月曜日の地方競馬の予定を見ると、6場開催。
元々がスポーツの日で祝日予定でした。
JRAも3日間開催でしたしね。
でも、JRAと被るよりかは…良かったのかも。
南部杯が行われますが、それよりも、名古屋の秋の鞍の方がワクワク感は大きい。
というか、赤岡修次騎手が騎乗しれいれば、僕はそれだけで楽しみなのです。

毎日王冠

毎日王冠 過去成績

人気馬、それもほぼ1番人気しか勝たないレース。
やる事は頑張って3着馬探す…くらいですかね。

圏内に来る条件は厳しいです。
こんなです。
t1
前走は人気でダメだった、もしくは、実際に上位だった。の2つ。
しかもそれなりの重賞。
宝塚記念、中山記念は人気のみでOK。
エプソムCは勝ってろよ。
が、休み明けの馬達。
夏に使った組なら、タイム差無しでお願いします。
といったところ。
同じ東京でのG1、ダービーと安田記念からの馬達は。

・ダービー
t2

・安田記念
t3
着差での並び替えですね。
着順よりも、そちらの方が分かり易いかと。
安田記念だと6歳はシンドイ感。

で、ここで上位に来て…目指せマイルCS!です。
天皇賞(秋)なら良くて3着まで。
いや、ほんとに、厳しい世界だなと。
ので、誰かタイムマシン使って、それをサイレンススズカに伝えてきてほしい。

人気上位は放って置いてもソコソコ来ます。
なんなら、それこそ上記の前走の条件だけでも来る・来ないは半自動で決められるレベル。
t5
そもそもレース名が合っていない馬はグレー、着差で合っていない馬は緑。
3番人気以内の馬で背景色を付けると、圏内を外したのはヴァンセンヌとサトノアーサーくらいですね。
そこらは流石に頭を使って振り分けるしか無いかな。

4番人気以降だと。
t4
「後半」印は欲しい。凄く欲しい。
外目の枠ならHB+後半印と、1段階条件は上がります。
毎年小頭数ですが、HB印も無く、人気も無く、ちょこんと「後半」だけって馬は内目の枠から。
お馴染み白い帽子、ですね。


と、言う事で。
使い回しで恐縮ですが…今年はまずコレ。


◎1・シュネルマイスター
〇7・ダノンキングリー
注5・ポタジェ
△12・ヴァンドギャルド
△3・ラストドラフト
△4・マイネルファンロン


京都大賞典

京都大賞典 過去成績

あー、つれぇーわ。
と、声が出そうなレース。
t1
人気馬強すぎ。
過去、1頭を除き全てz2位内での決着です。
1~3番人気から2頭、がデフォ。
たまにドカンと荒れますね。でも、そこに期待するのは…なかなか厳しい。
今年は阪神での開催で、全く違う事になるかもですが、例年の傾向的には配当は辛いです。

来る馬も「HB印入り」が前提条件。
かつ、何かしらの印で「注」以上持ち。
t2
それ以外で狙うのであれば、内枠先行馬。
前走で「後3F差」が黄色のゾーンで、内目の枠を引けた馬ですね。
使っている馬で条件に合うなら、敢えてそこ狙いでいくのもアリ。

今年分を一覧ビューワでHB印順に並び替えると。
t3
HB◎○から1頭選ぶなら…9・アリストテレスを。
C・ルメール、川田将雅、福永祐一騎手が居ない重賞で、指数も人気も貰って、そこで結果を出せないところまでは、まだM・デムーロ騎手も落ちてはいません。
ちょっと願望込みですが、それでも、重賞でこれくらいの馬に乗ったら大丈夫な鞍上ではあります。
だし、結局のところノーザンファーム馬だし、エピファネイアだし。というのも大きいです。
長いものには巻かれてしまえ、ですよね。

そして、トライアル系の重賞なので、もうそこでしか活躍の場が無い社台の2頭を上げ。
ほぼ牝馬しか無理で、牡馬は終わっている感ありますが、G2 ・G3で印揃っていればギリ2~3着なら。
そこに、内枠の先行馬を絡めて。


◎9・アリストテレス
〇14・ヒートオンビート
▲4・モズベッロ
注3・ステイフーリッシュ
△1・アイアンバローズ
△2・ベレヌス
△6・ヒュミドール
△7・ダンビュライト

おまけ

続きを読む

本格的な秋競馬のスタートです。
東京、阪神、そして新潟と競馬場変わりもあって、んー、どうしましょうか、ってところだと思う。
とりあえず、本来であれば来週は3日間開催予定だったのがオリンピックで無くなった事はありがたい。

明日の重賞はサウジアラビアRC。
でも…これ馬券買うレースでは無いですよね。
サウジアラビア ロイヤルカップ 過去成績


更に今年はサンデーRが3頭出し。


例年通りならコマンドラインが勝つし、もし同馬が負けるにしても他のサンデーR馬が勝つだけでしょうし。
6→3→全で2・3着裏返して観戦、ぐらいのレースかなと。

ので、たまには「数字」で見てみましょ。
年に数回くらいは確認しておくべき事柄ではあるです。

開催ビューワで簡単に。

今年の全レースから未勝利戦以上のダートの1番人気の成績がこんな。
t1

左から、

1着数 - 2着数 - 3着数 - 4着以下数 総数
(勝率 - 連対率 - 複勝率)
[単勝回収 / 複勝回収]

芝よりかは優秀。
大体連対率で50%、回収値もこの程度。
という認識です。想定通り…ですよね。

近20走分だと。
t2
基本、無視してはアカン馬達。
でも、自分なりに消せるならGOです。少々雑に買っても、ここらの馬がぶっ飛んでくれるなら配当でカバー出来たりもする。


で、上の数字を基に、それよりももう一歩マシなゾーンを。
これも簡単です。
ハイブリッド競馬新聞の印を使うのであれば、
同じく未勝利戦以上のダート
情報◎
後半▲以上

というフィルタリングで。
競馬場によって結果にバラツキがあるのも、ある意味使い易い。

今週から行われる3場、昨年の1月から分を集計してみると。

・阪神
t3
近20走は
t4
複勝率70%越で、回収値90オーバーだと、ゴリ押しでも行けてしまえそう。
やる気があるなら3連単だし、作業しながらだと3連複ってやつですね。
2列目も4~6番人気から2頭選んで、3列目はHBリスト頼み。
これでもそれなり、が阪神ダート。

・新潟
t5
近20走は
t6
今回はローカル開催なので、勝つか?勝たないか?がわりと騎手で差がつけやすいです。
外枠に偏るかどうかだけ確認出来れば、決めるは楽だと思う。
馬単が合う場、というイメージで。

・東京
t7
近20走は
t8
ここは…C・ルメール騎手が住んでいるので、こんな数字になります。
同騎手1人で大きく変わってしまうので、あまりこういう見方は合わない。
それくらい影響力が大きいんですよ。
1人の騎手、なんて甘いものじゃないです。
C・ルメール騎手とその他、くらい分類上は違う。
数字だけで考えるとそうなるので、あとはそれを見る方の感情次第でしょうね。


東京を除くと、明日の該当馬は6頭。
t1
別に今気にしなくてもOKです。
明日、レースが終わった後に結果を見て、この開催でも変わらなさそう…であれば、ぼちぼち使って行けば良いかなと。

難点はあれですね。
時間が早めのレースが多いので、朝起きる!のが1番辛いわー。

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝1800m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t3

重賞一覧
t2

推定3ハロン

t4

登録馬の近走HB指数上位

t6

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

過去のHBリスト
t1

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
202012001690
20193000360
201821003250
201712004670
2016200118540
201511106720
2014011149720
計&平均1072212135

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

阪神 芝外2400m
過去成績は、京都芝外2400mでのもの

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t4

重賞一覧
t1

推定3ハロン

t3

登録馬の近走HB指数上位

t5

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t3

過去のHBリスト
t2

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
202030003280
20190201234720
201821005900
201712002950
201621001520
201521001510
201421002540
計&平均1280136060

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝1600m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t2

重賞一覧
t3

推定3ハロン

t1

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

過去のHBリスト
t4

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
202020107020
20193000430
201811104110
201721002000
20163000570
20152100780
201421003280
計&平均154202598

続きを読む

忘れてた…って訳でも無いのだけれども、スプリンターズSについてはずっとTwitterにアップしていたので、もうなんか終わった気になってました。
簡単にここでまとめておきます。

今年の方針は


今年は上の3つの各ゾーンをそれぞれの人気馬が押さえてしまっています。
前で競馬するレシステンシア。
その後でメイケイエール込みでわちゃわちゃしそうなのを見ながらレースをするのが、内枠に入ったピクシーナイト。
更に後にいるのがダノンスマッシュ。
この人気3頭で決まっても、まあおかしく無いかとは思う。

毎年の事ですが、勝ち馬の進路はほぼ固定です。
中団後方辺りに控えて、直線は外に出して、ゴール前にキッチリ内で粘る馬を交わす馬。
「詰脚」のパターンなら「青・赤」のタイプ。

過去の3着以内馬をレースを4角通過順で並び替えたのは↑ですが、更にそこから年度別にしてみると。
t1
基本は前で1頭、後から2頭。
そのパターンが崩れる時には、内枠or牝馬が絡んでいる時。
牡馬であれば、人気薄なら内枠限定。
というか、人気無い馬でくるなら前走それなりの結果だった牝馬ばかりではあります。

さて、現時点ではオッズは逆転して14・ダノンスマッシュが1番人気。
通る進路も勝ち馬のソレが想定される馬。
昨年も勝ったと言っても良いくらいの競馬だったのですが、グランアレグリアが化け物過ぎた。
そんな馬は今年はいないので、あの時と同じくらい走れれば。
また、HB◎はスプリンターズSでは4連勝中です。
最大の懸念だった、C・ルメール騎手のG1での1番人気も今回はセーフ(直前まで分かりませんが)だしね。

4・ピクシーナイトは、まず枠が良い。凄く良い。
更にモズスーパーフレアと同じ音無秀孝厩舎です。
展開の鍵を握る馬の動向が分かった上でレースに臨めるのはカナリ有効。

12・レシステンシアは3頭の中では1番キツイですね。
後出しジャンケンが滅茶苦茶有利なこのレースで、前で競馬をして勝つ事を期待されている訳ですし。
その分、今は牝馬というだけでバフ効果は大だし、普通に強いです。
せめて…メイケイエールさえいなければまだマシだったのだけれども。
あんな馬の近くで競馬したく無いですよね。


◎14・ダノンスマッシュ
〇4・ピクシーナイト
注12・レシステンシア
△2・ミッキーブリランテ
△7・タイセイビジョン
△10・エイティーンガール
△1・シヴァージ

3頭以外なら、やはり内枠重視で。
2・ミッキーブリランテはマイル時代からそうですが内枠引けば崩れません。
圏内のチャンスを覗えるところでは競馬は出来そう。
7・タイセイビジョンは、2走前みたくとりあえず、ラチ取ってセコく回ってバテない強味で。
1・シヴァージはもう完全に帽子の色だけですね。
おっさん馬で内枠というだけ。
10・エイティーンガールは外目の枠ですが、前走好走の牝馬。
鞍上は横山和生騎手で、今年の勝ち数は既に昨年の倍以上です。
突然の覚醒で、重賞も関西に乗っている時には圏内は厳しいものの、地味に4~5着と掲示板以内は多いんですよ。
昨年のアウィルアウェイ的な選択で。



ちょっと間は空きましたが、今週はG1もあるし土曜日の重賞もあるし。
適当にオッズ見て半自動で馬を選ぶ方が楽なのだけれども…前日にちゃんと考えるのも、それはそれで楽しいものです。

シリウスS

シリウスステークス 過去成績

過去の1~3着馬を年度で並び替えてみると。
t1
昨年は今回と同じ中京の1900m。
阪神から変わって、久しぶりに「後半」系での決着でした。
後半印◎○でしたね。
そして内枠有利は変わらずで、人気薄の1・2枠が圏内。
また、軽斤量馬も(斤量の背景色が青・水色)が上位に多めなのも同様でした。

やっぱり中京1900mだと前はキツイです。
昨年からのこのコースの特別レースでの4角先頭馬がこんな。
t3
1・2番人気しかほぼ無理。
掲示板周辺にはポツポツいるので、オッズ込みでそんなタイプを拾うのはアリ。

逆に後半印◎○だと。
t2
後半◎は正義、のようですね。
そりゃあ、カフェファラオも勝ちますわ。

今年の該当馬は

10・ハヤヤッコ
t4
後半1位の◎でHB印は〇、追い切り指数は2週とも高く今週も「B」評価。
前走がOP特別勝ちですが斤量は-5kgで、これでもまだ上に重いのがいる分楽かな。
田辺裕信騎手も国枝栄厩舎とは複勝率45%超えてます。中京ダートも意外と複勝率は高い。
コース的には内突いてくれた方が良いのだけれども…きっと昨年のカフェファラオより後から同様の進路で追いこんでくるでしょうね。
昨年の同レース時には水が浮く不良馬場で届きませんでしたが、明日は普通に良です。
前が止まるのが他よりもワンテンポ速いコースだし、有力馬達は全部自分よりも前にいますからね、力負けはあっても乗り方でミスるのは無さそう。

同馬が外目の枠なので、相手は当然内枠から。

2・ブルベアイリーデ
t1
HB◎で後半は3位。
追い切り指数と騎手の複勝率含めて、ほぼハヤヤッコと同程度。
前走は「詰脚」のパターンが「黄色・赤」と完勝で、再び内枠ゲットの枠の引きも強い。
枠込みで同馬を上に取ってもいいのですが、福永祐一騎手はこのコース下級条件だと滅茶苦茶強い反面、上のクラスだと人気でもボコボコぶっ飛ぶ分で下げ。

そして「シゲル」馬には今年の春から乗り出したのですが、今のところ8戦して7回圏内です。
すっごく崩れない。
3着外した1回も4着でした。
それが全部、新馬・未勝利でのものです。
満を持して重賞でこの馬主とのコンビ。
流れ的にここも3着は外さない…とは思う。

で、このレース。
圏内に来るのは何だかんだで、ほぼHB印入りの馬。
阪神時代を参考に、そして配当込みで、前半上位も。

3枠の2頭はどちらも、前半上位でHB印入り。
t2
3歳の6・ゴッドセレクションが人気になりそうですが…3歳でシリウスSで上位に来るのは「後半」系なんですよね。
それ以外は人気でも凡走コース。
で、あれば。
寧ろ行き切ってしまう5・リアンヴェリテの方がまだ可能性はありそう。
鞍上は国分恭介騎手です。
ダートです、人気無いです、にも関わらず印は揃ってます。
・・・あの3着パワーが活かされもおかしくない。
全くね、これが重賞じゃなくて2勝クラスくらいであればと。

後は内枠だけ、そして軽斤量というだけ、それだけで3・ロードリバーサルを。
この馬は走る時は1着しか無いので、ピーキー過ぎて微妙ではありますが。

◎10・ハヤヤッコ
〇2・ブルベアイリーデ
注5・リアンヴェリテ
注3・ロードリバーサル
△1・ダノンスプレンダー
△11・ウェスタールンド
△12・サクラアリュール
△8・サンライズホープ


ハイブリッド競馬新聞TOP

中京 ダート1900m ハンデ
2019年までは阪神ダート2000m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t3

重賞一覧
t4

推定3ハロン

t6

登録馬の近走HB指数上位

t2

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

過去のHBリスト
t5

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020102025400
2019021016690
201820107200
2017110140000
201621001120
201530001130
201420104280
計&平均1145113688

続きを読む

↑このページのトップヘ