何かやってたら…朝になってた。
せめて重賞くらいは見ておこう。

新潟11R アイビスサマーダッシュ

アイビスサマーダッシュ 過去成績

17・ロジクライは出走取り消しです。

3連複で100倍越える事も無い、殆ど荒れ無いレースです。
他の直線1000mと違って、強ければ、というか人気なら内目の枠からでも大丈夫です。
前半・後半で上位の印が無かったり、前走で3着外しているような馬が外枠パワーで…も、殆ど起こらない。
近年だと無印で、前走もダメで、それでも8枠なら!で来たのは2019年のオールポッシブルの3着ぐらい。
中位人気以降でも「後半」上位で地味な馬で数頭はありますが、それでも前走はそれなり。
印ならばコースの通り、断然「前半」のレースです。

今年はこんな。
当日一覧ビューワでみると。
t1
1勝クラスで2桁着順がいるように、例年よりもレベルはカナリ低そう。
そもそも、前走好走馬も少ないです。
その中で「前半」上位で外目の枠を引いた馬を素直に拾う。
という方針で良さそうですね。

枠と印と前走なら、11・ロードエース、14・オールアットワンス。
HB◎で前半◎の12・ライオンボス、後半〇の13・ビリーバーを含めた6・7枠の馬達を新聞で見ると。
t2
11・ロードエースは前走が久しぶり、デビューして2回目の芝のレースでの好走。
単純に枠が7枠を引けたのが良かった…もありますが、今回も外目の枠だし松山弘平騎手に乗り替わりも大きい。
ちなみに、父のエイシンフォワードはJRAだと5年以上芝の勝ち鞍は無しです。
産駒もほぼいないので、そこはあまり気にしなくても良いとは思うけれども一応。

14・オールアットワンスは父マクフィ。
それだけで今はプラス。
鞍上の石川裕紀人騎手もこのコースは、乗っている馬を考えれば悪く無い成績。
なにせ、1枠から勝った事のある数少ない騎手の1人ですからね。
3歳なのでHB印が薄いのは斤量と枠で相殺。
人気になるでしょうが嫌う必要は無いレースでもある。

12・ライオンボスは今回のメンバー中ではHB指数で唯一70台を出した馬。
指数でみれば、他が弱すぎるんですよね。
休み明けは元より走らない…にしても2走目の前走でもアレはちょっとアカンけど。
その休養明けの2走前がダートで藤田菜七子騎手だったので、全く走らせる気は無かったのでしょうね。
それくらい状態が悪かったのかなと。
で、2戦目でもあんな。
パドックを見る目がある方は今走で良くなっているようなら行けるかも。
僕は…見ても分からないので、来たら来たでって事で3列目に入れておくていどにしておきます。

13・ビリーバーは昨年の3着馬。
3勝クラスを勝っての昇級初戦で、外枠を引いて…での好走でした。
以降はずっと内枠ばかりを引き続けてすっかり人気も落ちての今回。
後半印で〇は持っており、1200m含めて得意の新潟外枠。

これらの馬達と、人気と前走で選べはOKな感。

◎14・オールアットワンス
〇11・ロードエース
▲6・モントライゼ
注13・ビリーバー
△8・タマモメイトウ
△12・ライオンボス
△7・グレイドゲイナー
△4・ジュランビル