上半期ラストのG1、宝塚記念。
もう1年もここまで来てしまったか…何もしていないのに半分オワタ。
ので、せめてこれを当てて気持ち良く終わりたいなと。

阪神11R 宝塚記念

宝塚記念 過去成績

エフフォーリアがブリンカーを装着との事。
丁度タイミングよく、こんなツイートが。


高松宮記念を勝ったエアロヴェロシティの調教師、P・オサリバンのインタビュー。
最初のシーズンは4戦して結果が出ず。
次のシーバスは、思い切ってブリンカーを付けてみたところ…初戦で3着。
その後は連勝しまくり。
t6
と、凄く上手く行ったパターンでした。
エフフォーリアはどうなるんでしょうね。

想定版も出て、もう予想は出来る状態です。
各馬の諸々細かい部分は新聞やビューワで見るとして、ここでは宝塚記念の傾向をザックリと。
Twitterでアップしたのをまとめておきますね。

枠番

かなり影響力が大きい要素。

勝ち馬は。
t1
メイショウマンボか!(ってわからないとは思うけど)
超8枠です。
上がり上位で、ノーザンF馬です。
2~3着には1・2枠の馬も多く、たまに逆転して勝つ事もアリ。
その時は前半(推定前半3ハロン)上位の馬。
今年は18頭立てですが、2年前のクロノジェネシスの時も同じ頭数で結局は8枠の勝利。
外枠を嫌う必要な無いですね。寧ろ枠だけで買っても良いくらい。

1~3着馬を枠番で並び替えると。
t2
内の1・2枠、そして外の7・8枠で殆ど決まっておりますね。
単勝オッズで1倍台の、クロノジェネシス、ドゥラメンテを別とすれば、内・外の両端がやたらと優秀。

前走

前走のレース別に並び替え。
t3
連対レベルがそのまま今回も上位の着順、というのが基本。
例外的に、天皇賞(春)とヴィクトリアマイルだけは巻き返しが起こります。
大きく距離短縮、延長が発生するので、そんな結果になりやすい。
し、天皇賞(春)からだと特殊な事情もある。
前走で天皇賞(春)の成績をみると。
t4
有力どころは宝塚記念が3戦目になるのがデフォ。
阪神大賞典、天皇賞(春)、宝塚記念が王道ですよね。
ただし、3つ全部走れる馬はそうそうおりませぬ。
前走の天皇賞(春)でほぼ終わりです。
キタサンブラックもゴールドシップもはでにぶっ飛んでおりました。
秋の天皇賞(秋)、JC、有馬記念の3つと同じ流れですね。
有馬記念も人気馬が飛ぶのはこんなです。

なので、天皇賞(春)で掲示板以内の馬達は散々な成績。
近年で唯一勝ったミッキーロケットは、天皇賞(春)が京都記念からの中10週と間隔が空いていた分、まだ余力アリだっため。
ここからだと、掲示板よりちょっと下の所に好走馬が固まっています。
そこそこ走ったけど、本気出すのは次で。みたいな馬達。

ヴィクトリアマイルの方だと。
t5
マックス3着。
ですが、強い牝馬はヴィクトリアマイル→安田記念だったり、ドバイだったりです。
そこへ行かずのヴィクトリアマイルで、しかも正直距離もイマイチ合わないのが宝塚記念にやってくる。
…と、全馬惜しいところまで着順も着差も上げて来ますね。
オッズ込みでも、前走レースだけで見ればここが1番かも。

今年は

7・デアリングタクト
t7
1年半振りの休み明けのヴィクトリアマイルで6着。
直線坂を上がってから伸びきれませんでしたが、駆け上がってくる時には「もしや?」まで一瞬見えました。
阪神はまだ桜花賞の1回しか走っていませんが、特殊な馬場状態の中1頭だけ外から伸びたレース。
グランプリ向きな感。

5・アイアンバローズ
t8
天皇賞(春)で5着。
2走前の阪神大賞典が休み明けでの2着。
天皇賞からなら、こんなタイプを。

1・オーソリティ
t9
ドバイからならシーマでしょうね。
枠は引けました、鞍上もC・ルメール騎手と文句無し。
あとは、木村哲也厩舎の遠征の弱さを克服できれば。

18・ポタジェ
t10
前走は上手く乗って、すっごく恵まれての勝利…ではあります。
今回の枠で同じような事は無理だし、むしろ正反対の競馬になりそう。
それでも、8枠、ノーザンF馬、大阪杯1着。
そんな部分は揃っています。

僕もこれから、データを見て考えます。
正直まだ何も決まっておらず…。
でも、その考える前に、宝塚記念の傾向は先に入れておいた方が良いかなと。

ハイブリッド競馬新聞TOP

日曜日の夜から水曜日辺りまで使うためのデータ達です。
せめて、出走馬が確定するようなタイミングにならないと…スイッチも入らないし、積極的にデータを見るのもシンドイですよね。
ので、ここに掲載されているのは「眺めるだけ」を主眼にしております。
「大体こんな感じ」ぐらいを把握出来れば使命は果たした。充分です。

HB(ハイブリッド指数)、前半・後半(推定3ハロン)、この3つの印や順位がメイン。
過去の同重賞において、この印の組み合わせが有効だったのか?上位に来たのか?
それを見つける為に、何パターンかの形で掲載してあります。

ビューワでは

より積極的に考えるなら使ってみてください。
特別登録のデータは日曜日の夕方以降にアップされます。

HBビューワ

t1
1・トップ画面の「HBビューワ」を選択
2・見たいレースの日付を選んで
3・競馬場、レース番号を選択
出走予定の馬を出馬表形式で表示してあります。

重賞一覧

最初のトップページ内に、リンクのボタンがあります。
t2
1・トップ画面の「重賞一覧」を選択
 過去の重賞の勝ち馬を2015年以降、全て一覧で表示されます
2・ショートカットのボタンとして、近い時期の重賞のリストががるので、目的のレースを選択
3・指定したレースのみの表示なります。
 更に「上位10レース詳細」では、全出走馬を一覧画面で、「上位10HBリスト」ではHBリスト形式でそれぞれ表示


重賞用途であれば、上の2つのビューワからのスタートになりますね。

でも…そこまでは過剰、頑張る気にならない。
のは、ごもっとも。
暇つぶしにちょっと眺めるくらいで良い。
し、もっと時間があるなら、過去の新聞形式で結果が分かった上で再度予想したりも出来る。
それが以下のコンテンツ。

データの見方は1番下部に掲載してあります。


続きを読む

土曜日は…先週から競馬場へ行って競馬して、が多かったせいか、疲れが遅れてやってきて滅茶苦茶眠たい中で競馬をしておりました。
ちょうど、そんな状況でも出来るやり方をしていたので、意外とそれなりの結果。
明日の重賞は、そんな風には行かないでしょうね。
前日時点で相当に難しいなあ。

東京11R ユニコーンS

ユニコーンステークス 過去成績

海外帰り、芝のG1からの初ダート、比較が難しそうな構成。
そんな時には、アレです。
先に大枠を決めてしまってから、型に嵌めて考える。
ユニコーンSはこんなレース。(という事にする)

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降
t1
z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数が「15」と非常に多く、人気寄りの決着がデフォ。
ですが、2017年以降は叙情に配当が上がってきており、昨年は3連複で10万オーバー。
この時期なので、雨の影響で馬場が稍重・重になるという要因もあります。
それに加えて、上位馬達と次順以降の差が、この路線で無くなってきたのもありそう。
4番人気以降で圏内だった馬達がこれ。
t2
前走で掲示板を外していたのは、伏竜Sのサヴァ1頭のみ。
HB(ハイブリッド指数)でも1桁順位以内が殆どで、ここらがほぼ横並び。
それが人気と乖離して、配当が跳ねてたりします。

と、もう1つ。
青竜Sが顕著ですが、東京競馬場の3歳ダートOPは、何故だか8枠凄く有利。
特に、その青竜Sの勝ち馬はこんな。
t3
今年は勝ち馬こそ3枠、内枠のハセドンでしたが2・3着は7・8枠の馬。
そして8枠だったバトルクライは9番人気の3着という結果。
理由?
わからないです。でも毎年ずっとこんな事が続いております。
全く同じコースの3歳限定戦であるユニコーンSでも、その特徴はチョイチョイ出てきます。

・・・を、踏まえて改めて。
t4
8枠の2頭以外は、OPで3着以内か1勝クラス勝ち馬。
前走からの間隔も空いておらず、後半印入りか、HBリストで2ブロック目前半までです。

人気馬達から、というか、ハセドン以外の2頭を下げられれば、そんな馬達に充分チャンスアリ。
しかも近年はそんな結果ばかり。
ユニコーンSはそういうレース。
という方針で行ってみましょ。

続きを読む

この時期は手持ち無沙汰というか、前日にそれほど頑張る所が無いなと。
3歳の条件クラスで上位の馬達が抜けきるまでは…その日にオッズみて買えるか買えないか、の判断だけでも良いのかもです。

なので、明日はこんな。

函館

今年キャリアハイを達成しそうな、丹内祐次騎手。
1つは冬の小倉で稼ぎまくった事。
もう1つは


ラフィアン、ビッグレッドF馬で、柴田大知騎手よりも良い馬が回ってくるようになった事。
約1カ月間分(4/30以降)の集計でみても。

・丹内祐次騎手
t2
・柴田大知騎手
t3
カナリ差がありますね。
明日も日曜日も、同じような感じで丹内祐次騎手で遊べそう。
3連複フォーメーションであれば、1列目に1頭、2列目に2頭、3列目はお好きに…という形でしょうか。
その2列目に丹内祐次騎手を全部セットします。
もしくは、1列目に入れて、2列目には人気+HB指数上位の2頭、でも良いかもです。
函館は小頭数ですし、こっちのやり方の方が合っているかな。

函館1R

12・コスモプルエバ
t4
HB(ハイブリッド指数)印注(4位)、後半(推定後半3ハロン)印注(4位)

前走が、田村康仁厩舎からの転厩初戦。
そこで丹内祐次騎手に乗り替わり、HB指数「38」を出せました。
2連続の休み明けで使っての、間隔を詰めての今回は…ちょっと微妙かも。
ずっと外枠からの競馬をしており、今回も後ろから外回っては変わらないですね。

同馬も1列目なら、2列目の2頭は素直に、普通に。

5・ドロップオブライト
t5
HB◎(1位)、後半◎(1位)

鷲頭虎太騎手、デビュー初となるHB◎に騎乗。
これまではHB〇が最高で、3回騎乗機会があって1-0-1-1という成績。
51kgの1200mなので、前に行けた方が安心ですが、それは無理かも。
岡田牧雄氏の2頭出しで人気馬の方に騎乗です。

11・ピースキーパー
t6
HB▲(3位)、後半〇(2位)

これも後方からの馬。
鞍上の浜中俊は、ようやくジワジワと調子を上げてきています。
小倉が始まったらそっちに行くのでしょうが、ずっとイマイチな状態だったので、今年は期待出来そうな感。
そのためにも、こういう馬をしっかり上位に持って来られるようになって欲しい…は僕の単なる願望ですね。

このように、1頭は丹内祐次騎手で最初から決まり。
残りの2頭も、HB印上位からの選択。
・・・とすると、ほぼ自動で決まります。
ここだと、上記の3頭になって、流石に全部差し馬で決まる事は無いな。
→ 3列目は前半(推定前半3ハロン上位)にしよう、とか諸々お好きに。

残りのレースも同様です。
明日は、こんなんでポツポツやってみるです。

ハイブリッド競馬新聞TOP

日曜日の夜から水曜日辺りまで使うためのデータ達です。
せめて、出走馬が確定するようなタイミングにならないと…スイッチも入らないし、積極的にデータを見るのもシンドイですよね。
ので、ここに掲載されているのは「眺めるだけ」を主眼にしております。
「大体こんな感じ」ぐらいを把握出来れば使命は果たした。充分です。

HB(ハイブリッド指数)、前半・後半(推定3ハロン)、この3つの印や順位がメイン。
過去の同重賞において、この印の組み合わせが有効だったのか?上位に来たのか?
それを見つける為に、何パターンかの形で掲載してあります。

ビューワでは

より積極的に考えるなら使ってみてください。
特別登録のデータは日曜日の夕方以降にアップされます。

HBビューワ

t1
1・トップ画面の「HBビューワ」を選択
2・見たいレースの日付を選んで
3・競馬場、レース番号を選択
出走予定の馬を出馬表形式で表示してあります。

重賞一覧

最初のトップページ内に、リンクのボタンがあります。
t2
1・トップ画面の「重賞一覧」を選択
 過去の重賞の勝ち馬を2015年以降、全て一覧で表示されます
2・ショートカットのボタンとして、近い時期の重賞のリストががるので、目的のレースを選択
3・指定したレースのみの表示なります。
 更に「上位10レース詳細」では、全出走馬を一覧画面で、「上位10HBリスト」ではHBリスト形式でそれぞれ表示


重賞用途であれば、上の2つのビューワからのスタートになりますね。

でも…そこまでは過剰、頑張る気にならない。
のは、ごもっとも。
暇つぶしにちょっと眺めるくらいで良い。
し、もっと時間があるなら、過去の新聞形式で結果が分かった上で再度予想したりも出来る。
それが以下のコンテンツ。

データの見方は1番下部に掲載してあります。


続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

日曜日の夜から水曜日辺りまで使うためのデータ達です。
せめて、出走馬が確定するようなタイミングにならないと…スイッチも入らないし、積極的にデータを見るのもシンドイですよね。
ので、ここに掲載されているのは「眺めるだけ」を主眼にしております。
「大体こんな感じ」ぐらいを把握出来れば使命は果たした。充分です。

HB(ハイブリッド指数)、前半・後半(推定3ハロン)、この3つの印や順位がメイン。
過去の同重賞において、この印の組み合わせが有効だったのか?上位に来たのか?
それを見つける為に、何パターンかの形で掲載してあります。

ビューワでは

より積極的に考えるなら使ってみてください。
特別登録のデータは日曜日の夕方以降にアップされます。

HBビューワ

t1
1・トップ画面の「HBビューワ」を選択
2・見たいレースの日付を選んで
3・競馬場、レース番号を選択
出走予定の馬を出馬表形式で表示してあります。

重賞一覧

最初のトップページ内に、リンクのボタンがあります。
t2
1・トップ画面の「重賞一覧」を選択
 過去の重賞の勝ち馬を2015年以降、全て一覧で表示されます
2・ショートカットのボタンとして、近い時期の重賞のリストががるので、目的のレースを選択
3・指定したレースのみの表示なります。
 更に「上位10レース詳細」では、全出走馬を一覧画面で、「上位10HBリスト」ではHBリスト形式でそれぞれ表示


重賞用途であれば、上の2つのビューワからのスタートになりますね。

でも…そこまでは過剰、頑張る気にならない。
のは、ごもっとも。
暇つぶしにちょっと眺めるくらいで良い。
し、もっと時間があるなら、過去の新聞形式で結果が分かった上で再度予想したりも出来る。
それが以下のコンテンツ。

データの見方は1番下部に掲載してあります。


続きを読む

3歳以上の条件戦、1・2勝クラスでの、3歳+1番人気の成績は3日間を終えてこのように。
t1
勝率で50%、連対率で60%ほどなので、来るなら基本は1着。
そして、連対を外すなら3着。
これで複勝率90%ほどです。
決め打ちで2勝クラスなら1着、1勝クラスなら1・3着固定の3連単とかは買い易いかな。

序盤なので、まだ余力充分、すぐ昇級していく馬が貯まっております。
6月一杯は、この傾向でしょうね。

エプソムCは頭数も少なく、あまり興味を惹かれないので、函館の方を。

函館11R 函館SS

函館スプリントステークス 過去成績

土曜日の函館の芝は、内枠有利な傾向ではありました。
けれども、内回ってドン詰まりも発生しており、人気薄の外枠差し馬も嵌まるパターンもアリ。
函館スプリントSの過去成績、1~3着馬を枠番で並び変えてみると(札幌開催は除いてあります)
t2
外枠の方が良さげ。

内目の枠

4枠位内であれば、HB(ハイブリッド指数)印で▲以上の上位の印持ちが条件ですね。
3歳はこの時期、前走までのレースで指数を付けるので、どうしても古馬のOPレベル達よりかは低めに出てしまいます。
1回古馬と走ってくれれば、そこで好走してくれれば、次走以降はちゃんと高い指数持ちの馬となります。
ので、そこは各自で下駄を履かせて考えてみてくださいな。
上の表であれば、3歳のシュウジのみがHB印無印での馬券圏内。
前半(推定前半3ハロン)印は〇と2位の印で、2番人気になっておりましたね。

外目の枠

配当欲しい時に人気薄を拾うなら外目の枠から。
内で渋滞が発生した時には、外から差してくる光景もよくあるやつ。
HB印で足り無い馬達が展開向いてやってくるゾーン。

HB印順

HB印と枠、この2つで結構賄えたりします。
今度はHB印順に並び替えてみると。
t3
約半数はHB印で注以上の馬達。
それらの馬はこんな。

HB印△(5位)以下

t4
枠で並び替えてあります。
やはり殆どが5枠以降の外枠の馬達。
ここには3歳がたっぷり入っております。
先ほどの書いたように、3歳はどうしても指数に反映しきれていな時期。
3歳を除くと。
t5
5枠以降で、前半、後半印は何かしら入っていますね。
HB無印でも、順位でみれば、10位くらいまで。HBリストなら2ブロック目まで、という範囲。

以上が、函館スプリントSで圏内に来る馬の範囲。
今年の印は。

続きを読む

宝塚記念までG1はお休み&函館が始まる週です。
正月からずっと競馬をしてきて、そろそろ一休みで良いんじゃ無いかなと。
なので僕は先ほど、今さらですが、シヴィリゼーション6を買ってみた。
くっそ時間泥棒なゲームをこのタイミングで…なのは、日曜日に数年ぶりに府中へ行くから。
移動時間の暇つぶしに丁度良いはず。

函館

何かしら配当が期待出来そうなレースで、じっくり馬を選んで…の方向で時間は掛けておりませぬ。
ザッと見て、大丈夫そう。
+これくらいの馬が来たら良いかな、があれば尚良し。

目に付きやすいのは、
・HB印(ハイブリッド指数)が上位で、近走の指数も、分かり易いレベルで高い。
・人間要素で優秀。
この2つが大きいと思う。
そんな馬だと大体は人気になります。
そこを嫌って考えるよりも、それは圏内に来るとして、後は当日に買える配当かどうか?を確認するだけ…の準備をしておく。

函館1R

1・バッンデルオーラ
15・ディージェーサン
t1
人気の2頭。
1・バンデルオーラはHB▲(3位)、後半(推定後半3ハロン)印注(4位)
牧浦充徳厩舎は函館芝で複勝率は40%あります。
短距離の1200mに絞れば、50%ぐらい。
今走はマイルから400mの短縮ですが、ようやく内枠を引けたし、2走前は「詰脚」パターンで「黄色・緑」を出して2着だったように、ちゃんとした指数を出せております。
当時の勝ち馬サブライムアンセムは次走でFレビュー勝ち。
他も3頭が既に未勝利を勝ち上がっているレースでした。

15・ディージェーサンは、HB印注(4位)、後半〇(2位)
引き続き横山武史騎手で、その鞍上の分人気に積まれてますね。
小桧山厩舎の函館芝は、複勝率で50%とこちらも高い値。
昨年の函館でも2戦して2着2回だった馬です。
それが約1年経ってまだ勝っていないという…。

2頭共に人気ナリの結果で、上位には来る想定。
そして、その時に。

2・オマツサマ
5・デルマカミーラ
10・アンジーニョ
t2
2・オマツサマは、HB◎(1位)、前半▲(3位)
短距離路線にしてからは、芝でもダートでもそこそこ。
HB◎で内枠貰って、人気もこれなら拾う。

ミッキーアイルの2頭。
5・デルマカミーラは、HB無印(7位)、後半◎(1位)
前走が未勝利レースでの初出走。
出遅れて、内をグイグイ進んで最後も止まらず。
初戦のキツイ競馬の中で「詰脚」で「緑」を出せたのは優秀です。
指数も「32」なら、2走目で5以上伸ばしてくれば充分届く指数。

10・アンジーニョは、HB無印(12位)
秋山稔樹騎手+高橋義忠厩舎は13回の騎乗で複勝率60%越だし、馬自体も芝短距離。
新馬と同じ芝1200mに戻って、オッズも手頃。

〇1・バンデルオーラ
▲5・デルマカミーラ
▲10・アンジーニョ
注15・ディージェーサン
△2・オマツサマ
△12・ハッピーノリクン

12・ハッピーノリクンはダイワメジャー産駒。
函館芝なら、10番人気くらいまでなら拾っておくべき。
HBリストで2ブロック目位内なら、予想外で来てしまいます。
ので、11Rのカバーガールも3列目には入れておいた方が良いと思う。

函館3R


続きを読む

↑このページのトップヘ