世間ではオリンピック。
そう言えば、ウチらはオリンピック開催反対や!スポンサーだけどな!って言ってた新聞社ありましたが、あれ今何してるんですかね。
何が何でも期間中もひたすらディすり倒しているのなら、その姿勢は評価に値するし、それはそれでアリかなとは思う。
満面の笑みで感動をありがとう、素晴らしいなんて言おうものなら…どうかと思うけど。
それはそれ、これはこれ、が大人の対応なので、しっかり空気を読んで無難な所に落ち着くのでしょうね。
でもその様は、ただ言いたい事を言う、何も我慢出来ない子供みたい。
僕は家にはテレビも無いので、普通に競馬している普段通りの週末です…。

想定版を見て簡単に

前日のデータも出たので、↑の通りに。
これくらい緩く設定しておくと、1場全レースも簡単に見ていけます。
その中で気になるレースがあれば、それをやる。
いまいちピンと来なければスルー、もしくは当日のオッズ次第。
なにせ2場ですからね、時間はタップリあるですよ。

函館

1・2RがHBリストビューワで見るとこんな。
t1
函館の午前中だと、この2つか、3Rのテイエムリオンからの3連複。
新馬の5Rで


と言った流れ。
1・2RどちらかだけでOKにするなら3連単だし、見ながら徐々に…であれば、馬連か3連複になりますね。
というのを先に決めてから考えて行く方針で。
それさえ決まれば、後はほぼ自動です。

函館1R

3連単であれば…。
1・アスクワイルドモアの1着固定で、2~3着に丹内祐次騎手の4・マイネルシーマーを。
他でこの面子で頭獲れそうなのが、横山兄弟の2頭。
ので、
1→ 4→ 8・11・12・10・13
1→ 8・11・12・10・13→ 4
11・13→ 1・4→ 1・4
これで14点。

函館2R

ここは1200m芝なので、より丹内祐次騎手の2~3着に寄せる方針で。
1番人気想定は9・エアシュラブ。
人気のリオンディーズだし、種牡馬印は「AA」です。
武豊騎手の1Rの結果次第…な面は前日時点だとちょっとある。
うっかり負けるとすれば、同じノーザンF馬で横山武史騎手の11・セブンシーズですかね。
勝てそうなのはこの2頭。
ので、
9・11→ 14→ 2・4・6・7・10
9・11→ 2・6・7→ 14
これで16点。

2レースどちらか的中で30倍以上あれば…。って事になります。

ここまで決めてから、改めて当時のオッズを見て、買うかどうか?を最終決定。
実際、新潟の1Rも三浦皇成騎手の2~3着でイケそうだし。
前日時点であまりギッチリと決めない方が良いです。

t2
1つ目は、丹内祐次騎手…。が足ん無いだった。
来そうな所で2回に1回来てくれるだけで良いのですが。

2つ目も…ですね。
t3
そもそも来ても外れですが、丹内祐次騎手はまた4着。
で、あれば。
もっと変な馬でこの後3着ぴったりはありそう。

で、騎手なら結局…大野拓弥騎手っていう結果。
t4
3Rはそんなでした。


4R

3・5Rは上記の通りで、その間の4R。
HBリストビューワだと。
t2
当日、想定よりも人気しているようなら大野拓弥騎手の16・フィエゾンは買えそう。
素で掲示板前後。
ずっと騎乗している鞍上込みでもう少し着順は上がるでしょう。
で、馬券にするかどうかは枠連の配当見てから決める。
8枠からで何倍つくのか、今だと不明なので。
t2
そこまで被る事も無かったので、こんな。
大野拓弥騎手は、この後の5Rもあるので、3・4・5R全部はキツイかな…。

午前中のラストは新馬戦。
大野拓弥騎手、2歳のダート新馬はこれれが初。
t1

と、函館の午前中はこんなです。
1レース毎に細かくみるよりも、午前中ならこんな流れで…的にまとめて見るのも有効。
年間を通してもあまり無い2場開催ですからね。
普段しなようなやり方を試してみるのも悪くないかなと。