明日の東京競馬場はG1の裏開催となります。
となると、馬が集中する騎手が発生。
今だとそのポジションは横山武史騎手ですね。
次順で安定の三浦皇成騎手。
という図だと、中位人気以下でチョイチョイ突っ込んで来るのが、菅原明良、田辺裕信騎手辺り。
きっとそんなパターンになるはず。

阪神11R 秋華賞

秋華賞 過去成績

秋華賞の勝ち馬と言えばこんな。
t1
後方からの馬で、推定後半3ハロン印も◎がデフォ。
同じ形での桜花賞だと。
t2
4角通過順に並び替えてあります。
前で競馬する馬にも充分チャンスがあるレース。
むしろ、そっち有利。
そこで後方から競馬をして勝てる馬が、後の3冠馬となるのである・・・がデフォ。

その文脈だとソダシあうとーとなるのだけれども。
今年はラッキーな事に阪神の2000mです。
G1の大阪杯を含め、このコースの勝ち馬をみると。
t3
逃げ・先行馬ばかり。
4角5番手以内が殆どです。
それより後ろだと、2歳戦だったりマーメイドSだったり。

また、枠番順で並び替えてみると。
t4
外枠の後半印上位も優秀。
2桁人気レベルだと、やっぱり内枠にはなりますね。
でも、それ、マーメイドSと鳴尾記念限定だけれども。

結局は普通の結果となりますが、内枠の前半印、外枠の後半印、それぞれ上位を配当要員として拾っておきたいところ。

今年はこのように。
t5
4・ソダシはHB◎+前半〇で桜花賞と同じ2枠4番。
ただでさえ、春の時点で阪神JF→桜花賞の流れが世代では抜けて上位だったのに、秋の京都変わりでのワンチャンが潰されてしまいましたね。
春の序列がそのまま秋にも引き継がれそうです。

しかも、もう一度阪神芝2000mの重賞の結果のこの表。
t6
先ほどのは勝ち馬のみの一覧でした。
あれだけレース数がありながら、関東馬0勝なのですよ。
その中で人気順で並び替えたのが↑の表。
最高3着…と、例年の秋華賞でさえ国枝栄厩舎しか通用しなかったのに、ますますキツイ。

なんて思うかもですが、逆にそろそろ崩れても良い頃合い。
流石にこれは偏りが過ぎるです。

外枠で後半印上位は2頭。
t7
14・ファインルージュは桜花賞では3着。
内枠も上手く使ってのものでした。
休み明けの前走は紫苑Sで勝利。
正直…勝ち切るのはマイナス。
そこらは鞍上のC・ルメール騎手で相殺分かな。

15・アナザーリリックは後半2位。
津村明秀騎手がデビュー戦からずっと騎乗しており、ソングラインの林厩舎です。
こちらを秋華賞に出してきましたね。
この2走は。
t8
NHKマイルCは、上位馬は次走もマイルで優秀な成績。
アナザーリリックはちょっとそこでは足りず…でしたが、前走の3勝クラスでは内容込みで、例年の圧勝レベルにはかすってます。
下した2頭ともに次走は1着。
モズナガレボシは小倉記念勝ちでした。
今回は外を回されそうではあるけれども、展開むいたら勝ちに行けるし、ダメならまあ良いか…ぐらいで乗れる人気です。
ソダシが頑張れば頑張るほど、同馬には向きそうですしね。

内枠の前半上位はこの2頭。
t9
2・ステラリアは斎藤崇厩舎で、クロノジェネシスやソフトフルートと牝馬で上手い感はあり。
阪神芝でも複勝率40%超えています。
今日の府中牝馬Sでも人気薄が2着だった社台馬だし、牝馬重賞ならだし。
武豊騎手なら着狙いで乗ってくれるのもプラス。
ダメだとすぐ諦めるので、それはもう良いかと。

5・エイシンヒテンは前半1位。
逃げて残れる未来は…無い!全く無い!
でも、それが有るに変わるのも競馬です。
人気的には拾っておいても悪く無いなと。

これらとオークスからの直行組。
ユーバーレーベンもアカイトリノムスメも、もう1つ枠を貰えたら…感はありますが揃って6枠。
手塚厩舎に国枝栄厩舎なので、ローテは全く問題は無いです。
ただ、上手く乗って2~3着かなあ…感が大きい。凄く大きい。


◎4・ソダシ
〇15・アナザーリリック
注12・アカイトリノムスメ
△2・ステラリア
△5・エイシンヒテン
△14・ファインルージュ
△11・ユーバーレーベン
△9・アンドヴァラナウト