ハイブリッド競馬新聞TOP

日曜日の夜から水曜日辺りまで使うためのデータ達です。
せめて、出走馬が確定するようなタイミングにならないと…スイッチも入らないし、積極的にデータを見るのもシンドイですよね。
ので、ここに掲載されているのは「眺めるだけ」を主眼にしております。
「大体こんな感じ」ぐらいを把握出来れば使命は果たした。充分です。

HB(ハイブリッド指数)、前半・後半(推定3ハロン)、この3つの印や順位がメイン。
過去の同重賞において、この印の組み合わせが有効だったのか?上位に来たのか?
それを見つける為に、何パターンかの形で掲載してあります。

ビューワでは

より積極的に考えるなら使ってみてください。
特別登録のデータは日曜日の夕方以降にアップされます。

HBビューワ

t1
1・トップ画面の「HBビューワ」を選択
2・見たいレースの日付を選んで
3・競馬場、レース番号を選択
出走予定の馬を出馬表形式で表示してあります。

重賞一覧

最初のトップページ内に、リンクのボタンがあります。
t2
1・トップ画面の「重賞一覧」を選択
 過去の重賞の勝ち馬を2015年以降、全て一覧で表示されます
2・ショートカットのボタンとして、近い時期の重賞のリストががるので、目的のレースを選択
3・指定したレースのみの表示なります。
 更に「上位10レース詳細」では、全出走馬を一覧画面で、「上位10HBリスト」ではHBリスト形式でそれぞれ表示


重賞用途であれば、上の2つのビューワからのスタートになりますね。

でも…そこまでは過剰、頑張る気にならない。
のは、ごもっとも。
暇つぶしにちょっと眺めるくらいで良い。
し、もっと時間があるなら、過去の新聞形式で結果が分かった上で再度予想したりも出来る。
それが以下のコンテンツ。

データの見方は1番下部に掲載してあります。


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

日曜日の夜から水曜日辺りまで使うためのデータ達です。
せめて、出走馬が確定するようなタイミングにならないと…スイッチも入らないし、積極的にデータを見るのもシンドイですよね。
ので、ここに掲載されているのは「眺めるだけ」を主眼にしております。
「大体こんな感じ」ぐらいを把握出来れば使命は果たした。充分です。

HB(ハイブリッド指数)、前半・後半(推定3ハロン)、この3つの印や順位がメイン。
過去の同重賞において、この印の組み合わせが有効だったのか?上位に来たのか?
それを見つける為に、何パターンかの形で掲載してあります。

ビューワでは

より積極的に考えるなら使ってみてください。
特別登録のデータは日曜日の夕方以降にアップされます。

HBビューワ

t1
1・トップ画面の「HBビューワ」を選択
2・見たいレースの日付を選んで
3・競馬場、レース番号を選択
出走予定の馬を出馬表形式で表示してあります。

重賞一覧

最初のトップページ内に、リンクのボタンがあります。
t2
1・トップ画面の「重賞一覧」を選択
 過去の重賞の勝ち馬を2015年以降、全て一覧で表示されます
2・ショートカットのボタンとして、近い時期の重賞のリストががるので、目的のレースを選択
3・指定したレースのみの表示なります。
 更に「上位10レース詳細」では、全出走馬を一覧画面で、「上位10HBリスト」ではHBリスト形式でそれぞれ表示


重賞用途であれば、上の2つのビューワからのスタートになりますね。

でも…そこまでは過剰、頑張る気にならない。
のは、ごもっとも。
暇つぶしにちょっと眺めるくらいで良い。
し、もっと時間があるなら、過去の新聞形式で結果が分かった上で再度予想したりも出来る。
それが以下のコンテンツ。

データの見方は1番下部に掲載してあります。


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

日曜日の夜から水曜日辺りまで使うためのデータ達です。
せめて、出走馬が確定するようなタイミングにならないと…スイッチも入らないし、積極的にデータを見るのもシンドイですよね。
ので、ここに掲載されているのは「眺めるだけ」を主眼にしております。
「大体こんな感じ」ぐらいを把握出来れば使命は果たした。充分です。

HB(ハイブリッド指数)、前半・後半(推定3ハロン)、この3つの印や順位がメイン。
過去の同重賞において、この印の組み合わせが有効だったのか?上位に来たのか?
それを見つける為に、何パターンかの形で掲載してあります。

ビューワでは

より積極的に考えるなら使ってみてください。
特別登録のデータは日曜日の夕方以降にアップされます。

HBビューワ

t1
1・トップ画面の「HBビューワ」を選択
2・見たいレースの日付を選んで
3・競馬場、レース番号を選択
出走予定の馬を出馬表形式で表示してあります。

重賞一覧

最初のトップページ内に、リンクのボタンがあります。
t2
1・トップ画面の「重賞一覧」を選択
 過去の重賞の勝ち馬を2015年以降、全て一覧で表示されます
2・ショートカットのボタンとして、近い時期の重賞のリストががるので、目的のレースを選択
3・指定したレースのみの表示なります。
 更に「上位10レース詳細」では、全出走馬を一覧画面で、「上位10HBリスト」ではHBリスト形式でそれぞれ表示


重賞用途であれば、上の2つのビューワからのスタートになりますね。

でも…そこまでは過剰、頑張る気にならない。
のは、ごもっとも。
暇つぶしにちょっと眺めるくらいで良い。
し、もっと時間があるなら、過去の新聞形式で結果が分かった上で再度予想したりも出来る。
それが以下のコンテンツ。

データの見方は1番下部に掲載してあります。


続きを読む

昔とは気候も変わり、7月頭で日中は40度近い気温。
あかんて。
もはや昼は人間が活動するゾーンでは無いです。
人間以外でも、馬だってコレ相当キツイはず。
JRAは日没までしか競馬が出来ないので、暑いから夜にやろう…は無理。
一応、日の出以降ならOKなので、やれるとしても前倒しぐらい。
だけれども。
じゃあ現状を変えよう、と動ける組織のサイズじゃ無いですよね。
何かしら重大なアクシデントが起こって、それに対応する形でしか変わる事は出来ません。
ので、何だかんだで現状のまま対応しつつ、ここらはずっと同じなのかなと。
僕たちは、大きな変化は出来ずとも、小さい改善の継続は得意ですものね。

福島

小倉はスルー、函館は先週までの方法で。
D・レーン騎手は帰国、C・ルメール騎手も日本にはおりませぬ。
そういった抜けがあっても、福島は元々そんな競馬をしていたので、昨年同様が期待出来るはず。
まだ1つもレースが行われていない段階で考えるのであれば、せめて「同じ傾向」がありそうな競馬場を。

昨年の初日の福島のHBリストは
t3
こんな感じに、HB(ハイブリッド指数)印順に並んでいる「HBリスト」。
3つずつに区切って見ると。

赤は上位3頭の1~3位(◎○▲)の馬達。
出馬表を見て、まずはこの3頭を確認してくださいな。
少なくとも1頭はここから連対馬が出るのが基本です。
4回はこのゾーンでの1・2着。2回が3頭での1~3着。
過去2年の同開催のデータを見ても、ローカルの割りに主場だけあって指数上位3頭の成績は安定しております。

2つ目が青の、HB指数で4~6位(注△▽)新聞だと☆での表記の箇所。
午前中の未勝利で出現率が高くなっております。
人気になる馬も少なく、大体中位人気以降。
3連複フォーメーションなら、2列目に手頃な馬達。

3つ目の緑の箇所はHB無印ながらも「2ブロック目前半」で上位の馬が1頭コケたら順番でチャンスが回って来る集団。
1ブロック目がイマイチだな…って時にはこのゾーン3頭は3列目には全部入れておくくらいで良いです。
もう少し狙うのであれば、前半・後半(推定3ハロン)印が入っている馬。
馬番の右の丸数字がソレ。
左の数字は「前半順位」、右の数字は「後半」順位となっております。
新聞だとHB印で表記されないながらも、無印の中では上位の馬達という、気にかけておいた方が良いのがこのゾーン。

上記のように3つに割っておくと、予想するときも便利です。

自分が選んだ馬が、すっごく単純にしてしまうと…赤のゾーンなら3頭中3頭の可能性がある所。
相手もここから選んでもヨシ、だし、そもそも選んだ馬が正解の可能性も高い。

青であれば、平均して1頭がこの開催のデフォ。
なので、ここに買いたい馬がいたら、連れてくるのは赤と緑のゾーンからとなります。
更に、選んだ馬も3頭中1頭というちょっとキツ目からの選択です。
保険で別の馬の単勝を押さえておくのも良いかも。

緑のゾーンからであれば、ここに人気馬はほぼおらず。単勝と赤への馬連・ワイドがベースでしょうか。
3連複は…ここから行くと点数増える割りに人気馬が来るとあまり美味しくは無いなあ。

と、最初に1頭選ぶだけで、その後が大分楽になりますよね。
僕がそれほど頑張って予想せずに買う時は、コレを使っての定型パターンが多め。
3連複フォーメーションで、赤から1頭、青から2頭、3列目は緑のゾーン+アルファでずらっと。
そんな買い目で、配当見て良さげならGOってやってます。


後は特徴として、後半1位は勝ちやすい。
ダートの外目の枠の方が有利。
も付け足しておきます。
これに、騎手要素を入れて…からが予想のスタート。


この方法だと…特に現時点で書く事も無いのですよ。
1Rはジャンプなので、明日1つ目となる2Rだと。

・HBリスト
3マスずつ色分けしてあります。
t4
赤のゾーンなら、13・ラートリーを。
ずっと宮崎北斗騎手だったのですが、今回は田辺裕信騎手へと乗り替わり。
前で競馬できて、外目の枠も引けました。

10・イモータルフェイムはHB〇で2位。
前走はスタートから上手く行かない中で、最後だけ脚を使っての2着。
如何にもちゃんと強いです…な感はあります。
福島の1700mで、前回の東京1600mのような事をしたらまず届かない。
菅原明良騎手だし、使っての2走目だし、普通に競馬が出来たら勝つまではありそう。

青のゾーンで9・キタノズーナクア。
HB注で芝→ダートで既に3走。
着順の見栄えは悪いですが、使ったレース全て「相手悪過ぎ」なのは不運過ぎ。
この3走は、少なくとも上位の1~3着馬は次走でもほぼ走っております。
HB指数自体は足りているので、掲示板以内は大丈夫…からの、あと数頭分を江田照男騎手の力で何とか。

買えそうなのが、赤から2頭、青から1頭のパターン。
正直、後はオッズ次第だったりはします。
今の時点なら2通りでしょうか。
3連複フォーメーションで、1列目に9・キタノズーナクア、2列目に人気の2頭、10・13、3列目は自動で2ブロック目の前半と、次の7・マイスイートハート。
江田照男騎手が3着まで来てくれれば、外れる事は無さそう。
もしくは、10・13の2頭から2ブロック目まで全。
9・キタノズーナクアが、パドックやオッズでそこまで買える感でも無いな…という時にはこちら。

かなり緩いですが、これくらいなら多くのレースをサクサクいけると思います。
ローカル開催で、特にコレっていうやりたいレースが無いなら、沢山レース見て美味しいところを見つける方針ですね。

時間取れない方は試してみてくださいな。

ハイブリッド競馬新聞TOP

日曜日の夜から水曜日辺りまで使うためのデータ達です。
せめて、出走馬が確定するようなタイミングにならないと…スイッチも入らないし、積極的にデータを見るのもシンドイですよね。
ので、ここに掲載されているのは「眺めるだけ」を主眼にしております。
「大体こんな感じ」ぐらいを把握出来れば使命は果たした。充分です。

HB(ハイブリッド指数)、前半・後半(推定3ハロン)、この3つの印や順位がメイン。
過去の同重賞において、この印の組み合わせが有効だったのか?上位に来たのか?
それを見つける為に、何パターンかの形で掲載してあります。

ビューワでは

より積極的に考えるなら使ってみてください。
特別登録のデータは日曜日の夕方以降にアップされます。

HBビューワ

t1
1・トップ画面の「HBビューワ」を選択
2・見たいレースの日付を選んで
3・競馬場、レース番号を選択
出走予定の馬を出馬表形式で表示してあります。

重賞一覧

最初のトップページ内に、リンクのボタンがあります。
t2
1・トップ画面の「重賞一覧」を選択
 過去の重賞の勝ち馬を2015年以降、全て一覧で表示されます
2・ショートカットのボタンとして、近い時期の重賞のリストががるので、目的のレースを選択
3・指定したレースのみの表示なります。
 更に「上位10レース詳細」では、全出走馬を一覧画面で、「上位10HBリスト」ではHBリスト形式でそれぞれ表示


重賞用途であれば、上の2つのビューワからのスタートになりますね。

でも…そこまでは過剰、頑張る気にならない。
のは、ごもっとも。
暇つぶしにちょっと眺めるくらいで良い。
し、もっと時間があるなら、過去の新聞形式で結果が分かった上で再度予想したりも出来る。
それが以下のコンテンツ。

データの見方は1番下部に掲載してあります。


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

日曜日の夜から水曜日辺りまで使うためのデータ達です。
せめて、出走馬が確定するようなタイミングにならないと…スイッチも入らないし、積極的にデータを見るのもシンドイですよね。
ので、ここに掲載されているのは「眺めるだけ」を主眼にしております。
「大体こんな感じ」ぐらいを把握出来れば使命は果たした。充分です。

HB(ハイブリッド指数)、前半・後半(推定3ハロン)、この3つの印や順位がメイン。
過去の同重賞において、この印の組み合わせが有効だったのか?上位に来たのか?
それを見つける為に、何パターンかの形で掲載してあります。

ビューワでは

より積極的に考えるなら使ってみてください。
特別登録のデータは日曜日の夕方以降にアップされます。

HBビューワ

t1
1・トップ画面の「HBビューワ」を選択
2・見たいレースの日付を選んで
3・競馬場、レース番号を選択
出走予定の馬を出馬表形式で表示してあります。

重賞一覧

最初のトップページ内に、リンクのボタンがあります。
t2
1・トップ画面の「重賞一覧」を選択
 過去の重賞の勝ち馬を2015年以降、全て一覧で表示されます
2・ショートカットのボタンとして、近い時期の重賞のリストががるので、目的のレースを選択
3・指定したレースのみの表示なります。
 更に「上位10レース詳細」では、全出走馬を一覧画面で、「上位10HBリスト」ではHBリスト形式でそれぞれ表示


重賞用途であれば、上の2つのビューワからのスタートになりますね。

でも…そこまでは過剰、頑張る気にならない。
のは、ごもっとも。
暇つぶしにちょっと眺めるくらいで良い。
し、もっと時間があるなら、過去の新聞形式で結果が分かった上で再度予想したりも出来る。
それが以下のコンテンツ。

データの見方は1番下部に掲載してあります。


続きを読む

クロノジェネシスみたいな馬がいないと、宝塚記念は一気に難しくなりますね…。
これだけ難しいのだから、しっかり考えるのは宝塚記念だけで良いかな。
他は、土曜日と同じように…特に阪神以外のG1裏開催はやりやすいと思います。

阪神11R 宝塚記念

明日の競馬 6/26の下書き
宝塚記念 過去成績

↑で宝塚記念についてはザックリとみました。
ハイブリッド競馬新聞のデータでも、確認しておきましょか。

HBリストで過去を見ると。
t1
HB(ハイブリッド指数)印の◎○▲(1~3位)の成績は、良いとは言えず。
特にHB◎のC・ルメール騎手がずっとぶっ飛びちらしておりました。
もう少し詳しくみると、各年度のHB上位3頭はこんなです。
t2
C・ルメール騎手、昨年のクロノジェネシスを除けば、20年はサートゥルナーリア、19年はレイデオロ、18年はサトノダイヤモンドとずっと牡馬。
前走、前々走でG1で好走すると、当然ハイブリッド指数は上がります。
その高い指数を持って宝塚記念に出走して…散っていく。
そんなサイクルになるのは、宝塚記念が大体「3走目」になるから。
この3走目問題は、今の競馬技術を持ってしても高い壁です。
牡馬であれば、今年初戦の前哨戦(もしくはG1の大阪杯)を使って、天皇賞(春)か大阪杯で春の1番の目標へ向けて仕上げて、レースでもガッツリと走って…最後にココ。
最初から「宝塚記念獲るぞ!!!」では、ここへは来ませんよね。

だからこそ、毎年勝ち馬はノーザンF馬になるです。
使ったダメージのケアが飛び抜けて上手いので。
そして、1走節約出来る分、近年はずっと牝馬が有利だったりもします。
牡馬で1・2走目を好走して、3つ目の宝塚記念でも連対したのはドゥラメンテまで遡らないとおりませぬ。
ゴールドシップもキタサンブラックも同じパターンで連対を外してましたね。

ちなみに、同じグランプリの有馬記念だとこんな。
HBリストの1ブロック目の成績です。
t3
宝塚記念とは全然違う。
し、もしかすると、今後は宝塚記念もこんな風になっていくかも。

HB上位がそのまま着順上位になりやすいのは…。
1つは、3歳の菊花賞からのチートルートの存在。
古馬であれば、徹底して天皇賞(秋)→2走目が有馬記念でJC使うなら有馬記念は使わない。
春よりも秋の方が、レースは組みやすいのでしょうね。

フィエールマンぐらいじゃないと、初戦で天皇賞(春)はやっぱり難しそうです。
ドバイや香港と海外への選択肢もとりやすいので、どうしても宝塚記念は後回しの扱いになってしまう面も大きい。

そんな風に考えるのが面倒であれば、HB上位からは1頭。
そして、HBリストの1ブロック目の後半~2ブロック目の前半から、メインとなる馬を選択する。
ってぐらいに考えておけばOKです。

今年だと。

続きを読む


メイン以外なら、明日も騎手が適度にばらけているので、1・2列目はそれだけでも決められそう。
敢えて前日にそこまで考える必要も無いかな…というレースばかりです。
パドック見て(僕は見ないけど)、オッズ確認して、馬場の傾向におかしな所が無いかもチェックして、そのままの流れで買い目までは作れそう。
リターンが見合うようなら買うし、買っても意味無いなーという時はスルー。

簡単にリストを貼っておきます。
当日一覧ビューワから。

東京

今の印他からだと、Mデムーロ、内田博幸、原優介騎手の3人。
t1
HBリストで上位には、ちゃんとした騎手と馬が揃っている東京です。
組む相手にはあまり困りませんね。

阪神

多分、明日1番関わらない競馬場。
手が空いたタイミングがあれば…ですかね。
t2
手頃な坂井瑠星騎手の馬は1頭くらいしかおらず。
他でも結構来るでしょうが、敢えて買うレベルの騎乗は無いかなと。
それよりも…横山典弘騎手。
好相性の厩舎でHB印上位の馬が揃いました。
3つ勝ったり、全部飛んだりとピーキーな予感。
でも、ユニコーンS分くらいはね、返して頂かないとね。
3頭共に2着は外さない想定で。

函館

ここは先週とほぼ変わらず。
t3
丹内祐次騎手、芝なら2~3着にはずっと入れておいても良さげ。
そして、明日も外目の枠を多めに引きましたね。
同じ競馬をしてくれれば。
武豊騎手は、とりあえずダートは全消しで。
芝で指数上位は人気ですが、ほぼ圏内には持ってきます。
吉田隼人騎手は、やっぱりダートでこその成績。
芝であれば上級条件、メインのトップオブメジャーは函館で改めて買いでもある。

と、これくらい揃えておけば1日遊べるはず。
そしてメインを迎える頃には、ご飯を食べて良い感じで眠気が襲ってくる頃合い。
なので、これくらいは先に考えておきましょうか。

阪神11R 天保山S

天保山…山ってなっておりますが、標高は4。5mほど。
しかも人工的に作られた、土を盛った固まりです。

続きを読む

↑このページのトップヘ