明日も新馬や札幌ダートで遊びつつ…メインは重賞が2つ。

東京11R エプソムカップ

エプソムカップ 過去成績

このレースは
「人気馬から1頭選んで、相手には中位人気のゾーン4~6番人気から。
4・5・6番人気の3頭中2頭選んで当たりを引ければ…ってところでしょう。」
という基本通りに。

1頭無難に選ぶなら、8・アルジャンナになりますね。
t1
HB▲で後半2位。
NF馬+ディープインパクトです。最近微妙な池江泰寿厩舎なので、大きく崩れないまでも届かずに2~3着は充分ありそう。
上がり3位以内率は85%と、ダービーでの凡走時以外は必ず脚を使って上位争いに加わってきます。
ここから中位人気のゾーンの相手を選択。

9・ヤシャマル
HBビューワでみると
t2
1勝クラスから3連勝中。
中5週で休みを挟んでおらず、ここも勢いで更に指数を伸ばす可能性は高いです。
これまで勝ってきたレースも、1~3着馬の次走着順を見れば非常に優秀なのが分かりますね。
2走前のレースでは、自身を含めて3着以内馬は次走で全て1着でした。
HB印は「注」で後半もギリ印が入っている6位。
アルジャンナ同様に、上がり3位以内率は高く70%越です。
父のキズナも種牡馬印は「BA」。


15・ザダル
t3
休み明けは良いです。
HB◎で後半1位と印も揃っている。
土曜日の傾向的に、この枠もプラスですね。


ここから更に配当を狙うならば、前半上位を拾ってターンエンド。
t4

〇8・アルジャンナ
▲9・ヤシャマル
注15・ザダル
△16・シュリ
△18・アトミックフォース
△12・ミライアトーン
△14・ガロアクリーク
△17・アドマイヤビルゴ

外枠からはやや強引に拾っています。
明日、土曜日の全然違う傾向であれば、3列目扱いの馬達は諦めて7・ファルコニアや人気上位に切り替えましょ。

札幌11R 函館スプリントステークス

函館スプリントステークス 過去成績

こちらは、まずは前半上位から。


14・ビアンフェ
16・カレンモエ
t1
14・ビアンフェは前半1位でHB▲と印は合っております。
今回は外枠に入りましたが、ハナは獲れそうなメンバー。
でも、前走のオーシャンSと同じく近いところで競馬するのが16・カレンモエ。
HB〇で前後半印は2つ入り。
鞍上の鮫島克駿騎手も土曜は好調でした。
ビアンフェの外から同馬をみながら…でしょうね。
ラチまで行って後ろに付ける…は流石に枠的に厳しそう。
2頭からの選択。
だし、相手によっては2頭とも買いでも良いかな。

無駄に荒れるレースなので、人気込みで相手は3頭。

6・リンゴアメ
t2
昨年の函館からは結果はイマイチですが、マーガレットSと葵Sは惜しいところまでは来ています。
北海道合いそうですし、3歳牝馬の50kgですからね。
同じ3歳の3・シゲルピンクルビーが人気するなら、というところで。

7・ミッキーブリランテ
t3
鞍上はしっかり確保。
3走前の阪急杯からのコンビで、当時は距離を縮めて超久しぶりに内枠貰って上手な競馬でレシステンシアの2着。
巡り合わせのせいか、ミッキーブリランテはそのキャリアはほぼ外枠を強いられています。
t5
ね?これはちょっと可哀想。
1200mへの更に短縮が効けばチャンスは充分ですよね。

10・ジョーアラビカ
t4
後半2位、横山和生騎手。
この短距離界では、ティーハーフ、サドンストームのように…なんならラッキーナインも。
後方からたまに突っ込んでくる人気薄のキャラを引き継ぎそうです。
本当にここまで人気薄なのかは分かりませんが、たまに来ます。
今回のように先行馬に人気が集まる時には拾っておくべき。


◎14・ビアンフェ
〇16・カレンモエ
△6・リンゴアメ
△7・ミッキーブリランテ
△10・ジョーアラビカ