ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝1800m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t5

1・2番人気
t6
人気馬は普通に強いです。
馬場が重まで行かない限りは、HB+後半上位で、ディープインパクトであれば更に加点。
後半◎○からの予想スタートですね。

人気順
t7
人気馬から1頭選んで、相手には中位人気のゾーン4~6番人気から。
4・5・6番人気の3頭中2頭選んで当たりを引ければ…ってところでしょう。
下位人気からは「前半」上位で、実際に前でレース出来そうな馬。
ここも不良時に2頭ですが、そこまで行かなければ…注胃人気には収まっていますね。


重賞一覧
t3

推定3ハロン

t1

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

過去のHBリスト
t2

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
20200111739440
2019111010140
201812006380
201712006890
201621004550
20152100790
2014111011930
計&平均8931111445

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

札幌 芝1200m
過去データは函館芝1200mでのもの

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t4
馬齢順に並び替え
t7
2桁レベルで負けていても、G1組なら斤量差で好走可能。
OP特別であれば連対+HB印上位。
葵Sはこの先G3になるので、変わってくるかもですが。

人気順
t5
短距離だけあって「前半」上位がメイン。
それでもHB+後半でどちらも▲以上あれば間に合う。
中位人気のゾーンは薄く、それよりも1桁人気後半以降からの馬を積極的に。
HBか前半印で▲以上持ち、3歳馬。
札幌でも使えそうな、外枠の極端な脚質。

重賞一覧
t2

推定3ハロン

t6

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

過去のHBリスト
t1

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020200113200
201921001200
2018200111690
2017111013120
2016101143840
20150102200320
2014021089720
計&平均853553298

続きを読む

東京11R 安田記念

安田記念 過去成績

何の予習もしていなかったので…簡単に。
どんなレースなのよ?
過去の出走馬一覧
1~3着馬を年度順にならびかえ。
t1
サトノアラジンの年以外は、HB◎+後半印は1番人気で全て圏内。
…も、勝って居はいないんですよね。
結局アーモンドアイは武豊騎手がやらかした年、ヴィクトリアマイル完勝の中2週、この2つで勝て無いままでした。
同じ牝馬のアエロリットも連続2着。
中9週と間隔開けたグランアレグリアが昨年は勝利。
勝ち馬自体は人気の無いところ、ではあります。
そしてこの3年はほぼノーザンF馬が上位独占。
その前は社台F馬の時代でしたが、それは終わってますね。
付け加えて、4・5歳のHB印付き、これが今のスタンダート。
前で残る馬も、しっかり「推定後半3ハロン」上位で◎○は欲しいところ。

1.3倍のアーモンドアイと今回のグランアレグリア。
また何からにやられて2着は…ありそうですね。
馬単の2着固定はオッズ見て考えておきましょ。

相手では、HB印入、前半印上位、この2パターンで人気的に手頃なところを。
なので、サリオス・インディチャンプは来ても良いけど…配当を考えれば、出来ればご遠慮願いたい。
し、2頭揃ってきたら。まあその分的中する方は増えるから、良いのかも。んー。

今年は
t2

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝1600m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t4

重賞一覧
t6

推定3ハロン

t7

登録馬の近走HB指数上位

t5

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

過去のHBリスト
t3

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
20203000840
201921003690
201811106560
2017102043500
2016111014990
2015200140690
2014100291160
計&平均1134328775

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

中京 芝2000m
過去成績は、阪神芝2000mでのもの。

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t5
HB印順
t6
HB+後半印の人気上位からが基本。
相手もHB印入りの中位人気が3連複フォーメーションの2列目と、普通のレース。
HB無印であれば例年は都大路S組。


重賞一覧
t3

推定3ハロン

t1

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t5

過去のHBリスト
t2

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
202011017730
201912002380
20182100890
201720102570
2016200133750
2015111014120
2014101128180
計&平均1053312802

続きを読む

東京11R ダービー

東京優駿 過去成績
ダービー想定版
ダービー 人気はやっぱり重要という予想のショートカットで使えます

前日時点ですが、単勝オッズはこんな。
(HBリストのレース番号の箇所を選択で開きます)
t1
ウソでしょ…。
というのが素直な感想。
1・2番人気は分かる。
でも、3番人気に青葉賞からのワンダフルタウン。
毎日杯からのシャフリヤール。
重賞すら勝っておらず、しかも前走の1回のみで負けてるし、C・ルメール騎手も降りたし、大物感という雰囲気しか武器が無い13・グレートマジシャン。
ブラストワンピースで学んでないんですかね。
そしてようやく皐月賞組が…ディープモンスター。
ここまでが中位人気。
「HB」の列がハイブリッド指数印(と順位)ですが、1・エフフォーリアと16・サトノレイナス以外は無印です。

とりあえず、皐月賞組は相当嫌われているようです。
確かに、勝ち馬だけが抜けていて、2着以下は枠とちょっとした展開だけでコロコロ結果は変わりそうではあります。
もうチョイ能力差が詰まっての、余力やレース使っていない勝負であれば毎日杯や別路線を取るのもアリでしょう。
でもシャフリヤールもグレートマジシャンも昨年の秋デビューでまだ3戦しかしておりません。
余力比べをしたいのであれば、ホープフルSくらい勝ってから。だと思うのですよ。


さて、人気馬が非常に強いダービー。
過去の3番人気以内を前走順で並び替えると。
t3
1番人気、HB◎だったアドミラブルは青葉賞から3着。
皐月賞組以外からだとそれが精一杯ですね。
ダービーへの新路線を探って、春はダービーだけを目標に…だったブラストワンピースは5着と一応 掲示板は確保。
HB無印、つまり、指数の裏付けが無かった部分で足り無かったです。
皐月賞をパスしてダービーに向かったワーケアも同じくHB無印。
内枠も貰って鞍上はC・ルメール騎手、それでも全然アカンの結果。
ダノンプレミアムは順調さを欠いてのもので、そもそも出走するのがやっとのレベル。
狙ってのローテでは無かったので参考外。

ダービーで馬を潰さず、しかも3冠を視野に入れつつだと現状は皐月賞を年明け初戦で勝って、そこからダービーぐらいしか無い状況。
これはもうコントレイルがやりました。
レイデオロ、サートゥルナーリアと積み重ねた上での結果ですね。
皐月賞捨ててダービー1本なら、ロジャーバローズが成功例。
本気で狙っていのかは…分かりませんが。
角居勝彦厩舎はサートゥルナーリアを出走させつつだったので、多分そちらが勝つ想定だったのでしょうが。
その年をHB印順で並び替えると。
t4
HB印で上位4頭が1~4着。
このように、人気も重要ですが、ダービーはHB印も超重要。

次に上位人気以外の過去の圏内馬を。

続きを読む

明日の東京は、騎手的には薄いですね。
C・ルメール騎手は中京だし、関西の騎手も来ていないし。
居残り組の戸崎圭太、三浦皇成騎手も基本は2~3着要員だし。

ので。


明日は4頭ほど勝負になりそうな馬が揃っています。

1R

4・ステディシュシュ

t2
マイネル関係無いけど…柴田大知騎手からの馬。
前走も出遅れて後方からでしたが、ちょっと前までのM・デムーロ騎手ならとっくに追うのを止めている状況なのに最後まで諦めずに3着。
不調というか、やる気なさ過ぎ!の時代からは大分改善されてきましたね。
それにつれて成績も上がっております。
ホント、気分重要なんだなと。

HB◎で後半も2位。
今のM・デムーロ騎手なら、これくらいの馬なら安心。

東京ダート+モーリス

他にも、父はモーリス。
種牡馬印は「BA」と優秀。
成績「B」で回収率「A」ってよっぽどです。1600mまでを実際に見てみると。
t3
人気馬は上々の成績。
そして回収率「A」にしているのが、2桁人気で好走している馬達。
素の複勝率で42%あって、回収率は単複ともに200越となります。
東京ダートで外目の枠で人気薄のモーリス見つけたら拾っておいてください。

次に厩舎との相性。

田中剛厩舎+M・デムーロ騎手

新聞上で赤文字の「65.5」となっているのが厩舎と騎手の複勝率。
その隣の「29」が騎乗回数。
約1年の集計期間での集計。
今年に限って実データを見ると。
t4
ヒャッハー…で合っているかな?
そんな成績。
複勝率だと78%超えてますね。
2~3着ばかりなので単系は弱いですが。


相手で面白そうなところだと。

6・メイショウテンシン

初出走で辛い。
けど上の兄弟は皆優秀で初戦から走っています。
昨日は門別で「らしい」2着だった柴田善臣騎手。
和田勇介厩舎との相性は優秀。
t5
柴田善臣騎手単体で複勝率50%超える条件はなかなか出せません。
でも和田勇介厩舎となら、そしてもっと言うと、その厩舎の「メイショウ」馬なら、なのだけれども。
特に今年は
t6
和田勇介厩舎+柴田善臣騎手+メイショウ。
この組み合わせが目立ちます。

3・アドヴェントイヴ

t7
横山典弘騎手、昆貢厩舎だけじゃ無いです。
近走の着順上位の殆どが昆貢厩舎のものですが、その間にチョイチョイ挟まっているのが中舘英二厩舎。
t8
数は少ないものの、最後にギリ間に合ってますね。
後ろから行って、直線脚があったら追うわ、でペチペチ叩いて上がってきます。


あとはHBリストで確認を。
t9

〇4・ステディシュシュ
▲3・アドヴェントイヴ
▲6・メイショウテンシン
△8・マテラガニア
△15・カーラミーア
△12・グラスピレ
△10・カイトエイティー


2Rには三浦皇成騎手+人気のリオンディーズの5・サイレントナイトがいますね。
2~3着固定にはピッタリ。
馬単とHB印上位のとでの3連単を買いつつ…。
って、3Rの三浦皇成騎手も3連複フォーメーションの2列目のは丁度良さげな。

おまけで4Rの障害戦。
6・アノは鈴木孝厩舎なのですが、この春に一気に3頭を障害入りさせました。
その内の2頭、テイエムクロムシャとアノが初戦で3着。
明日は8Rのフルールドネージュと2頭がチャンスアリ。
近年と比べると今年はカナリ成績が落ちてしまっているので(芝では未だに0勝)障害やダートで期待なのかも。

5R


続きを読む

前日版の新聞をアップしました。
もうこれで完成形です。ここから当日直前の返し馬まで…たっぷり楽しんでくださいな。

新聞は
ハイブリッド競馬新聞TOP

トップページから「ライト版」と「通常版」それぞれ入り口が別れております。
t1
上が「ライト版」
下が「通常版」

このままだと29日分の出馬表となるので、上部から日付を選択。
t2
日曜日分の出馬表にて「タテ版」か「ヨコ版」を選択した後に、該当のレースを選択。
t3

昨日は主に人気馬について。
ダービー想定版

今回は…配当期待方面を。
東京優駿 過去成績
上の記事のあるリンク「過去の出走馬一覧」
通常版のご契約が必要になりますが、過去5年のダービー全出走馬を一覧で扱えるので便利です。

過去の出走馬一覧
t5
これを使ってみていきましょ。

続きを読む

↑このページのトップヘ