本で暮らしている限りは地味な国という印象。
あまり、というか、殆ど何の関係も無い感の国です。
典型的な「詰んでる」国家です。
これは世界史を取った方なら誰でもイメージ出来るあれ。
場所的に、ゲームスタート時点で終わっているな…の土地です。
個人的にアウトだと思ってる地域は、まずアフリカ大陸。
ヨーロッパの下にあって、ヨーロッパのオモチャにされていた土地。
次にアカンのが、ヨーロッパとアジアの間の国々。
どちらもヨーロッパ絡みですね。
ウクライナは右にある、ロシアと国境を接している国。
そのロシアと紛争待ったなし…な今。
ヴァイキングにやられて、モンゴルに潰され、東欧とロシアに食われて…となかなか激しい歴史はありました。
そんなウクライナで誰もが知っているとしたら、チェルノブイリ原発事故でしょうか。
いや、違うな。
オデッサの方かもですね。
なのできっと遠い未来、人類がモビルスーツを開発出来るようになった時に今度は水爆が落ちてくるという…。
開発間に合うと良いのだけれども。


土曜日はどうしましょ。
特にコレってレースは無いなあと。
重賞だと阪神のチャレンジCは…んー?モーリス?
ステイヤーズSにいたっては、まだ出馬表すらみていません。

関東は開催変わりで中山競馬場。
騎手的には空き巣状態で、決め打ち出来そうな感。
阪神はC・ルメール、福永祐一、川田将雅騎手とトップ3人が揃っているので、予想しやすいけれども配当は厳しそう。
中京は、滅茶苦茶になりそうですね。
ここは当日オッズ見ながら、展開を考えて…で配当獲りに行くような場だと思う。

方針としては…
先週に引き続き、父名ならドゥラメンテ、モーリス。
中山・阪神の下級条件のダートでチマチマとやりくりする。
HBリスト上位、ハイブリッド指数で素直に決まりそうなレースは多そうです。
そこで浮いた分を中京で散財。
阪神最終の11・ディアノイアに全てを託す。
・・・ってところかな。

中山1R

t1
8・ベニッシモ

HB◎で三浦皇成騎手。
開催競馬場変わりで、同騎手にまとわりついていたイマイチ感はリセットされ…たはず。
中山ダートでの複勝率は40.3%と赤文字表記だし、伊藤大士厩舎とのコンビでも44.4%と両方高い値。
それに騎手名の右にある数字は中山ダートでの勝ち数リーディングですが、これが1桁台はこのレース、11・ショウナンタイジュの石橋脩騎手との2人のみ。

割って入れる馬も、ドゥラメンテの5・リュージュブラゾンは小島茂之厩舎。
完全に芝厩舎の芝→ダートで、あまり期待も出来ず。
15・カリュウは武藤雅騎手が今年は不調で90戦くらい勝てておらず。
デビュー以来、勝ち数は今年が最低になりそう…ので減点1。
父アジアエクスプレスの芝→ダートも、これくらいの馬だと掲示板前後辺りが多くて、ギリ馬券外だったりします。

と、ワイド1点しか買うつもりないので、上の2頭が気になる方が3連系でどうぞ。
そして。
このワイドの8-11が仮に当たったとしても非常に安いのは最初から分かっております。
ので、そのまま阪神1Rへ転がす。

続きを読む

ちょうど1ヶ月後の12/28が今年最後の競馬ですね。
そして、非常に重要な事なのだけれども…その日は僕の誕生日です。
つまり、ずっとずっとこの変則開催が続く限り、ホープフルSとヤングジョッキーズを事務所で1人で観ながら作業なのです。
夕方に競馬が終わって、成績作業何かをしつつ…さて帰るかって時には結構な時間。
ちょっとこれ、仕事変えた方が良いかも知らんな。

ジャパンカップ

結論から言うと普通の予想です。
おおこれは!なんて要素は無いです。そんなレースだし、それを説明するだけです。
妙味アリな人気薄は…別のところでね。

今年は人気馬が全部内枠に集まりました。
昨年もそうでした。そしてキッチリと1~3番人気で決まりました。
「競馬って良いね!」的な話を別にすれば、ギャンブルで馬券を買う方にしてみたら、せめて1頭崩れてよ…が本音。
安くて買えないわ!派です。僕は。
それがまた起こるのか?って話ですよ。
一応、1~3番人気馬を枠番順に並び変えた過去の成績がこんな。
t1
それより下の人気馬、といってもほぼ中位人気ゾーンまでですが、そこも内枠からが基本。
滅茶苦茶内枠なレース。

という所で↑の表を見ると、ぼんやりとですがイメージ通りじゃないかなと。
川田将雅騎手…こういう時の内枠って向いて無くない?って思うですはず。
最近だと特にG1だと、外から差してくる方が結果も出ています。
先週のマイルCSだって、最後はもう鞍上パワーでしたよね。
そっちのパラメータが高い分、逆に、内で控えて他馬に合わせて仕掛けて…的なやつだと3着辺りがデフォ。

4・シャフリヤール
t2
そんな川田将雅騎手が騎乗する4・シャフリヤール。
この馬さえ1つ下げられれば買えるレースになりそうかなと。

今年のダービー馬です。
強い強い3歳のダービー馬で、当時の2着が天皇賞(秋)を勝ったエフフォーリア。
能力的に同程度で、距離も大丈夫であれば、同馬以外に「見えている」相手でコントレイルを負かせる馬もいなさそう。
で、これが例年通りのダービー馬か?が微妙…なところではあります。
これまでのダービー馬と違うのは2点。
1つは、皐月賞捨てすぎ!
毎日杯→ダービーと今後も踏襲する陣営が出て来そうなナイスローテではあります。
関西でダービー獲るならコレだよね!って感。
対してエフフォーリアは皐月賞を使って、勝った上での1番人気でのダービーでした。
タイム差無しだったとは言え、ローテの妙を考えると、実際の力は違ったんじゃないかなと。
レースだってエフフォーリアだけ見て…でしたものね。
しっかり相手を決めて、想定通りに上手く行った結果。
強いな…ではなく、当時は「(ローテを含めて)上手いな」という方が大きかったです。

2つ目は、前走負けたらダメでしょ。
どんなダービーでも、リタイアしていなければ秋の初戦は勝たないとアカン。
そこで終わるパターンもあるのだけれども、秋初戦だけは落としちゃ駄目なレースです。
敗因に馬場はあるでしょうが、ダービー馬にしてはそれはちょっと甘くね?と思う。


7・オーソリティ
t2
怪我でなかなか順調に使えないので成績は地味です。
今回は中2週でJCに使えるのは、まずそれだけでプラス。
素直に前で競馬して力を発揮するので、東京コースも成績通りピッタリ。
前走は「詰脚」のパターンで「黄色・赤」での勝利。
古馬の重賞、しかも東京で中距離以上だと滅多に出ないパターン。
過去だとこれくらいですね。
t5
どれも次走は好走です。
余力たっぷりに勝って上積みがある勝ち方、それがこの「詰脚」のパターンの「黄色・赤」です。
そもそもJCなのに前走で人気で勝ってきた馬が少ない中、この「黄色・赤」持ちは相当有利な要素。
人間要素ならば、木村哲也厩舎は素で東京芝の複勝率50%越だし、東京芝で3位の厩舎。
それでいてC・ルメール騎手が連続騎乗。
きっとJRA的には、今はまだあまり目立って欲しく無い調教師なのでしょうが、反面、調教師的にはここで勝ってドヤッ!ってしたいでしょうね。

そして父がオルフェーヴル。
1・2番人気馬のディープインパクトは確かに優秀。
なのだけれども…牡馬で古馬混合の秋G1って長い間勝って無いのはご存じの通り。
牡馬だけを見ると
t6
2016年のマイルCSと有馬記念まで遡る。
オルフェーヴルが凄く良いって訳では無いけれども、それ以上に、ディープインパクトってあまり良く無いな、の方が強い。

今年の人気馬の枠の状況であれば、3頭以外は一応3着があるかも程度。
ので、3頭の順番さえつけてしまえば、もう大体OKですよね。
シャフリヤールを下げて、オーソリティを上げて…でもコントレイルを抜くまでは至らなかった。
故にこんなです。

◎2・コントレイル
〇7・オーソリティ
注4・シャフリヤール
△9・アリストテレス
△11・シャドウディーヴァ


既に金曜のWINSに馬券も買っておきました。


後は直前にオッズみて、諸々の馬券を。


他のレースもおまけで。

モーリス&ドゥラメンテ

今の流れなら明日はこの2頭の産駒ですね。

続きを読む

生きてますよ。元気です。
ブログの方は…まだ暫くの間は不定期です。

今週は2場開催なのでゆっくり競馬が出来ますね。
でも…土曜日は特に楽しそうなレースがある訳でも無く、かといって福島等のローカルのように、直前でチョロッと考えて配当狙えるような物でも無く。
いっそR・ムーア騎手の騎乗を眺めるだけも良いのかもだけれども、それだけでは寂しいなと。

ので、あまり考えずに済んで、そこそこ遊べそう…をご提案。
午前中の新馬・未勝利で転がしてみましょ。

東京1R

1枠に人気2頭が入りました。
t1
「3着以内」がゴールであれば、1・アポロプラネットの方が上ですよね。
鞍上は田辺裕信騎手なので、勝ちまではシンドイかもですが。
父はリオンディーズ。
秋の東京ダートのリオンディーズはこんな。
t2
HB印入りならほぼ大丈夫です。
中位人気まで安定しているので、3連複フォーメーションの2列目候補としても有用。
1・アポロプラネットはHB〇で、前半・後半も両方印入り。
近2走も上がり3Fタイムでは1・2位で、今回も後方から内回って、外に出すのを手間取って…ゴール前にギリ圏内ってところでしょう。

2・ポイズンアロウはC・ルメール騎手+藤沢和雄厩舎。
それだけで複勝率は50%越ますが、父がアロゲート。
勿論アロゲート産駒自体はダートで優秀。
まだこれしかサンプルが無いにも関わらず…
t3
新馬で2勝、しかも圧勝。
ジュタロウ、ジャスパーグレイトとアメリカンな勝ち方でしたね。
この産駒はきっと、デビュー時点で各パラメータはカンスト状態。
レースを経験して、鍛えて、と段階を踏んで強くなっていくのでは無く、最初から最後まで一定して同じような力を出すんじゃないのかなと。
クラスが上がっていくにつれて回りに追いつかれていくし、最初がイマイチならその後もあまり変わらず。
そんな想定。

故に1・アポロプラネットの方を。

レース自体は、何頭か前行く馬がいて適当に残るでしょう。
2・ポイズンアロウを思いっ切り下げて考えて…普通に買うなら相手はそこらで配当期待。

転がしていくなら、1・アポロブラネットの複勝を。
同じ金額でも、ワイドでやるのも手かも。
ここらはオッズ次第だし、そもそも、朝ちゃんと起きて馬券買えるか次第。
複勝買えそうなオッズなら、そのままそれで。
でなければ…7・11・12・14へのワイドで。
1000円くらいで始めるなら、あと1頭足して5頭200円と可愛い感じでやっていきましょ。

東京2R


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

阪神 芝2200m
2019年までは、京都の芝外2200mでの施行。

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t4

重賞一覧
t2

推定3ハロン

t5

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

過去のHBリスト
t1

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
202021004260
201920104060
201820108660
2017111020760
2016200120680
201512003770
201421003030
計&平均125319317

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝2500m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t2

重賞一覧
t4

推定3ハロン

t1

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t5

過去のHBリスト
t5

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020111048220
201921003070
2018200113560
201720103020
201621001690
201521003990
201421003310
計&平均1352110980

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

阪神 ダート1800m
2019年までは京都ダート1800mでの施行。

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t2

重賞一覧
t4

推定3ハロン

t1

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t4

過去のHBリスト
t5

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020111012180
2019011162920
2017201013500
201611108370
2015021019410
2014111010300
計&平均566121113

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝1400m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t2

重賞一覧
t4

推定3ハロン

t1

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t3

過去のHBリスト
t5

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020111026110
20192100990
201821001170
201712001940
201621002270
201521006690
201411019620
計&平均118116970

続きを読む

↑このページのトップヘ