菊花賞は調べたり資料作ったり、その中でこのレースに直接関係ない事が色々見つかったりで…。
記事書く前にバテた。
ので、シンプルにです。

阪神11R 菊花賞

菊花賞 過去成績

今年は例年の京都と違って阪神の3000mです。
阪神大賞典と同じコースですね。
そちらは外枠の馬が勝ちやすいのだけれども…頭数が違う。倍くらい違う。
小回りコースをフルゲートで走るです。
単純に外枠の馬は厳しいし、しかも、7・8枠の6頭が全部ノーザンF馬です。
何だコレ。
今年の3歳牡馬の重賞はとにかくノーザンF馬でした。


ここまで勝ったのは過去最高で、昨年の雪辱を果たせ…るかどうかはまだ菊花賞が残っているところ。
やり過ぎたんですかね、それでこんな枠なんですかね。
須貝尚介厩舎が不服申し立てしたからですかね。
なんて疑いたくなるくらいの枠。


3・タイトルホルダー
t1
アルアインか、キタサンブラックか。どっちになるかは…8割ほどアルアイン。
皐月賞は外枠から2着で、内枠で全くロスなく乗ったエフフォーリアには完敗の結果でした。
でも、王道ローテで望んで、皐月賞・ダービーの2択で(両方は無理)皐月賞を獲りに行って結果を出せたのは評価大。
ダービーなんておまけだったでしょうし。

そして、今回の出走馬達だと、条件戦から上がって来た馬は春にクラッシク周辺を彷徨いて上がって来た組だし、東西の前哨戦だって春の序列そのままな感です。
能力だけを考えれば、春から変わらず、で良いと思う。
そんなタイトルホルダーですが、今年の3歳はマイル組が強すぎた。
弥生賞の「以降成績」はこんな。
t2
ここと皐月賞で好走したら、そりゃダービーが無理なのも分かるかと。
そもそも、ダービーのローテはもう違いますものね。

距離は…こなせるかどうかは、やや「こなせない」寄り。
でも、上記の通り単純な能力であれば上位だし、枠も良いし、前で競馬を出来るのも強味。
諸々足したり引いたりすると、選ぶ価値アリといったところです。
実際に、今年の1800m以上の重賞でノーザンF馬に勝っている2頭の内の1頭ですしね。
鞍上は引き続き横山武史騎手で、前走と同じ事はしないはず。

5・レッドジェネシス
t3
HB▲で「後半」4位。
印は揃っており、川田将雅騎手で友道康夫厩舎です。人間も揃っています。
7・8枠を除くと、ノーザンF馬で最も揃っているのが同馬。
それでディープインパクトです。
むしろ、全部揃い過ぎてて逆に不安になる。
勝負複的に、遠目だとステラヴェローチェとそっくりなので、ステルス要員だったりすのかもですが…。
C・ルメール、福永祐一騎手、そして川田将雅騎手の中で1番恵まれた要素が多いのも、今のG1なら選ぶ理由になります。
3人揃って何処にもおらず、は滅多に発生しない事象なので。


14・ステラヴェローチェ
t4
HB◎で「後半」2位の1番人気。
例年の菊花賞であれば、まず3着は外さない印。
今回は外枠に入って、その分マイナス。
ポジション取るのは諦めて、下げて内埒に行くか…あるいは、同馬主・同厩舎のヴェローチェオロを上手く使うか。
せっかく2頭も出せるのに、このカードを使わない手は無いと思うけど、そういうのは、日本だとよろしく無い的ですものね。


後は、天皇賞(春)でもそうですが、白・黒帽子で「前半・後半」上位は無条件で拾います。
1・ワールドリバイバルは前半〇で、エピファネイア。
2・アサマノイタズラは、セントライト記念勝ち馬でもあるしHB印〇で「後半」▲です。

18・オーソクレースはC・ルメール騎手でノーザンF馬で、キャロットF、エピファネイア。
無理に消す必要は無いです。
3着までならで、6・セファーラジエル、7・ディープモンスター、15・ヴァイスメテオールは人間要素で一応。

〇3・タイトルホルダー
▲5・レッドジェネシス
注14・ステラヴェローチェ
△1・ワールドリバイバル
△2・アサマノイタズラ
△18・オーソクレース
6・7・15

枠連の1・2・3の内枠BOXでも充分は配当。
馬券的には枠連がメインでも良いですねコレ。