オッズ・人気以外は埋まっております。
それは明日の昼に確定版で入るのですが、現状でも既に予想可能なレベル。

新聞は
ハイブリッド競馬新聞TOP

トップページから「ライト版」と「通常版」それぞれ入り口が別れております。
t1
上が「ライト版」
下が「通常版」

このままだと29日分の出馬表となるので、上部から日付を選択。
t2
日曜日分の出馬表にて「タテ版」か「ヨコ版」を選択した後に、該当のレースを選択。
t3
Twitterでは人気薄を見たので、ここでは人気馬の方を。
2番人気、でしょうのサトノレイナスは8枠16番と外枠に入りました。
過去の7・8枠に入った馬を「後半」順で並び替えると。

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝2400m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t5
このように、ダービーは前走のパターンが少ないです。
ほぼほぼ皐月賞、たまに京都新聞杯。


・・・と言う事を踏まえて、まずはHB印順
t7
無印での馬券圏内は3頭のみ。
内2頭はハイブリッド指数順位で8位、HBリストだと2ブロック目で前半の馬。
何にも無し、だったのは近年だとコズミックフォースだけです。
そして、印で漏れた馬もそうだし、
t8
人気順で並び替えてもそうだし。
5番人気以内で決まるのがデフォルトですが、たまーに2桁人気が。

印でも人でも、漏れた馬で来るのは・・・結局「枠」ですよね。内枠の馬。
そこだけ気をつけて頂ければと。


重賞一覧
t2

推定3ハロン

t4

登録馬の近走HB指数上位

t6

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

過去のHBリスト
t3

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
202020012480
2019200112050
20180201521600
201730002220
20163000850
201521003950
2014200127470
計&平均1430481517

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝2500m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t2
後半上位、3位以内の人気馬からの相手探し。


重賞一覧
t4

推定3ハロン

t1

登録馬の近走HB指数上位

t3

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

過去のHBリスト
t5

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020111019270
2019111018420
2018101123330
2017101141190
201620109530
2015110116680
2014011155000
計&平均746426202

続きを読む

東京11R オークス

優駿牝馬(オークス) 過去成績

ずっと同じ事を繰り返しているだけなので…↑の記事の通りです。
今回出馬表が出て、枠が決まって…から考える事も無いなと。
オークスはオークス。という事です。
普段の競馬の要素はあまり気にしなくて良いレース。
例えば、枠。
t1
芝G1でここまで外枠の馬が来るレースも珍しい。
人気の分布は内枠と同程度で、そして、圏内に来る馬の数も同程度。
なので、枠で嫌う必要は無いです。

それよりも特徴的なのは「後半」印。
無印での圏内は3頭のみ。
どんな馬であっても「後半」無印はキツイ…。
なのだけれども。

それらの馬達の前走は。
t2
前走でOP勝ち馬です。
等と言う必要も無く、オークスの上位馬の前走はこんなです。
t3
桜花賞以外、基本勝ち馬無理…。
G2のフローラSからぐらいですね、負けた馬が本番でも3着に来たのは。
桜花賞自体も3着外した馬には滅茶苦茶厳しいです。
桜花賞で人気していながら凡走した馬しか巻き返せておりません。
更に、今走では「後半」印◎が付くレベルの馬。
どちらのレースにせよ、今走で外枠貰った馬だけが近年では来ているのもポイントかも。
そして、桜花賞で3着と微妙に連対外した馬で来ているのは全て1枠だったりします。

このように、オークスって…前走がどうたらこうたら的な凄くベタな方法で処理してしまった方が良い結果が出せるやつです。
「何ソレ?馬鹿みたい」と反抗期の子が言うようなセリフが出ちゃうかもですが、実際そうなんですもの。

そんなオークスの仕組みが基本で、後はそこからブレた時用の馬を拾っておけば良いでしょ。

続きを読む

ちょっと前に、一部ではぼろくそ叩かれていたワクチン予約システム。
システム組んだ方は…本当にしんどかったと思います。
し、僕は全然成功の部類だとは思います。
だって、そもそもですよ「高齢者にWEBで予約を」の時点で詰んでる。
納期と捌く人数と対象となるゾーンから逆算して仕様を考えたら、建前上絶対に言わないだろうけれども…ページ開いてフォームに入力出来ない方なんて最初から対象外にしないと回せません。
無理な方にはどうしたって無理です。
最初からそこは諦めた上で、とりあえず何かしら入力されたら通す。
って作りにした方が、結果多くの人数を捌けますよね。
1番の最優先課題が、多くの方の予約を取る、なのでそこは成功したかなと。
堅牢なシステムを作る、漏れを出さない、バグを出さない…はプライオリティ低めだったのでしょうね。
こういうシステムって万能だったり、しっかりしている、なんてイメージを持っている方が多いかもですが、そんな事無いです。
あらを探したり、ハッキング仕掛ける攻撃側の方がカナリ有利。
じゃなければ、石油のパイプライン会社がランサムウェアにかかったりしませんって。
専守防衛的なやつと一緒。そんなんで完璧!は…あまり現実的じゃないなと。
構造的に、必然的に、やっぱり無理や。


東京11R メイS

古馬のこれくらいのOP特別のハンデ戦。
であれば、手軽に使えるのは人気だったりします。
過去の同レースを、選択レース詳細で見ると。

メイS過去成績(通常版のご契約が必要となります)
上部のショートカットで1~3着馬にフィルタリング
t2
人気順に並び替えると
t1
おっと、極々普通のレースに見える。
3番人気以内の人気上位は普通に来ているレベル。
しかも4歳のNF馬と社台F馬が殆どです。こういうところでしっかり稼いでますね。
4~6番人気の中位人気のゾーンは、どのレースでも買うところなので…あまり考える必要も無い部分。
特に3連系なら個人的には無条件で買い目に入れるです。
…と考えると、人気的には2頭くらいしか拾いづらい馬は来ておりません。
でも、そこは「前後半」印〇とパンチのある馬。

もっとメンバーがグダグダなローカルのハンデだとHB印が効くのだけれども、ここらのレースだと。
t3
「前後半」印の方が使えますね。

再び人気に戻って、過去成績を人気順に並び替えて年度別にみると。
t5
1~3番人気から1頭正解引ければ大丈夫。
だし、中位人気のゾーンからなら2頭くらい選んでどちらか来てくれれば更に大丈夫。
2桁人気が3着に来てくれれば、配当が跳ねて万々歳。

という事です。
後は買い方次第なので…僕は知らん。頑張ってください。

今回も同じく想定人気順に並び替え。

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

東京 芝2400m

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t3
人気馬、単勝オッズで5倍未満までなら大丈夫。
勝ち馬も、ほぼ1番人気で人気上位からのみ。
その分、2着にポロッと人気薄が突っ込んではきますね。
t1
前走と合わせて見ると。
t2
桜花賞は当然圧倒的。
とりあえず…1番人気にさえなる馬なら、何処からでもOKな感はあります。
スイトピーSのデゼルはアウト。
桜花賞勝ち馬でも5番人気と、上位人気にならずの好走だったレッツゴードンキもアウト。
2400mは??だった馬なので、というのは走った後の話。
それらを見分ける1つの方法として。
t3
桜花賞を人気しての上位、以外であれば…今やJRAの全てを握っていると言っても過言では無いとも言えなも無いかもしれない、ノーザンF馬かどうか?だけ確認しておけば良いんじゃないかと。

その下、4番人気以降は。
t4
何だか…桜花賞と同じような雰囲気ですよね。
チューリップ賞や阪神JFで圏内だった馬が人気無くても普通に来てしまった、的なのと同じ。
↑の前走とほぼ同じレースで、ちゃんと上位だった馬達ですね。
t5
HB印順に並び替えてみると、HBリストであれば2ブロック目のゾーン。
そこで、上記のレースでの勝ち馬と人気だった馬達をざっくり拾う作業となります。

こういうのは…繰り返して何パターンか見れば納得いくかもですね。
過去分を、それぞれ人気順に並び替えたものをで復習しておけば大丈夫かな。

・2020
t6
・2019
t7
・2018
t8
・2017
t9
と、近年になるほど桜花賞スキップした馬の成績が上がってきてますね。
で、改めて前走を見ると。
t1
滅茶苦茶狭い。
桜花賞3着以内、と人気で凡走した馬。
これが殆ど。 残りは、忘れな草とフローラSの勝ち馬。
ほんのりと・・・スイートピーSからカレンブーケドールとフローラSで1番人気だったビッシュ。
桜花賞から巻き返した馬達を含めて、ノーザンF馬と社台F馬だけすね。

多分、今後はフローラSからもうちょい好走馬が増えて来そうではありますが・・・。
でもオークスってこれくらい単純に考えてしまって良いレースなんだと思います。

重賞一覧
t5

推定3ハロン

t2

登録馬の近走HB指数上位

t4

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2

過去のHBリスト
t1

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
2020101115020
2019200128240
20182100750
201721004600
201621002070
201521004140
201430001530
計&平均144128050

続きを読む

ハイブリッド競馬新聞TOP

中京 ダート1900m
過去成績は京都ダート1900mでのもの。

ビューワで見る

HBビューワ
過去の出走馬一覧
t4
t3

重賞一覧
t1

推定3ハロン

t5

登録馬の近走HB指数上位

t6

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1

過去のHBリスト

3連複

z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
z2:4~6番人気
z3:7~9番人気
z4:10番人気以降

z1z2z3z43連複
202021003000
2019200132970
2018111024480
2017110196220
201621001770
201512005380
20140111155660
計&平均972345640

続きを読む

東京11R ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル 過去成績

凄く単純に、枠の話。
過去の1~3着馬を枠番でならべてみる。
t1
真ん中で半々の出現数ですが、前半の枠は人気薄ばかりですが勝ち馬はこちらの方が出しておりますね。
毎年ヴィクトリアマイルの時にBコースに変わるのでその影響でしょう。
にしても、カナリ効く要素。

5枠以降であれば、HB印入りか前半印入り以外は無視して良いレベル。
いかに内枠で良さげな馬を拾うか…というか、いっそ全部買うかってところですね。

そして荒れている原因としてもこれ。
過去のHB印◎○の馬達は…。
t2
毎年毎年…外目においやられているです。
ので、これ、枠が違えば着順だって違ったのに…的に勝ち鞍を落としてました。

今年は
6・グランアレグリア
t3
ハイブリッド指数で80出して、牡馬混合のG1連勝しちゃうような馬が枠も恵まれて…。
こんなのに無理に逆らう要素も無いなと。

ただし、馬券的にはセオリーとして2着付けも持っておくべきだし、馬連買う方なら枠連も考えてくださいね。
同枠にデゼルがいて、それでも馬連・枠連の配当が殆ど変わらない目もあるので。


相手としては…。
・牝馬路線でブレた使い方をしていない
・今の重賞はどうしたってディープインパクト
・枠に恵まれた
・分からんけど「前半」印

というところ。

牡馬と当たらないとこでの牝馬の序列は1回このレースでついてますね。
愛知杯のその後成績
t4
今年はわりとメンバーも集まった中で、トライアルでも何でもない、春前に1回本気で走ってもOKなレース。
阪神牝馬S、中山牝馬S、福島牝馬S、この3つで上位馬をだしてます。
1・2着馬は後ろを離していたし、ディアンドルも前で競馬した馬が最下位、ブービーの中で逃げて粘ってた方です。

これに別路線の馬を合わせて、枠と印見れば決めら


続きを読む

↑このページのトップヘ